JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

1057. 2008/08/30 フォアゴーS (米G1 ダート7F 3歳上 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 08/08/30(土)03:04 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1First Defence(KY) C. Hill 4Colt119
2Forefathers(KY)E.S. Prado 4Colt117
3Eternal Star(KY) J.R. Velazquez4Colt117
4Bold Start(KY) R.J. Albarado 4Colt117
5Ferocious Fires(NY) C. Velasquez 5Horse117
6Premium Wine(NY) J.R. Leparoux 4Colt117
7Real Estate(KY) E.M. Coa 4Colt117
8Lucky Island(ARG) A. Garcia 4Colt121
9Greeley's Conquest(KY)J.F. Chavez 4Colt117
10Tasteyville(KY)M.J. Luzzi 5Gelding117

出てくれば1番人気となったであろうBenny the Bullの電撃引退により、人気を集めるのはLucky Islandとなる。今年に入って4戦4勝、前走G2トムフールHを圧勝して波に乗る。その時は逃げ切りだったが、G3ボールドルーラーHは控えても勝っており、自在性がある。
昨年G1キングスビショップで2着だった良血First Defenceは、前走G2A・G・ヴァンダービルトHで2着。1Fの距離延長はプラスだろう。Frankel師にはちょっとした秘策があるようだが。A. Dutrow師は2頭出し。Premium Wineは今年G1カーターH3着があり、前走は同コースの一般戦を快勝してきた。Ferocious Firesはダート8戦無敗、サラトガで4勝をあげる。重賞は初挑戦。Eternal Starは今年6戦5勝。前走はジェームズマーヴィンSを勝ち、前々走のドンレヴィン記念Hはレコード勝ちを収めている。Greeley's Conquestは2連勝中で、前走のプレーリーメドウズスプリントは4 1/4馬身差の圧勝だった。
[1]. フォアゴーS結果
|| mazuda 08/09/01(月)00:01 [ 返信 ]
1First Defence C. Hill 1191:21.55
2Greeley's ConquestJ.F. Chavez 1176 3/4
3Ferocious Fires C. Velasquez 117Head
4Eternal Star J.R. Velazquez117Neck
5TasteyvilleM.J. Luzzi 117Nose
6Lucky Island A. Garcia 121Head
7Premium Wine J.R. Leparoux 1172 1/4
8Bold Start R.J. Albarado 1172 3/4
9FrefathersE.S. Prado 1172 1/4
10Real Estate E.M. Coa 11715 1/4
Times: :22.53, :44.61, 1:08.49, 1:21.55

Lukcy Islandはスタートで遅れ最後方から。Eternal Starがまずハナに立ち、First Defence、Bold Startが続き、Premium Wineは中団の後ろ、Lucky Islandがやや間が空いて最後方。
途中からFirst Defenceが先頭に変わり、Lucky Islandも進出を始め外からポジションを上げ、3コーナーから4コーナーで5番手の外、前から3馬身程まで押し上げる。
First Defenceは直線を向くとEternal Star、Bold Startを振り切りリードを広げる。Lucky Islandは大外をGreeley's Conquestと共に追うが、内の馬と脚色が変わらなくなる。その間にFirst Defenceはリードを広げ、勝利を決めると最後は6 3/4馬身差で圧勝。4頭程が並んだ2着争いはGreeley's Conquestが制し、3着は内を抜けたFerocious Fires。

First DefenceはG1初勝利。好スタートから労せずしてハナを奪い、Frankel師も驚く万全のレース運びだった。鞍上HillもG1初勝利。
08/09/02(火)01:47 編集


1056. 2008/08/24 パシフィッククラシックS (米G1 AW10F 3歳上 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 08/08/23(土)01:29 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Awesome Gem(KY) T.C. Baze 5Gelding124
2Mostacolli Mort(KY)V. Espinoza 4Gelding124
3Zappa(KY)A. Garcia 6Gelding124
4Surf Cat(KY) D.R. Flores 6Horse124
5Barcola(KY)C.S. Nakatani 5Horse124
6Go Between(FL) G.K. Gomez 5Horse124
7Well Armed(KY) A.T. Gryder 5Gelding124
8Mast Track(KY) R. Bejarano 4Colt124
9Delosvientos(KY)J. Rosario 5Gelding124
10Student Council(KY)S.X. Bridgmohan6Horse124
11McCann's Mojave(CA)J.A. Garcia 8Horse124
[1]. パシフィッククラシックS
|| mazuda 08/08/24(日)01:13 [ 返信 ]
サンタアニタH、ハリウッドGCでいずれも2着だったGo Betweenが今度こそ1着を得るか。前走のハリウッドGCはMast Trackにスローでの逃げ切りを許したが、今回は他に速い馬が居るのでそれなりのペースで流れると思われる。前走よりもここへ向けきっちり照準を合わせており態勢は整った。
昨年の覇者Student Councilは今年G1ピムリコスペシャルを勝ち、前走G1ホィットニーH2着、古馬のトップレヴェルに定着した。ハリウッドGCでは2番手の競馬をしたが3着、やはり前がどんどん引っ張る流れで差す競馬の方が向いているか。
春先にG2サンアントニオH、ドバイ帰りの前走G2サンディエゴHを勝ったWell Armedはいずれも逃げて結果を残している。テンの速さからすると、Mast TrackやBarcolaを制しこの馬がペースを握るか。そのMast Trackは3走前の一般戦を2番手から勝っており、Frankel師はハナを切らずとも問題無いとみている。
BCマラソンを目指し前走クーガーIISを圧勝してきたZappaだが、年明けにはG2サンパスカルHでWell ArmedやHeatseakerを破っており長距離以外も走れる。昨年2着のAwesome Gemはその後も善戦を続けたが、サンタアニタHで7着となってから休養、前走復帰戦は芝のレースで2着。3年ぶりのこのレースで、それ以来となる10F戦に臨むSurf Catだが、スピードに勝るだけで距離をこなせないとは思わない、とHeadley師。G2マーヴィンルロイHを制し、前走のサンディエゴHでは3ポンド重いハンデでWell Armedから1 1/4馬身差の2着だった。
[2]. パシフィッククラシックS結果
|| mazuda 08/08/26(火)02:36 [ 返信 ]
1Go Between G.K. Gomez 1242:01.18
2Well Armed A.T. Gryder 124Neck
3Mast Track R. Bejarano 1242 1/4
4ZappaA. Garcia 1243/4
5Student CouncilS.X. Bridgmohan1241/2
6Surf Cat D.R. Flores 124Neck
7Awesome Gem T.C. Baze 1243/4
8Mostacolli MortV. Espinoza 124Head
9DelosvientosJ. Rosario 1245 1/4
10BarcolaC.S. Nakatani 1247 1/4
Times: :23.40, :47.36, 1:12.20, 1:37.06, 2:01.18
Scratched: McCann's Mojave

好スタートのSurf CatとBarcolaが2頭並んで前へ。外からWell Armed、Mast Trackが追いかける。Barcolaがハナを切り、内Surf Cat、外Well Armedが続いて、Mast Track4番手、内に入れたStudent Councilが中団の後ろ、Go Betweenがその直後で、Awesome Gemは後方から2番手を進む。
向正面に入ると前は5頭が固まって進み、あとはパラパラといった感じだったが、中盤に差し掛かると前が伸びる一方後方の馬が接近して一連なりになる。3コーナー手前で、2番手に並んでいたWell Armedが単独2番手に上がりBarcolaを追う。後方の馬も押し寄せて来て、外に持ち出したGo Betweenは早くも5番手、Student Councilも漸く進出を始めるが、6馬身程離れた後方。
4コーナーでWell ArmedがBarcolaをかわし先頭へ。その直後にMast Track、更に外にGo Betweenが迫る。Well Armedが直線を向いて後続を突き放すが、Go Betweenが追ってくる。残り100でGo BetweenはWell Armedに並びかけ、しばし叩き合った後前に出る。最後は首差でGo Betweenが1着。3着はMast Track

Go Betweenはこれで26戦8勝、G1初勝利。これでGo BetweenはBCクラシックへの出走権を手に入れた。この後はBCクラシックへ直行の見込み。


1055. 2008/08/24 バレリーナS (米G1 ダート7F 3歳上牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 08/08/23(土)01:29 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Intangaroo(KY)A. Quinonez 4Filly122
2Sugar Swirl(ON) J.J. Castellano5Mare119
3Leah's Secret(FL) J.R. Velazquez 5Mare117
4Baroness Thatcher(KY)K.J. Desormeaux4Filly117
5Mistical Plan(CA) C. Velasquez 4Filly122
6Jibboom(KY)E.S. Prado 4Filly117
7Miraculous Miss(KY) R.A. Dominguez 5Mare115
8Bayou's Lassie(FL) J.R. Leparoux 5Mare117
[1]. バレリーナS
|| mazuda 08/08/24(日)01:12 [ 返信 ]
Sugar Swirlは今年5戦4勝、重賞を3つ勝っている。唯一の敗戦はG1ヒュマナディスタフSだが、これは本来逃げ馬でない同馬が前にでて速い馬と競ってしまった為とみている。Frankel厩舎からはG2レイヴンランSの勝ち馬でダート初挑戦のJibboomも出走するが、両馬はカップリングされない。
ヒュマナディスタフを勝ったのはIntangaroo。サンタモニカHと合わせ2G1を今年制している。前走G2アグリームHでは4着に終わったが、差し馬には馬場が合わなかったとSherlock師。G1プリンセスルーニーHを圧勝してきたMistical Planも勿論有力。スプリント戦でも好位で立ち回れ、Dream Rushを競り潰した力はここでも大きな武器となる。勝てばO'Neill師は昨年のMaryfieldに続く連覇。
昨年の3着馬Miraculous Missは長いこと勝っていないが、いつも上位には来ている。昨年2着のBaroness Thatcherも近走はイマイチだが、今年もG2シャーリージョーンズHではSugar Swirlの、ヒュマナディスタフではIntangarooの2着に来ている。
[2]. バレリーナS結果
|| mazuda 08/08/26(火)02:35 [ 返信 ]
1IntangarooA. Quinonez 1221:22.18
2Miraculous Miss R.A. Dominguez 1152 3/4
3Sugar Swirl J.J. Castellano1193/4
4Leah's Secret J.R. Velazquez 1171/2
5JibboomE.S. Prado 117Neck
6Mistical Plan C. Velasquez 122Neck
7Baroness ThatcherK.J. Desormeaux1177 3/4
8Bayou's Lassie J.R. Leparoux 1179 1/2
Times: :22.30, :44.88, 1:09.33, 1:22.18

好スタートのBayou's Lassieを制しMistical Planが先頭。内からSugar Wirlも上がって2番手、Jibboomが中団を追走し、Intangarooは後方から2頭目、スタートで遅れたMiraculous Missは最後方から。
頭数の割に馬群は伸びて、更にSugar Swirlが内からMistical Planに迫り、これを嫌ったのかMistical Planが突き放していった為ペースが緩まない。3コーナーで今度は外へ持ち出したSugar Swirlが再度Mistical Planに迫り、その直後にJibboom、Leah's Secretが続きこちらは内を狙う。
直線を向いて先頭はまだMistical Planだが差は僅か。外からSugar Swirlが並びかけ、2頭の叩き合いになるが、Mistical Planが粘り、Sugar Swirlはなかなか抜くことが出来ない。Sugar Swirlが漸く態勢有利に持ち込んだかと思う間もなく大外からIntangarooが飛んで来る。残り100で前をまとめて抜き去り、Intangarooが2 3/4馬身リードをとって1着。2着は最後Intangarooより遅れて伸びて来たMiraculous Missが前をかわして入線、Sugar Swirlは3着。

Intangarooはこれが3度目のG1制覇。この後はBCフィリー&メアスプリントへ直行する。


1054. 2008/08/23 トラヴァースS (米G1 ダート10F 3歳 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 08/08/22(金)02:52 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Tale of Ekati(KY) E.S. Prado 3Colt126
2Colonel John(KY) G.K. Gomez 3Colt126
3Da' Tara(KY) A. Garcia 3Colt126
4Tizbig(KY)C. Velasquez 3Colt126
5Macho Again(FL) J.R. Leparoux 3Colt126
6Cool Coal Man(KY) J.R. Velazquez 3Colt126
7Amped(KY)J.F. Chavez 3Colt126
8Harlem Rocker(ON) E.M. Coa 3Colt126
9Mambo in Seattle(KY)R.J. Albarado 3Colt126
10Tres Borrachos(KY) T.C. Baze 3Gelding126
11Pyro(KY)S.X. Bridgmohan3Colt126
12Court Vision(KY) K.J. Desormeaux3Colt126
[1]. トラヴァースS
|| mazuda 08/08/23(土)01:30 [ 返信 ]
2冠馬Big Brownの不在は混戦を演出し、18年ぶりとなる多頭数で真夏のダービーは行われる。
G2ジムダンディSの日程を変更し、明確にトラヴァースへの前哨戦と位置付けて以来3年、ジムダンディの勝ち馬が全てここも制してきた。今年該当するのはMacho AgainプリークネスS2着馬でもあり、実力上位ではあるが、あくまで勝つ可能性が高い5−6頭の内の1頭といったところ。ジムダンディS2着のPyroがMLでは1番人気となっている。ルイジアナダービー馬PyroはジムダンディSで6ポンド背負い、後方からのレースで距離をロスしながら1/2馬身差まで来た。今回外枠を引き、同じ目を見る危険性もあるが、良い位置に付けられれば勝利が見えてくる。新興勢力組では現在3連勝中、前走ヘンリーウォルトンSを好内容で制した良血Mambo in Seattle。前走後も良い状態で来ており、昨年Grasshopperで大魚を逸し今年こそはと意気込むHoward師も興奮を抑え切れない様子。更にはダート無敗のHarlem Rocker、G3ウィザーズSでキングスビショップSの本命候補J Be Kに完勝し、前走は加プリンスオヴウェールズSを勝ってきた。相手はかなり強化されるが、この馬も良化の余地を残しており楽しみ、とPletcher師。
サンタアニタダービー馬Colonel Johnは前走G2スワップスSで3着と人気を裏切った。Harty師は前を深追いし過ぎたと分析、SAダービーの様な競馬で勝利を狙う。ダートはKYダービー6着の1戦だけで駄目とは言えないだろう。ベルモントS勝ち馬Da' TaraはジムダンディSで大きく離された最下位に沈んだ。スンナリ先手をとる展開が必要で、ベルモントSのような距離ならともかく中距離では厳しいか。今回は前に行く馬が少ないが、隣に入ったTizbigの出方がポイント。Tale of EkatiはG1ウッドメモリアルの勝ち馬でKYダービーはメンバー最先着の4着。その後2戦は裂傷などもありイマイチだが、ここへ向けて調子を上げ、Tagg師は自信ありげだ。
08/08/23(土)01:30 編集
[2]. トラヴァースS結果
|| mazuda 08/08/25(月)02:32 [ 返信 ]
1Colonel John G.K. Gomez 1262:03.20
2Mambo in SeattleR.J. Albarado 126Nose
3PyroS.X. Bridgmohan1265 1/2
4Harlem Rocker E.M. Coa 126Neck
5Da' Tara A. Garcia 126Neck
6Court Vision K.J. Desormeaux1262
7Tale of Ekati E.S. Prado 126Neck
8Macho Again J.R. Leparoux 1261/2
9TizbigC. Velasquez 1263 1/4
10AmpedJ.F. Chavez 1262 1/2
11Cool Coal Man J.R. Velazquez 126Neck
12Tres Borrachos T.C. Baze 1261 3/4
Times: :23.91, :48.06, 1:12.12, 1:37.17, 2:03.20

Da' Taraはスタートを決め、隣のTizbigのスタートが良くなかったこともあり簡単にハナを奪う。Tale of EkatiやCool Coal Manは控え、外からTres Borrachos、盛り返したTizbigも前に迫り、Da' Taraのリードは半馬身といったところ。Tizbigが2番手、向正面に入り3番手はCool Coal Man、Cololen Johnも好位を追走、Macho Again、Harlem Rockerは切れ目無く続く馬群の真ん中、スタート直後に下げて内へ潜り込んだPyroがその後ろ、Mambo in Seattleはこの集団の後ろから。
内からTale of Ekatiがポジションを上げ中盤で3番手へ。後ろに下がったHarlem Rockerも大外に出して上がって行く。3コーナーでDa' Tara、Tizbigは手が動き始め、後続が詰め寄って4コーナーでは大きく横に広がる。Da' Taraは先頭を守り、最内を回ったTale of Ekati、その外に前の馬が外へ膨れて出来たスペースを突いたColonel John、大外からはHarlem Rockerが良い脚で上がってくる。
直線Da' Taraは暫くリードを守っていたが、残り1FでColonel Johnにつかまる。外からはHarlem Rockerと、ワンテンポ遅らせて追いかけてきたMambo in Seattleが馬体を併せる格好で伸び、Mambo in Seattleがこれを制してColonel Johnを追う。ラスト100はCololen JohnとMambo in Seattleが馬体を並べての一騎打ちとなり、先んじたColonel Johnをジリジリ差を詰めたMambo in Seattleがとらえたところがゴール。Mambo in Seattleの鞍上Albaradoは勝ったと思い鞭を挙げ、Colonel JohnのHarty師は負けたと思った2頭の争いはしかし、首の上げ下げで決勝線ではColonel Johnが出ていた。離れた3着には内の馬群を抜けて漸く伸びたPyroがHarlem Rocker、Da' Taraをかわして飛び込んだ。

Colonel Johnはこれで8戦5勝、G1はサンタアニタダービー以来の2勝目、ダート戦は初勝利となる。この後は勿論BCクラシックを目指すが、間に何処を挟むかは未定。
08/08/26(火)02:47 編集


1053. 2008/08/23 キングスビショップS (米G1 ダート7F 3歳 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 08/08/22(金)02:51 [ 返信 ]
出馬表
No.PostHorseJockeyAgeSexWgt.
16Kodiak Kowboy(KY) G. Saez 3Colt121
1A11Lantana Mob(KY) R.A. Dominguez 3Colt119
21Desert Key(KY) J.R. Velazquez 3Colt117
32Gentleman James(KY) M. Aguilar 3Colt117
43Nautical Storm(KY) C. Velasquez 3Colt117
54Visionaire(KY)A. Garcia 3Colt119
65Silver Edition(KY) J.R. Leparoux 3Colt117
77Golden Spikes(KY) E. Trujillo 3Colt121
88J Be K(KY) G.K. Gomez 3Colt121
99Salute the Sarge(KY)K.J. Desormeaux3Colt121
1010I'm So Lucky(KY) R.J. Albarado 3Colt117
[1]. キングスビショップS
|| mazuda 08/08/23(土)01:29 [ 返信 ]
前走短距離の重賞を勝って来ている馬が3頭居る中で、その1頭J Be Kが1番人気か。1ターン戦は6戦5勝2着1回、5勝は全て短距離で合計27馬身と力の違いを見せる競馬を続け、今年既に重賞3勝をあげた。ここまで勝ったレースは全てハナかそれに準じる位置での競馬で、速いだけではない馬が揃った今回どういったレース運びをするかがポイント。
最近まで同厩だったKodiak Kowboyが対抗馬筆頭。転厩初戦の前走、ここサラトガでの前哨戦G2アムステルダムSをこれまでで最高の走りで勝ってここに臨む。サラトガは2戦2勝、いずれも重賞勝ちと相性が良い。
アムステルダムSで頭差2着のDesert Keyも有力。ここ2戦逃げて結果を残しており、今回最内を引いたこともあって迷わず行くだろう。J Be Kとやり合うかどうかが展開の大きな鍵となる。前走重賞を勝ったもう1頭のGolden Spikes、G2キャリーバックSを人気に応えて制した。6Fベストという戦績だが、2ターン戦でもG2イリノイダービー2着もあり、1Fの延長に問題は無いだろう。寧ろ4勝全てがコールダーということで、コース変わりがどうか。実績では劣るが未勝利、一般戦を3連勝中、いずれも圧勝のI'm So Luckyも注目。好位で立ち回れることにかけてはGolden Spikesかこの馬かで、展開に大きく左右されずに力を出せそう。
他、前に行く馬ではキャリーバックS2着のGentleman James、差し馬では重賞勝ち馬のVisionaire、Lantana Mobが展開がどちらに傾くかによって浮上してくるか。
[2]. キングスビショップS結果
|| mazuda 08/08/25(月)02:31 [ 返信 ]
1VisionaireA. Garcia 1191:21.94
2Desert Key J.R. Velazquez 1172 1/4
3I'm So Lucky R.J. Albarado 117Nose
4Lantana Mob R.A. Dominguez 119Nose
5Kodiak Kowboy G. Saez 1213 1/4
6J Be K G.K. Gomez 1211 1/2
7Salute the SargeK.J. Desormeaux1212 3/4
8Silver Edition J.R. Leparoux 1171 1/2
9Gentleman James M. Aguilar 1171 1/4
10Golden Spikes E. Trujillo 1213 3/4
Times: :22.39, :44.73, 1:09.30, 1:21.94
Scratched: Nautical Storm

Desert Key、Visionaireは出負け。Lantana Mobも直ぐに後退して後方から。スタートの良かった5、6頭が前を争い、外からSalute the Sarge、真ん中J Be Kが出るが、内からGentleman James、Golden Spikesも進出し、Gentleman Jamesが先頭に出る。しかしJ Be K、Golden Spikesも並ぶような格好で殆ど差は無い。前は7頭が3−4馬身にひしめく団子状態で、その中にKodiak Kowboy、I'm So Luckyがおり、Desert Keyも挽回してそこへ加わってゆく。
3コーナーで先頭のGentleman Jamesは後退気味、J Be Kが替わって前に出る。離れた後方に居たLantana Mob、Visionaireも一気に馬群に接近し、固まって直線へ。
最内を回り盛り返したGentleman JamesをJ Be Kが抑えて直線先ず先頭へ。その外にはI'm So Lucky、Desert Keyは内へ切れ込みJ Be KとGentleman Jamesの間に出来たスペースを突く。外からはLantana Mob、そしてVisionaireが飛んで来る。内からDesert Keyが抜け出したと思ったのも束の間、大外Visionaireがまとめて差し切り、2 1/4馬身差を付け1着。2着争いは混戦となったが、一番内のDesert KeyがI'm So Luckyを抑えた。

Visionaireはこれで10戦5勝、ゴーサムS以来2度目の重賞制覇でG1は初勝利。
08/08/26(火)02:45 編集


1052. 2008/08/22 パーソナルエンスンS (米G1 ダート10F 3歳上牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 08/08/22(金)02:50 [ 返信 ]
出馬表
No.PostHorseJockeyAgeSexWgt.
15Ginger Punch(FL) R. Bejarano 5Mare122
1A7Spring Waltz(KY) J.J. Castellano5Mare118
21So Glitzy(FL) C. Velasquez 4Filly116
32Lemon Drop Mom(KY) J.C. Caraballo 4Filly116
43Indescribable(KY)K.J. Desormeaux4Filly116
54Unbridled Belle(KY)R.A. Dominguez 5Mare118
66Golden Velvet(KY) E.M. Coa 5Mare116

Spring Waltzは例によってGinger Punchバックアップ、不測の事態によりGinger Punchスクラッチしない限りは出走しない見込みだ。
前々走G1オグデンフィップスHは7 3/4馬身差、前走G1ゴーフォーワンドHは8乃至10ポンド差を付けられた相手に内へ押し込められながらこじ開けての勝利。Ginger Punchの近走を見る限り、昨年の女王としての力を維持どころか、更にパワーアップしている感もある。別定重量により前走より斤量が軽くなる今回、やはり勝利に最も近いところに居るのは間違いない。不安があるとすれば、デビュー以来初めてとなる10F戦ということだが、この距離に課題があるのは他馬も似たようなものだ。
相手筆頭はUnbridled Belle。過去1年でGinger Punchに先着した4頭しか居ない馬の1頭で、その時にG1ベルデイムSを勝った。今年は未だ2戦しかしておらず、前走は得意の舞台であるG2デラウェアHで3着も、パドックから硬かった割に良く走ったと陣営は評価する。
そのデラウェアHで逃げて2着に粘ったLemon Drop Momが今回もハナを切りそう。Ginger Punchがどこでつかまえに来るかの勝負だろうが、上手く後続をはめることができればあわやの場面も。Indescribableはゴーフォーワンドで出負けしながらGinger Punchの3着。斤量差は縮まるだけに逆転は厳しそうだが、晩稲の血に期待。
[1]. パーソナルエンスンS結果
|| mazuda 08/08/24(日)01:13 [ 返信 ]
1Ginger Punch R. Bejarano 1222:03.37
2Lemon Drop Mom J.C. Caraballo 117Nose
3Unbridled BelleR.A. Dominguez 1182 3/4
4IndescribableK.J. Desormeaux1168 1/4
5Golden Velvet E.M. Coa 1161 1/2
6So Glitzy C. Velasquez 1167 1/2
Times: :24.62, :49.85, 1:13.66, 1:37.87, 2:03.37
Scratched: Spring Waltz

Lemon Drop Momがまず前へ出るが、外からGolden Velvet、Ginger Punchも上がって行き、Golden Velvetがハナ。1−2コーナーで内を回るLemon Drop Momが再び先頭に立つが、向正面に入りGolden Velvetがレースを引っ張る形が固まる。Ginger Punchは内に入れて4番手、Unbridled Belleが外を4番手から3番手に上がる。中盤Lemon Drop Momは下がりUnbridled Belleが2番手、Ginger Punchは4番手、先頭から最後方まで6馬身程で進んで行く。
3コーナーで前2頭が加速を始め、Ginger Punchもこれを追う。4コーナーでUnbridled Belleが前に出て、Ginger Punchも一旦離されるが加速が付くとUnbridled Belleに食らい付き、その直ぐ外まで持って来る。一方ここで追い出されたLemon Drop Momは開いたGolden Velvetの内を突き、4頭が並んで直線へ。
ここで先ずLemon Drop Momが抜け出し、Golden Velvet、次いでUnbridled Belleも脱落、Ginger Punchと2頭の争いとなる。残り1FでGinger PunchがLemon Drop Momに馬体を併せ、2頭の追い比べとなる。Lemon Drop Momはしぶとく、Ginger Punchに抜かせない。それでもゴール寸前ジワリと差を詰め横並びでゴール、決勝戦では首が伸び切ったGinger Punchがほんの数センチ、Lemon Drop Momの前に出て、辛くも勝利した。

フケが出てレース前入れ込み気味だったというGinger Punch。Frankel師は、負けたと思った、首の上げ下げが完璧だった、と振り返った。次走はベルデイムSの予定。


1051. 2008/08/16 デルマーオークス (米G1 芝9F 3歳牝 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 08/08/16(土)01:50 [ 返信 ]
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Storm Mesa(KY) E.M. Martin Jr.3Filly122
2Ginger Pop(KY) R. Migliore 3Filly122
3Lethal Heat(CA) R. Bejarano 3Filly122
4Oceane Music(FR) M.E. Smith 3Filly122
5Magical Fantasy(KY) A. Solis 3Filly122
6Bel Air Sizzle(CA) C.L. Potts 3Filly122
7Misty Ocean(KY) J. Rosario 3Filly122
8Satan's Circus(KY) G.K. Gomez 3Filly122
9Missit(IRE)D.R. Flores 3Filly122
10Million Dollar Run(KY)T.C. Baze 3Filly122

5連勝中のStorm Mesaはダートで連勝を伸ばしていながら芝へ移り、初芝の前走G2サンクレメントHを快勝した。前走は中団からのレースとなったが、本来は先行力のある馬。最近のレースが出来れば、とCalhoun師も勝利へ自信を見せる。
Oceane Musicは仏で3戦3勝、準重賞を勝っている。これが北米移籍初戦で、良い頃合いで臨めるとShireffs師。Satan's Circusは前走G1アメリカンオークス招待で小差2着、その後Clement厩舎へ移籍した。中5週で前走の疲労も抜け、良い状態で迎えられそう。2頭出しのAbrams厩舎から、G2ハリウッドオークス勝ち馬Lethal Heatは8戦6勝、前走のリアルグッドディールSでは男馬を破るなど力は上位。デビューから芝で2連勝したが、3走前のフローレスリーSで6着に敗れ、このレヴェルで芝を走れるかがポイント。
Misty Oceanは3連勝でG2ハニムーンHを勝ち、前走のサンクレメントHで3着。逃げ先行で結果を出して来た馬で、展開を味方に付けたいが、Ginger Pop、Lethal Heat、Storm Mesaの出方が気になるところ。Million Dollar RunはオールウェザーのG3レイルバードS勝ち馬。前走芝初出走の一般戦を勝っており、芝適性次第では面白い存在。
[1]. デルマーオークス結果
|| mazuda 08/08/18(月)02:45 [ 返信 ]
1Magical Fantasy A. Solis 1221:46.73
2Bel Air Sizzle C.L. Potts 1222
3Lethal Heat R. Bejarano 1221/2
4Satan's Circus G.K. Gomez 122Neck
5Storm Mesa E.M. Martin Jr.1221 1/2
6MissitD.R. Flores 122Neck
7Misty Ocean J. Rosario 1221 1/2
8Oceane Music M.E. Smith 1221 1/2
9Million Dollar RunV. Espinoza 1221/2
10Ginger Pop J. Valdivia Jr.1224 3/4
Times: :22.71, :47.03, 1:11.21, 1:35.01, 1:46.73

Misty Oceanが好スタートから先頭へ。Lethal Heat、Ginger Popも前へ行き、Lethal HeatがMisty Oceanと競りそうになるが、Misty Oceanがこれを制してハナに立つ。内からStorm Mesaが3番手、Satan's Circusは中団やや後ろから。
ホームストレッチに出てリードを広げたMisty Oceanが単騎の逃げ。2馬身半程離れたところから最後方まで一連なりの馬群が出来る。序盤は速めのペースで推移し、中盤落ち着いてきたところで後続が動き出す。Lethal HeatがMisty Oceanを交わして先頭に変わり、Storm Mesaもこれに追随、Oceane MusicやGinger Popも続く。後方に居た馬も差を詰めて固まった状態で直線へ。
Lethal Heatが先頭で直線を向き、外からStorm Mesaが追う。そこへ、内を抜けて後方から一気に差を詰めたMagical Fantasyが飛んでくる。Lethal Heatの内に開いたスペースを突いたMagical Fantasyが残り100で先頭へ。大外からはやはり後方に居たBel Air Sizzleが伸びて、Lethal Heatを抜き2番手に上がるが、その2馬身前でMagical Fantasyが真っ先にゴール板を駆け抜けた。

Magical Fantasyは9戦2勝、重賞初勝利。耳当てを付けたことで馬が落ち着いていたのが良かったようだ。管理するGallagher師はG1初勝利。最低人気での勝利でMagical Fantasyの単勝配当はレース史上最高額となった。
08/08/19(火)02:27 編集


1050. 2008/08/16 アラバマS (米G1 ダート10F 3歳牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 08/08/16(土)01:49 [ 返信 ]
出馬表
No.PostHorseJockeyAgeSexWgt.
12Music Note(KY) J.J. Castellano3Filly121
1A5Little Belle(KY) R. Maragh 3Filly121
21Proud Spell(KY) G. Saez 3Filly121
33Skylighter(KY)E.S. Prado 3Filly121
44Mushka(KY)J.R. Velazquez 3Filly121
56Sweet Vendetta(NY)R.A. Dominguez 3Filly121

前走CCアメリカンオークスを圧勝したMusic Noteが1番人気となりそうだが、ここを僚馬のLittle Belleに譲り来週のトラヴァースSへ向かう選択肢を陣営は捨てていない。G1マザーグースSではトラブルがあったとはいえProud Spellに完勝。再び対戦してこれを破るようなら3歳牝馬チャンピオンがグッと近付くことになるが。
Proud SpellマザーグースではMusic Note同様スタートで躓いただけでなく、窮屈なレースを強いられ、脚に何箇所かの裂傷を負っていた。それでもたった2週間後にはG2デラウェアオークスに勝利、この馬の気迫には陣営も舌を巻く。今回逃げ馬が不在で、Indian Blessingを追いかけたこともあるこの馬が主導権を握るかもしれない。
Little BelleはKYオークスでProud Spellの2着。CCアメリカンオークスではMusic Noteに大差を付けられたが、こちらも他馬を千切っており、ここでKYオークスの借りを返したい。2連勝で前走G2ブラックアイドスーザンSを勝ったSweet Vendettaはそれ以来3ヶ月ぶり。Contessa師はこの馬をG1に値する馬と評価している。昨年G2ドモワゼルSを圧勝したMushkaは8ヶ月ぶりの前走一般戦で3着、一叩きしたことで一変なるか。
[1]. アラバマS結果
|| mazuda 08/08/18(月)02:44 [ 返信 ]
1Proud Spell G. Saez 1212:04.08
2Music Note J.J. Castellano121Head
3Little Belle R. Maragh 1214 1/2
4MushkaJ.R. Velazquez 12122 1/4
5Sweet VendettaR.A. Dominguez 12131 3/4
Times: :24.97, :50.22, 1:14.70, 1:38.99, 2:04.08
Scratched: Skylighter

今日は綺麗にゲートを出たProud Spellがハナを伺う。しかし外からLittle Belleが外から上がって行って先頭へ。Mushkaが続き、Music Noteは4番手、最後方にSweet Vendetta。
2コーナーでMushkaが2番手に上がり、後ろは内Music Noteと外Sweet Vendettaが並ぶ。前から後ろまでは5馬身以内の一かたまりで進んで行く。中盤を過ぎるとProud Spellが再び2番手に上がり、Music Noteも内から進出。Little Belleは3コーナーを前に仕掛けて、Proud Spellは持ったままこれに並びかけ、Music Noteも3番手に上げて外へ出す。追い出されたMusic Noteは一気に差を詰め3頭が競って直線へ。
直線を向くとProud Spellがまず抜け出す。そこにMusic Noteが襲いかかり、残り1Fで2頭が馬体を併せ、後は一騎打ち。そこから1Fびっしり叩き合ったが、Proud Spellが最後までMusic Noteに抜かせず頭差で勝利。3着はLittle Belle

Proud Spellは今年の重賞4勝目で、2度目のG1制覇。Music Noteに借りを返し、3歳女王の座に一歩近付いた。


1049. 2008/08/16 ソードダンサー招待S (米G1 芝12F 3歳上 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 08/08/16(土)01:48 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Equitable(KY)K.J. Desormeaux4Colt116
2Grand Couturier(GB) A. Garcia 5Horse120
3Red Rocks(IRE) J.J. Castellano5Horse123
4Interpatation(KY)J.L. Espinoza 6Gelding116
5Precious Passion(FL)E. Castro 5Gelding123
6Better Talk Now(KY) R.A. Dominguez 9Gelding120
7Dancing Forever(KY) R.R. Douglas 5Horse123
8Champs Elysees(GB) E.S. Prado 5Horse118

2年前のBCターフ勝ち馬で、前走G1マンノウォーSを快勝したRed Rocksが中心。前走後はアメリカに留まり、調整もし易かっただろう。馬場が悪そうなのが、良馬場向きの同馬には気掛かりだが、元は欧州が拠点の馬だけに道悪の経験は豊富。
並んで123を背負うPresious PassionはG1ユナイテッドネイションズSの勝ち馬。前走G3オーシャンポートSは6着に終わったが、これはこのレースへの叩き台と割り切っている。UNSが逃げ切りで、今回も他に前に行きそうな馬が見当たらないだけに展開は向きそう。マンノウォーS3着で未だ健在ぶりを示すBetter Talk Nowは道悪が得意。前走とはRed Rocksとの斤量差も7ポンドひっくり返るだけに逆転の目も充分。Dancing Foreverは重賞連勝でG1マンハッタンHを勝った。これは10Fのレースだが、McGaughey師は12Fの今回の距離の方が合っていると考える。
Champs Elyseesは2戦続けて人気を裏切り、更に相手強化となるここはどうかと思われるが、回避も考えたというFrankel師は敢えて出走させてきた。Grand Couturierは昨年のこのレースでEnglish Channelを負かした。マンノウォーSでは6着だったが昨年よりは臨戦過程は良い。
[1]. ソードダンサー招待S結果
|| mazuda 08/08/18(月)02:44 [ 返信 ]
1Grand Couturier A. Garcia 1202:32.21
2Better Talk Now R.A. Dominguez 1202
3InterpatationJ.L. Espinoza 1163/4
4Presious PassionE. Castro 1232 1/2
5Dancing Forever R.R. Douglas 123Neck
6EquitableK.J. Desormeaux11610 3/4
Times: :25.80, :50.44, 1:16.13, 1:41.73, 2:06.78, 2:32.21
Scratched: Champs Elysees, Red Rocks

Presious Passionがすぐにハナに立ち、Equitableが2番手、Dancing Foreverは3番手を進み、Grand Couturierはその後ろ、Better Talk Nowは相変わらず最後方から。
最初のコーナーでEquitableがPresious Passionに迫るが、これは大きく外へ膨らみ、Presious Passionの先頭は変わらず。逆にホームストレッチでリードを広げPresious Passionが単騎逃げに持ち込み、馬群が縦長となる。ここまでもスローな展開だが、2度目の向正面に入り更に落ち込んで後ろの馬達も差を縮めてくる。EquitableがDancing Foreverらに追い付かれて2番手集団となり、一方でPresious Passionは加速して再びリードを広げる。それを見てEquitableも仕掛け、単独2番手へ。Dancing Foreverはワンテンポ置いて追いかけるが、手応えが悪い。4コーナーでBetter Talk Nowが大外を回して差を詰める一方、Grand Couturierは内ラチ沿いを突いて直線入り口で一瞬にして2番手に。
逃げるPresious PassionGrand Couturierが迫り、外からはInterpatationとBetter Talk Nowがやって来る。Better Talk Nowが外からまとめて交わすかに見えたが、ラチ沿いをPresious Passionに閉められ一旦行き場を無くしたGrand Couturierが外に切り返すと4頭が並んで追う中を抜け出し、Better Talk Nowを2馬身封じて1着。3着はInterpatation。

Grand Couturierは同レース連覇。内ピッタリを誘導したGarciaと、前を一旦閉じられてもめげなかった馬と、上手くかみ合っての完勝だった。


1048. 2008/08/09 アーリントンミリオンS (米G1 芝10F 3歳上 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 08/08/08(金)02:14 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Archipenko(KY)K. Shea 4Colt126
2Stream Cat(KY) J.R. Leparoux 5Gelding126
3Spirit One(FR) I. Mendizabal 4Colt126
4Sudan(IRE)J.R. Velazquez5Horse126
5Cloudy's Knight(KY)R. Zimmerman 8Gelding126
6Einstein(BRZ)R.J. Albarado 6Horse126
7Mount Nelson(GB) J.P. Murtagh 4Colt126
8Silverfoot(KY)R.R. Douglas 8Gelding126
[1]. アーリントンミリオンS
|| mazuda 08/08/09(土)06:54 [ 返信 ]
国際色豊かなメンバーが揃った。セクレタリアト、ビヴァリーD.は北米調教馬が人気になりそうだが、こちらは遠征馬が中心を占める。
5ヶ国を渡り歩き4ヶ国で重賞制覇、ドバイデューティフリーで3着に入り、その後G1クイーンエリザベス2世チャレンジCを快勝したArchipenkoが最有力。成長すると共に控えることを覚え、どんな競馬でも出来る自在性が身に付いてきた。一方、前走G1エクリプスSで復活勝利をあげたMount Nelsonの方は典型的な欧州馬。時計の裏付けも欧州並で、例によって速い決着への対応が鍵となる。もう1頭のSpirit Oneは実績で劣る上にムラがあって取りこぼしが多いが、欧州のトップクラスと戦った経験は豊富で、嵌ればG3エクスビュリ賞で見せたような力も持っている。
迎え撃つ北米勢でトップを張るのはEinstein。今年も既に2つのG1を制している。前走G2ファイアクラッカーHは2着に敗れたが、これは得意とは言えないマイル戦でここへの叩き台だった。Sudanは北米移籍から4戦上昇を続け、前走G1マンノウォーSでMission Approvedと激しくやり合う自滅ペースの中CurlinBetter Talk Nowとは小差の4着に踏ん張った。昨年勝ち馬から1馬身差の4着だったStream Catは、前走休み明け、転厩初戦のG3アーリントンHを圧勝し、力を付けているところを見せた。昨年以上の結果も夢ではないだろう
[2]. アーリントンミリオンS結果
|| mazuda 08/08/11(月)02:21 [ 返信 ]
1Spirit One I. Mendizabal1262:02.17
2ArchipenkoK. Shea 1263/4
3Mount Nelson J.P. Murtagh 1261 1/2
4SilverfootR.R. Douglas 126Neck
5EinsteinR.J. Albarado1261/2
6Stream Cat J.R. Leparoux1261 1/2
7Cloudy's KnightR. Zimmerman 1267 3/4
Times: :24.66, :48.57, 1:12.40, 1:37.40, 2:02.17
Scratched: Sudan

Einsteinがゲートで躓き後方から。内の馬のスタートが良く、Spirit Oneが先手をとりArchipenko、Stream Cat、外からMount Nelsonも上がってきて2番手グループを形成。Einsteinは離れた6番手での追走となる。
最初の直線で2馬身リードをとったSpirit Oneは向正面に入り後続を引き付けても単騎逃げの態勢を保つ。Mount Nelsonが早めにきて2番手、Archpenkoは内の3番手。Mount NelsonがSpirit Oneにプレッシャーをかけるような位置に来るが、Spirit Oneはこれを振り払い再びリードをとる。この辺りでEinsteinがSilverfootと共に前進し好位に取り付く。
残り3Fで再びMount NelsonがSpirit Oneに迫る。外からはEinsteinも休まず進出し残り2F地点で3番手へ。Archpenkoは最内を維持したまま抜け出すスペースをうかがう。
外からMount Nelsonが並びかけようとするが、直線入り口で追い出しにかかったSpirit Oneが突き放す。直後に来ていたArchipenkoもスパートをかけ、Mount Nelsonの前に出るが、先に抜けられたSpirit Oneとの差がなかなか詰まらない。Mount Nelsonが完全に置かれ、外が大きく開いたところからArchipenkoが詰め寄るが、Spirit Oneは3/4馬身これを抑えて逃げ切った。3着はMount Nelson

Spirit Oneは18戦5勝、G1初勝利。SudanスクラッチEinsteinの出遅れで簡単にマイペースの逃げに持ち込めたのが大きかった。


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: