JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

1297. 2010/08/21 アーリントンミリオンS (米G1 芝10F 3歳上 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/08/20(金)01:51 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Marsh Side(KY) C.S. Nakatani 7Horse126
2Debussy(IRE)W. Buick 4Colt126
3General Quarters(KY)J. Graham 4Colt126
4Just as Well(KY) J.R. Leparoux 7Horse126
5Quite a Handful(KY) T. Riggs 4Colt126
6Gio Ponti(KY) R.A. Dominguez5Horse126
7Rahystrada(KY)I. Karlsson 6Gelding126
8Tajaaweed(KY)M.C. Baze 5Horse126
9Tazeez(KY)R. Hills 6Gelding126
10Summit Surge(IRE) K. Fallon 6Gelding126
[1]. アーリントンミリオンS
|| mazuda 10/08/21(土)02:39 [ 返信 ]
10頭が集まったが、Gio Pontiが断然という雰囲気。連覇を狙うGio Pontiは昨年のこのレースから後勝ちあぐねていたが、前走のG1マンノウォーSで末脚の鋭さを見せ付けた。去年程の力は無いという見方もあるが、Clement師は無かったのは運だけだと衰えを否定。勝てば、同レース連覇は史上初。
欧州勢は、まず初勝利を狙うGosden師が2頭出し。Tazeezは英の重賞勝ち馬で、前々走はG1プリンスオヴウェールズSでByword、Twice Overの3着に来た。Debussyは今年はG3ハクスリーを勝っている。戦跡からは馬場が硬くない方が良いが、週末は一雨あるかもしれない。左回りは得意。もう1頭の遠征馬はCumani厩舎のSummit Surge。マイルを主戦場にしてきたが、前走のG2ヨークSを勝って中距離でもやれるところをみせた。
昨年2着のJust as Wellは、その後G1ノーザンダンサーSでも2着。今年は勝ちが無く、前走のG3アーリントンHでは2着だった。G1ターフクラシックSを勝ったGeneral Quartersは、アーリントンHでは6着に終わった。G1勝ちは道悪によるものなのか。今回も一雨あると面白いかもしれないが。アーリントンHを勝ってきたのはRahystrada。昨秋に初めて重賞を勝つと以後は安定、タンパベイSではKarelian、Gio Pontiに次ぐ3着だった。
[2]. アーリントンミリオンS結果
|| mazuda 10/08/23(月)01:23 [ 返信 ]
1DebussyW. Buick 1262:03.01
2Gio Ponti R.A. Dominguez1261/2
3TazeezR. Hills 1262
4RahystradaI. Karlsson 1261/2
5Summit Surge K. Fallon 1261
6TajaaweedM.C. Baze 1263 1/2
7General QuartersJ. Graham 126Neck
8Just as Well J.R. Leparoux 126Neck
9Quite a Handful T. Riggs 1261
Times: :25.30, :50.04, 1:13.69, 1:37.85, 2:03.01
Scratched: Marsh Side

General Quarters、Quite a Handfulが好スタート。2頭で前に出るが、外からTazeezが上がってくる。Quite a Handfulはハナを譲らず先頭、Tazeezが2番手でGeneral Quartersは3番手に下がる。Just as Wellは5番手、Rahystradaがその後ろで、Gio Pontiは最後方から。
向正面に入るとTazeezがQuite a Handfulの前に出る。General Quartersは3番手、Just as Well5番手、Gio Pontiは最後方、ほぼ2頭ずつ1馬身半くらいの間隔をおいて並ぶ。中間を過ぎるとTazeezは1馬身リードをとる。Quite a Handfulはそのまま置いていかれ、General Quartersが離れた2番手でそこから馬群、Gio Pontiはまだ後方だが2頭をかわして更に上がってゆく。
Tazeezのリードは3馬身以上となり、それを失わないまま直線へ。Gio Pontiは大外をマクって直線入り口で2番手まで上がる。Tazeezは意外に余力が無く、トップスピードに乗ったGio Pontiは一気に差を詰めてくる。残り100でTazeezをとらえ抜け出したGio Pontiだが、そこへ最内からDebussyが凄い勢いで突っ込んでくる。そのままGio Pontiも飲み込んだDebussyが1/2馬身差で1着。3着にTazeez。

DebussyはG1初制覇。Gosden師は8度目の挑戦で遂にミリオンを勝った。Buickは垂れてきた馬に前を詰まらせながらも上手く内を抜け、米初勝利をG1であげた。Debussyは1戦挿んでBCターフを目指す。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: