JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

1046. 2008/08/09 セクレタリアトS (米G1 芝10F 3歳 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 08/08/08(金)02:13 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Prime Realestate(KY) J.R. Leparoux 3Colt119
2Winchester(VA)R.R. Douglas 3Colt119
3Plan(KY)J.P. Murtagh 3Colt121
4Strait of Mewsina(IRE)D.T. Baird 3Colt119
5Snoose Goose(VA) R.J. Albarado 3Colt119
6Tizdejavu(KY)G.K. Gomez 3Colt126
7Your Round(KY) J.R. Velazquez3Colt119
8Sr. Henry(FL) E. Razo Jr. 3Gelding119
9Secret Getaway(KY) E. Wilson 3Colt123
[1]. セクレタリアトS
|| mazuda 08/08/09(土)06:53 [ 返信 ]
中心視されるのは、芝に移って3戦3勝、いずれも完勝のTizdejavu。初G1を狙うFox師もかなりの手応えを感じている様子。
強敵は遠征勢。今季絶好調のO'Brien厩舎からはPlanが参戦する。クラシックには縁が無いが、前走G3愛国際Sで古馬を倒してきており、同世代の北米調教馬にとってはかなり手強い存在。距離経験は無いが、陣営はこの馬の上昇度から勝負になると見ている。もう1頭Winchesterは実績は無いが、同世代の強いところと当たってきて距離経験も豊富。
Stidham師の2頭出しは、前走トロントCを勝ち2連勝中のSecret Getawayと、G2アメリカンダービーでTizdejavuの2着だったSr. Henryといずれも上位に来る力はありそうな馬。もう一つ有力な前哨戦のG2ヴァージニアダービーからは上位3頭が出ないが4着のYour Roundが参戦。春先はダートやオールウェザーを走っていたが、芝適性は高そうだ。別路線では芝で4戦2勝2着2回、前走カムサマーS2着のSnoose Gooseも気になるところ。
[2]. セクレタリアトS結果
|| mazuda 08/08/11(月)02:20 [ 返信 ]
1WinchesterR.R. Douglas 1192:01.76
2PlanJ.P. Murtagh 1217 1/4
3TizdejavuG.K. Gomez 1262 1/2
4Prime Realestate J.R. Leparoux 1191 1/4
5Strait of MewsinaE.T. Baird 119Neck
6Your Round J.R. Velazquez1191/2
7Snoose Goose R.J. Albarado 1192 1/2
8Secret Getaway E. Wilson 1231 3/4
9Sr. Henry E. Razo Jr. 11912
Times: :25.38, :49.64, 1:13.84, 1:37.39, 2:01.76

Tizdejavuが好スタートからハナを切り、Sr. Henry、Winchester、Snoose Goose、Secret Getawayらが続く。Planは後方から3番手からの競馬。
2コーナーでリードをとり単騎逃げに持ち込んだTizdejavu、その後ろに3頭が固まり、最内がWinchester、Planはその後ろ6番手の内を進む。
残り3Fを前にWinchesterが内から進出、PlanもMurtaghの手が激しく動いて内を上がってゆく。Tizdejavuは持ったまま4コーナーへ入り、直後にWinchesterが接近、Planは漸く内から3番手へ上がってくる。
直線入り口でTizdejavuもラストスパートに入るが、いざ追い出されてみるとWinchesterの脚色が完全に上。ラスト300の辺りであっさりと抜かれ、更に後ろからPlanが迫ってくる。抜け出したWinchesterは一気にリードを広げ勝負を決めた。2番手は最後Planに変わるが、Winchesterは7 1/4馬身差を付ける圧勝。

Winchesterはこれが2勝目、ステークス競走も初勝利。Weld師、鞍上Douglasは同レース初勝利。前走Tizdejavuでアメリカンダービーを勝ちながら、Tizdejavuの手綱がGomezに戻り、チャンスを失いかけたDouglasが大仕事をやってのけた。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: