JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

784. 2006/05/06 ターフクラシックS (米G1 芝9F 3歳上 チャーチルダウンズ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 06/05/04(木)23:51 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Cool Conductor(KY) C. Velasquez 5Horse122
2Perfect Drift(KY) M. Guidry 7Gelding116
3Cacique(IRE)P.A. Valenzuela5Horse122
4Milk It Mick(GB) K.J. Desormeaux5Horse126
5Fort Prado(IL) R.J. Albarado 5Horse124
6Einstein(BRZ)R. Bejarano 4Colt126
7Silver Tree(FL) J.J. Castellano6Horse122
8Honor in War(KY) D.R. Flores 7Horse126
9English Channel(KY)G.K. Gomez 4Colt122
10Good Reward(KY) E.S. Prado 5Horse126
11Gorella(FR)J.R. Leparoux 4Filly117
[1]. ターフクラシックS
|| mazuda 06/05/05(金)23:47 [ 返信 ]
メンバー中G1馬が5頭、その他にも有力馬が揃った豪華メンバー。但し、主力はG1を勝っていない馬達の方と見られる。
混戦の中1番人気に最も近いのはEnglish Channel。昨年のG3ヴァージニアダービー勝ち馬で、BCターフでは米調教馬最先着。今年初戦の前走カナディアンターフHでも有力馬を退け優勝した。
BCFMターフ勝ち馬Banks HillIntercontinentalの全弟ということで期待されるCaciqueは、北米デビューとなった前走G1キルローマイルでは4着と敗れたが、スローの後方からロスの多い競馬で、勝ったMilk It Mickからは首差と悲観したものではない。2戦目となる今回はもっと上手く走れるだろう、とFrankel師。
唯一の牝馬Gorellaは昨年のBCマイルで僅差の3着。今年初戦となる先月の一般戦を快勝して、万全の態勢でここに臨む。仏在籍時にはG1ムーラン賞で2着とCaciqueに先着している。
Silver TreeはカナディアンターフHでEnglish Channelに1 1/4馬身差の3着の後、タンパベイターフクラシックを快勝してここへ。重賞で常に人気しながらなかなか勝てないが、そろそろ勲章が欲しいところ。
キルローマイルを勝ったMilk It Mickだが、前走G2アルカディアHでは3着。Desormeauxに手が戻って再度勝負をかける。G1マンハッタンHを勝った後不振だったGood Rewardは、前走G2メイカーズマークマイルで3着とようやく少し光明が見えた。
実績最上位のPerfect Driftだが、芝ではさすがに厳しいか。昨年のこのレースも同じ様なローテーションで9着。このところ重賞ではなかなか勝負にならないHonor in Warは、チャーチルダウンズが比較的得意。浮上のきっかけを掴みたい。Einsteinはここ2走長距離を使われており、この距離はやや忙しいか。
[2]. ターフクラシックS結果
|| mazuda 06/05/07(日)23:49 [ 返信 ]
1English ChannelG.K. Gomez 1221:47.15
2CaciqueP.A. Valenzuela1221/2
3Milk It Mick K.J. Desormeaux1263/4
4EinsteinR. Bejarano 126Nose
5GorellaJ.R. Leparoux 1171/2
6Cool Conductor C. Velasquez 122Nose
7Good Reward E.S. Prado 1261
8Honor in War D.R. Flores 1261 1/4
9Silver Tree J.J. Castellano1222 1/4
10Perfect Drift M. Guidry 116Nose
Times: :24.66, :48.36, 1:12.04, 1:35.49, 1:47.15
Scratched: Fort Prado
06/05/08(月)23:47 編集
[3]. ターフクラシックS結果
|| mazuda 06/05/13(土)00:08 [ 返信 ]
最内を利してCool Conductorがハナ、EinsteinEnglish Channelがこれに続き、1番人気Caciqueも差が無く4番手、Gorellaは馬群の後ろで、離れた最後方をPerfect Drift
Cool Conductorが作るペースはスローで、勝負所を前にもともとそれ程縦長でもなかった馬群がギュッと縮まるが、ポジション的には大きな変動も無く3コーナーへ。
EinsteinがCool Conductorに並びかけるが、ラストスパートをかけたCool Conductorが再度引き離す。かわってEnglish Channelが前に迫る。
道中はEnglish Channelをマークするように走っていたCaciqueは、勝負所で前に行った馬を捌くのに手間取り一旦差水を開けられるが、直線入り口で進路を見つけてMilk It Mickと共に追い上げる。
しかし、スローペースに好位からCool Conductorを交わすタイミングを計っていたEnglish Channelが、残り100mでは先頭に立ってリードをとっており、Caciqueの追撃は時既に遅し。1/2馬身差まで詰め寄るのが精一杯であった。Caciqueと共に前を追いかけたMilk It Mickが3着。もう1頭人気のGorellaは後方から差を詰めただけの5着に終わった。

English ChannelはG1初勝利。この後はマンハッタンSへ向かう。

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: