JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

1543. 2012/08/18 セクレタリアトS (米G1 芝10F 3歳 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/17(金)00:21 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Handsome Mike(KY) M. Gutierrez 3Colt119
2Summer Front(KY) R.A. Dominguez 3Colt123
3Cozzetti(KY)S.X. Bridgmohan 3Colt123
4Finnegans Wake(KY) J. Lezcano 3Colt119
5All Stormy(KY) R.B. Homeister Jr.3Colt119
6Daddy Long Legs(KY)C. O'Donoghue 3Colt123
7Bayrir(FR)C.-P. Lemaire 3Colt121
8Silver Max(KY) R.J. Albarado 3Colt126
[1]. セクレタリアトS
|| mazuda 12/08/18(土)02:34 [ 返信 ]
Romans師が3頭出しを敢行するが、その中の1頭Silver Maxが主役か。現在3つの重賞を含む6連勝中、その先行力はここでも武器となる。前走のG2ヴァージニアダービーで、距離が大丈夫なことも示しており、枠も外を引いて他の出方をみながら競馬出来るので、勝利に最も近いところに居ると言えそう。Finnegans Wakeは芝に転向して3戦、前々走の一般戦を快勝しており、ヴァージニアダービーではSilver Maxの3着。Silver Maxには連敗しているが、他の馬とは差の無い競馬をしている。Cozzettiは前々走のオリヴァーSでSilver Maxの2着、前走はG2アメリカンダービーSを勝った。
Silver Maxに対抗する、その筆頭はSummer Front。ヴァージニアダービーでSilver Maxと対戦する予定だったが、道悪を嫌ってサラトガのダルースSに回り、完勝。芝はここまでG3ヒルプリンスSを含め5戦負け無しで来ている。
欧州勢も侮れない。Bayrirは、2連勝で前走はG2ユジェーヌアダム賞を勝ってきた。Daddy Long LegsはUAEダービー馬。これまで2度の米遠征はダートで散々な結果だったが、力はあり芝で再度挑戦する。
[2]. セクレタリアトS結果
|| mazuda 12/08/24(金)01:32 [ 返信 ]
1BayrirC.-P. Lemaire 1212:02.92
2Finnegans Wake J. Lezcano 1191 1/4
3Summer Front R.A. Dominguez 1231 1/4
4Handsome Mike M. Gutierrez 1192
5Silver Max R.J. Albarado 126Nose
6CozzettiS.X. Bridgmohan 1231/2
7All Stormy H.B. Homeister Jr.119Head
8Daddy Long LegsC. O'Donoghue 1237 1/4
Times: :24.65, :48.94, 1:13.25, 1:37.63, 2:02.92

Summer Frontが好スタートを切るが、外からSilver Maxが前へ。Handsome Mikeが続き、その外にSummer Front、Daddy Long Legsが4番手で、ここまでが先行グループ。その後離れてCozzetti、All Stormy、Bayrir、Finnegans Wakeが後ろのグループ。
Silver Maxのリードは1馬身、向正面に入るとSummer Frontが2番手となる。その外にはDaddy Long Legsも上がり、中盤でSilver Maxの前に出る。Silver Maxもそのまま行かせず、馬体を並べたまま最後のコーナーへ。Summer Frontも離されず3番手に付いている。その後ろはBayrirが上がってきている。
3頭が並んで直線を向く。そこから、Daddy Long Legsは脱落し、Summer Frontが前に出る。だが、それも束の間。直後の外に上がってきたBayrirが、Summer Frontに襲い掛かる。残り1Fを切ってBayrirがSummer Frontをとらえ、先頭に踊り出る。そのままFinnegans Wakeの追撃も振り切り、1 1/4馬身差でBayrirが1着。2着Finnegans Wake、3着Summer Front。

Bayrirは5戦4勝でG1初勝利。思わぬ後方からの競馬を強いられたが、前が競ったことと反応の良さで克服。このレースは昨年に続き欧州調教馬が制した。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: