JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

498. 2004/04/10 ブルーグラスS (G1 3歳 ダート9F キーンランド) [ 同名レースを検索 ]
|| ヨッシー 04/04/09(金)08:48 [ 返信 ]
4/10 G1 ブルーグラスS 3歳 ダート9F キーンランド
1 Birdstone (KY) Edgar S. Prado 3 Colt 123 8/1
2 Action This Day (KY) David Romero Flores 3 Colt 123 9/2
3 The Cliff's Edge (KY) Shane J. Sellers 3 Colt 123 4/1
4 Limehouse (FL) Jose A. Santos 3 Colt 123 6/1
5 That's an Outrage (KY) Mark Guidry 3 Colt 123 30/1
6 Lion Heart (KY) Mike E. Smith 3 Colt 123 5/2
7 Mustanfar (KY) Richard Migliore 3 Colt 123 15/1
8 Preachinatthebar (KY) Javier Santiago 3 Colt 123 4/1
9 Breakaway (KY) Robby Albarado 3 Colt 123 12/1
[1]. ブルーグラスS展望
|| ヨッシー 04/04/09(金)20:15 [ 返信 ]
今年で80回目を迎えた伝統の一戦はBirdstoneが白血球数値上昇のためスクラッチと早くも派乱含み。それでもG1馬2頭にG2勝ち馬3頭と字面上は豪華なメンバーが揃い、ダービーの各プレップの中で最もハイレベルであることは間違いない。
2歳時3戦3勝のLion Heartは久々、厳しい展開とはいえG2サンラファエルSでImperialismにゴール手前で差し切られ初黒星。その後は前走の反動を考慮してSAダービーから1週待機して万全を期した。先行有利のキーンランドで単騎逃げ→スピードで押し切る展開を陣営は想定しているが、血統的に距離疑問の本番で主役を務めるには圧倒的な勝ちっぷりが必要。
Birdstoneスクラッチで厳しい状況に追い込まれたN・ジト厩舎はフロリダダービー3着The Cliff's Edgeのみの出走となる。2度使われて徐々に上向いており、今回は末脚を生かすためにも距離ロスを覚悟で外を回す可能性が高い。
今季2戦して4,7着と2歳王者の名が廃れつつあるAction This Dayは前走でカラ馬と接触して右後肢の外傷を負ったためLion Heart同様に1週出走を待った。マンデラ師はBCを制した時と同じ末脚勝負に徹すると宣言しており、勝ち負けよりは本番へ向けて手応えのつかめるレースをという意識か。
G2サンフェリペS勝ち馬で出走馬の中で唯一前走で勝っているPreachinatthebarSilver Charm産駒ということもありバファート師の期待も高い。ただ前走で鼻差2着のSt AverilがSAダービーで惨敗している点は気がかり。
G2ハッチソンS→G3タンパベイダービー連勝のLimehouseはキーンランド2戦2勝と得意。Lion Heart相手にどの地点で仕掛けていくかがポイントになる。同首差2着Mustanfarはここで賞金を加算しないとダービー出走が危うい。G2レーンズエンドS4着That's an Outrage、G2ルイジアナダービー4着Breakawayは人気はないがプレップ波乱の傾向が続いているだけに不気味だ。
[2]. ブルーグラスS結果
|| ヨッシー 04/04/11(日)18:50 [ 返信 ]
1 The Cliff's Edge (Sellers, S.J.) 123 1:49.42
2 Lion Heart (Smith, M.E.) 123 1/2
3 Limehouse (Santos, J.A.) 123 6
4 Mustanfar (Migliore, R.) 123 3-3/4
5 Breakaway (Albarado, R.) 123 1-3/4
6 Action This Day (Flores, D.R.) 123 1-1/2
7 Preachinatthebar (Santiago, J.) 123 17
8 That's an Outrage (Guidry, M.) 123 4-1/2
Fractional Times: 23.70, 46.60, 1:11.12, 1:36.91, 1:49.42
Scratched Horses: Birdstone

Lion HeartLimehouseが前半は激しい主導権争いを展開したが、半マイル過ぎにはLion Heartがスピードの違いでハナへ。そのままHペースで飛ばして後続を突き放し逃げ込もうとしたが、先頭から15馬身近く離れた後方2番手で脚をため込んだThe Cliff's Edgeが4角2番手から直線外へ持ち出しグイグイと猛追。最後はゴール手前でLion Heartをわずかに差し切り、鞍上がガッツポーズで勝利を喜んだ。
Limehouseは上位2頭に離されてしまい流れ込んだだけの3着、Action This Dayは後方待機策も末脚不発に終わって惨敗、Preachinatthebarはきついペースの3番手追走が応えたか残り3Fで早々に手応えが無くなりズルズル後退してブービーに終わった。
The Cliff's Edgeは8戦4勝でG1初制覇、本番は2戦2勝と得意のチャーチルで行われるだけにより陣営の期待も高まる。またN・ジト師にとってもEurosilverの脱落、Birdstoneスクラッチと不運が続いていただけに大きな1勝となった。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: