JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

930. 2007/08/11 ソードダンサー招待S (米G1 芝12F 3歳上 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 07/08/11(土)04:42 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Fri Guy(KY) E.S. Prado 4Colt116
2Trippi's Storm(FL) J.J. Castellano4Gelding116
3Better Talk Now(KY)R.A. Dominguez 8Gelding123
4Embossed(IRE)E.M. Coa 5Ridgling116
5English Channel(KY)J.R. Velazquez 5Horse123
6Crown Point(KY) R. Bejarano 5Horse116
7Grand Couturier(GB)C.H. Borel 4Colt116
8Ramazutti(MD)K.J. Desormeaux5Gelding118
9Always First(GB) C. Velasquez 6Gelding116

G1ユナイテッドネイションズSに出たトップホース2頭はアーリントンではなくこちらへ出て来た。G1マンハッタンHではEnglish Channelの方が背負ってBetter Talk Now1着、English Channel2着、ユナイテッドネイションズSではBetter Talk Nowの方が背負ってEnglish Channel1着、Better Talk Now3着。今回は同斤量での対戦となる。前走の差と対戦成績でのリードからEnglish Channelの方が若干人気するか。ただ、Better Talk Nowは3年前のこのレースの勝ち馬。ちょっとしたことでどちらに転ぶかわからない。サラトガで勝ち鞍があるのもこの両頭だけで、123ポンドでも2強状態となりそう。
2頭に続くのは、G2ボウリンググリーンH2着馬Trippi's Stormか。その時は3着以下を5馬身以上離している。芝に転向してから3連勝、前々走はSilver Treeに負けただけと充実一途。斤量差を活かして上位を狙う。Always Firstは2年前のG2サンセットHの勝ち馬、前走G3スターズアンドストライプスHで復活の勝利をあげた。RamazuttiはG2マクダイアーミダHを勝ったがその後のG1では散々。English Channelと同じPletcher厩舎だが、ラビットではないとのこと。Fri GuyはユナイテッドネイションズSでBetter Talk Nowから首差の4着。実績的にはまだもの足りないが、伸びてくる素地はありそう。
[1]. ソードダンサー招待S結果
|| mazuda 07/08/14(火)00:57 [ 返信 ]
1Grand CouturierC.H. Borel 1172:26.59
2English ChannelJ.R. Velazquez 1233
3Trippi's Storm J.J. Castellano1162 3/4
4Crown Point R. Bejarano 1161
5Always First C. Velasquez 1161 3/4
6EmbossedE.M. Coa 1164
7Fri Guy E.S. Prado 11626 1/2
8RamazuttiK.J. Desormeaux11626 1/4
Times: :22.66, :46.49, 1:11.37, 1:37.12, 2:02.64, 2:26.59
Scratched: Better Talk Now

Fri Guyが発馬で1/2馬身程前に出ると、そのままハナを切る。Trippi's Storm、Embossedが続き、English Channelは4番手で続く。
間もなく外からRamazuttiが上がって行き2番手、Fri Guyにピタリと張り付く。そのせいか、前半この距離としてはかなり速いラップが刻まれ、English Channelは離れた5番手にポジションを変え、その後ろはまた更に千切れることになった。最初のホームストレッチで更に先行集団もばらけて縦長となる。
2度目の向正面を進んでようやくある程度流れが落ち着くと、半ばを過ぎた辺りからEnglish Channelがポジションを上げ、後続も動き出す。前は今度はTrippi's Stormに変わり、English Channelが直後の2番手へ。English Channelを追いかけた馬達は逆に置いて行かれ、後からやってきたGrand Couturierが馬群の内を抜けて上がって来る。
直線を向いてTrippi's StormにEnglish Channelが襲いかかるが、最内で距離を稼いだGrand CouturierEnglish Channelのすぐ後ろへ。English Channelが粘るTrippi's Stormを交わしたのも束の間、ラチ沿いからGrand Couturierが抜けて来ると、English Channelの前に出る。そのままEnglish Channelはさしたる抵抗も出来ず、Grand Couturierが3馬身差を付け快勝した。

Grand Couturierは3歳だった昨年のこのレースで不利を受けながら3着。ここまで、フロリダの芝が合わなかったり、距離が短過ぎたりで苦しんできたが、適条件のレースでしかも速いペースとなったことで、課題を一気に払拭した。
07/08/15(水)01:10 編集

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: