JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

820. 2006/08/12 セクレタリアトS (米G1 芝10F 3歳 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 06/08/11(金)00:06 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Showing Up(KY) C. Velasquez 3Colt126
2Proudinsky(GER)E.S. Prado 3Colt119
3Go Between(FL) G.K. Gomez 3Colt123
4Primary(KY)R.J. Albarado 3Colt119
5Ivan Denisovich(IRE)J.R. Velazquez3Colt119
6Niagara Causeway(KY)C.A. Emigh 3Colt119
06/08/12(土)00:00 編集
[1]. セクレタリアトS
|| mazuda 06/08/12(土)00:00 [ 返信 ]
断然人気のShowing Upはデビュー3連勝でG2レキシントンSを勝った後、KYダービーで6着。その後芝へ転向、前走コロニアルターフCを圧勝してここへ。ボーナスのかかるヴァージニアダービーをパスし、先を見据えてここに目標を絞った。
Go BetweenはコロニアルターフCではShowing Upの3着に敗れたが、前走G2ヴァージニアダービーを勝って来た。芝のレースばかり9戦とキャリアは豊富。前走はこれまでで一番良い内容で、逆転の可能性はありと見る。Mott師は勝てば昨年のGun Saluteに次ぐ連覇。
Proundinskyは北米初戦のG3アーリントンクラシックで鼻差2着。前走ヴァージニアダービーで5着に敗れた後Frankel厩舎に入った。デビューからまだ3ヶ月とキャリアが浅く、日々良くなっているとのこと。
Ivan DenisovichはG2ジュライSを勝った時は期待されたが、その後未勝利。G1セントジェームズパレスSでは3着と多少気を吐いたものの、状況は芳しくない。北米遠征は昨年のBCジュヴナイル12着以来。
Primaryは今年初戦のG3サンダウンクラシックトライアルを勝ち、前走イタリア大賞を快勝。10Fはベストで速い馬場でも問題が無さそうだ。
Niagara Causewayは唯一の勝利が芝で、前々走G3シネマBCHで2着に入っている。
[2]. セクレタリアトS結果
|| mazuda 06/08/16(水)23:44 [ 返信 ]
1Showing Up C. Velasquez 1262:00.09
2Ivan Denisovich J.R. Velazquez1191 1/2
3PrimaryR.J. Albarado 1194 1/2
4ProudinskyE.S. Prado 1193/4
5Niagara CausewayC.A. Emigh 1191/2
6Go Between G.K. Gomez 1238 3/4
Times: :24.32, :47.83, 1:11.19, 1:35.79, 2:00.09

Showing Upがレースを引っ張り、Go Betweenがこれをマーク。序盤は2頭がやや他を離す展開となった。Ivan Denisovichは後ろから2番手に付ける。
Showing Upは道中ペースを落とすどころか寧ろ上げて行く。Showing Upを追いかけたGo Betweenはレース半ばにして失速し、最後方まで後退。
直線を向いてリードを4馬身以上にまで広げたShowing Upはもう必勝体勢。Ivan Denisovichが1頭これを追いかけるが、1 1/2馬身まで迫るのが精一杯。その後は4 1/2馬身開いてPrimaryが入った。

Showing Upはこれで6戦5勝、芝2戦2勝でG1初制覇となった。勝ち時計は同レースが10Fで行われた19回の中で、一昨年のKitten's Joyに次ぐ速さ。自分でペースを作っての結果だけに価値がある。この後は古馬との対戦となるが、次走は未定。
06/08/18(金)01:39 編集

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: