JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

792. 2006/06/10 マンハッタンH (米G1 芝10F 3歳上 ベルモント) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 06/06/09(金)00:04 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Good Reward(KY) J.J. Castellano5Horse118
2Relaxed Gesture(IRE)K.J. Desormeaux5Horse119
3Sabre d'Argent(KY) E.M. Coa 6Horse114
4Cacique(IRE)E.S. Prado 5Horse120
5Grey Swallow(IRE) A. Solis 5Horse122
6Interpatation(KY)T.G. Turner 4Gelding113
7Silver Whistle(KY) C. Velasquez 4Colt116
8English Channel(KY) J.R. Velazquez 4Colt122
9Dreadnaught(KY)G.K. Gomez 6Gelding115
[1]. マンハッタンH
|| mazuda 06/06/09(金)23:51 [ 返信 ]
前走ターフクラシックSで悲願のG1制覇を果たしたEnglish Channelが連勝を狙う。今回は乗りなれたVelazquezの手に戻る。好位で上手く立ち回れるレースセンスは、逃げ馬不在のここでは大きな武器になりそう。10Fの距離も道悪も問題は無い。
北米キャンペーン2戦目を迎えるGrey Swallowは前走G2ジムマレーメモリアルを5馬身差圧勝。相手が手薄だったにせよ、欧州G1を2勝している力を見せ付けた。道悪のタタソールズGCを勝っているが、本質的には良馬場向きで、やはり道悪だった昨年の加国際ではRelaxed Gestureに敗れている。とはいえ地力だけなら最上位。
CaciqueはターフクラシックでEnglish Channelに1/2馬身差2着。前走は微妙な位置取りの差が不利を生んだ感もあり、加えて2ポンドハンデをもらえる今回は逆転の可能性も充分。
昨年のG1加国際でGrey Swallowを破ったRelaxed Gestureは、3月のドバイシーマクラシックで12着に惨敗して以来というのが気がかり。昨年の2着馬で道悪も得意なだけに立ち直ってくれば当然首位争い可能だが。
昨年の覇者Good Rewardだが、その後は低迷。堅い馬場が得意ということもあって厳しいレースとなりそう。久々のベルモントで好調時の走りを思い出すことが出来れば。
このレース4勝目を狙うMott師のSilver Whistleは、3戦連続2着の後前走G3パンアメリカンHで重賞初制覇。ベルモントは2戦2勝と相性良く、勝ち切れなさを払拭した勢いで更なるステップアップと行きたいところ。
06/06/09(金)23:53 編集
[2]. マンハッタンH結果
|| mazuda 06/06/11(日)23:42 [ 返信 ]
1CaciqueE.S. Prado 1202:04.10
2Relaxed GestureK.J. Desormeaux119Head
3Grey Swallow A. Solis 122Neck
4English ChannelJ.R. Velazquez 122Head
5Silver Whistle C. Velasquez 1163 3/4
6Sabre d'Argent E.M. Coa 1146 1/4
7DreadnaughtG.K. Gomez 1155 1/4
Times: :24.71, :51.30, 1:16.66, 1:40.45, 2:04.10
Scratched: Good Reward, Interpretation

二完歩目でCaciqueEnglish Channelが前へ出るが、今回はCaciqueが先手を取る。外2番手にEnglish Channel、その後ろに3頭が並び、Relaxed GestureGrey Swallowは後方。
向正面でCaciqueが思い切りペースを落とした為、一旦English Channelがハナを奪うが、Caciqueも黙っておらず、中間点で再び先頭を奪い返し、2頭が並んでそのまま3コーナーへ。
コーナーでは内外の差を生かして優位を保ったCaciqueが先頭のまま直線を迎える。後方
Relaxed GestureGrey Swallowは直線を向く所で外に持ち出して追い上げ態勢に入る。
逃げ込みを図るCaciqueEnglish Channelが追いすがり、残り50mでは一旦並びかけるが、そこでEnglish Channelは一杯。かわって後方からRelaxed GestureGrey Swallowが飛んで来て、最後は4頭が1馬身以内の大接戦となったが、最内Caciqueが辛うじて凌ぎ切った。

CaciqueはG1初勝利。姉3頭が北米G1を勝っている良血がようやく期待に応えた。一旦先頭に立ったら非常にリラックスしていた、とPrado騎手。一方追い込んで届かずのRelaxed GestureはDesormeaux騎手が鞭を落としたのが痛かったか。
06/06/12(月)23:54 編集

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: