JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

1430. 2011/09/03 フォアゴーS (米G1 ダート7F 3歳上 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/09/02(金)02:50 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Jackson Bend(FL) C.S. Nakatani 4Colt124
2Sidney's Candy(KY) J.R. Velazquez 4Colt124
3Golddigger's Boy(PA)S. Elliott 4Colt124
4Jersey Town(KY) C. Velasquez 5Horse124
5Hamazing Destiny(KY)R.J. Albarado 5Horse124
6Escrow Kid(FL) O. Castillo 4Gelding124
7Aikenite(FL)J.J. Castellano4Colt124
8Regal Ransom(KY) R.A. Dominguez 5Horse124
9Rule by Night(KY) D. Cohen 4Colt124
[1]. フォアゴーS
|| mazuda 11/09/03(土)02:29 [ 返信 ]
純粋なスプリント路線のトップホースが少ない一方、別路線からの乗り入れがあって、読みづらいレース。
6頭程が横並びの評価をされているが、先ず注目はJackson BendとSidney's Candyか。Jackson BendはG1ウッドメモリアルS2着、G1プリークネスS3着があり、2ターンを主に使われてきた。上位馬がここでも顔を揃える前走のジェイムズマーヴィンSで久々にこの距離を走ったが完勝。中間も良く動いている。Sidney's Candyは元々合成馬場で活躍し、ここ暫くは芝を使われ前走もG2フォースターデイヴHを勝った。しかしダートも、KYダービーでこそ惨敗したがこなしている。問題はそれよりも距離と枠順か。マイルは大丈夫だが、7Fとなると話は少し違う。また、キャリアの殆どを逃げで走っている同馬には、内枠をどう捌くかも悩みどころ。Sidney's Candyと同厩のAikeniteはG2チャーチルダウンズSを勝っているように、この条件向きの馬。ただ、ジェイムズマーヴィンSでは5着に終わっている。陣営は前を深追いしたのが敗因とみており、今度はしっかり溜める競馬をしたい。BCスプリント2着があるHamazing Destinyは、ジェイムズマーヴィンSでも2着に来た。前走はG1アフルレド・G・ヴァンダービルトHで6着だったが、6Fで前が押し切るペースは合わないか。今回は条件好転と思われる。Jersey TownはG1シガーマイルHの勝ち馬。マイルが得意だがスプリント戦でも勝っている。前走はテディドローンS2着、勝ち馬には離されたがかなりの高速決着で休み明けでは辛かった。一叩きしてどこまで上げてこられるか。Regal Ransomはダービー戦線を志向していた馬で、短距離の経験は少ない。しかしこの春にはサーシャックルトンHでCapt. Candyman Canと僅差の2着となっていて、合わないわけではなさそう。サラトガは2戦2勝。
Golddigger's Boyはレベルの高い地区ではないとはいえ、3ステークスを含む5連勝中と好調。Escrow KidはジェイムズマーヴィンSでハナを切って3着に来ており、今回も展開の鍵を握る。
11/09/03(土)02:30 編集
[2]. フォアゴーS結果
|| mazuda 11/09/06(火)00:29 [ 返信 ]
1Jackson Bend C.S. Nakatani 1241:22.08
2Jersey Town C. Velasquez 1243 1/4
3AikeniteJ.J. Castellano124Head
4Hamazing DestinyR.J. Albarado 1241
5Golddigger's BoyS. Elliott 1241/2
6Escrow Kid O.O. Castillo 1245
7Regal Ransom R.A. Dominguez 1241
8Sidney's Candy J.R. Velazquez 1243 1/4
9Rule by Night D. Cohen 1244 1/2
Times: :22.09, :44.45, 1:09.20, 1:22.08

揃ったスタートから、Escrow Kid、Hamazing Destinyが出てゆく。Sidney's Candy、Jersey Townも続き、Sidney's Candyは内から2番手に上がってHamazing Destinyに競ってゆく。Regal Ransomが5番手、Jackson Bendは内の7番手、その後Golddigger's Boy、最後方にAikenite。
前が競ったせいかペースは速め。Sidney's Candyが内からやや前に出てコーナーを回る。Escrow Kidが外の3番手で前に接近、Jackson Bendがスーっと先行集団の直後に上がってくる。
直線を向いて再びHamazing Destinyが先頭。Sidney's CandyとEscrow Kidはこれに対抗出来ず、替わってやって来たのがJackson Bend。上手く内へ回って空いたところを抜け、外から脚を伸ばすJersey Townに先んじてHamazing Destinyをとらえて先頭に立つ。大外からAikeniteも差してくるが、一気にリードを広げたJackson Bendがそのまま3 1/4馬身差で1着。2着はJersey Townが残り、3着がAikenite。

Jackson BendはG1初制覇。ハードトレーニングに耐え、故障で看板馬を失い不振をかこつ厩舎に光明をもたらした。


1429. 2011/08/28 パシフィッククラシックS (米G1 AW10F 3歳上 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/08/27(土)02:27 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Don Cavallo(KY) L. Contreras 4Colt124
2Jeranimo(FL)M.A. Pedroza 5Horse124
3Stately Victor(KY)M.E. Smith 4Colt124
4Tres Borrachos(KY)R. Bejarano 6Gelding124
5Acclamation(CA)P.A. Valenzuela5Horse124
6Setsuko(KY)V. Espinoza 4Colt124
7Great Warrior(BRZ)O.A. Berrio 3Colt118
8Bourbon Bay(KY) J. Talamo 5Gelding124
9Game On Dude(KY) C. Sutherland 4Gelding124
10Twirling Candy(KY)J. Rosario 4Colt124
11Quindici Man(KY) M. Garcia 5Horse124
[1]. パシフィッククラシックS
|| mazuda 11/08/29(月)02:24 [ 返信 ]
こちらはG1ハリウッドゴールドCの2、3着馬が軸。G1マリブSなど重賞4勝をあげるTwirling CandyはハリウッドゴールドCでも1番人気に推された。結果は3着だが、重いハンデを背負って差は僅かに首。逆転の目は充分ある。この距離では2戦2敗だが、前走の走りからすると戦えそう。Game On DudeはG1サンタアニタHの勝ち馬。その後は勝っていないが、崩れることも無く、前走はFirst Dudeと鼻差。距離は大丈夫だし、合成馬場にも目処が立った。
Tres Borrachosは2年前のハリウッドゴールドCで2着に来た馬。その後はイマイチな競馬が続いていたが、前哨戦のG2サンディエゴHに勝利、控える競馬も板に付いてきた。芝でG1連勝中、西海岸で並ぶ者が無くなったAcclamationがメイントラックに挑戦。ダートでは散々だったが合成馬場ではどうか。距離は合っている。Don Cavalloは前走G3ドミニオンデイSを勝ってきた。米の主場に比べれば相手関係は楽だが内容は完勝。合成馬場は4戦3勝2着1回と好成績だ。Setsukoは1勝馬だが、サンタアニタHでGame On Dudeの2着、G2カリフォルニアンHでTwirling Candyの2着があり、相手なりに上位争いが出来る。Jeranimoは前走のG1エディリードSでAcclamationの2着。ここ7戦は芝だが、かつてはG2ストラブSを勝つなど、合成馬場でも実績がある。
[2]. パシフィッククラシックS結果
|| mazuda 11/08/30(火)01:47 [ 返信 ]
1AcclamationP.A. Valenzuela1242:00.61
2Twirling CandyJ. Rosario 124Head
3Stately VictorM.E. Smith 1244
4Game On Dude C. Sutherland 124Nose
5Quindici Man M. Garcia 1244 3/4
6Tres BorrachosR. Bejarano 1241/2
7Don Cavallo L. Contreras 124Nose
8JeranimoM.A. Pedroza 1241/2
9SetsukoV. Espinoza 124Head
Times: :24.57, :48.65, 1:12.88, 1:36.61, 2:00.61
Scratched: Great Warrior, Bourbon Bay

好スタートはJeranimo、そしてAcclamationとTres Borrachos。ハナを切ったのはAcclamation。外からGame On Dudeが2番手に上がり、Twirling Candyが好位で続く。Jeranimoは内を下げてゆき、外からSetsuko、Tres Borrachosが中団を進む。
アッサリと先頭に立ったAcclamationがスローで引っ張る。2番手Game On Dudeの後は2馬身程空いて馬群を形成。前から後ろまでは10馬身程の隊列になる。馬群は徐々に詰まってゆき、更に3コーナーへ向けてGame On Dudeとの差を詰める。残り4FではQuindici Manを除く8頭が一かたまりとなってくる。しかし3コーナーに入ると前2頭は加速、Twirling Candyだけがそれにピタリと付いてゆき、その後は離れる。
直線を向いてAcclamationがまだ粘る。Game On DudeはTwirling Candyにかわされ3番手に後退、そしてTwirling CandyはジワジワAcclamationとの差を縮めてゆく。しかし、Acclamationの脚色は衰えない。Twirling Candyが馬体を並べ、頭差まで迫ったところでゴール板。結局Acclamationが逃げ切った。2着Twirling Candy、3着は最後にStately Victorが突っ込んでGame On Dudeを退けた。

AcclamationはレコードタイムでG1連勝、芝だけでなく合成馬場でも西海岸のトップにあることをみせた。


1428. 2011/08/28 パットオブライエンS (米G1 AW7F 3歳上 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/08/27(土)02:27 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Don Tito(FL) A. Quinonez4Colt119
2Caracortado(CA)V. Espinoza4Gelding119
3Camp Victory(VA) J. Talamo 4Gelding119
4The Factor(KY) M. Garcia 3Colt120
5Smiling Tiger(KY) J. Rosario 4Colt123
6Crown of Thorns(FL)G.K. Gomez 6Horse121
[1]. パットオブライエンS
|| mazuda 11/08/29(月)02:23 [ 返信 ]
The FactorSmiling Tigerの対決が軸。3歳のThe FactorはG1アーカンソーダービー7着以来4ヶ月半ぶり。だが調教はしっかり積んでおり、最近の追い切りでも好時計をマーク。ここ2戦は2ターン戦だったが、未勝利勝ちの内容が優秀で、同距離のG2サンヴィセンテSも勝っている。後は合成馬場がどうか。実績的には最右翼と言えるSmiling Tiger、しかしゲートがあまり良くないせいもあってか取りこぼしも多い。前走のG1ビングクロスビーSもそれで2着だった。しかし良いところまでは来ているし、今なら7Fの方が期待出来そう。
もう1頭の実績馬がCrown of Thorns。BCスプリント2着があり、昨年のこのレースではSmiling Tigerに大きく先着した。ただ、最近は2ターン戦にシフトしており、ペースに対応出来るか。Camp Victoryは5戦連続連対中、ここ3戦は全て重賞で2着。G1トリプルベンドHでも離されたとはいえSmiling Tigerの2着に来た。
なお、Caracortadoは土曜のデルマーマイルHに回った。
[2]. パットオブライエンS結果
|| mazuda 11/08/30(火)01:47 [ 返信 ]
1The Factor M. Garcia 1201:21.56
2Camp Victory J. Talamo 1191 3/4
3Crown of ThornsG.K. Gomez 1211/2
4Smiling Tiger J. Rosario 123Head
5Don Tito A. Quinonez1198 1/4
Times: :22.41, :44.28, 1:08.60, 1:21.56
Scratched: Caracortado

Smiling Tigerが好ダッシュを利かせハナへ。The Factorがそれに続く。やや離れて後ろ3頭、Crown of Thornsが出たなりで3番手の外、Camp Victoryは僅かに最後方。
中盤にかかった辺りでThe Factorが内からSmiling Tigerに並ぶ。Smiling Tigerは別段ハナを主張せず、頭差程後を付いてゆく。コーナーで再びSmiling Tigerが並ぶようにして回ってゆき直線へ。
4コーナーを綺麗に回ったThe Factorが直線を向いたところでSmiling Tigerとの差を広げる。Smiling Tigerが立て直して追うが、その差はジリジリ広がる。そこへ後ろからCrown of ThornsとCamp Victoryが追ってきてSmiling Tigerに迫るが、The Factorはまだリードに余裕を持っている。結局そのままThe FactorがCamp Victoryらの追撃を1 3/4馬身差かわし、押し切った。

The Factorはこれで6戦4勝、G1初勝利。途中でSmiling Tigerに後ろに張り付かれる嫌な展開となったが、動じずに最善手を打てたのが良かった。


1427. 2011/08/28 パーソナルエンスンS (米G1 ダート10F 3歳上牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/08/27(土)02:26 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Super Espresso(KY)R.A. Dominguez 4Filly116
2Tiz Miz Sue(KY) J. Rocco Jr. 4Filly116
3Ask the Moon(MD) J.J. Castellano6Mare120
4Pachattack(KY)J. Alvarado 5Mare116
5Acronym(KY)J. Lezcano 5Mare116
6Protesting(KY)J.R. Velazquez 4Filly116
[1]. パーソナルエンスンS
|| mazuda 11/08/29(月)02:23 [ 返信 ]
ハリケーンアイリーンの影響で開催が中止。水曜に再度出馬投票を行い、来週の土曜、9/3に実施する。
[2]. パーソナルエンスンS
|| mazuda 11/09/02(金)02:49 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Acronym(KY)J. Lezcano 5Mare116
2Ask the Moon(MD) J.J. Castellano6Mare120
3Pachattack(KY)J. Alvarado 5Mare116
4Protesting(KY)J.R. Velazquez 4Filly116
5Super Espresso(KY)R.A. Dominguez 4Filly116
6Tiz Miz Sue(KY) J. Rocco Jr. 4Filly116
[3]. パーソナルエンスンS
|| mazuda 11/09/03(土)02:32 [ 返信 ]
G1ラフィアン招待Hの上位3頭がそっくり登場、主力を形成する。
ラフィアンを5 3/4馬身差で逃げ切ったAsk the Moonが今度は人気か。前走では最後後続を突き放した。それ以前が大したことは無かったといっても、前走の走りを再現されたらつかまえるのは大変。ただ、距離延長には不安がある。2着だったSuper Espressoは、G3オーレールデュポンHを勝った後G1で続けて入着。そして、こちらは距離延長にも対応出来そうで、斤量も含め条件は好転する。Tiz Miz SueはSuper Espressoとは小差の3着だった。こちらも昨秋から崩れない競馬が続いている。
PachattackはG3アーリントンメイトロンHを圧勝しているが、ダートはこれが初めて。ただ、元が欧州馬で距離に対する経験は豊富だ。前走からの間隔が短かった為、1週延期で恩恵がありそうなのもこの馬。Protestingは前走の一般戦を5 3/4馬身差で圧勝してきた。Acronymは前走のマダムジャメルSで2着、サラトガでは一般戦でLife At Tenに圧勝した例もある。
[4]. パーソナルエンスンS結果
|| mazuda 11/09/06(火)00:28 [ 返信 ]
1Ask the Moon J.J. Castellano1202:04.21
2PachattackR. Maragh 1162 3/4
3Tiz Miz Sue J.S. Rocco Jr. 116Head
4ProtestingJ.R. Velazquez 1163 3/4
5Super EspressoR.A. Dominguez 1161 1/2
6AcronymJ. Lezcano 1168 1/4
Times: :23.43, :47,37, 1:11.59, 1:36.93, 2:04.21

Acronymが好スタートを切るが、Ask the Moonがやはり行く。Pachattackが3番手で、以下Protesting、Tiz Miz Sue、Super Espressoの順。Super Espressoは1頭だいぶ離れている。
Ask the Moonは2馬身弱のリード、今日も競られることなく単騎で逃げる。但しペースは緩くない。中盤でPachattackが2番手に上がる。4番手以下は離れて、ProtestingにTiz Miz Sueが並んでゆく。Acronymも後退し、Super Espressoは漸く前に接近してくる。Pachattack1頭がAsk the Moonに迫ってゆくが、1馬身まで迫ったところでAsk the Moonが逃げ込みを狙って突き放す。逆にPachattackにTiz Miz Sueが迫って直線へ。
Ask the Moonはまだリードを保っている。PachattackとTiz Miz Sueが併せ馬で追ってくるが、差が詰まらない。Ask the Moonは大きく外にヨレるが、後続も脚が上がってしまい、そのままAsk the Moonの逃げ切りが決まった。2 3/4馬身差の2着にPachattack、3着がTiz Miz Sue。

Ask the MoonはG1連勝。今度は人気で前走の再現をやってのけ、力を付けたことを示した。


1426. 2011/08/27 トラヴァースS (米G1 ダート10F 3歳 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/08/26(金)01:31 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Bowman's Causeway(ON) R.A. Dominguez 3Colt126
2Rattlesnake Bridge(KY)J.R. Velazquez 3Colt126
3Moonshine Mullin(KY) E. Wilson 3Colt126
4Ruler On Ice(KY) J. Valdivia Jr.3Gelding126
5Malibu Glow(KY) R. Maragh 3Colt126
6Raison d'Etat(KY) E. Castro 3Colt126
7Coil(FL)M. Garcia 3Colt126
8J W Blue(KY) C. Velasquez 3Colt126
9Stay Thirsty(KY) J.J. Castellano3Colt126
10Shackleford(KY)J.L. Castanon 3Colt126
[1]. トラヴァースS
|| mazuda 11/08/30(火)01:44 [ 返信 ]
未だ抜けた馬が居ない3歳牡・セン馬路線、ここも3頭のG1馬が凌ぎを削る。
しかし、それを差し置き人気を集めそうなのはStay Thirsty。3歳で力を付け、G1ベルモントSで2着となると、前哨戦のG2ジムダンディSを圧勝、高い評価を得た。その成長ぶりにはPletcher師も目を見張る。距離も問題無いし、サラトガも得意だ。勿論実績馬も黙ってはいない。G1ハスケル招待Sを勝ったCoilは初ダート、初の東海岸で見事な競馬をみせた。前走は追い込んだが、本来はもっと自在に競馬が出来る。同じBaffert師の下でハスケル、トラヴァースを連勝した父に倣えるか。ハスケルで首差の2着に敗れたプリークネスS勝ち馬Shacklefordは実績1番。前走も斤量差を考えればCoilと互角以上と言える。持ち前の先行力を活かしたい。ベルモントS勝ち馬Ruler On Iceはハスケル3着、長距離で台頭しただけの馬ではないところをみせた。その前走も、ほぼ直線だけしか競馬をしておらず、今度は多少強引なレースをしても勝ちにゆく。
Rattlesnake Bridgeは前走のロングブランチSで2勝目をあげた後ここに備えた。年明けデビューで、2戦目のタイムリーライターSでUncle Moの2着になったこともある。超良血のRaison d'Etatは未勝利戦圧勝後の前走カーリンSで2着、但しスローペースで逃げ馬の術中に嵌ってしまったもので、後ろには差を付けている。Bowman's Causewayは前走の加プリンスオヴウェールズSで鼻差の2着に来た。春は重賞で勝負にならなかったが、成長の跡がみえる。
[2]. トラヴァースS結果
|| mazuda 11/08/30(火)01:44 [ 返信 ]
1Stay Thirsty J.J. Castellano1262:03.03
2Rattlesnake BridgeJ.R. Velazquez 1261 1/4
3J W Blue C. Velasquez 1261 1/2
4Ruler On Ice J. Valdivia Jr.1261 1/4
5Malibu Glow R. Maragh 1262 3/4
6Moonshine Mullin E. Wilson 1261 3/4
7Bowman's Causeway R.A. Dominguez 1262
8ShacklefordJ.L. Castanon 12612
9Raison d'Etat E. Castro 1265 1/4
10CoilM. Garcia 12613 1/2
Times: :23.45, :47.63, 1:11.91, 1:36.74, 2:03.03

ほぼ揃ったスタート。Stay Thirsty、Ruler On Iceも出は良かったが、Shacklefordもハナへ行きたい。2頭は暫く並んでいたが、2コーナーでShacklefordが前へ。3番手にRuler On Ice、中団にBowman's Causeway、Rattlesnake Bridgeが居て、その後ろにRaison d'Etat、Coilが続く。
Shacklefordがリードをとる一方、Stay Thirstyは控えて内からRuler On Ice、外からMoonshine Mullinが来ると、その間へ下がる。後続ではRattlesnake Bridgeが徐々に進出、好位に接近し、隊列が前と後ろ2つに割れる。一旦引いたStay Thirstyだが、3コーナーが近付くとShacklefordを追ってゆく。Moonshine Mullinが続き、その後はRattlesnake Bridgeが上がってくる。Stay Thirstyは4コーナーでShakclefordをとらえ、先頭に変わる。Moonshine Mullin、Rattlesnake Bridgeが外から2番手に並び、後続からはJ W Blue、一旦置かれたものの内を回って食らい付いたRuler On Iceが追ってくる。
直線を向いてStay Thirstyが2馬身リード。Rattlesnake Bridgeが単独2番手に上がり、Stay Thirstyに挑むが、なかなか差が詰まらない。残り100で外へ流れた後、もう一度Rattlesnake BridgeがStay Thirstyに詰め寄るが、Stay Thirstyのリードは充分。そのまま1 1/4馬身差を保ってStay Thirstyが押し切った。2着Rattlesnake Bridge、3着は外を追い上げたJ W Blue。

Stay ThirstyはG1初制覇、この勝利で3歳チャンピオン争いに名乗りを上げた。
11/08/30(火)01:47 編集


1425. 2011/08/27 キングスビショップS (米G1 ダート7F 3歳 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/08/26(金)01:31 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Flashpoint(FL)C. Velasquez 3Colt121
2Caleb's Posse(KY) R. Maragh 3Colt121
3Runflatout(KY)R.J. Albarado 3Ridgling117
4Dominus(VA)J.R. Leparoux 3Ridgling121
5Poseidon's Warrior(MD)F. Pennington 3Colt119
6Justin Phillip(KY) R.A. Dominguez3Colt121
7Uncle Mo(KY) J.R. Velazquez3Colt121
8Cool Blue Red Hot(KY) M.R. Cruz 3Colt117
[1]. キングスビショップS
|| mazuda 11/08/30(火)01:43 [ 返信 ]
注目は何と言っても2歳王者Uncle Moの復帰。G1ウッドメモリアルSで初黒星を喫した後、肝胆管炎で3冠を棒に振り、実戦は5ヶ月ぶり。今はとにかく競馬に使うことが必要だ。先月に帰厩してからは充分な追い切りをこなし、態勢は出来ている。
Flashpointはデビュー2連勝でG2ハチスンSを圧勝し、期待を集めたが、ダービー戦線では結果が出ず。しかし、前走のG3ジャージーショアSで再び圧勝、1ターン戦は無敗で、全て2着に6馬身以上の差を付けている。Uncle Moがいようと本命になって良い馬だ、と陣営も息巻く。
人気の2頭が先行馬、とすると差し馬に展開が向く可能性も高い。そこを突いてくるのはCaleb's Posseか。G3オハイオダービーの勝ち馬だったが、前哨戦のG2アムステルダムSを好時計で完勝、7F以下無敗で、スプリント適性がありそうだ。DominusはG2ドワイヤーSの勝ち馬。前走はG2ジムダンディSでStay Thirstyに完敗、距離を縮めてきた。こちらも前が速くなった方がチャンスか。
Runflatoutは1勝馬だが、G3ラザロバレラ記念S、G3アファームドHで2着がある。Cool Blue Red Hotは2勝目をあげた後の前走ドワイヤーSでDominousの3着。Dominousの僚馬Justin Phillipは重賞で実績があり、メンバーは軽かったがG2ウッディスティーヴンスSを楽勝している。前走はアムステルダムS4着。Poseidon's Warriorは2連勝中、一般戦、イーストハノーヴァーSで2着を計16 1/4馬身千切っている。
[2]. キングスビショップS結果
|| mazuda 11/08/30(火)01:44 [ 返信 ]
1Caleb's Posse R. Maragh 1211:21.59
2Uncle Mo J.R. Velazquez121Nose
3Justin Phillip R.A. Dominguez1212 1/2
4DominusJ.R. Leparoux 1211
5FlashpointC. Velasquez 1214 1/2
6Poseidon's WarriorF. Pennington 1193 1/4
7RunflatoutR.J. Albarado 118Head
8Cool Blue Red Hot M.R. Cruz 1171
Times: :22.23, :44.92, 1:09.21, 1:21.59

Poseidon's Warriorが飛び出し、Flashointも前へ。Runflatoutも加わって3頭が一団、先行争いが激しくなる。4馬身程離れてDominus、Uncle Moが続く。Caleb's Posseは後方2番手から。
前3頭からPoseidon's Warriorが後退、一方Uncle Moは4番手に上がり、前との差を詰める。Caleb's Posseはポジションを下げ最後方から。前はFlashpointとRunflatoutが並び、Poseidon's Warriorも付いてゆく。3馬身差でUncle Moが居て、3コーナーを回った辺りで外を動き始める。それにつれて後続も前に接近してくる。
前3頭にUncle Moが並んで直線へ。コーナリングの差でFlashpointが一旦前に出るが、そこへUncle Moが迫る。内へ寄せつつFlashpointを抜き去りUncle Moが一気に2馬身リード。しかし、外から差し馬が追ってくる。Justin Phillipと、最後方から直線で外4頭分に持ち出し伸びてきたCaleb's PosseがUncle Moを追う。Uncle Moが粘り込みを図るが、Caleb's Posseが残り100でUncle Moを猛追、最後は馬体を並べ、体勢僅かにCaleb's Posse有利。勝負は写真判定となったが、やはりCaleb's Posseが鼻差差し切っていた。2着Uncle Mo、3着Justin Phillip。

Caleb's PosseはG1初勝利。前走でみせた末の威力を今回も如何なく発揮した。勿論BCを目標とするが、スプリントとマイルどちらにするかは思案中とのこと。人気のUncle Moは右後脚を落鉄していたとのこと。Pletcher師は、今回は結果にこだわっておらず、病から回復し良い走りをみせたことで満足している、と述べた。
11/08/30(火)01:45 編集


1424. 2011/08/27 バレリーナS (米G1 ダート7F 3歳上牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/08/26(金)01:30 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Hour Glass(KY) J.R. Velazquez 5Mare117
2Tamarind Hall(FL) D. Cohen 4Filly117
3Hilda's Passion(KY)J.J. Castellano4Filly122
4Bronx City Girl(KY)J.R. Leparoux 4Filly115
5Devil by Design(KY)C.S. Nakatani 5Mare117
6Tar Heel Mom(KY) A. Solis 6Mare119
7Sassy Image(KY) R.J. Albarado 4Filly122
[1]. バレリーナS
|| mazuda 11/08/27(土)02:05 [ 返信 ]
重賞3連勝中、2G1を制し牝馬スプリント路線のトップを走るSassy Imageが中心。前走のG1プリンセスルーニーHは大きく離れた最後方から差し切り、その決め手は非凡。調教での動きも良く、これを負かすのは大変だ。
相手はHilda's Passion。今年はG2ヴェイグランシーHなど重賞3勝、高いスピード能力を示し、サラトガでは1年前にベニントンSを8 3/4馬身差で圧勝している。前走のG3ベッドオロージズHは6着大敗で、これは当日の馬場が合わなかったと陣営はみているが、G1ヒュマナディスタフSではSassy Imageに敗れている。
Tar Heel Momは前哨戦のG2オナラブルミスHを5 3/4馬身差で圧勝、サラトガは4戦3勝と得意にしている。Hilda's Passionが敗れたベッドオロージズHを圧勝してきたのがTamarind Hall。それ以前は下級の一般戦とはいえ、ここ5戦で4勝、勢いがある。ただ、使い詰めのせいか前走後はガレて、回復に努めていた。
Devil by Designは昨年のこのレース4着。前走は休み明けのG3シカゴHを勝ってきているが、これは合成馬場のレース。ダートでは頭打ち感がある。Hour GlassはヴェイグランシーHの昨年の勝ち馬だが、今年の2戦をみていると状態はもう一つか。
[2]. バレリーナS結果
|| mazuda 11/08/30(火)01:42 [ 返信 ]
1Hilda's PassionJ.J. Castellano1221:22.06
2Tar Heel Mom A. Solis 1199 1/4
3Tamarind Hall D. Cohen 117Neck
4Bronx City GirlJ.R. Leparoux 1154 1/4
5Devil by DesignC.S. Nakatani 1181 1/2
6Sassy Image R.J. Albarado 12211 1/2
Times: :22.83, :45.43, 1:09.19, 1:22.06
Scratched: Hour Glass

Sassy Imageがゲートで浮いて、一瞬で3馬身後方に。Hilda's Passionが先手をとり、こちらもゲートが悪かったものの挽回したTar Heel Momが続く。3番手にTamarind Hall、この集団の後ろにDevil by Designで、Sassy Imageは少し盛り返して2馬身差の殿。
Hilda's PassionはTar Heel Momを振り切って単騎の逃げに持ち込む。Sassy Imageは馬群に追い付くと、外から進出を開始。しかし、3コーナーで再び後退すると外へ寄ってゆき、勝負から脱落した格好。前2頭のリードは広がり、4コーナーでは動き始めたHilda's PassionにTar Heel Momも突き放される。
直線を向くともうHilda's Passionの独壇場。残り300から2番手以下をどんどん引き離してゆくと、最後は9 1/4馬身差で圧勝。2番手に居たTar Heel MomがTamarind Hallの追い上げをかわして2着。

Hilda's Passionは前走の鬱憤を晴らし、G1初勝利。BCフィリー&メアスプリントへの出走権も手にした。スタートで楽に先手をとれた時点で勝負の大半は付いていた。一方Sassy Imageは外埒へ向かって走りたがり、競馬にならなかったとのこと。


1423. 2011/08/20 デルマーオークス (米G1 芝9F 3歳牝 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/08/19(金)02:29 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Entrustment(KY)A. Quinonez 3Filly122
2Star Billing(KY) V. Espinoza 3Filly122
3Summer Soiree(KY) G. Saez 3Filly122
4Bizzy Caroline(KY) M.R. Cruz 3Filly122
5Sarah's Secret(KY) J. Rosario 3Filly122
6Celestial Kitten(KY)P.A. Valenzuela3Filly122
7Cambina(IRE)G.K. Gomez 3Filly122
8Singapore Lilly(IRE)M.E. Smith 3Filly122
9Nereid(KY)J. Talamo 3Filly122
10Up In Time(GB) R. Bejarano 3Filly122
AEHalo Dolly(CA) R.A. Baze 3Filly122
AERosehill Dew(IRE) B. Blanc 3Filly122
AEDynamo(KY)M.A. Pedroza 3Filly122
[1]. デルマーオークス
|| mazuda 11/08/20(土)01:48 [ 返信 ]
G1アメリカンオークスSは、1着から5着までが1馬身以内の激戦だった。その5頭が再び顔を合わせる。展開一つで結果がガラリと変わってもおかしくはない。
しかし、それ以上に面白そうなのは東部からやってきたSummer Soiree。元々ダートを使われていてKYオークスにも駒を進めたが、G3バーボネットオークスが10 3/4馬身差、前走のG3ボイリングスプリングスSが8 1/2馬身差の圧勝と、ダート以外での方がパフォーマンスが上。その勢いでG1も制するか。
1着同着でアメリカンオークスSを制したのがCambinaとNereid。Cambinaは既に重賞を3勝、西海岸の3歳芝牝馬では一番の実績馬だ。前走も最後方から追い込んでNereidに並ぶなど強力な決め手を持っている。一方Nereidはマイペースに持ち込んで逃げ粘った。とはいえ、逃げが本来の形ではないし、経験の少なさからすると伸びしろがありそう。Nereidと同厩のStar BillingはこれもNereidと同じキャリア4戦、しかし重賞経験はこちらが上。前走の着差も僅かに頭と差は殆ど無い。後は、Cambinaに切れ負けした感のあった部分をどうカバーするか。G3リグレットSの勝ち馬Bizzy CarolineはアメリカンオークスSでは1番人気に推された。結果は5着だが、崩れたという程の走りはしていない。今度は行くにしろ控えるにしろ、思い切った競馬をしたい。
Sarah's SecretはG2ハニムーンHでStar Billing、Cambinaを破っている。前走はG2サンクレメントHで6着に沈んだが、呼吸に難があったとのこと。今回は今のところその様な兆候は無い。
[2]. デルマーオークス結果
|| mazuda 11/08/25(木)01:46 [ 返信 ]
1Summer Soiree G. Saez 1221:46.46
2Star Billing V. Espinoza 1221/2
3NereidJ. Talamo 122Nose
4CambinaG.K. Gomez 1221 1/2
5Celestial KittenP.A. Valenzuela1221
6EntrustmentA. Quinonez 1221 1/4
7Up In Time R. Bejarano 1221/2
8Bizzy Caroline M.R. Cruz 1222 1/4
9Singapore Lilly M.E. Smith 1224 1/4
10DynamoJ. Rosario 1224 1/4
Times: :23.14, :46.96, 1:10.22, 1:34.81, 1:46.46
Scratched: Sarah's Secret, Halo Dolly, Rosehill Dew

Summer Soireeが好スタートを切るが、Nereidも前へ、そしてハナを奪っていったのは大外からDynamo。Summer Soireeが続き、Nereidが3番手、その後ろにStar Billingが居て、Cambinaは後方から、最後方にBizzy Carolineの展開。
馬群はバラけて縦長になる。Dynamoがペースを落とすとSummer Soireeが接近、差を詰めてゆき、そのまま先頭に変わる。一方その後の間が広がる。Summer Soireeは更にリードを広げてゆき、2番手に4馬身以上の差を付ける。Dynamoは馬群に飲み込まれ、Summer Soireeを追ってゆこうというのは好位に居たNereidとStar Billing。
直線へ入るまで持ったままだったSummer Soireeだが、流石に脚を使ったか、残り1Fで脚色が衰える。そこへStar Billing、Nereidが迫ってくるが、Summer Soireeが最後まで踏ん張り、1/2馬身差残して1着。2着争いは首の上げ下げでStar Billingに軍配。4コーナーで内ピッタリを回り前に出たStar Billingと、垂れてきたDynamoを外からかわしたNereidの差が出た。

Summer Soireeはこれで11戦5勝、G1初勝利。


1422. 2011/08/20 アラバマS (米G1 ダート10F 3歳牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/08/19(金)02:28 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Royal Delta(KY) J. Lezcano 3Filly121
2Pinch Pie(KY) J.R. Velazquez3Filly121
3Plum Pretty(PA) M. Garcia 3Filly121
4It's Tricky(KY) E. Castro 3Filly121
5St. John's River(KY)R.J. Albarado 3Filly121
6Inglorious(ON)L. Contrares 3Filly121
[1]. アラバマS
|| mazuda 11/08/20(土)01:47 [ 返信 ]
G1CCアメリカンオークスの上位3頭が揃って出走、その争いが軸となる。
CCAオークスを勝ってG1連勝中のIt's TrickyTurbulent Descentを置き去りにし、Plum Prettyを捩じ伏せる内容は見事だった。前走後も馬は元気そのもの、何の心配も無い、とMcLaughlin師。一方、敗れたりとはいえ着差は3/4馬身、KYオークス馬Plum Prettyも良い競馬をした。中間の調整は上手くゆき、前走以上とも言える状態に作っている。
Royal DeltaはCCAオークス3着とはいえ、Plum Prettyからは6 1/2馬身後れた。しかし、脚の怪我でマザーグースSを回避した直後であり、一叩きが必要だった。今回は前進ありとみる。St. John's RiverはKYオークスでPlum Prettyの2着、首差まで追い詰めた。前走のG2デラウェアオークスで重賞初制覇、波に乗っている。デラウェアオークス馬がこのレースに出てきた場合、3連勝中と相性の良いローテーションも魅力。Ingloriousは3連勝でクイーンズプレートを制している。前走の決め手は見事で、一応男馬にも勝つ力を示し、距離も克服済みだ。
[2]. アラバマS結果
|| mazuda 11/08/25(木)01:45 [ 返信 ]
1Royal Delta J. Lezcano 1212:03.13
2It's Tricky E. Castro 1215 1/2
3Pinch Pie J.R. Velazquez1211
4Plum Pretty M. Garcia 1213
5St. John's RiverR.J. Albarado 1215
6IngloriousL. Contreras 12120 1/2
Times: :24.54, :49.31, 1:13.12, 1:37.05, 2:03.13

Plum Prettyが好スタートからハナへ。Royal Deltaも前へ行き、It's Trickyがその外、Plum Prettyをみるような格好で追走する。その後はPinch Pie、St. John's RiverIngloriousの順。
Plum Prettyは1馬身半くらいのリード、It's Trickyはやや行きたがり、向正面に入って2番手に上がる。中盤に入ると4、5番手が前に追いついて、1頭Ingloriousだけが離れた後方になる。St. John's Riverは更に4番手へ上がろうとするが、3コーナーが近付くと前が速くなり、再びPlum Prettyのリードが広がる。It's Trickyも気合を付けながら追走、4コーナーで並びかけ、2頭の勝負になるかと思われた。
直線を向いても暫くは2頭の追い比べとなったが、離れず付いてきたRoyal Deltaが残り300で2頭に並んでくる。そのまま一気に前に出ると2頭を突き放し、Royal Deltaが最後は5 1/2馬身差を付け圧勝。2着にIt's Tricky、3着はPinch Pieが入った。

Royal Deltaは6戦4勝でG1初制覇。前走から見事な変わり身をみせた。


1421. 2011/08/13 アーリントンミリオンS (米G1 芝10F 3歳上 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 11/08/12(金)01:21 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Rahystrada(KY)S. Russell 7Gelding126
2Tajaaweed(KY)J. Graham 6Horse126
3Dean's Kitten(KY) J.R. Leparoux 4Colt126
4Zack Hall(FR) C. Soumillon 4Colt126
5Gio Ponti(KY) R.A. Dominguez6Horse126
6Proceed Bee(KY) C.A. Emigh 5Gelding126
7Cape Blanco(IRE) J.P. Spencer 4Colt126
8Mission Approved(NY)J.L. Espinoza 7Horse126
9Wigmore Hall(IRE) H. Turner 4Gelding126
10General Perfect(NJ) G.K. Gomez 8Gelding126
[1]. アーリントンミリオンS
|| mazuda 11/08/14(日)00:25 [ 返信 ]
こちらも愛ダービー馬が主役を張る。Cape Blancoは愛ダービーだけではなく、G1愛チャンピオンSを圧勝、前走はG1マンノウォーSで今回も最大のライヴァルとなるGio Ponti相手に完勝した。力通りに走れば勝利は目前だが、前走後一月の間で母国との間を往復し、調整が軽いのではという懸念はある。輸送はうまくいった、と陣営は楽観的だが。
相手はやはり米芝チャンピオンGio Ponti。前走のマンノウォーSはCape Blancoに完敗したが、逆転を狙っている。このレースは一昨年勝利、昨年2着と結果が出ている。
Mission Approvedは、今年のG1マンハッタンHでGio Pontiを破っている。前走はマンノウォーS4着。距離短縮は良い方に出るとChatterpaul師。Wigmore Hallは1年前にG1セクレタリアトSで2着になっている。今年のG2ジェベルハッタを勝ち、G1ドバイデューティフリーでも3着に来た。前走のシンガポールは7着だったが、状態は上向きとのこと。
Zack Hallは2400m路線で今年G3エドヴィル賞で2着に入るなど力を付けてきている。Tajaaweedは昨年のこのレース6着。今年は、前走G3アーリントンHを勝つなど、より良い状態で臨める。Rahystradaは昨年4着、既に7歳だが前走のコロニアルターフCで新味をみせ、更に上位を狙う。
[2]. アーリントンミリオンS結果
|| mazuda 11/08/18(木)00:27 [ 返信 ]
1Cape Blanco J.P. Spencer 1262:05.39
2Gio Ponti R.A. Dominguez1262 1/2
3Dean's Kitten J.R. Leparoux 126Neck
4Wigmore Hall H. Turner 1261/2
5RahystradaS. Rusell 1261/2
6TajaaweedJ. Graham 1264
7Mission ApprovedJ.L. Espinoza 126Head
8Proceed Bee C.A. Emigh 1261 3/4
9Zack Hall C. Soumillon 1263/4
10General Perfect G.K. Gomez 1261 1/4
Times: :24.81, :50.26, 1:16.04, 1:41.50, 2:05.39

Rahystrada、Dean's Kitten、Proceed Bee、Mission Approvedが先行し、最初の直線でMission Approvedがハナに立つ。Cape Blancoはジワジワ上がって好位に付け、その内にWigmore Hall、Gio Pontiも内で8番手から。
Mission Approvedのリードは1馬身。中団以降が固まって先頭から殿までは6馬身くらい。3コーナーでProceed BeeがMission Approvedに迫り、その直後をCape Blancoが追う。後方ではが外から進出。Proceed BeeはMission Approvedにはね返されるが、Cape Blancoは一気に並びかけてくる。
そして直線を向いたところでCape Blancoが先頭。Mission Approvedは食い下がるもやがて力尽きる。替わって上がってきたのがDean's Kitten。Gio Pontiは前が詰まったが、何とか内から馬群を抜け出して伸びてくる。しかし、2番手以下を突き放していたCape Blancoのリードは盤石。そのままGio Pontiの追撃を2 1/2馬身抑え、Cape Blancoが1着。3着はDean's Kitten。

Cape BlancoマンノウォーSに続きG1連勝。鞍上SpencerはPowerscourtの降着以来7年越しの雪辱を果たした。BCターフへ向かうかどうかは未定。


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: