JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

1253. 2010/04/10 ブルーグラスS (米G1 AW9F 3歳 キーンランド) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/04/09(金)00:24 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Odysseus(KY)R. Maragh 3Colt123
2First Dude(FL) R.A. Dominguez 3Colt123
3Stately Victor(KY) A. Garcia 3Colt123
4Make Music for Me(KY)M.E. Smith 3Colt123
5Codoy(KY)J.R. Velazquez 3Colt123
6Pleasant Prince(FL) J.R. Leparoux 3Colt123
7Paddy O'Prado(KY) K.J. Desormeaux3Colt123
8Aikenite(FL)G.K. Gomez 3Colt123
9Interactif(KY)R. Bejarano 3Colt123

ポリトラックで施行されるようになってから一層本番を展望しづらくなったブルーグラスSは、混戦模様。
その中で、中心となりそうなのは前走G1フロリダダービー2着のPleasant PrinceとG3タンパベイダービー勝ちのOdysseus。Pleasant Princeはフロリダダービーで追い込んできた。後方有利の流れだっただけにどこまで評価して良いのかは微妙なところ。今回は前が速くなりそうにないのも心配だ。キーンランドは未勝利で1戦して3着。Odysseusは2走前の一般戦では2着を15馬身離す圧勝をみせ、現在3連勝中。3戦いずれも番手の競馬だが、ここは行こうとする馬が居なければハナを切るか。オールウェザーは未経験。
Interactifは芝の重賞勝ち馬で、初のオールウェザーとなった前走G2サンフェリペSで2着。相手が先週サンタアニタダービーを圧勝したSidney's Candyであり、ここでも見劣りしない。同じPletcher厩舎のAikeniteは年明け2戦良い所が無いが、キーンランドのG1ブリーダーズフューチュリティでは2着に来ている。芝のパサデナSで初勝利をあげたMake Music for Meは、G1デルマーフューチュリティでLookin At Luckyの2着、G1ハリウッドフューチュリティでもLookin At Lucky、Noble's Promiseに次ぐ3着と経験豊富。
フロリダダービー5着のFirst Dudeは、それまで4戦は連対を外していなかった。キーンランドではデビュー戦2着という結果がある。この馬も前目で競馬するので、共に内に入った隣のOdysseusとの兼ね合いが展開上気になるところ。Paddy O'Pradoは前走芝のG3パームビーチSで初勝利。そのレースでは番手の競馬と脚質転換に成功、ここでもハナへ行く候補の1頭だろう。
10/04/11(日)01:04 編集
[1]. ブルーグラスS結果
|| mazuda 10/04/14(水)23:30 [ 返信 ]
1Stately Victor A. Garcia 1231:48.69
2Paddy O'Prado K.J. Desormeaux1234 1/4
3First Dude R.A. Dominguez 1231
4InteractifR. Bejarano 1231 1/2
5CodoyJ.R. Velazquez 1231
6Make Music for MeM.E. Smith 123Neck
7Pleasant Prince J.R. Leparoux 1231 1/4
8AikeniteG.K. Gomez 1233 1/4
9OdysseusR. Maragh 123Neck
Times: :23.89, :47.96, 1:12.33, 1:36.63, 1:48.69

Paddy O'Pradoが好スタートを切るが、内からOdysseusがこれを制してハナ。3番手はAikeniteとFirst Dudeが並び、この4頭が先団。Interactifがやや離れた5番手に居て、その後ろにMake Music for Me、Pleasant Princeは後方から2番手を追走する。
向正面に入り流れが落ち着くと一旦馬群が縮まるが、徐々に4番手と5番手の間が空いて、また縦長になってくる。3コーナーに差し掛かるとPaddy O'Pradoが外からOdysseusに並び、直ぐに先頭へと変わる。後方の馬達も接近してくるが、その中で1頭Stately Victorが勢い良く上がってゆき、直線入り口では4番手へ。
先頭のPaddy O'Pradoは2番手以下を突き放し、3馬身のリードをとるが、残り1Fの手前からStately Victorが迫ってくる。Stately Victorは一気にPaddy O'Pradoをとらえると、4 1/4馬身までリードを広げて1着。2着にPaddy O'Pradoが残り、3着にはFirst Dude。

Stately Victorはこれで8戦2勝。単勝人気は9頭中最低で、オッズ41.1倍は同レース史上最大であった。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: