JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

1550. 2012/08/25 トラヴァースS (米G1 ダート10F 3歳 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/24(金)01:31 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Speightscity(KY)I. Ortiz Jr. 3Ridgling126
2Five Sixteen(KY) R. Napravnik 3Gelding126
3Golden Ticket(KY)D. Cohen 3Colt126
4Stealcase(KY)S.X. Bridgmohan3Colt126
5Street Life(KY) J. Lezcano 3Colt126
6Alpha(KY)R.A. Dominguez 3Colt126
7Atigun(KY)M.E. Smith 3Colt126
8Neck 'n Neck(KY) L.R. Goncalves 3Colt126
9Liaison(KY)R. Bejarano 3Colt126
10Nonios(KY)J.R. Velazquez 3Colt126
11Fast Falcon(KY) J. Alvarado 3Colt126
[1]. トラヴァースS
|| mazuda 12/08/25(土)02:41 [ 返信 ]
3冠路線を引っ張った馬達の戦線離脱が相次ぎ、混戦模様。
先ず有力なのは、前哨戦のG2ジムダンディSを勝ってきたAlpha。年明けに良い競馬を続け、ダービー戦線でも期待されたが、KYダービーで12着に終わり、一息入れた前走で復活勝利をあげた。サラトガはデビュー戦圧勝もあり2戦2勝。NoniosはG3アファームドHの勝ち馬で、前走はG1ハスケル招待Sで2着、勝ち馬には完敗だったが、この馬も3着には差を付けた。ダート初戦としては上々の内容だったと言える。ジムダンディS2着のNeck 'n Neckは、その前は2連勝で、ハスケル招待3着のStealcaseに大差を付けG3マットウィンSを勝っている。前走は道悪も敗因で、条件次第で逆転も。Street LifeはG2ピーターパンS3着馬、前走のカーリンSでステークス2勝目を上げ、力を付けてきている。G1キャッシュコールフューチュリティの勝ち馬Liaisonは、3歳になって低迷していたが、夏なってアファームドH2着、G2スワップスS3着と好走を続け、前走のジムダンディSも3着。前と少し差があるが、スタートもコースどりも良くない中での結果で、悲観したものでもない。
AtigunはベルモントSの3着馬。ジムダンディSは6着だったが、差しが決まるような流れになれば。Stealcaseはハスケル招待3着、スタートが良くなかったこともあり、Noniosとの差は4 1/2馬身も無いだろう。
[2]. トラヴァースS結果
|| mazuda 12/08/29(水)01:04 [ 返信 ]
1(DH)Golden TicketD. Cohen 1262:02.74
1(DH)AlphaR.A. Dominguez 126-
3Fast Falcon J. Alvarado 126Neck
4AtigunM.E. Smith 1261
5NoniosJ.R. Velazquez 1262 1/2
6Neck 'n Neck L.R. Goncalves 1261 1/4
7StealcaseS.X. Bridgmohan1261 3/4
8SpeightscityI. Ortiz Jr. 126Head
9LiaisonR. Bejarano 1261
10Five Sixteen R. Napravnik 1263/4
11Street Life J. Lezcano 1261 1/2
Times: :23.51, :48.06, 1:12.62, 1:37.25, 2:02.74

内からSpeightscityが出てゆき、Stealcase、Alpha、Neck 'n Neckと続く。Noniosは中団、Street Life、Liaisonは後方に構える。
向正面でStealcase、AlphaがSpeightscityにプレッシャーをかけ、Speightscityが譲らず行ってペースは緩まない。中間を過ぎて、漸く流れが落ち着き、馬群が詰まってくる。Stealcaseが再びSpeightscityに接近、3コーナーにかかるとAlphaも進出し、AlphaがSpeightscityに並びかける。その後Golden Ticketが内に張り付き、外からAtigun、Noniosがやって来る。
直線を向いて、Alphaが内の2頭をかわすが、更にその内、ラチ沿いに飛び込んだGolden Ticketが一気に先頭に出る。リードを広げたGolden Ticketに対し、Alphaはラスト100から詰め寄ってゆき、ゴール板で馬体が並ぶ。写真判定の結果、2頭が1着同着となった。3着にFast Falcon。

同レースでの1着同着は138年ぶり2度目という珍事だった。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: