JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

1516. 2012/06/09 マンハッタンH (米G1 芝10F 3歳上 ベルモント) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/08(金)01:12 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Omayad(CHI)J. Rosario 4Colt117
2Boisterous(KY)A. Garcia 5Horse119
3Al Khali(KY) M.E. Smith 6Ridglign117
4Desert Blanc(GB) R.A. Dominguez 4Colt114
5Papaw Bodie(KY) A.R. Napravnik 5Gelding116
6Brilliant Speed(FL)J.R. Velazquez 4Colt119
7Hudson Steele(KY) J.J. Castellano5Gelding117
8Top Surprize(KY) J.L. Espinoza 4Ridgling114
[1]. マンハッタンH
|| mazuda 12/06/09(土)02:40 [ 返信 ]
Hudson Steeleはデビュー戦以外着外無し、ここ5戦は4勝2着1回で、前走のG2ディキシーSで重賞初勝利をあげた。脚の問題で順調に行かず、昨年は後半を棒に振ったが、今は完治して満足のゆく走りが出来る状態。先行馬が居ないので、この馬がペースを握りそう。実績上位のBrilliant Speedは、今季初戦のG3アップルトンSで5着に終わったが、前走のG1ターフクラシックSでは3着と上向き。前へ行くHudson Steeleを目標にする展開になれば、更に競馬し易いだろう。Boisterousは前走のG3フォートマーシーSを勝ち、ここ4戦で重賞3勝。ベルモントでは4勝をあげ、このコースでも勝っている。McGaughey師も今年はBCターフを見据えるくらいに手応えを感じている。
Desert Blancは北米初戦のフォートマーシーSでBoisterousの2着に来た。3着以下には3馬身以上の差を付けている。キャリアもまだ6戦と少なく、こちらでの2戦目で慣れが見込めれば楽しみな馬。Papaw Bodieは今年になって、G3ジョン・B・カナリーターフCを勝ち、G2マーヴィン・H・ムニツJr.記念Hで2着、初G1では厳しい結果だったが、力を付けている。OmayadはチリでG1を3勝している。北米初戦の前走一般戦は2着だった。
[2]. マンハッタンH結果
|| mazuda 12/06/13(水)01:01 [ 返信 ]
1Desert Blanc R.A. Dominguez 1141:59.65
2Papaw Bodie R. Napravnik 116Nose
3BoisterousA. Garcia 1191 1/2
4Hudson Steele J.J. Castellano117Nose
5Brilliant SpeedJ.R. Velazquez 1191/2
6Al Khali M.E. Smith 1183/4
7OmayadJ. Rosario 1174
Times: :24.62, :49.42, 1:13.61, 1:36.80, 1:59.65
Scratched: Top Surprize

外からHudson Steeleがやはり前へ。Desert Blanc、Papaw Bodieが続き、Brilliant Speed、Omayadが好位。Boisterousは後方からの競馬となる。
Hudson Steeleがゆったりしたペースを作り、向正面に入ると2番手はPapaw Bodie。Desert Blancはやや下げて、外のBrilliant Speedと前後する位置。Boisterousは変わらず殿。徐々に馬群が詰まってゆき、勝負所が近付くと、外に出したOmayadが進出を開始。それに応じてBrilliant Speedも動き始める。Hudson Steele、Papaw BodieにBrilliant Speedが並びかけて直線へ。
Hudson Steeleはここで一旦リードを広げるが、直後に潜り込んできたDesert Blancが迫る。Papaw BodieがDesert Blancに併せて再び差を詰め、追い比べとなった2頭が残り100でHudson Steeleをとらえる。そのまま最後は2頭の争いとなるが、先に前に出たDesert Blancが終始体勢有利。そのままハナ差Papaw Bodieの抵抗を封じDesert Blancが1着。3着は最後外から追い込んだBoisterousが入った。

Desert BlancはG1初勝利。ギリギリまで距離損を避け、完璧なタイミングで隙間を割ったDominguezの手綱捌きが光った。この後はアーリントンミリオンを目指す。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: