JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

1571. 2012/09/29 オーサムアゲンS (米G1 ダート9F 3歳上 サンタアニタ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/09/28(金)01:55 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Game On Dude(KY) R. Bejarano 5Gelding124
2Winning Machine(KY)J. Matias 6Gelding119
3Nonios(KY)M.A. Pedroza 3Colt116
4Groovin' Solo(KY) D.R. Flores 3Colt116
5Suggestive Boy(ARG)J. Talamo 4Colt121
6Empire Way(KY) B. Blanc 3Colt116
7Richard's Kid(MD) G.K. Gomez 7Horse119
8Balladry(KY)V. Espinoza 4Colt119
9Rail Trip(KY) J. Valdivia Jr.7Gelding119
[1]. オーサムアゲンS
|| mazuda 12/09/30(日)00:07 [ 返信 ]
BCクラシック2着、今年はG1ハリウッド金杯を快勝しているGame On Dudeが抜けている。ダートの方が得意で、サンタアニタは昨年のこのレースを含め負け無し。今回はBejaranoに乗り替わる。問題は、最内枠からすんなり先行出来るかで、スタートに注目。
Richard's Kidは北米に戻って、G3クーガーIIHを勝ち、2度のG1はいずれもGame On Dudeに次ぐ順位。分は悪いが、今回は相手より5ポンド軽い。芝で実績を積んだSuggestive Boy、北米に移っても結果を出していたが、前走のG1パシフィッククラシックSは5着。今回のダートも勿論初めてで、今後どこを狙ってゆくかを、ここでの結果が左右する。Rail Tripは今年G2サンディエゴHを勝っている。前走のパシフィッククラシックは4着、以前にG1を勝った頃のようにはゆかないが、7歳を迎えた今も元気で、走ることに前向きということだ。Noniosは、G3アファームドHを勝ち、G1ハスケル招待Sで2着、3歳で上位の実力馬だ。前走のG1トラヴァースSは5着と初めて着外に終わり、巻き返しを図る。
[2]. オーサムアゲンS結果
|| mazuda 12/10/08(月)00:53 [ 返信 ]
1Game On Dude R. Bejarano 1241:48.98
2NoniosM.A. Pedroza 1163 1/4
3Richard's Kid G.K. Gomez 1194 1/2
4Rail Trip J. Valdivia Jr.119Neck
5Suggestive Boy J. Talamo 1213 1/4
6Winning MachineJ. Matias 1192 1/4
7Empire Way B. Blanc 1162 1/4
8Groovin' Solo D.R. Flores 1193 1/4
9BalladryV. Espinoza 1195
Times: :23.23, :48.02, 1:11.94, 1:36.33, 1:48.98

外からRail Tripも飛び出すが、内で好スタートのWinning Machineがハナへ。Game On Dudeが続き、Rail Trip、Nonios、Suggestive Boyがその後ろ。後はやや間が空いて、Richard's Kidは最後方を追走する。
Winning Machineのリードは1馬身弱、Game On DudeはNonios、Rail Tripを両側に従えて単独2番手の絶好位。位置取りがかたまると、平均ペースで流れてゆき、先頭から殿までは7−8馬身の隊列、Richard's Kidだけが少し離れたところを進む。ペースは速くはないが、あまり緩みもしないので、徐々に有力馬は前に詰まり、その他はバラけだす。だが、3コーナーに至っては、Game On Dudeが1頭手応えに優り、Winning Machineに並びかけてゆく。Rail Trip、Noniosが追うが、4コーナーではGame On Dudeの優勢が明らか。
直線入り口でついにWinning MachineをかわしたGame On Dudeがスパート、2番手に上がってきたNoniosが食い下がるが、詰め寄ることを許さない。最後の1F、そのリードを守り続けたGame On Dudeが3 1/4馬身差で完勝。2着Nonios、3着には最後漸く伸びてきたRichard's KidRail Tripをかわして飛び込んだ。

Game On Dudeはこれで20戦9勝、次走はBCクラシックで昨年の雪辱を狙う。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: