JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

716. 2005/08/13 アーリントンミリオンS (米G1 芝10F 3歳上 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/08/12(金)00:18 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Kitten's Joy(KY) E.S. Prado 4Colt126
2Touch of Land(FR) P.A. Valenzuela5Horse126
3Good Reward(KY) J.D. Bailey 4Colt126
4Fourty Niners Son(KY)C.S. Nakatani 4Colt126
5Whilly(IRE)F.F. Martinez 4Colt126
6Better Talk Now(KY) R.A. Dominguez 6Gelding126
7Sweet Return(GB) A. Solis 5Horse126
8Aolst(FR)F. Spanu 5Gelding126
9Powerscourt(GB)K. Fallon 5Horse126
10Cool Conductor(KY) C. Velasquez 4Colt126
[1]. アーリントンミリオンS
|| mazuda 05/08/12(金)23:52 [ 返信 ]
米芝路線の古馬トップホース達がほぼ集結、非常に楽しみなレースとなった。
その中でも、昨年の芝チャンピオンKitten's Joyが不動の本命ということになりそうだ。昨年のセクレタリアトSではアーリントンミリオンより1秒以上速い勝ち時計で快勝、膝の手術によりBCターフ後の休養は8ヶ月に及んだが、復帰戦の前走G2ファイアクラッカーHを完勝してここへ出て来た。昨年よりも強くなった、とRomans師も自信を見せる。
逃げてG1連勝中のSweet Returnは、今回G2アメリカンHを逃げ切ったWhillyがいるためここ2走のような楽逃げは望めない。しかし、McAnally師はどこからでも競馬は出来ると逃げには拘らない構え。
Better Talk Nowは降雨による馬場の軟化とWhilly、Sweet Returnといった逃げ馬の存在から結局こちらを選択した。末脚勝負の馬だけに、Whillyが速いペースで引っ張ってくれることを希望している。
昨年1位入線ながら降着した雪辱を期すPowerscourtは今年未勝利だが、前走G2スコティッシュダービーでは2着で徐々に調子を上げてきている。
Good Rewardは前走G1マンハッタンHを勝った。少々間隔が開いたが、芝10Fは得意の舞台、このメンバーでも勝ち負けできるだけのものは持っている。
Cool Conductorは今年G2ディキシーSを勝ち、前哨戦のG3アーリントンHも勝って来た。ここに来て馬が本格化してきた感じだ。Fourty Niners Sonは前走G1エディリードHでSweet Returnの2着、どんなレースでも力を発揮できるのが強み。
05/08/13(土)23:08 編集
[2]. アーリントンミリオンS結果
|| mazuda 05/08/16(火)23:39 [ 返信 ]
1PowerscourtK. Fallon 1262:03.38
2Kitten's Joy E.S. Prado 1263
3Fourty Niners SonC.S. Nakatani 126Nose
4Better Talk Now J.R. Velazquez 126Nose
5Touch of Land P.A. Valenzuela1262 1/4
6AlostF. Spanu 126Nose
7Sweet Return A. Solis 126Neck
8Good Reward J.D. Bailey 1266 1/4
9Cool Conductor C. Velasquez 126Neck
10WhillyF.F. Martinez 1265
Times: :24.38, :48.51, 1:12.84, 1:38.83, 2:03.38
[3]. アーリントンミリオンS結果
|| mazuda 05/08/24(水)23:47 [ 返信 ]
スタート後中からWhillyが飛び出し、Sweet Returnがこれを追いかける。単独3番手にCool Conductor、Kitten's Joyは5番手の内で、これを見るような格好でPowerscourtが7番手、Better Talk Nowは例によって最後方から。
前の2頭は後続を引き離し、柔らかい馬場にしてはやや速いペースで飛ばすが、3コーナー手前で集団との差が詰まる。ここで外からCool ConductorとKitten's Joyが前2頭に並びかける。Powerscourtはその後ろの内に付け、後方からはBetter Talk Nowがマクりに出ようと動き出す。
4コーナーを前にWhillyは一杯、内で粘るSweet Returnと中Cool Conductor、外Kitten's Joyが横並びとなる。直線を向いてKitten's Joyが先頭に立ち、外からBetter Talk Nowも追って来る。ここで好位にいたPowerscourtKitten's Joyが抜けたスペースを利して追い出しを開始、Kitten's JoyBetter Talk Nowの間を割ると残り50mでKitten's Joyを捕らえ、一気に突き放して3馬身差で快勝した。2着は最後に飛び込んできたFourty Niner's Sonを含めて3頭の際どい争いとなったが、Kitten's Joyが死守。Fourty Niner's SonがBetter Talk Nowを交わして3着に入った。

Powerscourtは昨年1位入線4着降着の鬱憤を晴らす1年越しの勝利で、2度目のG1制覇。
05/08/25(木)00:04 編集

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: