JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

1165. 2008/08/08 セクレタリアトS (米G1 芝10F 3歳 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/08/06(木)23:13 [ 返信 ]
出馬表
No.PostHorseJockeyAgeSexWgt.
14Cliffy's Future(KY) F. Jara 3Colt121
1A8Driving Snow(GB) F. Jara 3Colt123
21Hoosier Kingdom(IN) E. Trujillo 3Colt119
32Proceed Bee(KY) C.A. Emigh 3Gelding121
43Laureate Conductor(KY)R.A. Dominguez 3Colt119
55Oil Man(IRE) G.K. Gomez 3Colt121
66Quite a Handful(KY) J.V. Birdgmohan3Colt119
77Take the Points(KY) K.J. Desormeaux3Colt119
89Reb(KY)J.R. Leparoux 3Colt123
910Black Bear Island(IRE)J.P. Murtagh 3Colt123
1011Giant Oak(IL) E. Razo Jr. 3Colt121
[1]. セクレタリアトS
|| mazuda 09/08/08(土)00:56 [ 返信 ]
欧州馬が席巻しているレースだが、今年は1頭だけ、それもレース後は北米へ移籍が決まっている。
そのBlack Bear Islandは、英ダービーの主要プレップG2ダンテSを勝っている馬で、その実績であれば当然有力なのだが、近走不振の原因がどこにあるか。ここ3戦は長距離で、短縮がプラスになれば良いが、北米の馬場への適正も気になる。
北米勢では、アーリントンの芝レースで結果を出している馬達が上位。アーリントンクラシックの勝ち馬Giant OakはダートのG2イリノイダービー2着もあり、力量上位。G2アメリカンダービーではスローペースで控えてしまい、道中脚を使い過ぎて失速、巻き返しを図る。そのアメリカンダービーを勝ったRebは3連勝中で、いずれも着差は僅かながら勢いがある。前走もスローを後方から差したもので、着差以上に強いかもしれない。Take the Pointsはサンタアニタダービー4着もある馬で、G2コロニアルターフC4着、G2ヴァージニアダービー3着。着差は小さく、その上位馬は不在で同じくらい走ればチャンスあり。Oil Manはアメリカンダービーで3位入線後降着、その前は2連勝でG3シネマHを勝っている。距離を伸ばして良化した馬で、前走も入線時の差はたった1/2馬身、いくらでもひっくり返せる。
[2]. セクレタリアトS結果
|| mazuda 09/08/14(金)00:35 [ 返信 ]
1Take the Points K.J. Desormeaux1192:05.41
2Black Bear Island J.R. Velazquez 123Head
3Laureate ConductorR.A. Dominguez 1193 1/4
4Oil Man G.K. Gomez 121Neck
5Proceed Bee C.A. Emigh 1211 1/4
6Quite a Handful J.V. Bridgmohan1191
7Giant Oak E. Razo Jr. 1211 1/2
8RebJ.R. Leparoux 1232 3/4
9Cliffy's Future F. Jara 1212
10Hoosier Kingdom E. Trujillo 1195
Times: :25.71, :51.35, 1:16.29, 1:40.76, 2:05.41
Scratched: Driving Snow

内3頭が徐々に出て来て、Hoosier Kingdomが先頭。Laureate Conductor、Proceed Beeが続くが、外からBlack Bear Islandが上がって2番手に付ける。その後ろにはTake the Points。Giant Oak、Rebは後方から。
ペースが落ち着くと、Black Bear IslandTake the PointsはHoosier Kingdomにピタリと付く。馬群も後ろまでほぼ切れ目無く続き、ゆったりしたペース。残り3F、Black Bear Islandが進出を開始、Hoosier Parkを抜いて先頭に立つ。これをTake the Pointsが追い掛け、共に4コーナーからスパートするとその後ろは置いてゆかれ、後は2頭の争い。
勢いに勝るTake the PointsBlack Bear Islandが抑え込み、残り1Fでは主導権を奪い返したが、Take the Pointsがまたジワジワ差を詰めると、ゴール直前で頭差前に出てBlack Bear Islandを抑えた。3着にはLaureate Conductor。

Take the Pointsは芝での初勝利がG1制覇となった。距離が伸びる程良いと果敢にここを狙ってきたのが当たった。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: