JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

1167. 2009/08/08 アーリントンミリオンS (米G1 芝10F 3歳上 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/08/06(木)23:14 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Einstein(BRZ)J.R. Leparoux 7Horse126
2Presious Passion(FL) E. Trujillo 6Gelding126
3Just as Well(KY) E.T. Baird 6Horse126
4Stotsfold(GB)A. Kirby 6Gelding126
5Mr. Sidney(KY) K.J. Desormeaux5Horse126
6Gio Ponti(KY) R.A. Dominguez 4Colt126
7Gloria de Campeao(BRZ)T. Pereira 6Horse126
8Cima de Triomphe(IRE) C.-P. Lemaire 4Colt126
9Recapturetheglory(KY)G.K. Gomez 4Colt126
[1]. アーリントンミリオンS
|| mazuda 09/08/08(土)00:57 [ 返信 ]
遠征して来た馬は3頭、いずれもそれなりの実力馬だが、北米勢が強力布陣でこちらが優位か。
G1、3連勝中で米芝路線を牽引するGio Pontiが4連勝を狙う。3戦とも目の覚めるような末脚で他を捩じ伏せる強さで、もはや距離に不安も無く、馬場状態にもよらず力を見せられる。Gio Pontiとは初対戦となるもう一方のトップホースがEinstein。昨年のこのレースは5着に敗れたが、芝ではG1を4勝、他にG1サンタアニタHを勝ち、ダートでもG2を勝っている幅広い活躍ぶりだが、芝が一番合っている、とPitt師。今年は未だ5戦で状態もフレッシュだ。
外国馬では、G1を勝っている2頭にチャンスあり。Gloria de CampeaoはドバイワールドC2着から、前走のシンガポール航空国際CでG1制覇。急速に力を付けている感がある。ブラジル時代から芝重賞を勝っており、フラットで時計の出る芝は合っているだろう。伊ダービー馬Cima De Triompheは前々走G3ブリガディアジェラードSでConduitを破り、前走G1エクリプスSは4着も上位が錚々たる顔ぶれ。Cumani師もこのレースを勝ったことがあり、心得はある。
レースの鍵となるのはPresious Passion。前走G1ユナイテッドネイションズSで大逃げを打ち、そのまま完勝する驚きの内容。モンマスが得意という後押しがあったとはいえ、同じことをされると後続としてはレースが難しくなる。再度の逃げ切りもあるかもしれない。
[2]. アーリントンミリオンS結果
|| mazuda 09/08/14(金)00:40 [ 返信 ]
1Gio Ponti R.A. Dominguez 1262:04.19
2Just as Well E.T. Baird 1261 1/4
3StotsfoldA. Kirby 126Head
4Cima de Triomphe C.-P. Lemaire 1266
5EinsteinJ.R. Leparoux 1261 1/4
6Mr. Sidney K.J. Desormeaux126Nose
7Gloria de CampeaoT. Pereira 1261/2
8Presious Passion E. Trujillo 1263/4
Times: :23.98, :48.44, 1:14.23, 1:39.58, 2:04.19
Scratched: Recapturetheglory

Presious Passionはやはり大逃げに出る。スタートから飛ばして1コーナーでは9馬身くらいのリード。Gloria de Campeaoが続き、EinsteinMr. Sidneyが好位、Gio Pontiはその後ろ5番手といつもより早め、その外にCima de Triomphe
大きかったPrecious Passionのリードも向正面に入ると徐々に縮まってゆく。中間を過ぎてその差は3馬身程。Gio Pontiは埒沿いを動いてEinsteinと並ぶ。Mr. Sidneyが2番手に上がりPresious Passionを追い詰め、その直後にGio PontiEinsteinがやって来る。
Gio PontiはここからEinsteinを置き去りにして一気に前を飲み込み、直線ではもう先頭で2馬身のリード。Gio Pontiが抜けた後を通ったStotsfold、外を回してJust as Wellと後方待機勢が差を詰めてくるが、最後はGio Pontiと脚色が同じになり、Gio Pontiが1 1/4馬身差を付けて1着。2着争いは外のJust as Wellが制し、3着Stotsfold。

Gio PontiはこれでG1、4連勝。北米芝の現役No.1であることをを誇示した。Dominguez、Clement師はいずれも同レース初制覇。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: