JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

1054. 2008/08/23 トラヴァースS (米G1 ダート10F 3歳 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 08/08/22(金)02:52 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Tale of Ekati(KY) E.S. Prado 3Colt126
2Colonel John(KY) G.K. Gomez 3Colt126
3Da' Tara(KY) A. Garcia 3Colt126
4Tizbig(KY)C. Velasquez 3Colt126
5Macho Again(FL) J.R. Leparoux 3Colt126
6Cool Coal Man(KY) J.R. Velazquez 3Colt126
7Amped(KY)J.F. Chavez 3Colt126
8Harlem Rocker(ON) E.M. Coa 3Colt126
9Mambo in Seattle(KY)R.J. Albarado 3Colt126
10Tres Borrachos(KY) T.C. Baze 3Gelding126
11Pyro(KY)S.X. Bridgmohan3Colt126
12Court Vision(KY) K.J. Desormeaux3Colt126
[1]. トラヴァースS
|| mazuda 08/08/23(土)01:30 [ 返信 ]
2冠馬Big Brownの不在は混戦を演出し、18年ぶりとなる多頭数で真夏のダービーは行われる。
G2ジムダンディSの日程を変更し、明確にトラヴァースへの前哨戦と位置付けて以来3年、ジムダンディの勝ち馬が全てここも制してきた。今年該当するのはMacho AgainプリークネスS2着馬でもあり、実力上位ではあるが、あくまで勝つ可能性が高い5−6頭の内の1頭といったところ。ジムダンディS2着のPyroがMLでは1番人気となっている。ルイジアナダービー馬PyroはジムダンディSで6ポンド背負い、後方からのレースで距離をロスしながら1/2馬身差まで来た。今回外枠を引き、同じ目を見る危険性もあるが、良い位置に付けられれば勝利が見えてくる。新興勢力組では現在3連勝中、前走ヘンリーウォルトンSを好内容で制した良血Mambo in Seattle。前走後も良い状態で来ており、昨年Grasshopperで大魚を逸し今年こそはと意気込むHoward師も興奮を抑え切れない様子。更にはダート無敗のHarlem Rocker、G3ウィザーズSでキングスビショップSの本命候補J Be Kに完勝し、前走は加プリンスオヴウェールズSを勝ってきた。相手はかなり強化されるが、この馬も良化の余地を残しており楽しみ、とPletcher師。
サンタアニタダービー馬Colonel Johnは前走G2スワップスSで3着と人気を裏切った。Harty師は前を深追いし過ぎたと分析、SAダービーの様な競馬で勝利を狙う。ダートはKYダービー6着の1戦だけで駄目とは言えないだろう。ベルモントS勝ち馬Da' TaraはジムダンディSで大きく離された最下位に沈んだ。スンナリ先手をとる展開が必要で、ベルモントSのような距離ならともかく中距離では厳しいか。今回は前に行く馬が少ないが、隣に入ったTizbigの出方がポイント。Tale of EkatiはG1ウッドメモリアルの勝ち馬でKYダービーはメンバー最先着の4着。その後2戦は裂傷などもありイマイチだが、ここへ向けて調子を上げ、Tagg師は自信ありげだ。
08/08/23(土)01:30 編集
[2]. トラヴァースS結果
|| mazuda 08/08/25(月)02:32 [ 返信 ]
1Colonel John G.K. Gomez 1262:03.20
2Mambo in SeattleR.J. Albarado 126Nose
3PyroS.X. Bridgmohan1265 1/2
4Harlem Rocker E.M. Coa 126Neck
5Da' Tara A. Garcia 126Neck
6Court Vision K.J. Desormeaux1262
7Tale of Ekati E.S. Prado 126Neck
8Macho Again J.R. Leparoux 1261/2
9TizbigC. Velasquez 1263 1/4
10AmpedJ.F. Chavez 1262 1/2
11Cool Coal Man J.R. Velazquez 126Neck
12Tres Borrachos T.C. Baze 1261 3/4
Times: :23.91, :48.06, 1:12.12, 1:37.17, 2:03.20

Da' Taraはスタートを決め、隣のTizbigのスタートが良くなかったこともあり簡単にハナを奪う。Tale of EkatiやCool Coal Manは控え、外からTres Borrachos、盛り返したTizbigも前に迫り、Da' Taraのリードは半馬身といったところ。Tizbigが2番手、向正面に入り3番手はCool Coal Man、Cololen Johnも好位を追走、Macho Again、Harlem Rockerは切れ目無く続く馬群の真ん中、スタート直後に下げて内へ潜り込んだPyroがその後ろ、Mambo in Seattleはこの集団の後ろから。
内からTale of Ekatiがポジションを上げ中盤で3番手へ。後ろに下がったHarlem Rockerも大外に出して上がって行く。3コーナーでDa' Tara、Tizbigは手が動き始め、後続が詰め寄って4コーナーでは大きく横に広がる。Da' Taraは先頭を守り、最内を回ったTale of Ekati、その外に前の馬が外へ膨れて出来たスペースを突いたColonel John、大外からはHarlem Rockerが良い脚で上がってくる。
直線Da' Taraは暫くリードを守っていたが、残り1FでColonel Johnにつかまる。外からはHarlem Rockerと、ワンテンポ遅らせて追いかけてきたMambo in Seattleが馬体を併せる格好で伸び、Mambo in Seattleがこれを制してColonel Johnを追う。ラスト100はCololen JohnとMambo in Seattleが馬体を並べての一騎打ちとなり、先んじたColonel Johnをジリジリ差を詰めたMambo in Seattleがとらえたところがゴール。Mambo in Seattleの鞍上Albaradoは勝ったと思い鞭を挙げ、Colonel JohnのHarty師は負けたと思った2頭の争いはしかし、首の上げ下げで決勝線ではColonel Johnが出ていた。離れた3着には内の馬群を抜けて漸く伸びたPyroがHarlem Rocker、Da' Taraをかわして飛び込んだ。

Colonel Johnはこれで8戦5勝、G1はサンタアニタダービー以来の2勝目、ダート戦は初勝利となる。この後は勿論BCクラシックを目指すが、間に何処を挟むかは未定。
08/08/26(火)02:47 編集

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: