JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

1172. 2009/08/22 アラバマS (米G1 ダート10F 3歳牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/08/20(木)22:32 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Sweet and Flawless(KY)R.A. Dominguez 3Filly121
2Wynning Ride(ON) K.J. Desormeaux3Filly121
3Funny Moon(KY) A. Garcia 3Filly121
4Don't Forget Gil(NY) R. Maragh 3Filly121
5Careless Jewel(KY) R.C. Landry 3Filly121
6Be Fair(FL) J.R. Leparoux 3Filly121
7Casanova Move(VA) J. Lezcano 3Filly121
8Milwaukee Appeal(ON) J.R. Velazquez 3Filly121

Rachel Alexandraの不在で、勝機のある馬が何頭も居るようなレース。
人気も割れ加減となりそうだが、中心はCareless Jewelか。現在3連勝中、いずれも後続を千切っての勝利で、前走はG2デラウェアオークスを7 1/4馬身差で圧勝した。ここ2戦は逃げ切りで、今回も前に行くかどうかだが、この馬より速い逃げ馬は居らず、またハナを叩かれても出たなりの位置でリラックスして走れれば大丈夫とCarroll師。
Careless Jewel同様、加から転戦のMilwaukee Appealは加3冠のクイーンズプレートとプリンスオヴウェールズSで共に僅差の競馬。米よりレヴェルが低いとはいえ男馬と渡り合い、距離も経験済み、前走でダートも大丈夫とわかった。好位から上手く立ち回れるのも良い。既にG1で結果を出している馬も勿論有力。特にCCアメリカンオークス上位組は距離も克服している。勝ち馬Funny Moonは入れ込んでしまったG1エイコーンSこそ惨敗したが、その他は力を見せている。今回も落ち着いてレースに臨めるかは課題。また、追い込み脚質だけに、前残りの競馬になるとやや苦しいか。2着Don't Forget GilはFunny Moonとは首差。ラスト100、進路がクリアになってからの伸びは見所があった。調教の動きも素晴らしくHenning師は状態に自身を持っている。3着Wynning Ride、4着Casanova MoveまでFunny Moonからは1 1/4馬身と小差。Casanova Moveは番手から、Wynning Rideは3番手から早め先頭と前の馬には厳しいペースだったことを考えると上位2頭に劣らない。また、Careless Jewelにどう対するかが展開のポイントともなる。
09/08/22(土)00:24 編集
[1]. アラバマS結果
|| mazuda 09/08/25(火)00:17 [ 返信 ]
1Careless Jewel R.C. Landry 1212:03.24
2Milwaukee Appeal J.R. Velazquez 12111
3Casanova Move J. Lezcano 1213 3/4
4Sweet and FlawlessR.A. Dominguez 1211
5Don't Forget Gil R. Maragh 121Neck
6Be Fair J.R. Leparoux 1212
7Wynning Ride K.J. Desormeaux12115 1/4
8Funny Moon A. Garcia 1213 3/4
Times: :23.33, :47.35, 1:12.14, 1:37.38, 2:03.24

Careless Jewelも好スタートを切るが、外からBe Fairがハナへ。Careless Jewelは2番手追走。Casanova Move、Milwaukee Appealは内外で3、4番手、Funny MoonとDon't Forget Gilも並んで5、6番手から。
ポジション争いが落ち着いてもBe Fairはペースを緩めず、向正面で隊列が伸びてゆく。前2頭から2馬身差にMilwaukee Appeal、更に3馬身以上離れてFunny Moonが続く。そのまま3コーナーに接近し、後続が動き始める。Funny Moonが前に接近、続いてMilwaukee Appealも追い出しを開始、しかしCareless Jewelは未だ持ったままで先頭に立つ。
Milwaukee AppealとCasanova MoveがCareless Jewelを追うが、直線入り口でリードを広げにかかったCareless Jewelは一気に後続を突き放し、残り300で既に勝負ありの感。そのまま差を広げていったCareless Jewelが2着Milwaukee Appealに11馬身差を付け圧勝。3着はCasanova Move。

Careless Jewelは4連勝でG1初勝利。
09/08/25(火)00:17 編集


1171. 2009/08/16 ジョン・C・メイビーS (米G1 芝9F 3歳上牝 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/08/15(土)00:43 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Tuscan Evening(IRE) J. Rosario 4Filly121
2Meydan Princess(IRE)D.R. Flores4Filly119
3Magical Fantasy(KY) A. Solis 4Filly123
4Charming Legacy(IRE)J. Talamo 6Mare119
5Bel Air Sizzle(CA) A. Quinonez4Filly119
6Patricia's Gem(KY) V. Espinoza4Filly119
7Gotta Have Her(KY) T.C. Baze 5Mare119
8Visit(GB)B. Blanc 4Filly119
9Briecat(FL)M. Garcia 4Filly119
10Lethal Heat(CA) M.E. Smith 4Filly119
[1]. ジョン・C・メイビーS
|| mazuda 09/08/16(日)00:16 [ 返信 ]
Magical Fantasyは今年芝で2戦2勝、G1ゲイムリーSも勝った。デルマーは昨年G1デルマーオークスを完勝したゲンの良い舞台で、2ヶ月半とやや間隔が空いたことを問題にしなければ最有力だろう。
Magical Fantasyは差し馬で、そうなると展開上気になるのは先行する有力馬。Tuscan Eveningは3連勝中、いずれも逃げ又は番手の競馬で、前走はG2ロイヤルヒロインマイルを勝った。最内枠を引いたので、覚悟を決めて行くだろう。ロイヤルヒロインマイルでTuscan Eveningを制して逃げ、鼻差の2着に粘ったPatricia's Gemも該当する。未勝利からの3連勝に続いて重賞好走と力を伸ばしてきた。Tuscan Eveningとの兼ね合いが鍵となる。2頭がやり合うようなら差し馬が台頭するだろう。Gotta Have HerはG3ラスシエネガスHの勝ち馬で、その時Tuscan Eveningを破っている。その後レドンドビーチS、ロイヤルヒロインマイルとTuscan Eveningに敗れたが、差は殆ど無い。Charming legacyはレドンドビーチSでTuscan Evening、Gotta Have Herと僅差の3着。前走G2ビヴァリーヒルズHもBlack Mambaの2着、勝ってこそいないがこのところトップクラスで充実した走りをしている。Visitは前走ロイヤルヒロインマイル4着。移籍後未勝利だが、G1で度々好走しており、嵌れば一発あるか。
[2]. ジョン・C・メイビーS結果
|| mazuda 09/08/20(木)22:29 [ 返信 ]
1Magical FantasyA. Solis 1231:47.17
2Gotta Have Her T.C. Baze 1191
3Patricia's Gem V. Espinoza1191/2
4VisitB. Blanc 1191/2
5Charming LegacyJ. Talamo 1191/2
6Meydan PrincessD.R. Flores1191/2
7Bel Air Sizzle A. Quinonez1191 3/4
8Tuscan Evening J. Rosario 1213 1/4
9BriecatM. Garcia 1196
Times: :23.96, :48.17, 1:12.08, 1:35.62, 1:47.17
Scratched: Lethal Heat

Patricia's Gemがハナを切り、外からBriecat、内からTuscan Evening、Charming Legacyが続く。Meydan Princess、Gotta Have Herが中団、その後ろにVisitが居て、Magical Fantasyは後方から2番手を追走、1頭離れてBel Air Sizzle。
Patricia's Gemは平均ペースで引っ張り、Bel Air Sizzleを除く8頭は一かたまりで進んでゆく。中間を過ぎてMeydan Princessが内からポジションを上げるが、他に目立った動きは無く3コーナーへ向かってゆく。ここから、Charming Legacyが外から進出し、Briecatに迫る3番手へ。続いてGotta Have Herもマクって出る。Bel Air Sizzleも前を追いかけ、Magical Fantasyは埒沿いを離れGotta Have Herの直後へ。
直線を向いてもPatricia's Gemが先頭で逃げ込みを図り、好位グループはこれに迫れない。そこへ外からGotta Have Herが迫ってくる。ジワジワ差を詰めてくるが、Patricia's Gemも粘り、Gotta Have Herがなかなかとらえられないでいた所へ、更に外からMagical Fantasyが伸びてきて、2頭をまとめて抜き去り、1馬身差を付けて1着。2着争いは最後にGotta Have HerがPatricia's Gemの前に出た。

Magical Fantasyはこれで16戦5勝。今年3戦無敗で、G1はゲイムリーSに続く3勝目。


1170. 2009/08/15 ソードダンサー招待S (米G1 芝12F 3歳上 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/08/14(金)00:49 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Grand Couturier(GB) A. Garcia 6Horse120
2Gentleman Chester(IL)J.R. Leparoux 5Horse116
3Lauro(GER)J.F. Chavez 6Horse118
4Better Talk Now(KY) R.A. Dominguez 10Gelding116
5Rising Moon(KY) K.J. Desormeaux6Horse116
6Americain(KY)J.R. Velazquez 4Colt118
7Telling(KY)J.J. Castellano5Horse116
8Quijano(GER)A. Starke 7Gelding123
9Brass Hat(KY) C.H. Borel 8Gelding116
10Musketier(GER)J. Jones 7Horse116
[1]. ソードダンサー招待S
|| mazuda 09/08/15(土)00:40 [ 返信 ]
中心は3連覇を狙うGrand Couturier。今年2戦して良い所が無いが、過去2年もこのレース前の成績が良かったわけではなく、この条件に合っているということだろう。状態が万全なら勝てるし、そうでないなら自分のレースをして無事に帰ってくれば良い、とRibaudo師は自然体。
昨年2着馬のBetter Talk Nowは10歳馬、丸2年以上勝っていないが、G1マンハッタンHで3着に突っ込み健在ぶりを示した。後肢の怪我の為にユナイテッドネイションズSを回避したが、今は状態に心配は無いとMotion師。
Grand CouturierBetter Talk Nowも後方からの馬で、そうなると気になるのは前へ行く馬。前走G1マンノウォーS2着のMusketierは前々走G3シングスピールS圧勝、いずれも逃げてのもので、大外枠に入ってしまったが、今回も行くだろう。マンノウォー3着のQuijanoは好位からの競馬となるだろう。前走後はニューヨークに滞在してここに備えた。移籍初戦となるAmericainも好位で競馬したい構え。前走はG2ヴィコンテスヴィジェ賞を勝っている。このところ超長距離ばかり走っているが、調教の走りにPletcher師も好印象のようだ。Lauroは前走G1ユナイテッドネイションズSで2着。大逃げしたPresious Passionの2番手で、実質馬群を引っ張り、1頭だけPresious Passionを追いかけ最後まで差を詰めた走りはなかなかのものだった。
[2]. ソードダンサー招待S結果
|| mazuda 09/08/16(日)23:02 [ 返信 ]
1TellingJ.J. Castellano1162:25.43
2Better Talk Now R.A. Dominguez 1162
3Brass Hat C.H. Borel 1171
4Gentleman ChesterJ.R. Leparoux 1161/2
5Grand Couturier A. Garcia 120Neck
6QuijanoA. Starke 1233/4
7AmericainJ.R. Velazquez 1186 1/2
8Rising Moon K.J. Desormeaux1161/2
9MusketierJ. Jones 1172
10LauroJ.F. Chavez 1182 1/2
Times: :23.48, :46.80, 1:11.13, 1:36.02, 2:01.06, 2:25.43

Lauroが好発からハナに立つ。Americainがすかさず2番手に付け、その外にMusketier、3頭が並ぶようにレースを引っ張る。QuijanoがTellingと並んでその後ろ、後は離れて、Grand CouturierBetter Talk Nowも後ろのグループ。
前半は半ば競るような格好でハイペース、Americainはたまらず最初のスタンド前で3番手に下げる。LauroとMusketierが並んで先頭、Americain、Quijanoが続き、Tellingはやや下げる一方、2度目の向正面でペースが落ち着いてくるとRising Moonが前に接近してくる。Rising Moonはそのまま3番手に並び、これに応じたQuijanoも前と差を詰めて、前6頭が一かたまりになってくる。Lauroが一杯となりMusketierに前に出られ、Rising Moon、Americainも手応えが怪しい。MusketierをQuijanoが追いかけ、2頭の先頭争いで直線へ。後方からはBetter Talk Nowが外を回して前に取り付き、Grand Couturierは内を狙う。
直線まずQuijanoが先頭に出るが、先行勢のすぐ後ろを付いて回ったTellingがその外に追い出すと、一気にQuijanoもかわして抜け出しリードをとる。大外Better Talk Nowも伸びてくるが、最後は脚色がTellingと一緒になり差を詰められなくなる。最内を突いたGrand CouturierQuijanoをとらえるのがやっとという感じで、そうこうする内に外からBrass Hatが伸びて3着に入り、5着までは道中5番手以下の馬達が占めた。

Tellingはこれで17戦5勝、G1初勝利。Castellanoが、完璧なレース運びだった、という走りで最低人気の低評価を覆した。Hobby師もG1初勝利。


1169. 2009/08/09 クレメント・L・ハーシュH (米G1 AW8.5F 3歳上牝 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/08/08(土)00:59 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Tidal Dance(FL) J. Valdivia Jr.4Filly119
2Patricia's Gem(KY) V. Espinoza 4Filly119
3Briecat(FL)M. Garcia 4Filly119
4Dawn After Dawn(FL) A. Quinonez 5Mare119
5Champagne Eyes(KY) J. Rosario 4Filly119
6Hot n' Dusty(CA) A. Solis 4Filly119
7Life Is Sweet(KY) G.K. Gomez 4Filly123
8Anabaa's Creation(IRE)T.C. Baze 5Mare119
9Lethal Heat(CA) J. Talamo 4Filly119
10Zenyatta(KY)M.E. Smith 5Mare123
[1]. クレメント・L・ハーシュH
|| mazuda 09/08/09(日)01:15 [ 返信 ]
11戦無敗の女王Zenyattaが、これまでと同じことを再現する可能性は極めて大きい。昨年も勝っているレースで、相手強化もなく、別定戦の今回は斤量も斤量差も前2走より楽。普通に走れれば12連勝は目前。
最大の強敵は同厩のLife Is Sweet。先週のサンディエゴHに回るプランもあったが、先月調整過程にやや狂いが出て1週待った。しかし、最終追い切りでは猛時計を叩き出し、かつてない程状態が良いとShireffs師。
2頭が抜けているが、他にチャンスがあるとすれば、Dawn After Dawn、Champagne Eyes、Patricia's Gemといったところ。Dawn After DawnはG1ヴァニティHでZenyattaの3着。出てくるメンバーの中で、Life Is Sweetに次いでZenyattaに接近出来た馬。経験も豊富だ。Champagne EyesはサンタルチアHの勝ち馬。G2ミレイディHではZenyattaの遥か後方で終わったが、前走の一般戦では10 1/2馬身差の圧勝を遂げ勢いに乗る。Patricia's Gemは未勝利から3連勝の後、前走G2ロイヤルヒロインマイルで鼻差の2着。その4戦全て芝のレースだが、芝だけの馬ではない、と来週のジョン・C・メイビーSを蹴ってこちらに挑む構え。
なお、ヴァニティ2着のBriecatは回避の方向。
[2]. クレメント・L・ハーシュH結果
|| mazuda 09/08/14(金)00:46 [ 返信 ]
1ZenyattaM.E. Smith 1231:43.24
2Anabaa's CreationT.C. Baze 119Head
3Lethal Heat J. Talamo 1193/4
4Life Is Sweet G.K. Gomez 1233 1/2
5Dawn After Dawn A. Quinonez 1192
6Tidal Dance J. Valdivia Jr.1192 3/4
7Champagne Eyes J. Rosario 1194 1/4
Times: :23.86, :48.84, 1:13.64, 1:37.28, 1:43.24
Scratched: Patricia's Gem, Briecat, Hot n' Dusty

Zenyattaはスタートして直ぐ殿に。外からLethal Heatが前へ行き、Champagne Eyesが2番手、Anabaa's Creation、Dawn After Dawnが好位で、以下Tidal Dance、Life Is Sweet、そしてZenyatta
Lethal Heatは向正面に入るまで快調に飛ばし、Zenyattaまでの差は11−2馬身。ここからペースが少しずつ落ち着き、馬群が詰まってくる。好位のChampagne Eyes、Anabaa's Creation、Dawn After Dawnが密集して少しポジション争いを見せるが、隊列には変化がなく勝負所へ向け全馬が凝縮してゆく。3コーナーでLife Is Sweetが前に取り付き、Zenyattaもそれを追いかける。
4コーナーで一目散に外へスパートしていったZenyattaが前を射程にとらえるが、直線入り口で膨れ、ヨレ、一気に前をつかまえられない。真ん中へ突っ込んだLife Is Sweetも伸びあぐね、逃げるLethal Heat、内から2番手に上がったAnabaa's Creationが粘る。そこへ残り100でZenyattaが伸びてきて馬体を並べる。真ん中Anabaa's Creationも最後まで脚を伸ばし、勢いに勝るZenyattaと馬体では並び勝負は写真判定へ。その結果、Zenyattaが頭差差し切っていた。3着Lethal Heat。

Zenyattaは12戦無敗。Smithの過信か、相手を誤ったか、着差は12戦で最小だったが、ラスト1F推定22秒フラットの脚を余力残しで繰り出した走りは、改めてこの馬の能力を示すものとなった。
09/08/14(金)00:48 編集


1168. 2009/08/08 ビングクロスビーS (米G1 AW6F 3歳上 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/08/06(木)23:15 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Zensational(KY)V. Espinoza 3Colt120
2Bamaha Breeze(CA) M.A. Pedroza 4Colt119
3Global Hunter(ARG) C.S. Nakatani6Horse123
4Delta Storm(KY) J. Rosario 8Gelding119
5Hurry Up Austin(FL) K. Kaenel 5Horse119
6Talkin to Mom Roo(TX)T.C. Baze 6Gelding119
[1]. ビングクロスビーS
|| mazuda 09/08/08(土)00:58 [ 返信 ]
Zensationalは前走G1トリプルベンドHを勝ち、西海岸のトップスプリンターの仲間入り。そこから相手も大幅強化は無く、断然人気となるか。未だ3歳で伸びる余地は大いにありそう、調教にもそれが現れており、余程のことがなければ期待に応えるだろう。最内を引いたのでスムーズに先手をとれるかがポイント。
Global Hunterは芝のG1エディリードHを勝って中1週。怪我をした僚馬の替わりに急遽の出走だが、Avila師は状態には自信を持っている。Delta Stormは芝で連勝中。しかし、デルマーのメイントラックでパイレーツバウンティSをBlack Seventeenを破り優勝、芝だけの馬ではない。
[2]. ビングクロスビーS結果
|| mazuda 09/08/14(金)00:42 [ 返信 ]
1ZensationalV. Espinoza 1191:08.57
2Talkin to Mom RooT.C. Baze 1192 1/2
3Global Hunter C.S. Nakatani123Nose
4Delta Storm J. Rosario 1193/4
5Hurry Up Again K. Kaenel 1192 3/4
Times: :22.02, :44.50, :56.32, 1:08.57
Scratched: Bamaha Breeze

Zensationalはスタートがもう一つだが、加速が付くと一気に先頭に出る。Delta Stormが2馬身半程の差で続き、また離れてGlobal Hunter、Talkin to Mom Roo、Hurry Up Austinが最後方。
Global Hunterが徐々に前へ接近し、内からDelta Stormに並びかけ2番手、これと呼応して仕掛けたDelta Stormと2頭でZensationalを追いかける。
4コーナーで一旦差が詰まったが、直線を向いてZensationalがラストスパートをかけると、それ以上詰め寄ることが出来ない。最後はもう一度突き放したZensationalが2 1/2馬身差で完勝。2着は最後外から突っ込んだTalkin to Mom RooとGlobal Hunterの写真判定となり、Talkin to Mom Rooが先着。

Zensationalはトリプルベンドに続くG1連勝。これで、BCスプリント制覇という今季の最終目標が明確になってきた。


1167. 2009/08/08 アーリントンミリオンS (米G1 芝10F 3歳上 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/08/06(木)23:14 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Einstein(BRZ)J.R. Leparoux 7Horse126
2Presious Passion(FL) E. Trujillo 6Gelding126
3Just as Well(KY) E.T. Baird 6Horse126
4Stotsfold(GB)A. Kirby 6Gelding126
5Mr. Sidney(KY) K.J. Desormeaux5Horse126
6Gio Ponti(KY) R.A. Dominguez 4Colt126
7Gloria de Campeao(BRZ)T. Pereira 6Horse126
8Cima de Triomphe(IRE) C.-P. Lemaire 4Colt126
9Recapturetheglory(KY)G.K. Gomez 4Colt126
[1]. アーリントンミリオンS
|| mazuda 09/08/08(土)00:57 [ 返信 ]
遠征して来た馬は3頭、いずれもそれなりの実力馬だが、北米勢が強力布陣でこちらが優位か。
G1、3連勝中で米芝路線を牽引するGio Pontiが4連勝を狙う。3戦とも目の覚めるような末脚で他を捩じ伏せる強さで、もはや距離に不安も無く、馬場状態にもよらず力を見せられる。Gio Pontiとは初対戦となるもう一方のトップホースがEinstein。昨年のこのレースは5着に敗れたが、芝ではG1を4勝、他にG1サンタアニタHを勝ち、ダートでもG2を勝っている幅広い活躍ぶりだが、芝が一番合っている、とPitt師。今年は未だ5戦で状態もフレッシュだ。
外国馬では、G1を勝っている2頭にチャンスあり。Gloria de CampeaoはドバイワールドC2着から、前走のシンガポール航空国際CでG1制覇。急速に力を付けている感がある。ブラジル時代から芝重賞を勝っており、フラットで時計の出る芝は合っているだろう。伊ダービー馬Cima De Triompheは前々走G3ブリガディアジェラードSでConduitを破り、前走G1エクリプスSは4着も上位が錚々たる顔ぶれ。Cumani師もこのレースを勝ったことがあり、心得はある。
レースの鍵となるのはPresious Passion。前走G1ユナイテッドネイションズSで大逃げを打ち、そのまま完勝する驚きの内容。モンマスが得意という後押しがあったとはいえ、同じことをされると後続としてはレースが難しくなる。再度の逃げ切りもあるかもしれない。
[2]. アーリントンミリオンS結果
|| mazuda 09/08/14(金)00:40 [ 返信 ]
1Gio Ponti R.A. Dominguez 1262:04.19
2Just as Well E.T. Baird 1261 1/4
3StotsfoldA. Kirby 126Head
4Cima de Triomphe C.-P. Lemaire 1266
5EinsteinJ.R. Leparoux 1261 1/4
6Mr. Sidney K.J. Desormeaux126Nose
7Gloria de CampeaoT. Pereira 1261/2
8Presious Passion E. Trujillo 1263/4
Times: :23.98, :48.44, 1:14.23, 1:39.58, 2:04.19
Scratched: Recapturetheglory

Presious Passionはやはり大逃げに出る。スタートから飛ばして1コーナーでは9馬身くらいのリード。Gloria de Campeaoが続き、EinsteinMr. Sidneyが好位、Gio Pontiはその後ろ5番手といつもより早め、その外にCima de Triomphe
大きかったPrecious Passionのリードも向正面に入ると徐々に縮まってゆく。中間を過ぎてその差は3馬身程。Gio Pontiは埒沿いを動いてEinsteinと並ぶ。Mr. Sidneyが2番手に上がりPresious Passionを追い詰め、その直後にGio PontiEinsteinがやって来る。
Gio PontiはここからEinsteinを置き去りにして一気に前を飲み込み、直線ではもう先頭で2馬身のリード。Gio Pontiが抜けた後を通ったStotsfold、外を回してJust as Wellと後方待機勢が差を詰めてくるが、最後はGio Pontiと脚色が同じになり、Gio Pontiが1 1/4馬身差を付けて1着。2着争いは外のJust as Wellが制し、3着Stotsfold。

Gio PontiはこれでG1、4連勝。北米芝の現役No.1であることをを誇示した。Dominguez、Clement師はいずれも同レース初制覇。


1166. 2009/08/08 ビヴァリーD.S (米G1 芝9.5F 3歳上牝 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/08/06(木)23:14 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Alnadana(IRE)C. Soumillon 4Filly123
2Pure Clan(KY) J.R. Leparoux 4Filly123
3Points of Grace(KY)R.A. Dominguez 4Filly123
4Black Mamba(NZ) G.K. Gomez 6Mare123
5Mad About You(IRE) P.J. Smullen 4Filly123
6Tizaqueena(KY)E.T. Baird 4Filly123
7Dynaforce(KY)K.J. Desormeaux6Mare123
8Denomination(KY)D. Boeuf 3Filly117
[1]. ビヴァリーD.S
|| mazuda 09/08/08(土)00:56 [ 返信 ]
混戦模様だが、中心は昨年のG1アメリカンオークスS勝ち馬Pure Clanか。前走、復帰2戦目で同コースのG2モデスティHを完勝、主戦のLeparouxもその充実ぶりを感じている。
西海岸からやって来たG1馬Black Mambaは、暫く勝ち星から遠ざかっていたが、前走のG2ビヴァリーヒルズHを勝ってきた。このステップは昨年G1ジョン・C・メイビーHを勝った時と同じ。加から参戦のPoints of Graceは未だキャリアが浅いが、重賞2戦目でG2ダンススマートリーSを完勝。その時は逃げ切ったが、好位からの競馬でも力は出せるとのこと。
欧州勢も勿論侮れない。Alnadanaは前走G3メシドール賞を3馬身差で勝ち急上昇。距離実績は無いが、充実度でカヴァーするか。Mad About Youは実績では3頭中最上位。今年はG3グラッドネスSを勝っている。経験はマイル以下に集中するが、G1プリティポリーS2着もある。唯一の3歳馬DenominationはG3ヴァントー賞の勝ち馬、前走のG3クロエ賞は僅差の3着。血統的には寧ろ北米向きか。
[2]. ビヴァリーD.S結果
|| mazuda 09/08/14(金)00:37 [ 返信 ]
1DynaforceK.J. Desormeaux1231:58.29
2AlnadanaC. Soumillon 1231 1/4
3Pure Clan J.R. Leparoux 123Neck
4TizaqueenaE.T. Baird 123Nose
5Points of GraceR.A. Dominguez 1231 1/2
6DenominationD. Boeuf 1231 1/2
7Mad About You P.J. Smullen 1233/4
8Black Mamba G.K. Gomez 123Head
Times: :25.24, :50.67, 1:15.65, 1:39.77, 1:58.29

Tizaqueenaが勢い良く飛び出してゆく。Dynaforce、Alnadanaが続き、Mad About Youは中団、Black Mambaは更に後ろ、スタートで前をとられたPure Clanは最後方から。
Tizaqueenaは1馬身半程のリードをとって逃げ、2番手以降がかたまる。2番手Dynaforceが徐々に差を詰め、3コーナー手前からTizaqueenaに挑みかかる。Alnadanaが続き、Denomination、Mad About Youも外から進出し、前2頭を追う。最後方に居たPure Clanも漸く動いて前に取り付くが、先頭まではまだ差がある。
直線を向いて、残り1Fを切った辺りでTizaqueenaを抜きDynaforceが先頭。Denomination、Mad About Youはここから伸びを欠き、内から持ち出したAlnadanaが3番手、Pure Clanは大外でここから漸く伸びてくるが、もう届きそうにない。Alnadanaの追撃を1 1/4馬身振り切り、Dynaforceが押し切った。3着はPure Clanが何とかTizaqueenaをとらえて入線。

Dynaforceは昨秋のフラワーボウル以来のG1勝利。今季3戦目で調子が上がっていた、雨が降ってツキもあった、とMott師。


1165. 2008/08/08 セクレタリアトS (米G1 芝10F 3歳 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/08/06(木)23:13 [ 返信 ]
出馬表
No.PostHorseJockeyAgeSexWgt.
14Cliffy's Future(KY) F. Jara 3Colt121
1A8Driving Snow(GB) F. Jara 3Colt123
21Hoosier Kingdom(IN) E. Trujillo 3Colt119
32Proceed Bee(KY) C.A. Emigh 3Gelding121
43Laureate Conductor(KY)R.A. Dominguez 3Colt119
55Oil Man(IRE) G.K. Gomez 3Colt121
66Quite a Handful(KY) J.V. Birdgmohan3Colt119
77Take the Points(KY) K.J. Desormeaux3Colt119
89Reb(KY)J.R. Leparoux 3Colt123
910Black Bear Island(IRE)J.P. Murtagh 3Colt123
1011Giant Oak(IL) E. Razo Jr. 3Colt121
[1]. セクレタリアトS
|| mazuda 09/08/08(土)00:56 [ 返信 ]
欧州馬が席巻しているレースだが、今年は1頭だけ、それもレース後は北米へ移籍が決まっている。
そのBlack Bear Islandは、英ダービーの主要プレップG2ダンテSを勝っている馬で、その実績であれば当然有力なのだが、近走不振の原因がどこにあるか。ここ3戦は長距離で、短縮がプラスになれば良いが、北米の馬場への適正も気になる。
北米勢では、アーリントンの芝レースで結果を出している馬達が上位。アーリントンクラシックの勝ち馬Giant OakはダートのG2イリノイダービー2着もあり、力量上位。G2アメリカンダービーではスローペースで控えてしまい、道中脚を使い過ぎて失速、巻き返しを図る。そのアメリカンダービーを勝ったRebは3連勝中で、いずれも着差は僅かながら勢いがある。前走もスローを後方から差したもので、着差以上に強いかもしれない。Take the Pointsはサンタアニタダービー4着もある馬で、G2コロニアルターフC4着、G2ヴァージニアダービー3着。着差は小さく、その上位馬は不在で同じくらい走ればチャンスあり。Oil Manはアメリカンダービーで3位入線後降着、その前は2連勝でG3シネマHを勝っている。距離を伸ばして良化した馬で、前走も入線時の差はたった1/2馬身、いくらでもひっくり返せる。
[2]. セクレタリアトS結果
|| mazuda 09/08/14(金)00:35 [ 返信 ]
1Take the Points K.J. Desormeaux1192:05.41
2Black Bear Island J.R. Velazquez 123Head
3Laureate ConductorR.A. Dominguez 1193 1/4
4Oil Man G.K. Gomez 121Neck
5Proceed Bee C.A. Emigh 1211 1/4
6Quite a Handful J.V. Bridgmohan1191
7Giant Oak E. Razo Jr. 1211 1/2
8RebJ.R. Leparoux 1232 3/4
9Cliffy's Future F. Jara 1212
10Hoosier Kingdom E. Trujillo 1195
Times: :25.71, :51.35, 1:16.29, 1:40.76, 2:05.41
Scratched: Driving Snow

内3頭が徐々に出て来て、Hoosier Kingdomが先頭。Laureate Conductor、Proceed Beeが続くが、外からBlack Bear Islandが上がって2番手に付ける。その後ろにはTake the Points。Giant Oak、Rebは後方から。
ペースが落ち着くと、Black Bear IslandTake the PointsはHoosier Kingdomにピタリと付く。馬群も後ろまでほぼ切れ目無く続き、ゆったりしたペース。残り3F、Black Bear Islandが進出を開始、Hoosier Parkを抜いて先頭に立つ。これをTake the Pointsが追い掛け、共に4コーナーからスパートするとその後ろは置いてゆかれ、後は2頭の争い。
勢いに勝るTake the PointsBlack Bear Islandが抑え込み、残り1Fでは主導権を奪い返したが、Take the Pointsがまたジワジワ差を詰めると、ゴール直前で頭差前に出てBlack Bear Islandを抑えた。3着にはLaureate Conductor。

Take the Pointsは芝での初勝利がG1制覇となった。距離が伸びる程良いと果敢にここを狙ってきたのが当たった。


1164. 2009/08/08 ホィットニーH (米G1 ダート9F 3歳上 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/08/06(木)23:12 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Smooth Air(FL) J. Lezcano 4Colt118
2Asiatic Boy(ARG)A. Garcia 6Horse121
3Bullsbay(KY)J. Rose 5Horse116
4Macho Again(FL) R.J. Albarado 4Colt119
5Tizway(KY)R. Maragh 4Colt113
6Dry Martini(FL) E.S. Prado 6Gelding117
7Commentator(NY)J.R. Velazquez8Gelding121
[1]. ホィットニーH
|| mazuda 09/08/08(土)00:55 [ 返信 ]
過去このレースを2勝しているCommentatorが中心。昨年のこのレース、続けてマサチューセッツHを圧勝した実力は最上位。その後2戦期待外れだったが、前走カシャトレヤSを予想通りの圧勝で、態勢は整った。前走一般戦で道中先頭からDa' Taraを7 1/2馬身千切ったTizwayが内に居るが、マサチューセッツで番手から圧勝したように逃げなくとも大丈夫。
しかし、もし2頭がやり合うようなことになれば、G1スティーヴンフォスターHを最後方からブチ抜いたMacho Againの出番か。戦績が安定しないが、差しが決まる流れなら足りるはず。同コースはG2ジムダンディSを勝っている。Asiatic Boyも北米に来て2戦、差す競馬をしており、前崩れの展開が良さそう。スティーヴンフォスター、G2サバーバンHと続けて2着で勝ち切れていないが力はある。サバーバンでAsiatic Boyを破ったDry Martiniも追い込み馬。昨秋のG3スタイヴァザントHを勝って以降上位で活躍しており、2連勝中と好調。一方好位からの有力馬はSmooth Air。今年はG2ガルフストリームパークHを勝ち、G1メトロポリタンH、前走のG3サルヴァトールマイルと続けて2着、安定している。ただ、オハイオダービー勝ちがあるものの、ベストの距離よりはやや長いか。
[2]. ホィットニーH結果
|| mazuda 09/08/14(金)00:29 [ 返信 ]
1BullsbayJ. Rose 1161:48.12
2Macho AgainR.J. Albarado 1191 1/2
3CommentatorJ.R. Velazquez1211 1/2
4TizwayR. Maragh 1132 3/4
5Dry MartiniE.S. Prado 1172 3/4
6Smooth Air J. Lezcano 118Head
Times: :23.49, :46.38, 1:10.11, 1:35.14, 1:48.12
Scratched: Asiatic Boy

Smooth Airが絶好のスタート。Commentatorも速く出て、そのままハナを奪ってゆく。Smooth Air、Tizwayが追い掛け、この3頭で後続を大きく引き離す。Bullsbayが4番手で、その後ろに並んでMacho AgainとDry Martini。
Commentatorのペースは向正面でも全く緩まず、3コーナー手前まで前後の差は大きいまま。ここからSmooth AirとTizwayは手応えが劣り始め、Commentatorが逃げ込み態勢に入る。そこへ勢い良く上がって来たのがBullsbay。更に後ろからMacho Againも来るが、Bullsbayはいち早く直線の入り口でCommentatorに並びかける。
Commentatorはしばし抵抗したが、残り1Fを前に完全にBullsbayが先頭。外からMacho Againも追ってきて残り100でCommentatorをかわすが、Bullsbayには届かない。Bullsbayが1 1/2馬身差を付けて1着。以下、Macho AgainCommentator

Bullsbayは最低人気での番狂わせを演じたが、ダートに限っては近3戦で2勝、スティーヴンフォスターHでも小差と、ここまで評価を落とす謂れも無かった。これでBCクラシックへの出走権を獲得、ハリウッド金杯で大敗したが、サンタアニタでの成績は悪くないことからBCを目指す見込み。


1163. 2009/08/08 テストS (米G1 ダート7F 3歳牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 09/08/06(木)23:11 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Pretty Prolific(KY) R.J. Albarado 3Filly116
2Cat Moves(VA) J.R. Velazquez3Filly122
3Olde Glamour(NY) M.J. Luzzi 3Filly116
4Heart Ashley(KY) E.S. Prado 3Filly118
5First Passage(KY) A. Garcia 3Filly118
6Flashing(KY)R. Migliore 3Filly118
7Reforestation(KY)E.M. Coa 3Filly116
8All of Her Twist(KY)R. Maragh 3Filly116
[1]. テストS
|| mazuda 09/08/08(土)00:55 [ 返信 ]
前走G1プライオリスSを勝ったCat Movesが中心か。スタートで後手に回りながら、同厩の素質馬Light Greenを力強く差し切り3戦3勝、未だ底が見えない。ここまで6Fしか走ったことが無く、G1馬として1頭重い斤量を背負うことになる点が気掛かりだが、それを補う状態と伸び具合がある。
相手は前走G3アザレアSを勝ったFirst Passage。この春から北米で走り5戦4勝2着1回、マクりでも直線一気でも、ためて外から追えば確実に伸びる。
First Passageに向く流れになるかどうかの鍵を握る1頭がHeart Ashley。G3シカーダS、G3ミスプリークネスSを逃げ切り、プライオリスSでも逃げた。FlashingはG3ナッソーカウンティSの勝ち馬。前走のG1マザーグースSではRachel Alexandraの前に大きく離されたが、距離短縮はプラス。
[2]. テストS結果
|| mazuda 09/08/14(金)00:28 [ 返信 ]
1FlashingR. Migliore 1181:22.40
2Pretty Prolific R.J. Albarado 1171 1/2
3Cat Moves J.R. Velazquez122Neck
4First Passage A. Garcia 118Nose
5Heart Ashley E.S. Prado 1183/4
6All of Her TwistR. Maragh 1161 1/2
7ReforestationE.M. Coa 1164
8Olde Glanmour M.J. Luzzi 1161
Times: :22.63, :45.31, 1:09.31, 1:22.40

First Passageが出負け。前はHeart Ashleyがやはり速く、すぐに先頭をキープ。Olde Glamour、Cat Movesが続き、4番手にFlashingで、First Passageは最後方から。
3コーナーからCat Movesが動くが、Heart Ashleyはリードを保ち、そこへFlashingがやってくる。
直線でHeart Ashleyが更にリードを広げ、Cat Movesが追いかけて残り1Fで漸く差を詰めてくるが、この時既に外へ並んでいるFlashingの脚色が上。残り50、Heart AshleyをかわしたFlashingがそのまま1 1/2馬身抜け出して1着。2着は最後に真ん中から突っ込んで来たPretty Prolificで、Cat Movesは3着。

Flashingはこれで7戦5勝。鞍上Miglioreは6年ぶりにサラトガのG1を制した。


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: