JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

1385. 2011/05/21 プリークネスS (米G1 ダート9.5F 3歳 ピムリコ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/05/20(金)02:13 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Astrology(KY)M.E. Smith 3Colt126
2Norman Asbjornson(PA) J. Pimentel 3Colt126
3King Congie(KY) R.J. Albarado 3Colt126
4Flashpoint(FL)C. Velasquez 3Colt126
5Shackleford(KY)J.L. Castanon 3Colt126
6Sway Away(KY) G.K. Gomez 3Colt126
7Midnight Interlude(KY)M. Garcia 3Colt126
8Dance City(VA) R.A. Dominguez3Colt126
9Mucho Macho Man(FL) R. Maragh 3Colt126
10Dialed In(KY) J.R. Leparoux 3Colt126
11Animal Kingdom(KY) J.R. Velazquez3Colt126
12Isn't He Perfect(KY) E.S. Prado 3Colt126
13Concealed Identity(MD)S. Russell 3Gelding126
14Mr. Commons(KY) V. Espinoza 3Colt126
[1]. プリークネスS
|| mazuda 11/05/21(土)03:13 [ 返信 ]
有力馬がKYダービー出走馬、回避したトップホースの参戦も無いので、そこで完勝したAnimal Kingdomが主役を務めることになる。KYダービーを人気薄で勝った馬がプリークネスで抜けた1番人気というのは、意外にも珍しいケースだが、前走は初ダートで評価を下げただけ、ペースが上がらない中で展開利を味方にしたわけでもなく2着を離した走りからすれば、当然か。最近ではWar Emblemがこのパターンに当たり、見事2冠を制したが、この馬もそれに続けるか。
対抗となるのは、KYダービー1番人気だったフロリダダービー馬Dialed In、そしてKYダービー3着馬のMucho Macho Man。Dialed InはKYダービーでは8着だった。最後方からで展開も合わなければ、やむを得ない結果か。しかし、今回も前走程の頭数でないとはいえフルゲート、レースはしづらいだろう。せめてペースは速くなって欲しいところ。Mucho Macho Manはソツの無いレース運びで崩れない。しかし、格下相手の取りこぼしもあって勝ち切れず、もう一つ迫力に欠ける。
ペースの鍵を握る1頭がKYダービー4着のShackleford。その前走ではペースを上げず、展開を味方にすることに成功した。しかし、FLダービーでも2着に逃げ粘っており、ペースを落とさなければならない馬ではない。これに絡んでゆくかとみられるのが別路線組。Dance Cityは年明け2連勝の後、G1アーカンソーダービーで番手から3着に粘った。前後に居た馬が沈み、上位2頭は差し馬だったことを考えるとなかなかのしぶとさだ。G2ハチスンSの勝ち馬Flashpointは、FLダービー4着。7Fを先行するスピードがあるが、FLダービーではShacklefordに譲り3番手から。今回も喧嘩は売らないかもしれない。あと別路線の上位はAstrologyとSway Away。AstrologyはG3イロコイSの勝ち馬で、今年に入ってG3サンランドダービー、G2ジェロームSと続けて2着で来ている。Sway AwayはARダービー組、直線で一旦は先頭に出たが最後は4着。積極的なレース運びは良かったが、Dance Cityに差し返されたのはやや物足りない。サンタアニタダービー馬Midnight InterludeはKYダービー16着と見せ場無しで終わったが、同レース5勝のBaffert師、KYダービー惨敗からの巻き返しもあっただけに侮ることは出来ない。
[2]. プリークネスS結果
|| mazuda 11/05/24(火)01:39 [ 返信 ]
1ShacklefordJ.L. Castanon 1261:56.47
2Animal Kingdom J.R. Velazquez1261/2
3AstrologyM.E. Smith 1261 1/4
4Dialed In J.R. Leparoux 1262 1/2
5Dance City R.A. Dominguez1262
6Mucho Macho Man R. Maragh 1261 1/4
7King Congie R.J. Albarado 1261 1/2
8Mr. Commons V. Espinoza 1263/4
9Isn't He Perfect E.S. Prado 1261 1/2
10Concealed IdentityS. Russell 1261 1/4
11Norman Asbjornson J. Pimentel 126Neck
12Sway Away G.K. Gomez 1261 3/4
13Midnight InterludeM. Garcia 1267
14FlashpointC. Velasquez 126Neck
Times: :22.69, :46.87, 1:12.01, 1:37.22, 1:56.47

Astrology、Flashpointが好スタートを切る。Shacklefordも上がってゆくが、ハナをとったのはFlashpoint。Shacklefordが2番手に付け、その後Midnight Interlude、Dance City、Astrologyが続く。Mucho Macho Manは中団に付け、Animal KingdomDialed Inは後方からとなる。
コーナーを回ってFlashpointが半馬身のリード、Shacklefordがピタリと2番手で追走し、その後ろでは内のAstrologyがポジションを上げる。中盤ペースが緩むと、ShacklefordはFlashpointと馬体を併せてゆき、後続も詰まってくる。Mucho Macho Manが好位に取り付き、Mr. Commons、King Congieが内から上がってゆく。勝負所が近付くと、ShacklefordがFlashpointの前に出ようとする。Dance Cityがそれに続き外から3番手。Animal Kingdomも馬群に追い付き先頭から5馬身ちょっとまで来る。先頭に出たShacklefordに、最内を上手く抜けたAstrology、外からDance Cityが迫って直線へ。
直線に入るとShacklefordが後続を突き放し、Astrologyがそれに付いてゆく。4コーナーで馬群をすり抜けて外を一気に上がってきたAnimal Kingdomが1頭だけ迫ってくるが、Shacklefordも粘る。Astrologyをかわし、更に一完歩毎に詰め寄るAnimal Kingdomを最後は1/2馬身差で振り切り、Shacklefordが押し切った。2着Animal Kingdom、3着Astrology。

Shacklefordは7戦3勝で重賞初制覇。この勝利で1着賞金の他に、ファウンテンオヴユースS、フロリダダービー出走による55万ドルのボーナスを獲得した。Romans師、Castanon騎手共に3冠レースは初勝利。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: