JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

927. 2007/08/11 セクレタリアトS (米G1 芝10F 3歳 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 07/08/10(金)02:16 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Going Ballistic(FL) M.C. Berry 3Colt121
2Admiralofthefleet(KY)M.J. Kinane 3Colt121
3Fleeting Shadow(IRE) P.J. Smullen 3Colt119
4Lattice(KY)R.J. Albarado3Colt123
5Red Giant(KY) G.K. Gomez 3Colt123
6Love Dubai(KY) C.J. Lanerie 3Colt119
7Mostacolli Mort(KY) V. Espinoza 3Gelding119
8Shamdinan(FR)J.R. Leparoux3Colt119
9Pleasant Strike(VA) R.R. Douglas 3Colt123
[1]. セクレタリアトS
|| mazuda 07/08/11(土)04:39 [ 返信 ]
このレースを勝った外国馬は2000年のCiroだけだが、今年は遠征馬にチャンスか。米国勢に定まった軸がない。
好メンバーのG2ヴァージニアダービーを勝ったRed Giantに期待がかかるが、ヴァージニアダービーが人気薄での勝利だったせいか、ここ数年の勝ち馬に比べると迫力に欠けるきらいがある。しかし、芝は5戦4勝でしかも、走る度に強くなっている、とPletcher師。
昨年Ivan Denisovichで2着となったA.P. O'Brien厩舎からはAdmiralofthefleetがKinaneを背に出走する。昨年G2ロイヤルロッジS、今年はダービープレップのG3ディーSを勝った実績はこのメンバーでは胸を張れるもの。ジョッキークラブ賞3着のShamdinanはこのレース以後O'Neill厩舎で走ることになる。前走愛ダービーは惨敗だったが、固い馬場の10Fなら巻き返しが期待出来る。
G3アメリカンダービーを勝ったLatticeは未だキャリア5戦で上積みがありそう。課題は馬場。
[2]. セクレタリアトS結果
|| mazuda 07/08/14(火)00:56 [ 返信 ]
1ShamdinanJ.R. Leparoux1192:04.02
2Red Giant G.K. Gomez 1231/2
3Going Ballistic M.C. Berry 1215 1/2
4AdmiralofthefleetM.J. Kinane 1211 3/4
5Love Dubai C.J. Lanerie 1191 1/4
6Mostacolli Mort V. Espinoza 1192
7LatticeR.J. Albarado1231 3/4
8Pleasant Strike R.R. Douglas 121Nose
9Fleeting Shadow P.J. Smullen 1196 3/4
Times: :24.97, :48.94, 1:14.64, 1:39.61

Fleeting Shadowが好スタート。外からPleasant Strikeがハナを切り、Admiralofthefleetが徐々にポジションを上げて2番手、Fleeting Shadow、Latticeが続く。
向正面に入り、Fleeting Shadowが2番手、Latticeが3番手、Red Giantは先行集団から少し離れた5番手を単独で進み、Shamdinanは後方2番手から。中盤に差しかかりややペースが落ち着いたところにFleeting ShadowがPleasant Strikeに並びかけ、Admiralofthefleetも追走する。後続も動き出して、Red GiantはAdmiralofthefleetの直後に進出し、後方からはShamdinan、Love Dubaiなどが上がって来る。
4コーナーではFleeting Shadow、Admiralofthefleet、Red Giantが横並びとなり、その後ろにShamdinanが迫る。直線を向くと、Red Giantが抜け出し、リードを広げる。そのまま突き抜けそうな勢いだったが、その後ろに付いて来たShamdinanが離されずにRed Giantを追い、残り100mは2頭の追い比べ。ゴール直前までRed Giantがリードを保っていたが、最後の最後でShamdinanがRed Giantを差して1着。離れた3着は遅れて差して来たGoing Ballistic。

Gorellaのように乗れば良いとのことだった、というLeparoux。前が適度に引っ張ってくれるペースを後方から追走し、絶妙のタイミングで進出を開始、残り4Fを過ぎた辺りで勝ったと思った、とのこと。これでShamdinanはBCターフへの出走権を得た。
07/08/15(水)01:11 編集

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: