JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

欧州スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

969. 2013/09/22 オイロパ賞 (独G1 芝2400m 3歳上 ケルン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/09/21(土)03:23 [ 返信 ]
出馬表
No.BoxHorseAgeSexWgt.Jockey
17Donn Halling(IRE) 5Gelding60.0U. Rispoli
24Earl of Tinsdal(GER)5Horse60.0E. Pedroza
33Meandre(FR)5Horse60.0A. de Vries
48Seismos(IRE)5Gelding60.0A. Atzeni
52Berlin Berlin(GB) 4Filly58.5A. Helfenbein
61Empoli(GER)3Colt56.5A. Starke
75See The Rock(IRE) 3Colt56.5J. Bojko
86Vif Monsieur(GER) 3Colt56.5K. Clijmans

Seismosはこの夏、馬が一変、バイエルン大賞でG1初制覇を果たし、前走のG1バーデン大賞もNovellistと小差の2着に来ている。前走より相手も軽く、同じだけ走れば勝ち負けか。Meandreは昨年はG1ベルリン大賞を勝ったが、今年は未勝利。しかし、前走バーデン大賞で3着、Seismosとの差は小さく、上向き気味。Earl of TinsdalはG1ラインラントポカルの勝ち馬。このコースでG1を勝っており、今年最も適条件で走る。
Berlin Berlinは今年G2ハンザ賞を勝っている。他にこれといった実績は無いが、GirolamoやSeismosを破って重賞を勝ってきたというのは評価出来る。Empoliはバイエルン大賞でSeismosの2着に来ている。ケルンはG2ウニオンレネン2着があり、舞台としては向く方か。


968. 2013/09/15 愛ナショナルS (愛G1 芝7F 2歳牡牝 カラ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/09/14(土)01:58 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
13Fiscal Focus(IRE) 2Colt129K.J. Manning
27Friendship(IRE)2Colt129M.C. Hussey
32Giovanni Boldini(USA) 2Colt129J.P. O'Brien
46Sniper(GB)2Colt129E.J. McNamara
55Sudirman(USA)2Colt129W.M. Lordan
61Toormore(IRE)2Colt129R. Hughes
74Wilshire Boulevard(IRE)2Colt129J.A. Heffernan

ここは3強状態と目される。実績で1番はSudirman。現在未勝利から3連勝中で、前走はG1フィーニクスSを勝った。一方、素質を買われているのが1戦1勝のGiovanni Boldini。派手なデビュー勝ちではなかったが、O'Brien厩舎3頭出しの中心だけに期待がかかる。Toormoreは2戦2勝、前走はG2ヴィンテージSを勝っている。
O'Brien厩舎の2番手はWilshire Boulevard。G3アングルシーSを勝ち、G2ジムクラックSで2着、経験も豊富だ。
13/09/14(土)16:32 編集
[1]. 愛ナショナルS結果
|| mazuda 13/09/17(火)00:37 [ 返信 ]
1Toormore129R. Hughes 1:22.67
2Sudirman129W.M. Lordan 2 3/4
3Giovanni Bldini129J.P. O'Brien 1 1/4
4Friendship129J.A. Heffernan4 1/2
5Sniper129E.J. McNamara 1 3/4
Non Runners: Fiscal Focus, Wilshire Boulevard

Toormoreがかかり気味にハナを切り、Sudirmanが続く。Sniper、Giovanni Boldiniが3、4番手、最後方からFriendshipの展開。
一旦は2馬身後続を離したToormoreだが、抑えて1馬身のリード。直後はSudirman、Sniperが並び、外からFriendshipも進出、Giovanni Boldiniは最後方に下がるが、差は2馬身半程。
各馬追い出しにかかるとしかし、Toormoreがもう一度リードを広げる。Sudirmanが付いてゆくが、Sniper、Friendshipは置かれ、代わって内からGiovanni Boldiniが追ってくる。しかし、最後までToormoreの脚色は衰えず、最後は寧ろ差を広げる感じで2 3/4馬身抜け出し1着。2着Sudirman。


967. 2013/09/15 愛セントレジャー (愛G1 芝14F 3歳上 カラ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/09/14(土)01:57 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
14Ahzeemah(IRE)4Gelding137S. De Sousa
25Certerach(IRE)5Gelding137S. Foley
33Chamonix(IRE)4Colt137J.A. Heffernan
411Ernest Hemingway(IRE) 4Colt137J.P. O'Brien
58Red Cadeaux(GB) 7Gelding137G. Mosse
61Royal Diamond(IRE) 7Gelding137J.P. Murtagh
77Saddler's Rock(IRE) 5Horse137D.P. McDonogh
810Euphrasia(IRE)4Filly134G.F. Carroll
92Pale Mimosa(IRE) 4Filly134P.J. Smullen
106Voleuse De Coeurs(IRE)4Filly134C.D. Hayes
119Galileo Rock(IRE) 3Colt126W.M. Lordan

英セントレジャーにも登録のあるGalileo Rockは、こちらに回りそう。ドンカスターでも人気になりそうだっただけに、このメンバーなら3歳でも。英愛ダービーで共に好走した実力は上位。Ernest Hemingwayは同コースのG3カラCを圧勝している。その後G3バリローンSも勝ったが、前走のG3愛セントレジャートライアルは3着だった。
その時の勝ち馬が、連覇を狙うRoyal Diamond。その前にErnest Hemingwayに連敗していたが、目標とするレースに照準を合わせてきた。暮れから春のアジア遠征で好結果を出したRed Cadeauxは、欧州に戻った後の中長距離路線では散々だったが、前走G3ジェフリーフリーアSで2着となり、立て直してきた。Voleuse De CoeursはカラC3着、前走の愛セントレジャートライアルは1/2馬身差2着と、同コースのレースで内容を上げてきた。Pale Mimosaは休み明けの準重賞サヴァルベグSを快勝してここに臨む。Ahzeemahは10戦連続連対中、前走はG2ロンズデイルCを勝った。
13/09/14(土)16:32 編集
[1]. 愛セントレジャー結果
|| mazuda 13/09/17(火)00:36 [ 返信 ]
1Voleuse De Coeurs134C.D. Hayes 3:00.08
2Ahzeemah137S. De Sousa 6
3Saddler's Rock 137D.P. McDonogh Head
4Red Cadeaux 137G. Mosse 4 3/4
5Royal Diamond 137J.P. Murtagh Nose
6Ernest Hemingway 137J.P. O'Brien 1/2
7Pale Mimosa 134P.J. Smullen 4 3/4
8Certerach137S. Foley 4 3/4
9Chamonix137J.A. Heffernan13
-Euphrasia134G.F. Carroll -
Non Runner: Galileo Rock

Ahzeemahがまず前に行くが、Chamonix、次いでRoyal Diamondが上がって先頭に出る。Ahzeemahは3番手、その後にPale Mimosa、Red Cadeauxは中団より後ろ外を追走し、Ernest Hemingwayは殿から。
Royal Diamondは1馬身少々のリード、2番手Chamonixの後は間が空く。中盤でPale Mimosaが前進し3番手へ、Ahzeemahは4番手に下がる。残り6Fを切り、Chamonixは苦しくなって後退、Royal Diamondのリードが大きくなり、Pale Mimosa、Ahzeemahが続く。その後の馬群も詰まってくる。残り5Fを切ると後続は横に広がり、Royal Diamondとの差を詰めてくる。Ahzeemah、Red Cadeaux、Voleuse De Coeurs、Ernest Hemingwayが最終コーナーでRoyal Diamondに襲い掛かる。
直線を向いたところで前に出たのはVoleuse De Coeurs。Ernest Hemingway、Ahzeemahと続くが、Voleuse De Coeursはどんどんリードを広げ、残り2Fで確勝態勢。Ernest Hemingwayもいっぱいになり、AhzeemahにSaddler's Rockが並ぶが、それも2番手の話。そのずっと前でVoleuse De Coeursが余裕の1着。2着Ahzeemah、3着Saddler's Rock。


966. 2013/09/15 ムーランドロンシャン賞 (仏G1 芝1600m 3歳上 ロンシャン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/09/14(土)01:56 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
14Maxios(GB)5Horse58.0S. Pasquier
28Olympic Glory(IRE)3Colt56.0L. Dettori
35Style Vendome(FR) 3Colt56.0T. Thulliez
42Gale Force Ten(GB)3Colt56.0R.L. Moore
51Havana Gold(IRE) 3Colt56.0J.P. Spencer
66Anodin(IRE)3Colt56.0O. Peslier
73Flotilla(FR)3Filly54.5C.-P. Lemaire
87Sage Melody(FR) 3Filly54.5U. Rispoli

前走G1ジャックルマロワ賞で、Moonlight Cloudに肉薄したOlympic Gloryが強力。プーランで11着に沈んだ以外は好内容の競馬を続けている。
プーリッシュを快勝したFlotillaは、中距離のディアーヌ賞では8着に敗れたが、この距離に戻れば見直せる。Maxiosは春にG1イスパーン賞を勝った。中距離での経験が豊富なので、更なる距離短縮で力を発揮出来るか。
プーランを勝ったStyle Vendomeは、その後G1ジャンプラ賞では4着。それまで続いていた連勝が止まった。一息入れてどう立て直したか。そのジャンプラ賞を勝ったHavana Goldは、前走G2ギョームドルナーノ賞で5着。着差はそれ程でもなく、経験の無い中距離にしてはまずまずか。
[1]. ムーランドロンシャン賞結果
|| mazuda 13/09/17(火)00:36 [ 返信 ]
1Maxios58.0S. Pasquier 1:40.73
2Olympic Glory 56.0L. Dettori 5
3Anodin56.0O. Peslier Short Head
4Gale Force Ten56.0R.L. Moore 1 1/2
5Style Vendome 56.0T. Thulliez Short Neck
6Flotilla54.5C.-P. LemaireShort Head
7Sage Melody 54.5U. Rispoli 10
Non Runner: Havana Gold

Flotillaの先導役か、Sage Melodyがスタートから飛ばしてゆく。2番手は単独でMaxios、間が空いてGale Force Tenが3番手、その後外にStyle Vendome、内にFlotillaOlympic Gloryは後方から。
Sage Melodyは役目を果たすべく大きくリードをとる。MaxiosとGale Force Tenの間も同じくらい空き、前から後ろまではかなりの距離に。Olympic Gloryは中間を過ぎた辺りからやや後れだす。フォルスストレートからMaxiosがSage Melodyとの差を徐々に縮めて直線へ。
残り400でMaxiosがSage Meldoyをとらえて先頭、その後はまだ大分離れている。Gale Force Ten、Style VendomeFlotilla、Anodinが競って2番手争いを繰り広げるが、それらを尻目にMaxiosはどんどん先をゆく。2番手に上がったAnodinに、最後漸くOlympic Gloryが追い込んで並ぶが、勝負には全く関係なし。Maxiosが押し切って5馬身差で圧勝。2着Olympic Glory、3着Anodin。


965. 2013/09/15 ヴェルメイユ賞 (仏G1 芝2400m 3歳上牝 ロンシャン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/09/14(土)01:55 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
16Romantica(GB)4Filly58.0M. Guyon
210Galvaun(IRE)4Filly58.0P.-C. Boudot
34La Pomme D'Amour(GB)5Mare58.0F. Prat
411Wild Coco(GER) 5Mare58.0T.P. Queally
53Treve(FR)3Filly54.5L. Dettori
69Tasaday(USA)3Filly54.5M. Barzalona
75Penelopa(GB)3Filly54.5W. Buick
81Venus De Milo(IRE) 3Filly54.5R.L. Moore
92Orion Love(GB) 3Filly54.5F. Veron
108Silasol(IRE)3Filly54.5O. Peslier
117Eleuthera(FR)3Filly54.5C. Demuro

3戦無敗、G1ディアーヌ賞を圧勝したTreveが中心。2着以下を離して勝ったこともそうだが、時計も優秀、器の大きさを感じさせる。キャリアが少ないこと、間隔が空いたことを克服すれば、連勝は伸びるだろう。
Tasadayはディアーヌ賞でTreveに完敗したが、その後G3プシュケ賞、G2ノネット賞を完勝し、勢いに乗った。愛オークスの2着馬Venus De Miloは、その後G3ギヴサンクスSを完勝、G1ヨークシャーオークスでも後に愛チャンピオンSを勝つThe Fugueの2着に来た。
超良血Romanticaは昨年のこのレースでキャリア唯一の着外に敗れたが、今年は前走のG1ジャンロマネ賞を勝ち、一味違う状態で臨む。La Pomme D'Amourは長距離戦に強く、前走G2ポモーヌ賞連覇を果たした。Wild Cocoも長距離戦で結果を残してきた馬、2年越しで重賞3連勝、前走11ヶ月ぶりのG3リリーラングトリSも快勝した。
13/09/14(土)01:56 編集
[1]. ヴェルメイユ賞結果
|| mazuda 13/09/17(火)00:35 [ 返信 ]
1Treve54.5L. Dettori 2:36.82
2Wild Coco 58.0T.P. Queally1 3/4
3Tasaday54.5M. Barzalona3 1/2
4Orion Love 54.5F. Veron Short Neck
5Galvaun58.0P.-C. Boudot3/4
6Silasol54.5O. Peslier 1/2
7Romantica58.0M. Guyon 4
8Venus De Milo 54.5R.L. Moore 1 1/4
9La Pomme D'Amour58.0F. Prat 3
10Penelopa54.5W. Buick 15
Non Runner: Eleuthera

Orion Love、Penelopaなどが好スタートを切るが、内からVenus De Miloがハナへ。Wild Cocoが2番手、中団にTreveRomantica、Tasadayが並び、Silasolは後方から。
Venus De Miloは抑えた逃げで、Wild Cocoが1馬身差で続く。Treveは前から3馬身半くらいのところ、最後方までも6馬身くらいの一団で進んでゆく。コーナーで徐々にWild CocoがVenus De Miloとの差を詰め、その差半馬身、フォルスストレートではその直後にPenelopaも進出し、Tasadayが続く。Treveは最内でジッとしている。
直線に入る手前でWild Cocoが先頭にかわる。Venus De Miloが食い下がり、Orion Love、更に外からはTasadayも追ってくるが、内で溜めていたTreveが残り400で前が開いたところを追い出すと、一気に2番手まで上がり、先に抜け出したWild Cocoに迫る。そして、残り100でWild Cocoをとらえ、そのまま1 3/4馬身前に出てTreveが1着。2着Wild Coco、3着Tasaday。


964. 2013/09/14 セントレジャーS (英G1 芝14F132Y 3歳牡牝 ドンカスター) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/09/13(金)01:15 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
110Cap O'Rushes(GB) 3Colt126M. Barzalona
211Excess Knowledge(GB)3Colt126J. Doyle
39Foundry(IRE)3Colt126R. Moore
41Galileo Rock(IRE) 3Colt126W. Lordan
53Great Hall(GB) 3Colt126K. Fallon
66Havana Beat(IRE) 3Colt126L. Keniry
77Leading Light(IRE) 3Colt126J. O'Brien
82Libertarian(GB)3Colt126W. Buick
98Ralston Road(IRE) 3Colt126T. O'Shea
105Secret Number(GB) 3Colt126S. De Sousa
114Talent(GB)3Filly123J. Crowley

Galileo Rockはダービー3着、愛ダービー2着、1勝馬ながらトップクラスで好走を続けている。一方Leading LightはG1の経験は無いが、4連勝中でG3ガリニュールS、G3クイーンズヴァーズをものにした。2マイルまで勝っている点も良い。Excess Knowledgeも1勝馬だが、走る毎に良くなり、距離延長にも対応してきた。
Foundryはまだキャリア2戦、休み明けの前走G2グレイトヴォルティジュールSで2着に入り、その時の勝ち馬は居ない。LibertarianはG2ダンテSの勝ち馬でダービー2着。愛ダービーでは惨敗したが、巻き返しを期す。紅一点のTalentは、オークスを完勝したメンバー中唯一のクラシックホース。こちらも愛オークスでは7着に敗れ、立て直しが鍵となる。
G3ゴードンSでExcess Knowledgeを破ったCap O'Rushesは、愛ダービー4着もあるが、前走はグレイトヴォルティジュールS6着。Secret NumberはグレイトヴォルティジュールS3着、勝ち馬との差は2馬身も無い。
[1]. セントレジャーS結果
|| mazuda 13/09/17(火)00:34 [ 返信 ]
1Leading Light 126J. O'Brien 3:09.20
2Talent123J. Crowley 1 1/4
3Galileo Rock 126W. Lordan 3/4
4Libertarian126W. Buick 1/2
5Foundry126R. Moore 3/4
6Secret Number 126S. De Sousa 1/2
7Ralston Road 126T. O'Shea 2 1/2
8Havana Beat 126L. Keniry 5
9Great Hall 126K. Fallon 3 3/4
10Excess Knowledge126J. Doyle 7
11Cap O'Rushes 126M. Barzalona23

Cap O'Rushes、Galileo Rockが好スタート、Cap O'Rushesがハナを切る。2番手にはLeading Light、その内にGalileo Rock、外にSecret Numberが並ぶ。Excess Knowledgeはその後の集団の外、真ん中にLibertarian、Foundryは中団より後ろ、Talentは最後方を追走する。
Cap O'Rushesは1馬身半程リード、2番手はLeading Lightが単独で追走し、Galileo Rockは3番手。Excess Knowledgeはコーナーで下がり7番手となる。中盤はそのまま過ぎてゆき、最終コーナーにかかるとGalileo Rockが埒を離れて外へ。直線を向くと、全馬が横に広がり、前は3頭が競ってGalileo Rockは更に外へ。
残り3Fを切り、Cap O'Rushesはいっぱい、Leading LightとGalileo Rockの先頭争いとなり、Secret Number、Libertarian、Talentが続く。Leading LightとGalileo Rockの追い比べは、Galileo Rockが外にヨレたりしてLeading Lightをとらえあぐねている間に、Leading LightがGalileo Rockを突き放す。ジワジワ差を広げたLeadling LightはTalentの追い上げも寄せ付けず、そのまま先頭でゴール。2着Talent、3着Galileo Rock。


963. 2013/09/07 愛チャンピオンS (愛G1 芝10F 3歳上 レパーズタウン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/09/13(金)01:14 [ 返信 ]
1The Fugue 130W.T. Buick 2:05.22
2Al Kazeem 133J. Doyle 1 1/4
3Trading Leather126K.J. Manning2
4Parish Hall 133R.P. Whelan 3 3/4
5Euphrasia130G.F. Carroll21
6Kingsbarns126J.P. O'BrienDistance
Non Runners: Declaration Of War, Princess Highway


962. 2013/09/07 愛メイトロンS (愛G1 芝8F 3歳上牝 レパーズタウン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/09/13(金)01:11 [ 返信 ]
1La Collina 131C.D. Hayes 1:39.00
2Lily's Angel 131G.F. Carroll 1/2
3Say126J.A. HeffernanShort Head
4Kenhope126T. Jarnet 3 1/2
5Fiesolana131W.J. Lee 1 1/4
6Scintillula126K.J. Manning 1
7Chigun131T.P. Queally 2
8Just Pretending126J.P. O'Brien 1 1/2
9One Spirit 131N.G. McCullagh2
10Caponata131P.J. Smullen Head
11Magical Dream 126M.C. Hussey 2
12Wannabe Better 126W.M. Lordan Neck


961. 2013/09/07 スプリントC (英G1 芝6F 3歳上 ヘイドック) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/09/13(金)01:05 [ 返信 ]
1Gordon Lord Byron129J. Murtagh 1:12.25
2Slade Power 129W. Lordan 3
3Hoof It 129G. Gibbons 3/4
4Hawkeyethenoo129G. Lee 3/4
5Soul129J. Fanning Head
6Garswood127R. Moore 3/4
7Hamza129J. Crowley 1 1/2
8Kavanagh129P. Cosgrave2
9Lethal Force 129A. Kirby 8
10Intense Pink 126S. Sanders 1
11Rex Imperator 129N. Callan 2 1/4
12Heeraat129P. Hanagan 1 1/4
13Swiss Spirit 129R. Hughes 15
Non Runners: Kingsgate Native, Reckless Abandon, Tiddiwinks

内からHeeraat、外からはHoof It、Soulが前に行く。Lethal Forceは好位に付け、Gordon Lord Byronがそれに続く。Garswoodは中団から。
中間にかかると後続が前に並びかけ、前は大混戦。しかし、残り500といった辺りでGordon Lord Byronが抜け出す。残り2Fから残り1Fで、後続を突き放すと、もうGordon Lord Byronを脅かす馬は居ない。最後にSlade Powerが漸く差を縮めてくるが、3馬身リードを保ってGordon Lord Byronが快勝。2着Slade Power、3着Hoof It。


960. 2013/09/01 モイグレアスタッドS (愛G1 芝7F 2歳牝 カラ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 13/09/01(日)01:38 [ 返信 ]
出馬表
No.DrawHorseAgeSexWgt.Jockey
17Carla Bianca(IRE) 2Filly126P.J. Smullen
23Kiyoshi(GB)2Filly126J.P. Spencer
34Perhaps(IRE)2Filly126J.A. Heffernan
41Rizeena(IRE)2Filly126J. Doyle
55Tapestry(IRE)2Filly126J.P. O'Brien
66Touch Of Snow(IRE)2Filly126S. Foley
72Wonderfully(IRE)2Filly126R.L. Moore

2連勝中の2頭が首位争いの軸。
Tapestryはデビュー戦で未勝利勝ちの後、G2デビュータントSで重賞制覇し2戦無敗。内容もデビュー戦より大分向上し、良い流れで臨める。Kiyoshiはデビュー戦で4着に敗れた後連勝、前走はG3アルバニーSを3 1/4馬身差で完勝し、一躍世代の中心的な存在となった。
Rizeenaは3連勝でG2クイーンメアリSを勝ったが、その後はG2ダッチェスオヴケンブリッジSで2着、G1モルニ賞で3着、やや足踏み状態だ。WonderfullyはアルバニーSでKiyoshiに大きく後れをとったが、前走はG3シルヴァーフラッシュSを勝ち、更に上を目指す。PerhapsはシルヴァーフラッシュSでWonderfullyの、デビュータントSでTapestryの2着があるが、O'Brien厩舎としては3番手、上2頭のサポート役か。
[1]. モイグレアスタッドS結果
|| mazuda 13/09/14(土)16:28 [ 返信 ]
1Rizeena126J. Doyle 1:22.91
2Kiyoshi126J.P. Spencer 3/4
3Tapestry126J.P. O'Brien Head
4Carla Bianca 126P.J. Smullen 3 1/4
5Perhaps126J.A. Heffernan3/4
6Wonderfully126R.L. Moore 1 3/4
7Touch Of Snow126S. Foley 32

Perhapsが飛び出してレースを引っ張り、Wonderfullyが続く。その後にTapestryが付け、中団にCarla Bianca、Kiyoshi、Rizeenaは後ろから2番手を行く。
Perhapsは3馬身くらいのリード、WonderfullyからTapestryも3馬身くらい空き、その後は馬群、KiyoshiはTapestryをマークするような位置を行く。
残り2F、後続が進出を始め、KiyoshiがTapestryを抜きにかかり、その2頭が前を飲み込む。Perhapsがいっぱいとなり、馬体をぶつけられて怯んだWonderfullyも後退、Kiyoshiが残り1Fで抜け出し先頭に立ち、Tapestryが食い下がって2頭の争いかと思われたが、残り100でその外からRizeenaが襲い掛かり、一気に2頭をかわして1着。2着Kiyoshi、3着Tapestry。


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: