JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

1251. 2010/04/09 メイカーズマークマイルS (米G1 芝8F 4歳上 キーンランド) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/04/08(木)00:37 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Pictual(KY)D. Mernagh 6Horse117
2Society's Chairman(ON)J. Lezcano 7Horse119
3Cherokee Artist(KY) J. Rose 5Horse117
4Wesley(KY)J.J. Castellano5Horse119
5Karelian(KY)J.R. Leparoux 8Gelding117
6Court Vision(KY) R.J. Albarado 5Horse121
7Passager(FR)C.S. Nakatani 7Gelding117
8Rough Victory(KY) K.J. Desormeaux5Horse117
[1]. メイカーズマークマイルS
|| mazuda 10/04/09(金)00:23 [ 返信 ]
Court Visionが4つめのG1タイトルを狙う。前走は繰り上がりながらG1ガルフストリームパークターフHに勝利。前脚に傷を負った為それから間隔が空いたが、調教では良く動いている。昨秋にG1ターフマイルSを勝った舞台というのも好材料。
そのターフマイルS2着で、前走のタンパベイSでGio Pontiを破ってきたKarelianが相手か。昨年はG3リヴァーシティH8着と後味の悪い終わり方で、敗因がわからないというが、前走を見る限り立ち直ったとみて良さそう。
続くのは、Attfield厩舎の2頭。Passagerは昨年のこのレース2着馬、ということで条件は合っているが、今回は9ヶ月の休み明けというところが割引か。Society's Chairmanは前走G3アップルトンを勝ってきた。スローのレースを最後方から差し切り、着差以上に強い内容。
Cherokee Artistはオールウェザーを主に走っているが、前走G3カナディアンターフHで2着。BCマイル2着のCourageous Catから頭差の競馬はなかなか。WesleyはG3マイアミマイルHの勝ち馬で、前走はガルフストリームの一般戦を2 1/2馬身差で勝ってきた。
[2]. メイカーズマークマイルS結果
|| mazuda 10/04/11(日)01:04 [ 返信 ]
1KarelianJ.R. Leparoux 1171:34.33
2Court Vision R.J. Albarado 1211 1/4
3Society's ChairmanJ. Lezcano 1171 1/2
4WesleyJ.J. Castellano1191 1/2
5PassagerC.S. Nakatani 1171 1/4
6Rogue Victory K.J. Desormeaux1173/4
7Cherokee Artist J. Rose 1176 3/4
8PictualM. Mena 11711 1/4
Times: :24.20, :47.23, 1:10.91, 1:22.44, 1:34.33

内からまずPictualが飛び出し、Karelianも前へ。Cherokee Artist、Passagerが好位で続き、Court Visionは丁度中団。Wesley、Society's Chairmanはその後ろを追走する。
Pictualは単騎逃げで、2番手も単独でKarelian。ゆったりしたペースながら、向正面では一旦馬群が縦に伸びる。動きがあったのは中間過ぎから。Cherokee Artistが内から2番手に並び、ここから後続も前と差を詰め馬群が縮まってくる。3コーナーに差し掛かるとKarelianが外から動いてPictualをかわし、今度は先頭に。後続ではCourt Visionが外を回って4コーナーで2番手に並ぶ。
直線でKarelianが抜け出し、Court Visionが追いかける。一旦Court VisionがKarelianに迫るが、Karelianも余力あり。残り100でもう一度引き離すと、Court Visionはそれ以上詰め寄ることができず1 1/4馬身のリードを守ってKarelianが1着。3着には外から差してきたSociety's Chairmanが入った。

Karelianはこれで21戦10勝、G1初勝利。Court Visionに昨秋のターフマイルS鼻差負けの借りを返した。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: