JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

1258. 2010/05/01 ケンタッキーダービー (米G1 ダート10F 3歳 チャーチルダウンズ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/04/30(金)00:50 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Lookin At Lucky(KY) G.K. Gomez 3Colt126
2Ice Box(KY) J. Lezcano 3Colt126
3Noble's Promise(KY) W. Martinez 3Colt126
4Super Saver(KY) C.H. Borel 3Colt126
5Line of David(FL) R. Bejarano 3Colt126
6Stately Victor(KY) A. Garcia 3Colt126
7American Lion(KY) D.R. Flores 3Colt126
8Dean's Kitten(KY) R.J. Albarado 3Colt126
9Make Music for Me(KY)J. Rosario 3Colt126
10Paddy O'Prado(KY) K.J. Desormeaux3Colt126
11Devil May Care(KY) J.R. Velazquez 3Filly121
12Conveyance(KY)M. Garcia 3Colt126
13Jackson Bend(FL) M.E. Smith 3Colt126
14Mission Impazible(KY)R. Maragh 3Colt126
15Discreetly Mine(KY) J.J. Castellano3Colt126
16Awesome Act(KY) J.R. Leparoux 3Colt126
17Dublin(KY)T.J. Thompson 3Colt126
18Backtalk(FL)M. Mena 3Colt126
19Homeboykris(MD)R.A. Dominguez 3Gelding126
20Sidney's Candy(KY) J. Talamo 3Colt126
[1]. ケンタッキーダービー
|| mazuda 10/05/01(土)01:17 [ 返信 ]
最終プレップでの波乱から直前での脱落馬続出で一気に混沌とした今年のKYダービー、枠順がそれに更に拍車をかける。
相対的に上位とみられるのは、2歳王者でG2レベルS勝ち馬のLookin At Luckyと、そのLookin At Luckyを降してG1サンタアニタダービーを圧勝した3連勝中のSidney's Candy。しかし、Lookin At Luckyが最内、Sidney's Candyが大外と揃って不利な枠を引いた。Lookin At LuckyはBCジュヴナイル、そして前走の嫌な記憶が蘇る。不利を被らずに上手くレースを運ぶことが出来るかが、まず一つ大きな障害だ。一方Sidney's Candyの大外は2年前にBig Brownが勝っており、ハナへ行かずとも力を出せれば克服する道はある。
大本命と目されたEskendereyaを始め、分厚い陣容を誇っていたPletcher厩舎はしかし、Eskendereyaが左前脚に腫れが出て回避、更にRule、Interactifも追い切りの動きに不満があるとして出走せず、結局牝馬のDevil May Careを加えて4頭となった。中で主力と目されるのがそのDevil May Care。前走G2ボニーミスS勝ちが好内容で、それだけみればこのメンバーでは通用する可能性がある。Super Saverは今年未勝利だが、徐々に上向いている。チャーチルのG2ケンタッキージョッキークラブS圧勝があり、鞍上もBorelを擁してこの舞台に合っている。G2ルイジアナMission ImpazibleとG3リズンスターS勝ち馬Discreetly Mineは好枠を引いた。
G1フロリダダービーの勝ち馬Ice Boxはここ4戦で3勝。こちらの2番枠も不利だが、如何にスムーズに追い込めるかが勝負の馬だけに腹を括って控える手はありだろう。G3ゴーサムSを快勝したAwesome Actは前走G1ウッドメモリアルで3着。Eskendereyaには千切られたが、その馬が居ない上はそう差も無さそう。差し向きの流れになれば。
G3サウスウェストSを逃げ切ったConveyanceは、前走のG3サンランドダービーで2着とデビューからの連勝が止まったが、これは勝ったEndorsementが強かった。ただ、ここまで5戦全て逃げの一手で、幅が無いのは不安。G1ホープフルSの勝ち馬Dublinは今年に入って3戦、いずれも2、3着で勝ちが無い。しかし、結果を求めず使いつつここへ照準を合わせてきている。Noble's PromiseはG1ブリーダーズフューチュリティの勝ち馬で、BCジュヴナイル、ハリウッドフューチュリティでも好走した。前走のG1アーカンソーダービーで初めて崩れたが、ただの凡走であればレベルSでLookin At Luckyと競った走りから上位には来られるはず。Jackson Bendは9戦全て連対と堅実、ここ2走は千切られたとはいえ相手がEskendereyaである。但し、相手なりに走るという感もある。G3イリノイダービーを快勝したAmerican Lion、G1アーカンソーダービーを逃げ切ったLine of Davidはいずれもダートデビューでこの結果を出しており、前進があれば勝利にも手が届くところか。
[2]. ケンタッキーダービー結果
|| mazuda 10/05/07(金)00:40 [ 返信 ]
1Super Saver C.H. Borel 1262:04.45
2Ice Box J. Lezcano 1262 1/2
3Paddy O'Prado K.J. Desormeaux126Neck
4Make Music for MeJ. Rosario 1262
5Noble's Promise W. Martinez 1261 1/4
6Lookin At Lucky G.K. Gomez 1261
7DublinT.J. Thompson 1261/2
8Stately Victor A. Garcia 1261 1/4
9Mission ImpazibleR. Maragh 1262
10Devil May Care J.R. Velazquez 1261 1/4
11American Lion D.R. Flores 1266 3/4
12Jackson Bend M.E. Smith 126Neck
13Discreetly Mine J.J. Castellano1266 1/2
14Dean's Kitten R.J. Albarado 1263 1/4
15ConveyanceM. Garcia 12614 1/2
16HomeboykrisR.A. Dominguez 12610 1/2
17Sidney's Candy J. Talamo 1261/2
18Line of David R. Bejarano 1266 1/4
19Awesome Act J.R. Leparoux 126Neck
20BacktalkM. Mena 1269 1/2
Times: :22.63, :46.16, 1:10.58, 1:37.65, 2:04.45

真ん中からConveyanceが飛び出し、内からSuper Saver、外からSidney's Candyも前へ。Sidney's Candyが2番手となり、Line of David、Mission Impazible、Discreetly Mineも続く。Super Saver、Noble's Promise、American Lionが好位の直後を追走する。Devil May Careは中団、その後ろにDublin。一方Lookin At Luckyは内へ切れ込んできたPaddy O'Prado、それに押されたStately Victorに埒へ押し付けられ後退、スタート直後かぶされて後ろになったIce Boxと共に後方からの競馬となる。
ConveyanceとSidney's Candyが飛ばして、3番手以下に3馬身半のリードを付ける。向正面に入るとNoble's Promiseが単独3番手に上がり、その後ろにSuper Saverら。一旦縦に伸びた隊列だが、中間を過ぎると後続の出入りが激しくなり、中団が密集してくる。3コーナーが近付くと、脱落する馬も出始め、一方Devil May CareDublinなどが外から、Paddy O'Pradoが内から勢い良く前に接近。後方からLookin At Lucky、Ice Boxも進出してくる。前は逃げた馬も力尽き、Noble's Promiseが先頭、内を抜けてSuper Saverが続く。
直線を向き、Noble's Promiseの内からSuper Saverが先頭に出る。その後ろをPaddy O'PradoとDevil May Careが追い、DublinLookin At Lucky、Make Music for Meなども加わって5番手以下は激戦。残り1FでSuper SaverはNoble's Promiseを振り切りリードを広げる。Devil May Careは後退し、Noble's PromiseをかわしてPaddy O'Pradoが2番手となるが、Super Saverは大分前。最後に大外からIce Boxが飛んできてPaddy O'Pradoをとらえるがそこまで。Super Saverが2 1/2馬身差で1着。以下Ice Box、Paddy O'Prado。

Super Saverは7戦3勝、G1はこれが初勝利。直前で重要な手駒を失ったPletcher師、WinStar Farmに栄冠をもたらした。Pletcher師は10度目、28頭を出走させてついにKYダービーを制覇。


1257. 2010/05/01 ターフクラシックS (米G1 芝9F 3歳上 チャーチルダウンズ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/04/30(金)00:49 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Wise River(KY) C.H. Borel 7Horse117
2General Quarters(KY) R. Bejarano 4Colt119
3Court Vision(KY) R.J. Albarado 5Horse124
4Pop Tarrt(KY) S. Gonzalez Jr.4Colt117
5Al Khali(KY) K.J. Desormeaux4Ridgling119
6Battle of Hastings(GB)R.A. Dominguez 4Gelding119
7Blues Street(KY) J.J. Castellano6Gelding121
8Loup Breton(IRE) G.K. Gomez 6Horse121
9Yate's Black Cat(KY) J.R. Leparoux 7Horse117
[1]. ターフクラシックS
|| mazuda 10/05/01(土)01:15 [ 返信 ]
このメンバーではG1を3勝しているCourt Visionが中心か。G1メイカーズマークマイル2着から中2週と間隔が詰まるが、好調を維持している様子。土曜に降雨がありそうなのも、昨秋G1ターフマイルSを道悪で勝った同馬にはプラスかもしれない。
Loup Bretonは2走前にサンマルコスSを勝っている。前走のG1サンタアニタHは惨敗したが、芝では重賞級でも上位だ。Battle of Hastingsは勝ち切れない競馬が続く。ここ2戦はマイルだったが、距離延長はプラスだろう。ターフマイルSで大敗しており、雨はあまり酷くなると心配。Blues Streetは現在4連勝中。G3フェアグラウンズH、G2マーヴィンムニツJr.記念とここ2戦は重賞を勝っており、6歳にして本格化の感ありだ。
General QuartersはG1ブルーグラスSの勝ち馬。ダートが主戦場で、ここ4戦は良い競馬をしながら2着続きで芝に新味を求める。1度だけ芝を走った際は8着に沈んだが、陣営は芝適性による敗戦ではないとみる。Al KhaliはG3サラナクSの勝ち馬で、G1ハリウッドダービーでは4着。これが4歳初戦となり、冬の間にどれだけ成長出来たか。
10/05/01(土)01:16 編集
[2]. ターフクラシックS結果
|| mazuda 10/05/07(金)00:40 [ 返信 ]
1General Quarters R. Bejarano 1191:53.42
2Court Vision R.J. Albarado 124Neck
3Loup Breton G.K. Gomez 121Head
4Battle of HastingsR.A. Dominguez 1191
5Blues Street J.J. Castellano1211 1/4
6Al Khali K.J. Desormeaux1191 1/4
7Yate's Black Cat J.R. Leparoux 1171 3/4
8Wise River C.H. Borel 1171/2
9Pop Tarrt S. Gonzalez Jr.1174 1/2
Times: :25.13, :50.95, 1:15.87, 1:40.84, 1:53.42

Wise Riverが勢い良く飛び出してゆく。General Quarters、Loup Breton、Al Khaliが続き、Court Visionは6番手、その後ろにLoup Breton、Battle of Hastingsが続く。
Wise Riverは3馬身のリードをとっていたが、向正面に入るとAl Khaliが2番手に上がり差を詰める。中盤でLoup BretonもGeneral Quartersをかわして3番手へ。一旦リードが小さくなったWise Riverは再びリードを広げ、一方後方の馬が勝負所へ向け前に接近してくる。
4コーナーでPop Tarrtを除く8頭が一かたまりとなる。Wise Riverが逃げAl Khaliが2番手で直線を向くが、直ぐに外からGeneral QuartersCourt Visionが伸びて、残り1Fでこの2頭の先頭争いとなる。その後ろではLoup Breton、Battle of Hastings、Blues Streetが3番手を争い、その中からLoup Bretonが出て前2頭に迫るが、これは3番手まで。Court Visionが一度は前に出るようなところもあったが、結局General QuartersCourt Visionを首差抑えて1着。

General Quartersはこれが2度目のG1制覇。2歳時に惨敗して以来2度目となる芝のレースだったが、見事に対応した。
10/05/07(金)00:53 編集


1256. 2010/05/01 ヒュマナディスタフS (米G1 ダート7F 4歳上牝 チャーチルダウンズ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/04/30(金)00:48 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Dr. Zic(KY) K.J. Desormeaux4Filly124
2Warbling(KY)R.A. Dominguez 4Filly122
3Informed Decision(KY) J.R. Leparoux 5Mare124
4Dubai Majesty(FL) H.J. Theriot II5Mare118
5Double Espresso(KY) J. Graham 4Filly118
6Pretty Prolific(KY) R.J. Albarado 4Filly120
7Cassidy's Pride(KY) J. Lezcano 4Filly118
8Rated Fiesty(FL) S.X. Bridgmohan5Mare118
9Free Flying Soul(KY) M.E. Smith 5Mare118
10Mona de Momma(KY) J. Rosario 4Filly120

連覇を狙うInformed Decisionは、前走のG1マディソンSで3着に敗れ、Sheppard師も落胆を隠せない。しかし、今回は早めに入厩して現地調整、ややうるさかった前走前より状態が良さそうだ。
そのマディソンSを勝ったのがDr. Zic。あっさり先手を奪って逃げ切ったが、今回はWarbling、Cassidy's Prideと速い馬が居て、前走のようにはいかないか。Warblingは前走G2インサイドインフォメーションSを逃げ切った内容が優秀。ただ、逃げたのは前走だけで、Kenneally師もどんな競馬も出来ると言っており、前と競り合うことはしないかもしれない。
G3ラスフローレスHを勝ってきたMona de Mommaは初ダートだが、Sadler師はダートが合いそうな馬だけ連れてきた、と克服に自信を示す。マディソンSで2着とInformed Decisionに先着したDubai MajestyはダートもOK。昨年のこのレースが3着で、その後G3ウィニングカラーズSを勝っている。
10/05/01(土)01:15 編集
[1]. ヒュマナディスタフS結果
|| mazuda 10/05/07(金)00:39 [ 返信 ]
1Mona de Momma J. Rosario 1201:22.73
2Pretty Prolific R.J. Albarado 1203/4
3Informed DecisionJ.R. Leparoux 1241
4Free Flying Soul M.E. Smith 118Nose
5WarblingR.A. Dominguez 1224
6Double Espresso J. Graham 118Head
7Cassidy's Prode J. Lezcano 1181/2
8Rated Fiesty S.X. Bridgmohan118Head
9Dubai Majesty H.J. Theriot II1183/4
Times: :22.09, :44.38, 1:09.16, 1:22.73
Scratched: Dr. Zic

Rated Fiesty辺りが好スタートを切るが、内からWarblingが行く。Dubai Majestyが張り付き、Cassidy's Prideもやはり前へ。Free Flying Soulも外で差が無く追走。Informed Decisionはやや離れた6番手を追走、Mona de Mommaは8番手から。
Warblingが飛ばして先団も一旦伸びるが、3コーナーでCassidy's PrideとFree Flying Soulがまた外から接近、Free Flying SoulはWarblingに迫る。Informed Decisionは反応が鈍く8番手まで落ち、Pretty Prolific、Mona de Mommaが替わって外から上がってゆく。
直線を向いて、逃げるWarblingにFree Flying Soulが襲い掛かり、残り300を切って今度はFree Flying Soulが先頭。大外からはPretty ProlificとMona de Mommaが馬体を併せて伸びてくる。抜け出したFree Flying Soulに残り100で2頭が並ぶと、そのままMona de Mommaが先頭、Pretty Prolificが2番手に変わる。更に外、漸くInformed Decisionも飛んでくるが、Free Flying Soulとの3番手争いまでで、Mona de Mommaが先頭でゴール。2着Pretty Prolific、3着はInformed Decisionに変わり、差し馬が上位を占めた。

Mona de Mommaはこれで10戦5勝、G1初勝利。ぬかるんだ馬場の特徴を見切って外からの競馬を徹底し、末脚をフルに活かしたことが勝利につながった。


1255. 2010/04/30 ケンタッキーオークス (米G1 ダート9F 3歳牝 チャーチルダウンズ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/04/30(金)00:48 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1It's Tea Time(KY)A. Garcia 3Filly121
2Jody Slew(KY) M. Mena 3Filly121
3Quiet Temper(KY) R.J. Albarado 3Filly121
4Age of Humor(KY) R. Maragh 3Filly121
5Blind Luck(KY) R. Bejarano 3Filly121
6Beautician(KY)A. Solis 3Filly121
7Crisp(KY)J. Rosario 3Filly121
8Tidal Pool(KY) C.H. Borel 3Filly121
9Bella Diamante(KY) M.E. Smith 3Filly121
10Champagne d'Oro(KY)M. Garcia 3Filly121
11Evening Jewel(CA) K.J. Desormeaux3Filly121
12Ailalea(KY)J.R. Velazquez 3Filly121
13Amen Hallelujah(FL)J.R. Leparoux 3Filly121
14Joanie's Catch(FL) P. Lopez 3Filly121

14頭のフルゲートとなったが、Blind Luckが圧倒的な支持を集める。既に3G1を制して世代をリードする1頭となっている上、前走G2ファンタジーSの勝ちっぷりも鮮やか。しかし、どうしても差す競馬となり、如何にロス無く末脚を発揮させるかが課題。運も味方に付けなければ、とHollendorfer師も慎重だ。
Amen HallelujarはG2サンタイネスS、G2ダヴォナデイルSを連勝、G2ボニーミスSでは2着に敗れたが、その時の勝ち馬Devil May Careはダービーへ回った。現地に入ってからの調教でも動き、良いレースが出来ると思う、とDutrow師。G1サンタアニタオークスでBlind Luckを破ったCrispは、間隔が詰まるのを嫌ってそこから直行。しかし、満足な状態で出せるとSadler師。
アシュランドSの1、2着馬Evening JewelとIt's Tea Timeも力量的に上位。Evening JewelはG1ラスヴァージナスSでBlind Luckをもう少しで負かせるところまでいった。ただ、Crisp同様ダートの経験が無いところが不安。It's Tea Timeはキャリアが少なく伸びしろを感じるが、Blind Luckと同じ様な競馬でそれを上回れるか。Quiet Temperは前走G2フェアグラウンズオークスを勝ってきた。他にG3デルタプリンセスSを圧勝している。人気上位馬で唯一Blind Luckに負けた経験が無い。Tidal PoolはファンタジーSでBlind Luckの2着だった。2走前の一般戦圧勝から急激に力を伸ばし、前走も3着馬は大きく離している。
[1]. ケンタッキーオークス結果
|| mazuda 10/05/06(木)00:28 [ 返信 ]
1Blind Luck R. Bejarano 1211:50.70
2Evening Jewel K.J. Desormeaux121Nose
3Tidal Pool C.H. Borel 1212 3/4
4BeauticianA. Solis 1212 1/2
5AilaleaJ.R. Velazquez 1211 1/2
6Amen HallelujahJ.R. Leparoux 1211
7CrispJ. Rosario 1213/4
8Quiet Temper R.J. Albarado 1213/4
9It's Tea Time A. Garcia 1213/4
10Jaonie's Catch P. Lopez 1213/4
11Champagne d'OroM. Garcia 12110 1/4
12Age of Humor R. Maragh 1213/4
13Jody Slew M. Mena 1211/2
14Bella Diamante M.E. Smith 1212
Times: :23.95, :48.15, 1:12.50, 1:37.48, 1:50.70

Age of Humor、Tidal Poolが好発を決める。外からはAilaleaも行こうとするが、コーナーで内のTidal Poolが前へ。Ailaleaが続き、Age of Humor、Joanie's Catch、Evening Jewel、Amen Hallelujahらが好位。It's Tea Timeは中団に居て、ゲートの良くなかったCrispは後方、スタートでヨレたBlind Luckも最初から後ろに居て、最後方の追走となる。
Tidal Poolはリードを1馬身とって平均ペースで逃げる。中団まで9頭程は一かたまりで追走し、その後ろはややバラけた感じで続く。しかし、前はペースを上げないので中盤に入ると後方の馬も接近、中間過ぎでBlind Luckが位置どりを上げ、1頭をかわすと3コーナーから一気に外を進出してゆく。Tidal Poolは未だ余力を残して逃げ、後続の方が手を動かし始める中、3番手に上がったEvening JewelがTidal Poolに迫る。Blind Luckは大外を回してこの辺りで中団、更に前へ進出してゆく。
Tidal Poolが先頭のまま4コーナーを回り、その直ぐ外へEvening Jewelが続く。内から5頭分を空けた外を回したBlind Luckは直線を向いて3番手争いの一線に加わってくる。前はTidal PoolとEvening Jewelがやや抜け出し、残り1Fで今度はEvening Jewelが前に出る。内の馬を片付け単独3番手となったBlind Luckがジリジリ差を詰めるが、Evening Jewelも粘る。残り100を切って漸くBlind Luckが2番手からEvening Jewelに迫り、2頭が横並びとなったところがゴール。ほぼ首の上げ下げとなる接戦は写真判定の結果、鼻差Blind Luckが差し切っていた。3着にTidal Pool。

Blind Luckはこれで10戦7勝。直線で進路が出来れば鬼脚を繰り出すことはわかっていた、最後は際どくなったが勝ったと思った、と同レース初勝利のBejarano。Hollendorfer師はこのレース3勝目となった。


1254. 2010/04/10 アーカンソーダービー (米G1 ダート9F 3歳 オークローン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/04/09(金)00:25 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Super Saver(KY) C.H. Borel 3Colt122
2Dublin(KY)T.J. Thompson 3Colt122
3Noble's Promise(KY)R.J. Albarado 3Colt122
4Northern Giant(KY) V. Espinoza 3Colt118
5Uh Oh Bango(AZ) S.X. Bridgmohan 3Colt122
6New Madrid(KY) A. Castellano Jr.3Colt118
7Berberis(KY)A.T. Gryder 3Colt118
8Line of David(FL) J.K. Court 3Colt118
9Pulsin(FL)C.S. Nakatani 3Colt118
[1]. アーカンソーダービー
|| mazuda 10/04/10(土)00:40 [ 返信 ]
ここ5年で勝ち馬からAfleet AlexLawyer RonCurlinGayegoを出し、昨年も3着馬Summer Birdが3歳王者となった注目のレース。今年は3強ムードだ。
Super SaverはG2ケンタッキージョッキークラブSの勝ち馬。前走のG3タンパベイダービーでは3着だったが、今年の初戦であり、行かせ過ぎたということもある。調教では良く動いており、一度使われて状態は上がっている。Noble's PromiseはG1ブリーダーズフューチュリティの勝ち馬で、その後のG1でも好走している。前走はG2レベルSでLookin At Luckyと接戦の末2着。こちらも休み明けを叩いての2走目となる。一方、G1ホープフルS勝ち馬Dublinは今年3走目。前走のレベルSではNoble's Promiseに後れ3着、やや早く動き過ぎた。Lukas師は、プレップを使う毎に良くなってくればよい、という構えだ。
Lukas厩舎のもう1頭、Northern GiantはG3リズンスターS3着、前走のG2レーンズエンドS2着と重賞で続けて好走。オークローンは未勝利戦を勝ち上がった時の舞台だ。Uh Oh Bangoは前走休み明けのレベルS4着。イロコイS、デルタジャックポットSと重賞で2着がある。前走フロリダダービー6着のPulsionは、G1ノーフォークS2着もある。これまで幼さが災いしてきたところが多分にあるが、Biacone師は成長を感じている。
[2]. アーカンソーダービー結果
|| mazuda 10/04/14(水)23:31 [ 返信 ]
1Line of David J.K. Court 1181:49.37
2Super Saver C.H. Borel 122Neck
3DublinT.J. Thompson 122Neck
4Uh Oh Bango S.X. Bridgmohan 1221 3/4
5Noble's PromiseR.J. Albarado 1222
6New Madrid A. Castellano Jr.1185 1/2
7BerberisA.T. Gryder 1183/4
8PulsionC.S. Nakatani 1182 1/2
9Northern Giant V. Espinoza 1181 1/2
Times: :22.65, :46.26, 1:10.75, 1:36.52, 1:49.37

Super Saverが好スタートを切るが、外からLine of Davidが飛ばしてゆく。Dublinは3番手に付け、Northern Giantも好位、Noble's Promiseは中団から。
Line of DavidはSuper Saverに2馬身半のリードをとる。その後も縦長となり馬順も入れ替わる。Line of Davidがリードのまま勝負所へ。Super Saverが2番手は変わらず、外からDublin、その後ろにNoble's Promiseと有力所が前へ迫ってくる。Super SaverがLine of Davidのすぐ外まで上がるが、Line of Davidがコーナーを上手く回って出口で突き放し粘る。
Super SaverとLine of Davidが競ってLine of Davidを追い、直線は3頭の勝負へと持ち込まれる。Noble's Promiseはこれを追い切れず、替わって上がってきたUh Oh Bangoも前には届かない。3頭が馬体を並べたラスト1Fの追い比べは、Line of Davidが最後まで外の2頭を抑え切り、首差で1着。2着Super Saver、3着Dublin

Line of Davidは初ダートをものともせず、3連勝で重賞初勝利。ブリンカーを付けてから急上昇し、KYダービーへの切符を手にした。


1253. 2010/04/10 ブルーグラスS (米G1 AW9F 3歳 キーンランド) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/04/09(金)00:24 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Odysseus(KY)R. Maragh 3Colt123
2First Dude(FL) R.A. Dominguez 3Colt123
3Stately Victor(KY) A. Garcia 3Colt123
4Make Music for Me(KY)M.E. Smith 3Colt123
5Codoy(KY)J.R. Velazquez 3Colt123
6Pleasant Prince(FL) J.R. Leparoux 3Colt123
7Paddy O'Prado(KY) K.J. Desormeaux3Colt123
8Aikenite(FL)G.K. Gomez 3Colt123
9Interactif(KY)R. Bejarano 3Colt123

ポリトラックで施行されるようになってから一層本番を展望しづらくなったブルーグラスSは、混戦模様。
その中で、中心となりそうなのは前走G1フロリダダービー2着のPleasant PrinceとG3タンパベイダービー勝ちのOdysseus。Pleasant Princeはフロリダダービーで追い込んできた。後方有利の流れだっただけにどこまで評価して良いのかは微妙なところ。今回は前が速くなりそうにないのも心配だ。キーンランドは未勝利で1戦して3着。Odysseusは2走前の一般戦では2着を15馬身離す圧勝をみせ、現在3連勝中。3戦いずれも番手の競馬だが、ここは行こうとする馬が居なければハナを切るか。オールウェザーは未経験。
Interactifは芝の重賞勝ち馬で、初のオールウェザーとなった前走G2サンフェリペSで2着。相手が先週サンタアニタダービーを圧勝したSidney's Candyであり、ここでも見劣りしない。同じPletcher厩舎のAikeniteは年明け2戦良い所が無いが、キーンランドのG1ブリーダーズフューチュリティでは2着に来ている。芝のパサデナSで初勝利をあげたMake Music for Meは、G1デルマーフューチュリティでLookin At Luckyの2着、G1ハリウッドフューチュリティでもLookin At Lucky、Noble's Promiseに次ぐ3着と経験豊富。
フロリダダービー5着のFirst Dudeは、それまで4戦は連対を外していなかった。キーンランドではデビュー戦2着という結果がある。この馬も前目で競馬するので、共に内に入った隣のOdysseusとの兼ね合いが展開上気になるところ。Paddy O'Pradoは前走芝のG3パームビーチSで初勝利。そのレースでは番手の競馬と脚質転換に成功、ここでもハナへ行く候補の1頭だろう。
10/04/11(日)01:04 編集
[1]. ブルーグラスS結果
|| mazuda 10/04/14(水)23:30 [ 返信 ]
1Stately Victor A. Garcia 1231:48.69
2Paddy O'Prado K.J. Desormeaux1234 1/4
3First Dude R.A. Dominguez 1231
4InteractifR. Bejarano 1231 1/2
5CodoyJ.R. Velazquez 1231
6Make Music for MeM.E. Smith 123Neck
7Pleasant Prince J.R. Leparoux 1231 1/4
8AikeniteG.K. Gomez 1233 1/4
9OdysseusR. Maragh 123Neck
Times: :23.89, :47.96, 1:12.33, 1:36.63, 1:48.69

Paddy O'Pradoが好スタートを切るが、内からOdysseusがこれを制してハナ。3番手はAikeniteとFirst Dudeが並び、この4頭が先団。Interactifがやや離れた5番手に居て、その後ろにMake Music for Me、Pleasant Princeは後方から2番手を追走する。
向正面に入り流れが落ち着くと一旦馬群が縮まるが、徐々に4番手と5番手の間が空いて、また縦長になってくる。3コーナーに差し掛かるとPaddy O'Pradoが外からOdysseusに並び、直ぐに先頭へと変わる。後方の馬達も接近してくるが、その中で1頭Stately Victorが勢い良く上がってゆき、直線入り口では4番手へ。
先頭のPaddy O'Pradoは2番手以下を突き放し、3馬身のリードをとるが、残り1Fの手前からStately Victorが迫ってくる。Stately Victorは一気にPaddy O'Pradoをとらえると、4 1/4馬身までリードを広げて1着。2着にPaddy O'Pradoが残り、3着にはFirst Dude。

Stately Victorはこれで8戦2勝。単勝人気は9頭中最低で、オッズ41.1倍は同レース史上最大であった。


1252. 2010/04/09 アップルブラッサム招待H (米G1 ダート9F 4歳上牝 オークローン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/04/08(木)00:38 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Be Fair(FL) C.H. Borel 4Filly120
2Taptam(TX)M.C. Berry 5Mare117
3War Echo(KY) S.X. Bridgmohan4Filly120
4Zenyatta(KY)M.E. Smith 6Mare123
5Just Jenda(KY)T.J. Thompson 4Filly120
[1]. アップルブラッサム招待H
|| mazuda 10/04/09(金)00:23 [ 返信 ]
Rachel Alexandraとの世紀の対戦は実現しなったが、Zenyattaはホットスプリングスへやって来た。ここでCitationCigarと並ぶ16連勝に挑む。今年初戦のサンタマルガリータ招待で力の違いを見せ付けてから中3週、状態に不満は無い。西海岸を出るのは2年ぶり2度目のことで、ダートも久々だが、輸送も入厩も万全の態勢がしかれており、一昨年のこのレースを圧勝、事前にダートで調教も積んでいることから、不安は見当たらない。
とはいえ、相手も顔を合わせたことが無い馬達、勝負付けということで言えば済んでいない。Just JendaはここオークローンのG3ハニービーS勝ち馬。他にG3モンマスオークスを圧勝している。前哨戦のG3アゼリSは4着だが、休み明けを叩いて上積みが見込める。Be FairはG3レイクジョージ圧勝がある。前走はオークローンで一般戦を逃げ切った。深いブリンカーを付けて前に行くので、ゲートで目隠しをしたらZenyattaを見なくて済む、とLukas師。War EchoとTaptamはアゼリSの5着、9着馬。War EchoはG3シルヴァーブレットデイSの勝ち馬、Taptamは3走前にピピンSを勝っていて、共にその時はBe Fairを降した。
[2]. アップルブラッサム招待H結果
|| mazuda 10/04/11(日)01:05 [ 返信 ]
1ZenyattaM.E. Smith 1231:50.71
2TaptamM.C. Berry 1174 1/4
3Be Fair C.H. Borel 1201 1/2
4Just JendaT.J. Thompson 1201/2
5War Echo S.X. Bridgmohan1202 1/4
Times: :24.07, :48.19, 1:12.68, 1:37.59, 1:50.71

Be Fairがまず行き、Taptamが2番手で続く予想通りの展開。War Echo、Just Jendaと続き、二の脚が遅いZenyattaは今日も最後方から。
逃げるBe FairにTaptamがピタリと付き、その後ろのWar EchoとJust Jendaも2馬身差で続く。Zenyatta一頭が4番手から4馬身離れた所をゆったり追走。一旦は更に離されかけるが、中盤からは徐々に差を詰めてゆき、3コーナーで前を射程にとらえる。Smithが気合いを付けるとスピードに乗ってきたZenyattaは大外からあっさり前を行く馬達を飲み込んでゆく。
直線を向いて残り300で早くも先頭に立ったZenyattaは、Smithが1、2度手綱をしごいただけで他馬を軽く突き放し、後は流して4 1/4馬身差で快勝。2着にTaptam、3着Be Fair

Zenyattaは無傷の連勝を16に伸ばし、また一つ歴史に名を刻んだ。この後は一旦ハリウッドへ戻り、次走が検討される。


1251. 2010/04/09 メイカーズマークマイルS (米G1 芝8F 4歳上 キーンランド) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/04/08(木)00:37 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Pictual(KY)D. Mernagh 6Horse117
2Society's Chairman(ON)J. Lezcano 7Horse119
3Cherokee Artist(KY) J. Rose 5Horse117
4Wesley(KY)J.J. Castellano5Horse119
5Karelian(KY)J.R. Leparoux 8Gelding117
6Court Vision(KY) R.J. Albarado 5Horse121
7Passager(FR)C.S. Nakatani 7Gelding117
8Rough Victory(KY) K.J. Desormeaux5Horse117
[1]. メイカーズマークマイルS
|| mazuda 10/04/09(金)00:23 [ 返信 ]
Court Visionが4つめのG1タイトルを狙う。前走は繰り上がりながらG1ガルフストリームパークターフHに勝利。前脚に傷を負った為それから間隔が空いたが、調教では良く動いている。昨秋にG1ターフマイルSを勝った舞台というのも好材料。
そのターフマイルS2着で、前走のタンパベイSでGio Pontiを破ってきたKarelianが相手か。昨年はG3リヴァーシティH8着と後味の悪い終わり方で、敗因がわからないというが、前走を見る限り立ち直ったとみて良さそう。
続くのは、Attfield厩舎の2頭。Passagerは昨年のこのレース2着馬、ということで条件は合っているが、今回は9ヶ月の休み明けというところが割引か。Society's Chairmanは前走G3アップルトンを勝ってきた。スローのレースを最後方から差し切り、着差以上に強い内容。
Cherokee Artistはオールウェザーを主に走っているが、前走G3カナディアンターフHで2着。BCマイル2着のCourageous Catから頭差の競馬はなかなか。WesleyはG3マイアミマイルHの勝ち馬で、前走はガルフストリームの一般戦を2 1/2馬身差で勝ってきた。
[2]. メイカーズマークマイルS結果
|| mazuda 10/04/11(日)01:04 [ 返信 ]
1KarelianJ.R. Leparoux 1171:34.33
2Court Vision R.J. Albarado 1211 1/4
3Society's ChairmanJ. Lezcano 1171 1/2
4WesleyJ.J. Castellano1191 1/2
5PassagerC.S. Nakatani 1171 1/4
6Rogue Victory K.J. Desormeaux1173/4
7Cherokee Artist J. Rose 1176 3/4
8PictualM. Mena 11711 1/4
Times: :24.20, :47.23, 1:10.91, 1:22.44, 1:34.33

内からまずPictualが飛び出し、Karelianも前へ。Cherokee Artist、Passagerが好位で続き、Court Visionは丁度中団。Wesley、Society's Chairmanはその後ろを追走する。
Pictualは単騎逃げで、2番手も単独でKarelian。ゆったりしたペースながら、向正面では一旦馬群が縦に伸びる。動きがあったのは中間過ぎから。Cherokee Artistが内から2番手に並び、ここから後続も前と差を詰め馬群が縮まってくる。3コーナーに差し掛かるとKarelianが外から動いてPictualをかわし、今度は先頭に。後続ではCourt Visionが外を回って4コーナーで2番手に並ぶ。
直線でKarelianが抜け出し、Court Visionが追いかける。一旦Court VisionがKarelianに迫るが、Karelianも余力あり。残り100でもう一度引き離すと、Court Visionはそれ以上詰め寄ることができず1 1/4馬身のリードを守ってKarelianが1着。3着には外から差してきたSociety's Chairmanが入った。

Karelianはこれで21戦10勝、G1初勝利。Court Visionに昨秋のターフマイルS鼻差負けの借りを返した。


1250. 2010/04/08 マディソンS (米G1 AW7F 4歳上牝 キーンランド) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/04/08(木)00:36 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Starlarks(IRE)A. Solis 4Filly117
2Dubai Majesty(FL) H.J. Theriot II5Mare117
3Direct Line(KY) G.K. Gomez 4Filly117
4Dr. Zic(KY) K.J. Desormeaux4Filly117
5Witty(KY)V. Espinoza 4Filly117
6Informed Decision(KY)J.R. Leparoux 5Mare123

短距離女王Informed Decisionがここで復帰、連覇を狙う。キーンランドは4戦4勝と得意、昨年のこのレースでもVenturaを降した。直前の調教は軽めだったが、ここまでに強い追い切りも2本こなしており、Sheppard師は状態にかなりの好感触を得ている。
Informed Decisionが頭一つ抜けているが、対抗馬として挙げるならまずWittyか。デビューからここまで4戦4勝、昨春にG3レイルバードSを勝ち、それ以来の前走一般戦も快勝してきた。Starlarksは芝のG2サンクレメントH勝ちがある馬で、キャリアの殆どは芝で積んできたが、オールウェザーは過去2戦して1勝2着1回、G1ラブレアSで2着に来ている。Dubai Majestyは経験豊富なスプリンター、大部分はダートだが、今年サンタアニタのサンシャインミリオンズフィリー&メアスプリントで2着だった。
[1]. マディソンS結果
|| mazuda 10/04/10(土)00:41 [ 返信 ]
1Dr. Zic K.J. Desormeaux1171:21.32
2Dubai Majesty H.J. Theriot II1172 1/2
3Informed DecisionJ.R. Leparoux 1231
4WittyV. Espinoza 1171/2
5StarlarksA. Solis 1175 1/2
6Direct Line G.K. Gomez 11712 1/4
Times: :22.97, :46.01, 1:09.48, 1:21.32

Dr. Zicが好スタート、Wittyも前に行くがDr. Zicがハナ。Informed Decisionは3番手の外、4番手の内にDubai Majestyで、Direct Line、出負けしたStarlarksと続く。
途中からDr. Zicは2馬身近いリードをとって単騎逃げ。絡まれることなく良いペースで進んでゆく。2番手以降は切れ目無く続き、前から後ろまでは5馬身少々。大きな動きも無いまま勝負所へ。スパートのタイミングを計るDr. Zicが一旦後続を引き付ける格好になるが、4コーナーで先に手が動き出したのはInformed Decisionの方。
直線を向くとDr. Zicが2番手以下を突き放す。Witty、内をすくったDubai Majesty、外のInformed Decisionが追いかけるが、差は広がる。そのまま最後は手綱を緩める余裕をみせてDr. Zicが鮮やかに逃げ切った。2 1/2馬身差の2着にはDubai Majestyが入り、3着Informed Decision

Dr. Zicは9戦5勝で重賞初制覇。管理するScott師もG1初勝利となった。Desormeaux曰く、落ち着いていて力を出し切れた、のが勝因のようだ。


1249. 2010/04/03 サンタアニタダービー (米G1 AW9F 3歳 サンタアニタ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 10/04/02(金)00:34 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Posse Power(KY) L.A. Mawing 3Colt122
2Thomas Baines(KY) J. Rosario 3Gelding122
3Who's Up(FL) V. Espinoza 3Colt122
4Sidney's Candy(KY) J. Talamo 3Colt122
5Setsuko(KY)R. Bejarano 3Colt122
6Carcortado(CA)P. Atkinson 3Gelding122
7Lookin At Lucky(KY)G.K. Gomez 3Colt122
8Cardiff Giant(KY) R.C. Santiago3Gelding122
9Skipshot(KY)F.T. Alvarado3Colt122
10Alphie's Bet(CA) A. Solis 3Colt122
[1]. サンタアニタダービー
|| mazuda 10/04/03(土)00:12 [ 返信 ]
2歳王者Lookin At Luckyは、前走G2レベルSも勝利し、KYダービー戦線をリードする1頭。賞金を充分持っている為、ここは最終調整の場と位置付けられるが、能力の高さは疑いが無く、中心的存在なのは確かだ。
相手はまずサンヴィセンテ、サンフェリペとG2を連勝中のSidney's Candy。前走が初の2ターンで、ここ2戦は逃げ切りとスピードが勝ったタイプ、距離延長が課題となりそうだが、Sadler師は問題無いとみている。サンフェリペでデビュー以来の連勝が止まったCarcortadoはKYダービー出走へ向け、2着には入りたいところ。前走は逃げたSidney's Candyが止まらない展開だったが、今度は自ら動いてもそうさせない構えだ。
Alphie's Betは同コースのG3シャムSを快勝、未勝利からの3連勝を狙う。差し馬なのでレースの流れが鍵になる。KYダービーへはやはり2着以上が欲しい。シャムS2着のSetsukoはデビュー2戦目から6戦続けて入着、順調に成長しているとMandella師。Cardiff Giantは前走のレベルSでは5着だったが、サンタアニタではG3サンラファエルSも含め2着を外していない。
[2]. サンタアニタダービー結果
|| mazuda 10/04/06(火)00:39 [ 返信 ]
1Sidney's Candy J. Talamo 1221:48.00
2SetsukoR. Bejarano 1224 1/2
3Lookin At Lucky G.K. Gomez 1221 1/2
4CarcortadoP. Atkinson 1221 1/4
5SkipshotF.T. Alvarado1221/2
6Alphie's Bet A. Solis 1221/2
7Thomas Baines J. Rosario 1221
8Posse Power L.A. Mawing 1221/2
9Who's Up V. Espinoza 1225 1/4
10Cardiff Giant R.C. Santiago122Neck
Times: :24.00, :48.50, 1:12.33, 1:35.55, 1:48.00

スタートを挽回したSidney's Candyがそのままスンナリとハナをとる。Cardiff Giantが追ってゆき、Who's Upも続いて、その後ろにCarcortado、Lookin At Lucky、Skipshotらが続いて、その後Alphie's Bet。
コーナーを回ってSidney's Candyが先頭でWho's Up2番手、その後ろに集団が出来る。中盤を過ぎると、後続馬が前に接近し馬群が更に詰まる。その中で、Carcortadoは後退、Cardiff Giantも脱落し、Alphie's Betが外から上がってくる。逃げるSidney's CandyをSkipshot、Alphie's Betが追うが、残り2FでSidney's Candyが後続を突き放し、直線を向いたところで3馬身リードをとる。
後続は横に広がって一団となって追うが、Sidney's Candyはグングンリードを広げ、1Fを残して勝負あり。大外から伸びたSetsuko、内から盛り返したLookin At Luckyを後目に、4 1/2馬身差を付けてSidney's Candyが逃げ切った。

Sidney's Candyは重賞3連勝。前走よりも強くなっている、とSadler師もご満悦。一方、Lookin At LuckyとCarcortadoはWho's Upの挙動によって位置取りを悪くしており、すっきりしない幕切れだった。


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: