JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

1379. 2011/04/16 ブルーグラスS (米G1 AW9F 3歳 キーンランド) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/04/15(金)01:41 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Newsdad(KY)J.L. Castanon 3Colt123
2King Congie(KY) R. Maragh 3Colt123
3Santiva(KY)J.R. Leparoux 3Colt123
4Joes Blazing Aaron(KY)G.K. Gomez 3Gelding123
5Brilliant Speed(FL) J. Rosario 3Colt123
6Sensational Slam(ON) J. Lezcano 3Colt123
7Twinspired(KY)R.J. Albarado 3Colt123
8Willcox Inn(KY) A.R. Napravnik 3Colt123
9Wilkinson(KY)H.J. Theriot II3Colt123
10Praetereo(KY)E.S. Prado 3Colt123
11Crimson China(KY) A. Garcia 3Colt123
12Queen'splatekitten(ON)J.R. Velazquez 3Colt123
[1]. ブルーグラスS
|| mazuda 11/04/16(土)00:50 [ 返信 ]
近年KYダービーへの結び付きが弱まり、既に有力候補となった馬達が出走しにくくなっているこのレース。今年も抜きん出た馬は居ない。
その中で、一番人気が予想されるのはSantiva。G2ケンタッキージョッキークラブSを勝ち、本番への展望を持っているが、キーンランドでもG1ブリーダーズフューチュリティで2着があり、勝負にはなるはず。前走は休み明けのG2リズンスターS2着で、臨戦過程も余力も不安は無い。
キーンランドのポリトラックは芝馬の活躍も目立つ。前走ハランデイルビーチS組のAlbertrani厩舎2騎がそれを狙っている。King Congieはダートから芝に転向して3戦3勝、トロピカルパークダービーも勝っている。Brilliant Speedは前走3着だが、その差は僅か。前々走のダニアビーチSも鼻差2着だった。一方、Wilkinsonはダート馬。G3ルコントSを勝っている。その時、後にG2ルイジアナダービーを勝つPants On Fireを降したが、ルイジアナダービーでは最後方から6着に終わっている。
Pletcher厩舎は3頭出し。その中で最有力はSensational Slamか。ウッドバインで2つのステークスを制し、前走もフレッドカポセラSを勝ってきた。ただ、短距離でしか勝っていないのは気掛かり。Queen'splatekittenは未勝利、一般戦を連勝した後、G3パームビーチSで2着に来ている。そのパームビーチSを勝ったのは、Maker厩舎2頭出しの1頭Joes Blazing Aaron。芝で2連勝中と勢いがある。もう1頭のTwinspiredは合成馬場が得意で、前走G3スパイラルS3着。キーンランドはデビュー戦を快勝した。Willcox Innはブリーダーズフューチュリティの3着馬。Santivaとの差は1馬身半程度だった。その後BCジュヴナイルターフでも3着し、今年初戦の前走グラインドストーンS2着からここへ。
[2]. ブルーグラスS結果
|| mazuda 11/04/19(火)01:38 [ 返信 ]
1Brilliant Speed J. Rosario 1231:50.92
2TwinspiredR.J. Albarado 123Nose
3King Congie R. Maragh 123Head
4NewsdadJ.L. Castanon 1231
5Crimson China A. Garcia 1232
6Joes Blazing AaronG.K. Gomez 1232 1/4
7Queen'splatekittenJ.R. Velazquez 1231/2
8Willcox Inn R. Napravnik 123Nose
9SantivaJ.R. Leparoux 1231/2
10WilkinsonH.J. Theriot II1231
11PraetereoE.S. Prado 1235
12 Sensational Slam J. Lezcano 123Neck
Times: :25.14, :50.33, 1:14.76, 1:38.69, 1:50.92

Joes Blazing Aaronがスタートで飛び出す。外からPraetereoも前に行くが、Joes Blazing Aaronがハナを主張。Praetereoに続いてTwinspired、Queen'splatekittenが好位、その後がかたまって、Willcox Inn、Wilkinson、Sensational Slam、Santivaがここ。Chrimson China、Brilliant Speedは後方からとなる。
スローペースで先頭から中団までが詰まって後方がバラける展開だったが、中盤辺りで中団の馬群が崩れ、Willcox Inn、Wilkinsonは好位に接近、後方の馬は馬群に取り付き、前から後ろまで均等に馬が並ぶ感じで進んでゆく。勝負所が近付くと、Joes Blazing Aaronがリードを広げ、好位の馬もそれを追いかける。Santivaも内からポジションを上げ、4番手まで来る。前はTwinspiredがJoes Blazing Aaronに接近してリードが縮まり、後続も迫ってきたところで直線へ。
Twinspiredは残り300でJoes Blazing Aaronをかわして先頭に出る。好位にひしめいていた馬達は伸び脚を欠き、Twinspiredを追ってきたのは後方から外へ行ったKing Congie、Brilliant Speed。Twinspiredは良く粘っていたが、King Congieと馬体を併せたBrilliant Speedが最後伸びて、ゴール寸前でTwinspiredと並んだ。結果は写真判定に持ち込まれ、勢いに勝っていたBrilliant Speedが鼻差Twinspiredを差し切っていた。3着King Congie。

Brilliant Speedはこれで8戦2勝。芝からの転向に見事成功した。次走はKYダービーとなる見込み。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: