JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

822. 2006/08/19 アラバマS (米G1 ダート10F 3歳牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 06/08/18(金)23:58 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Pine Island(KY) J.J. Castellano3Filly121
2Wonder Lady Anne L(KY)E.S. Prado 3Filly121
3Lemons Forever(KY) M. Guidry 3Filly121
4Ex Caelis(KY) R. Bejarano 3Filly121
5Adieu(KY)J.R. Velazquez 3Filly121
6Teammate(KY)C. Velasquez 3Filly121
7Miss Shop(FL) R. Migliore 3Filly121
8Pyramid Love(KY) J.R. Leparoux 3Filly121
9Unbridled Belle(KY) G.K. Gomez 3Filly121

CCアメリカンオークス上位3頭が揃って出走、それに実績馬を加えた上位争いか。
ここ2戦G1で小差2着を続けているPine Island、2戦ともベルモントの上枠順に振り回された感が幾分あり、サラトガの2ターン戦となる今回改めてタイトル奪取を狙う。浅いキャリアながら2戦G1を戦ったことで馬がかなり良くなったと、McGaughey師も手応えを感じている。
Adieuは年明けを2度叩いて前走G2デラウェアオークスを快勝、ようやく調子を取り戻して来た。サラトガは昨年G2スピナウェイSを勝った舞台で、何ら問題は無いだろう。
CCAオークスで待望のG1制覇を果たしたWonder Lady Anne Lは、前走積極的にレースを引っ張ったが今回はどうするか。Ex Caelis、Teammate辺りが絡んで来そうな上、今のサラトガは差しが利き易い。
Miss Shopは近走の好調ぶりを示すようにCCAオークスで3着。差しタイプで今のサラトガには合っていそうだが、ダートではPine Island程強烈な決め手を持っているわけではなく、どう脚を使うか、Miglioreは前走を踏まえて考えているようだ。
KYオークス後の2戦は散々だったLemons Foreverも、サラトガに変わって前進を期待している1頭。状態はこれまでになく良いとStewart師。
[1]. アラバマS結果
|| mazuda 06/08/20(日)23:45 [ 返信 ]
1Pine Island J.J. Castellano1212:02.87
2TeammateC. Velasquez 1211 1/4
3Lemons Forever M. Guidry 1218 1/2
4Unbridled Belle G.K. Gomez 1211 3/4
5AdieuJ.R. Velazquez 1213 3/4
6Wonder Lady Anne LE.S. Prado 1213 3/4
7Miss Shop R. Migliore 1216 1/4
8Ex Caelis R. Bejarano 1213 1/4
-Pyramid Love J.R. Leparoux 121-
Times: :23.58, :47.31, 1:11.84, 1:37.06, 2:02.87

スタート後まずAdieuが前に出るが、外からPyramid Loveが先頭。Adieuがこれに続き、Wonder Lady Anne L、Unbridled Belleが3、4番手。Pine IslandLemons Foreverはやはり後方から。
向正面に入るとTeammateがハナを奪う。前は軽快に飛ばし澱みないペース。中盤を過ぎると前のグループはかたまり、Pine Islandもこれに接近して馬群の後ろに付く。
勝負所で仕掛けたTeammateが2番手以降との差を広げ、Pine Islandは馬混みの間を割って3、4コーナーで2番手に上がる。後方からは大外を回ってLemons Foreverも集団に接近。
4コーナーから直線にかけてリードを広げたTeammateが勝負を決めにかかるが、馬群を抜け出したPine Islandも脚色が良い。3番手は一塊だが、追い上げてきた外Lemons Forever、内で好位から粘ろうとするUnbridled Belleの勢いが若干上。残り50mまではTeammateがリードしていたが、ここから手前を変えたPine Islandが一気に間合いを詰め、Teammateを交わし去って1着。大きく離れた3着にはLemons Foreverが入った。

Pine Islandは3度目の正直でG1初制覇。思いの外抜けた人気となったが、見事それに応えた。McGaughey師は12年ぶり4度目の同レース制覇となった。Pine Islandはこの後ガゼルSでBushfireと再戦となる見込み。
06/08/20(日)23:59 編集

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: