JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

1516. 2012/06/09 マンハッタンH (米G1 芝10F 3歳上 ベルモント) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/08(金)01:12 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Omayad(CHI)J. Rosario 4Colt117
2Boisterous(KY)A. Garcia 5Horse119
3Al Khali(KY) M.E. Smith 6Ridglign117
4Desert Blanc(GB) R.A. Dominguez 4Colt114
5Papaw Bodie(KY) A.R. Napravnik 5Gelding116
6Brilliant Speed(FL)J.R. Velazquez 4Colt119
7Hudson Steele(KY) J.J. Castellano5Gelding117
8Top Surprize(KY) J.L. Espinoza 4Ridgling114
[1]. マンハッタンH
|| mazuda 12/06/09(土)02:40 [ 返信 ]
Hudson Steeleはデビュー戦以外着外無し、ここ5戦は4勝2着1回で、前走のG2ディキシーSで重賞初勝利をあげた。脚の問題で順調に行かず、昨年は後半を棒に振ったが、今は完治して満足のゆく走りが出来る状態。先行馬が居ないので、この馬がペースを握りそう。実績上位のBrilliant Speedは、今季初戦のG3アップルトンSで5着に終わったが、前走のG1ターフクラシックSでは3着と上向き。前へ行くHudson Steeleを目標にする展開になれば、更に競馬し易いだろう。Boisterousは前走のG3フォートマーシーSを勝ち、ここ4戦で重賞3勝。ベルモントでは4勝をあげ、このコースでも勝っている。McGaughey師も今年はBCターフを見据えるくらいに手応えを感じている。
Desert Blancは北米初戦のフォートマーシーSでBoisterousの2着に来た。3着以下には3馬身以上の差を付けている。キャリアもまだ6戦と少なく、こちらでの2戦目で慣れが見込めれば楽しみな馬。Papaw Bodieは今年になって、G3ジョン・B・カナリーターフCを勝ち、G2マーヴィン・H・ムニツJr.記念Hで2着、初G1では厳しい結果だったが、力を付けている。OmayadはチリでG1を3勝している。北米初戦の前走一般戦は2着だった。
[2]. マンハッタンH結果
|| mazuda 12/06/13(水)01:01 [ 返信 ]
1Desert Blanc R.A. Dominguez 1141:59.65
2Papaw Bodie R. Napravnik 116Nose
3BoisterousA. Garcia 1191 1/2
4Hudson Steele J.J. Castellano117Nose
5Brilliant SpeedJ.R. Velazquez 1191/2
6Al Khali M.E. Smith 1183/4
7OmayadJ. Rosario 1174
Times: :24.62, :49.42, 1:13.61, 1:36.80, 1:59.65
Scratched: Top Surprize

外からHudson Steeleがやはり前へ。Desert Blanc、Papaw Bodieが続き、Brilliant Speed、Omayadが好位。Boisterousは後方からの競馬となる。
Hudson Steeleがゆったりしたペースを作り、向正面に入ると2番手はPapaw Bodie。Desert Blancはやや下げて、外のBrilliant Speedと前後する位置。Boisterousは変わらず殿。徐々に馬群が詰まってゆき、勝負所が近付くと、外に出したOmayadが進出を開始。それに応じてBrilliant Speedも動き始める。Hudson Steele、Papaw BodieにBrilliant Speedが並びかけて直線へ。
Hudson Steeleはここで一旦リードを広げるが、直後に潜り込んできたDesert Blancが迫る。Papaw BodieがDesert Blancに併せて再び差を詰め、追い比べとなった2頭が残り100でHudson Steeleをとらえる。そのまま最後は2頭の争いとなるが、先に前に出たDesert Blancが終始体勢有利。そのままハナ差Papaw Bodieの抵抗を封じDesert Blancが1着。3着は最後外から追い込んだBoisterousが入った。

Desert BlancはG1初勝利。ギリギリまで距離損を避け、完璧なタイミングで隙間を割ったDominguezの手綱捌きが光った。この後はアーリントンミリオンを目指す。


1515. 2012/06/09 ジャストアゲームS (米G1 芝8F 3歳上牝 ベルモント) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/06/08(金)01:11 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Tapitsfly(KY)R.A. Dominguez 5Mare120
2Sylvestris(IRE)M.E. Smith 4Filly118
3Wallis(GB)J. Lezcano 5Mare118
4Winter Memories(KY) J.J. Castellano4Filly120
5Hungry Island(KY) J.R. Velazquez 4Filly120
6Dancinginherdreams(KY)C.S. Nakatani 4Filly118
7Up In Time(GB) J. Rosario 4Filly118
[1]. ジャストアゲームS
|| mazuda 12/06/09(土)02:39 [ 返信 ]
同期の2頭、Winter MemoriesとHungry Islandの争いが軸。G2レイクプラシッドSではHungry Island、G1ガーデンシティSではWinter Memoriesが勝利し、ライバル関係にある。Winter Memoriesは今季初戦のG3ボーゲイSを楽勝、Hungry Islandは今季2戦目でG2チャーチルディスタフターフマイルSを勝ち、連敗を3で止めた。実力的に甲乙付け難いが、ベルモントは4戦4勝のWinter Memoriesの方が舞台は有利か。
TapitsflyはディスタフターフマイルでHungry Islandの2着。速い馬が居ないので、先行して有利な展開に持ち込めれば。Dancinginherdreamsは前走一般戦で芝初勝利をあげ、Up In Timeは西海岸で重賞を2勝している。
[2]. ジャストアゲームS結果
|| mazuda 12/06/13(水)01:01 [ 返信 ]
1TapitsflyR.A. Dominguez 1201:32.34
2Winter Memories J.J. Castellano1202 1/4
3Hungry Island J.R. Velazquez 1201 3/4
4Up In Time J. Rosario 1183 1/4
5SylvestrisM.E. Smith 118Nose
6WallisJ. Lezcano 118Neck
7DancinginherdreamsC.S. Nakatani 1185 3/4
Times: :23.47, :46.44, 1:09.48, 1:32.34

Up In Timeが好スタートを切るが、内からTapitsflyがハナヘ。Wallisが続き、Dancinginherdreamsが3番手。その後は間が空き、Winter Memoriesは5番手、その後ろにHungry Island。
平均ペースで入ったが、その後Tapitsflyはペースを緩めず飛ばしてゆく。それでも3コーナーが近付くと、Winter Memoriesが前との差を詰め、Sylvestrisと共に先行集団に追い付く。その後ろにはHungry Islandも来て、大外を回り追い上げる。
Tapitsflyは2馬身のリードをとって直線を向き、そこからスパートをかけて後続を突き放す。Wallisは一杯となり、Winter Memoriesも一旦おかれ、Hungry Islandは更にコーナリングで後れをとる。リードを大きく広げたTapitsflyがそのままWinter Memoriesの追撃を危なげなく退け、2 1/4馬身差で逃げ切り。2着Winter Memories、3着Hungry Island。

TapitsflyはレースレコードでG1初制覇。ハナに行かせたことでリラックスし、力をフルに発揮することが出来た。


1514. 2012/05/28 ゲイムリーS (米G1 芝9F 3歳上牝 ハリウッド) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/05/27(日)01:08 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Capital Plan(KY) B. Blanc 4Filly119
2Quiet Oasis(IRE) M. Gutierrez4Filly117
3Wild Mia(FL) D.R. Flores 5Mare117
4Bauble Queen(KY) V. Espinoza 4Filly119
5Cambina(IRE)R. Bejarano 4Filly119
6Belle Royale(IRE)J. Rosario 4Filly117
7City to City(KY) G.K. Gomez 5Mare119
8Nereid(KY)M.E. Smith 4Filly119
[1]. ゲイムリーS
|| mazuda 12/05/28(月)01:26 [ 返信 ]
Belle Royaleが移籍前を含め4連勝中、実績では見劣りしてもここは最有力か。欧州在籍時の昨夏から混合のハンデ戦で3連勝すると、休み明けの前走アメリカンビューティSも勝って、北米デビューを良い形で済ませた。これを、前走重賞を勝ってきたCapital Plan、Quiet Oasisが迎え撃つ。Capital Planは前走G2サンタバーバラHで重賞初勝利、G1は今回が初出走となる。Quiet Oasisは前哨戦のG3ウィルシャーHを勝ってきた。Capital Planの僚馬City to CityはG2ブエナヴィスタH、Bauble QueenはG2ロバート・J・フランケルSを、年明けに勝った。その後の成績が良くないが、巻き返しなるか。昨年のG1アメリカンオークスS勝ち馬は、CambinaがサンタバーバラH2着で、その時以来の連対を果たし、NereidはウィルシャーH4着ながらQuiet Oasisとの差は1馬身だった。ウィルシャーH5着のWild Miaはその前にブエナヴィスタH3着、G2サンタアナS2着、力を付けている。
[2]. ゲイムリーS結果
|| mazuda 12/06/01(金)01:40 [ 返信 ]
1Belle RoyaleJ. Rosario 1171:47.84
2Quiet Oasis M. Gutierrez1171/2
3Capital PlanB. Blanc 1191/2
4City to CityG.K. Gomez 1191 1/2
5CambinaR. Bejarano 119Neck
6NereidM.E. Smith 1191/2
7Wild Mia D.R. Flores 1173/4
8Bauble QueenV. Espinoza 1192 1/2
Times: :23.76, :47.99, 1:11.54, 1:35.45, 1:47.84

Cambinaが出負け。Wild Mia、City to Cityが好スタートを切ったが、内からQuiet Oasis、Capital Planも出てきて、Quiet Oasisが先頭。Wild Miaが続き、Capital Plan、Nereidが好位、City to Cityが中団に居て、Belle Royaleは後方2番手、最後方からCambina。
平均ペースだが、前4頭の後はかなりバラける。向正面に入るとNereidが外から2番手に上がり、Quiet Oasisに並ぶ。しかし、すかさずWild Miaが盛り返し、Nereidが下がったと思ったら今度は、Capital Planが内から上がって先頭を奪う。Quiet Oasisも引かず、2頭併走で勝負所へ。後続も接近して馬群が詰まってくるが、Belle Royaleはまだ6番手。
直線を向いたところで、コーナリングによりCapital Planがリードするが、立て直したQuiet Oasisが抜き返す。その後ろには、内を回って5番手から、一気に上がってきたBelle Royaleが接近する。Quiet OasisとCapital Planの追い比べに残り50で追い付くと、一気にかわしてBelle Royaleが1着。2着Quiet Oasis、3着Capital Plan。

Belle Royaleはこれで26戦10勝、G1は初勝利。この後はビヴァリーD.Sに向かう見込み。


1513. 2012/05/28 メトロポリタンH (米G1 ダート8F 3歳上 ベルモント) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/05/27(日)01:07 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1To Honor and Serve(KY)J. Lezcano 4Colt120
2Shackleford(KY)J.R. Velazquez 4Colt119
3Caleb's Posse(KY) R. Maragh 4Colt121
4Saginaw(NY)D. Cohen 6Gelding115
5Caixa Eletronica(KY) J.J. Castellano7Horse117
6Jackson Bend(FL) C.S. Nakatani 5Horse121
[1]. メトロポリタンH
|| mazuda 12/05/28(月)01:26 [ 返信 ]
頭数は6頭だが、うち4頭がG1馬、全馬合計で重賞17勝をあげている濃密なメンバー。
5頭は前走を勝ってきたが、唯一勝っていないCaleb's Posseがそれでも支持が厚い。今年は2戦2着2回で、着差は首、鼻、敗れたりとはいえパフォーマンスは優秀だ。いずれもアケダクトのレースで、広いベルモントに変わればBCダートマイルを完勝した能力全開とみる。G1カーターHでCaleb's Posseを破ったJackson Bendはもう一番を狙う。得意は7Fだが、この舞台でもG2ケルソーHでUncle Moの2着に来た走りは相当なものだった。To Honor and Serveはここ5戦で4勝、敗れた1戦はBCクラシックで、この距離ではG1シガーマイルを勝ち、前走のG3ウェストチェスターSは5 1/4馬身差の圧勝だった。プリークネスSの勝ち馬ShacklefordはカーターHでJackson Bend、Caleb's Posseに次ぐ3着、そして前走はG2チャーチルダウンズSを快勝してきた。
Saginawはこの3月から5連勝中。時計も優秀だ。前走はここベルモントでアファームドサクセスSを勝った。Caixa Eletronicaは前走G2チャールズタウンクラシックを3馬身差で勝ってきた。
[2]. メトロポリタンH結果
|| mazuda 12/06/01(金)01:39 [ 返信 ]
1ShacklefordJ.R. Velazquez 1191:33.30
2Caleb's Posse R. Maragh 121Nose
3To Honor and ServeJ. Lezcano 1203
4Caixa Eletronica J.J. Castellano1175
5Jackson Bend C.S. Nakatani 1211/2
6SaginawD. Cohen 11515 3/4
Times: :22.77, :44.73, 1:08.52, 1:33.30

やはり行くのはShackleford。二の脚でスッと前に出る。Jackson Bendがその外に並び、To Honor and Serveが続く。Saginaw、Caixa Eletronicaと居て、離れた最後方からCaleb's Posse
Shacklefordが速いペースで行き、Jackson Bendは徐々に下がってShacklefordが単騎先頭となる。一方To Honor and Serveは接近し、Jackson Bendと並んで2番手へ。Saginawまでは一団で進み、Caleb's Posseは前とは差がある位置。3コーナーでSaginawが外から上がり、Jackson Bendも再びShacklefordとの差を詰める。Caixa Eletronicaもそこに加わると、一杯になったSaginawに替わりJackson Bendに並ぶ。Caleb's Posseも漸く集団の後ろまで上がり、大外を回ってスパート。
直線を向くとJackson Bendも脚が止まる。To Honor and ServeとCaixa EletronicaがShacklefordを追うが、追い出しにかかったShacklefordはリードを広げて、詰め寄らせない。そこへ大外からCaleb's Posseが伸びてくる。一気に2番手に上がり、残り100でShacklefordに馬体を並べるが、Shacklefordもしぶとい。そのまま並んでゴール板を通過、結局最後までShacklefordが抜かせず、鼻差で1着。2着Caleb's Posse、3着To Honor and Serve

ShacklefordプリークネスS以来のG1勝利。プリークネスSの勝ち馬が翌年メトロポリタンHを勝つというのは、Carry Back以来50年ぶり。Caleb's Posseはこれで3戦連続2着、しかも2戦連続鼻差と悔しい結果になった。


1512. 2012/05/28 エイコーンS (米G1 ダート8F 3歳牝 ベルモント) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/05/27(日)01:06 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Contested(KY)J.J. Castellano3Filly121
2Hard Mystery(KY) E. Castro 3Filly121
3On Fire Baby(KY) J.M. Johnson 3Filly121
4Zo Impressive(KY)R. Maragh 3Filly121
5Sacristy(KY)A.R. Napravnik 3Filly121
6Aubby K(KY) E.S. Prado 3Filly121
[1]. エイコーンS
|| mazuda 12/05/28(月)01:25 [ 返信 ]
ダート3戦3勝のContestedが人気を集めそう。、3戦合計で2着を17馬身離し、底がみえない。前走はG3エイトベルズSを勝ってきた。7Fまでしか経験が無いので、戦法の幅が狭まる最内は気掛かりだが、スピードで圧倒するか。
経験で上位なのはOn Fire Baby。これまでに3つの重賞を制し、KYオークスでも上位人気に推された。KYオークスは5着に終わったが、力を出し切れていなかった。Zo Impressiveはデビューから2戦圧勝を続け、前走のG2ガルフストリームパークオークスではGrace Hallの2着だった。2戦目に破ったIn Lingerieはその後重賞を連勝、Albertrani師はG1を勝てる手応えを持っている。Aubby Kは未勝利戦が15 1/2馬身差、前走の一般戦が9 3/4馬身差と勝ちっぷりが目立つが、マイルのG2ポカホンタスSではOn Fire Babyに完敗しており、距離が課題。
[2]. エイコーンS結果
|| mazuda 12/06/01(金)01:39 [ 返信 ]
1ContestedJ.J. Castellano1211:34.61
2Zo ImpressiveR. Maragh 1215
3Aubby K E.S. Prado 1211 1/4
4On Fire Baby J.M. Johnson 1213 1/2
5Hard Mystery E. Castro 12118 1/2
6SacristyA.R. Napravnik 1211
Times: :22.64, :45.19, 1:09.32, 1:34.61

Contestedが飛び出し、ハナに立つ。Aubby K、Zo Impressiveが続き、その後間が空いてOn Fire Baby
Zo Impressiveは徐々にAubby Kから離れ、On Fire Babyらと合流して3番手集団になる。先頭のContestedは3馬身のリードをとって飛ばしてゆく。その差は更に広がり、一方On Fire Babyは3番手に上がってAubby Kに接近する。3コーナー入るとContestedのリードは一気に縮まる。但し、Contestedは持ったまま、後続は追い出しにかかって、それでも2馬身のリードを守る。
直線に入って追い出されると、再びContestedが後続を突き放す。Aubby KとZo Impressiveが追うが、差は縮まるどころか開くばかり。そのままContestedが馬身差で圧勝。2着Zo Impressive、3着Aubby K。

Contestedはダート無敗で、G1初制覇。鞍上Castellanoは、父を彷彿とさせる、と絶賛した。


1511. 2012/05/28 オグデンフィップスH (米G1 ダート8.5F 3歳上牝 ベルモント) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/05/27(日)01:06 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Cash for Cluners(KY)A. Garcia 4Filly114
2Awesome Maria(KY) J.R. Velazquez5Mare124
3She's All In(OK) L.S. Quinonez 5Mare115
4It's Tricky(KY) E. Castro 4Filly122
5Juanita(KY)R.A. Dominguez4Filly119
[1]. オグデンフィップスH
|| mazuda 12/05/28(月)01:25 [ 返信 ]
現在6連勝中のディフェンディングチャンピオンAwesome Mariaが中心。怪我で昨年後半を棒に振ったが、今季初戦のG3セービンSでは3歳女王のRoyal Deltaを8馬身千切るなど、全く衰えをみせない。同じ様に走れるという自身を陣営も示す。
対抗1番手はG1を2勝しているIt's Tricky。今年はいずれもG2の2戦2勝、2着を寄せ付けない完勝が続く。ベルモントは丁度1年前、G1エイコーンSで出色の走りをみせており、条件は良い。
She's All Inは9ヶ月8戦に渡って着を外しておらず、前走のG3シックスティセイルズHは8 3/4馬身差の圧勝だった。JuanitaはニューオーリンズレディーズSでHavre de Graceの2着、前走G2ラトロワンヌSを快勝してきた。Cash for Clunkersは重賞未経験だが、現在3連勝中で全て2着を6馬身以上千切る圧勝、前走はヘザーテンSを勝った。
[2]. オグデンフィップスH結果
|| mazuda 12/06/01(金)01:38 [ 返信 ]
1It's Tricky E. Castro 1221:41.73
2Cash for ClunkersA. Garcia 1143/4
3Awesome Maria J.R. Velazquez1241 1/2
4She's All In L.S. Quinonez 1158
5JuanitaR.A. Dominguez1192 1/2
Times: :22.68, :45.78, 1:09.34, 1:34.89, 1:41.73

揃ったスタートからJuanitaが出かかるが、内からCash for Clunkersが行く。It's Trickyが2番手で並び、Juanitaが続いて、出脚がやや遅かったAwesome Mariaもそこに加わってくる。
やがてCash for Clunkersは単独先頭となり、It's TrickyJuanitaAwesome Mariaが一団で追走する形になる。3コーナーに入るとIt's TrickyがCash for Clunkersに迫り、Awesome Mariaがそれに追随する。しかし、Cash for Clunkersはまだ手応えに余裕あり。一方Awesome Mariaは先に手が動き始め、It's Trickyも今日も早くから鞭が飛ぶ。
直線を向いて、最後のコーナリングでリードを広げ逃げるCash for Clunkersを、It's Trickyが追う。Awesome Mariaは3番手だが、なかなか前2頭に迫れない。Cash for Clunkersが手応え通りしぶとく粘ったが、残り1FでIt's TrickyがCash for Clunkersに馬体を並べると、残り100で前に出て、最後は3/4馬身差でIt's Trickyが1着。2着Cash for Clunkers、3着Awesome Maria

It's Trickyは3連勝で通算12戦8勝、G1は3勝目。Awesome MariaのPletcher師は、フロリダに長く置き過ぎた、と悪天候で調整が狂ったことを悔いた。


1510. 2012/05/19 プリークネスS (米G1 ダート9.5F 3歳 ピムリコ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/05/18(金)00:21 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Tiger Walk(KY) K.J. Desormeaux3Colt126
2Teeth of the Dog(KY) J. Bravo 3Colt126
3Pretension(NY)J. Santiago 3Colt126
4Zetterholm(NY)J. Alvarado 3Colt126
5Went the Way Well(NY)J.R. Velazquez 3Colt126
6Creative Cause(KY) J. Rosario 3Colt126
7Bodemeister(VA)M.E. Smith 3Colt126
8Daddy Nose Best(KY) J.R. Leparoux 3Colt126
9I'll Have Another(KY)M. Gutierrez 3Colt126
10Optimizer(KY)C.S. Nakatani 3Colt126
11Cozzetti(KY)J. Lezcano 3Colt126
[1]. プリークネスS
|| mazuda 12/05/19(土)01:52 [ 返信 ]
米3冠の第2戦、KYダービーの上位2頭が、ここでも主力。KYダービーでは逃げて2着だったBodemeister、しかし10Fを逃げ切るには無茶なペースで行って粘った内容から、評価を落とすことはない。僅かでも距離短縮、そして競ってくる相手がいなければ、逆転の公算は充分ある。一方のI'll Have Anotherは今年に入って無敗で、レース巧者。先行力もあるので、自らBodemeisterに楽をさせないという選択肢はある。そうでなくとも、Bodemeisterを目標にレースを進め、前走の再現は狙える。
Creative CauseはKYダービー5着、かなり外を回ったがBodemeisterとの差はそれ程無く、悲観した内容ではない。Went the Way WellはKYダービー4着、こちらもスタートが遅く、序盤でゴチャついた末のもので、スムーズならばという期待はある。
Daddy Nose BestはKYダービー10着、その前は重賞連勝しており、G3サンランドダービーの内容は良い。Teeth of the DogはG1ウッドメモリアルSの3着馬、その前に未勝利を勝ったばかりで、伸びる余地が大きそう。ZetterholmはNY産の限定ながら3連勝中、差しが決まる流れになれば。
[2]. プリークネスS結果
|| mazuda 12/05/22(火)01:31 [ 返信 ]
1I'll Have AnotherM. Gutierrez 1261:55.94
2BodemeisterM.E. Smith 126Neck
3Creative Cause J. Rosario 1268 3/4
4ZetterholmJ. Alvarado 1263
5Teeth of the Dog J. Bravo 1263 1/4
6OptimizerC.S. Nakatani 126Neck
7CozzettiJ. Lezcano 1262 1/4
8Tiger Walk R.A. Dominguez1267 1/2
9Daddy Nose Best J.R. Leparoux 1262 1/4
10Went the Day WellJ.R. Velazquez1263 1/4
11PretensionJ. Santiago 1263 3/4
Times: :23.79, :47.68, 1:11.72, 1:36.69, 1:55.94

内からPretensionが好スタートをみせるが、Bodemeisterが徐々に出てゆくとハナを奪う。2番手にはPretensionと、その外にCreative Causeが並び、I'll Have Anotherは好位から。その後ろにWent the Day Well、Teeth of the Dogが居り、Daddy Nose Bestは後方から。
Bodemeisterは、今回はハロン12秒を若干切るペース、前走のような無茶にはならない。が、単独2番手に上がったCreative Causeが1馬身後ろにピタリと付く。それをみる様にI'll Have Anotherも良い位置を堅持。3コーナーが近付くと、前に行った馬のうち余力の無い馬が脱落し始め、I'll Have Anotherが単独3番手に、その後は差が出来てくる。I'll Have Anotherがコーナーから追い始め、Creative Causeの外に迫ったところで直線へ。
先頭はBodemeister。追い出しにかかると後続を引き離す。しかし、I'll Have Anotherも直線に入ると、Creative Causeをかわして2番手に上がり、Bodemeisterとの差も詰め始める。残り1F、I'll Have Anotherは少しずつだが確実にBodemeisterとの縮めてゆく。残り50を切ってBodemeisterに馬体を併せたI'll Have Anotherが、ゴール前で遂にBodemeisterをとらえ、最後は首差差し切って2冠を達成した。Bodemeisterはまたも2着、その後は8 3/4馬身千切れ、Creative Causeが3着。

I'll Have Anotherは7戦5勝、今年4戦4勝で3歳No.1の座を不動のものにし、34年ぶりの3冠馬誕生へ夢をつないだ。


1509. 2012/04/12 マディソンS (米G1 AW7F 4歳上牝 キーンランド) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/05/10(木)01:36 [ 返信 ]
Fin.HorseJockeyWgt.Margin
1Groupie Doll R. Maragh 1181:23.76
2She's Cheeky R.J. Albarado 1183
3Ariana D J. Lezcano 1183 1/2
4Musical Romance J.C. Leyva 1231
5Whipsaw City J.R. Leparoux 118Neck
6SugarinthemorningR. Bejarano 118Neck
7Whisked Away L. Martinez Jr.1186 1/2
8Home Sweet Aspen J. Rosario 1232 3/4
Times: :22.67, :46.32, 1:10.97, 1:23.76
Scratched: Future Generation, La Reine Lionne

内からHome Sweet Aspenがハナへ行き、Musical Romanceが2番手、その外にWhipsaw City。その後はSugarinthemorning、Whisked Away、Groupie Dollが並び、She's Cheeky、Ariana Dが後ろから。
Home Sweet Aspenのリードは半馬身程で、後続に付かれる。中盤ではWhipsaw Cityが動いて先頭に出るMusical Romanceが付いてゆき、後続から4番手に上がったGroupie Dollもそれに続く。Whipsaw Cityが先頭で、その内にMusical Romanceが並び、外からGroupie Dollが追う形で直線へ。
直線に入ると間も無くGroupie DollがWhipsaw Cityをとらえる。しばし追い比べの後、Groupie Dollが前に出て抜け出すと、その後追ってくる馬は居なくなった。後方から直線にかけたShe's Cheekyが伸びてくるものの、既に差があり過ぎる。そのまま3馬身リードをとってGroupie Dollが1着。2着She's Cheeky、3着Ariana D。


1508. 2012/05/05 ケンタッキーダービー (米G1 ダート10F 3歳 チャーチルダウンズ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/05/03(木)23:27 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Daddy Long Legs(KY) C. O'Donoghue 3Colt126
2Optimizer(KY)J.K. Court 3Colt126
3Take Charge Indy(KY) C.H. Borel 3Colt126
4Union Rags(KY) J.R. Leparoux 3Colt126
5Dullahan(KY)K.J. Desormeaux3Colt126
6Bodemeister(VA)M.E. Smith 3Colt126
7Rousing Sermon(CA) J. Lezcano 3Colt126
8Creative Cause(KY) J. Rosario 3Colt126
9Trinniberg(KY)W. Martinez 3Colt126
10Daddy Nose Best(KY) G.K. Gomez 3Colt126
11Alpha(KY)R. Maragh 3Colt126
12Prospective(KY)L. Contreras 3Colt126
13Went the Day Well(NY)J.R. Velazquez 3Colt126
14Hansen(KY)R.A. Dominguez 3Colt126
15Gemologist(KY)J.J. Castellano3Colt126
16El Padrino(KY) R. Bejarano 3Colt126
17Done Talking(KY) S. Russell 3Colt126
18Sabercat(KY)C.S. Nakatani 3Colt126
19I'll Have Another(KY)M. Gutierrez 3Colt126
20Liaison(KY)M. Garcia 3Colt126
21(AE)My Adonis(KY) E. Trujillo 3Colt126
[1]. ケンタッキーダービー
|| mazuda 12/05/05(土)01:39 [ 返信 ]
抜けた馬は居ない混戦だが、一応3強という見立てとなる。
Bodemeisterは前走のG1アーカンソーダービーを圧勝し、一気に戦線の先頭に躍り出た。パフォーマンスは頭一つ抜けているが、この馬が挑むのは19頭のライバルの他に「3歳デビューは勝てない」というKYダービー最大のジンクスがある。最近は有名なジンクスが破られてゆく傾向にあるが、130年残るこの障壁を打ち砕くことが出来るか。Union Ragsは年明けからダービー戦線をリードしてきた。BCジュヴナイルは僅差の2着、そしてG2ファウンテンオヴユースSを完勝、評価は上々だったが、前走のG1フロリダダービーは3着に敗れ、巻き返しを図る。Gemologistは5戦無敗という文句なしの成績ながら、3強では3番手という見立て。前走のG1ウッドメモリアルSが思いの外辛勝だったのが原因か。しかし、チャーチルは2戦2勝と相性が良く、候補としては申し分無い。
Dullahanは前走のG1ブルーグラスSで2つめのG1勝利をあげた。ポリトラックで強さをみせているが、BCジュヴナイルでも4着とダートが駄目なわけではない。2歳王者のHansenブルーグラスSで2着に敗れた。とはいえ、今年もG3ゴーサムSを完勝し、実力は示している。後は、展開と距離の問題か。G1サンタアニタダービーの1、2着馬I'll Have AnotherとCreative Causeも有力。I'll Have Anotherは上昇が著しく、年明けは2戦2勝。Creative Causeは前走こそ敗れたが、G2サンフェリペSではBodemeisterに貫録勝ちした。フロリダダービーであっと言わせたTake Charge Indy、ウッドメモリアルでGemologistに迫ったG3ウィザーズSの勝ち馬Alpha、G3エルカミーノリアルダービー、G3サンランドダービーを連勝してきたDaddy Nose Bestにもチャンスはある。
[2]. ケンタッキーダービー結果
|| mazuda 12/05/10(木)01:38 [ 返信 ]
1I'll Have AnotherM. Gutierrez 1262:01.83
2BodemeisterM.E. Smith 1261 1/2
3DullahanK.J. Desormeaux126Neck
4Went the Day WellJ.R. Velazquez 1263/4
5Creative Cause J. Rosario 1261/2
6LiaisonM. Garcia 1264
7Union Rags J.R. Leparoux 1261/2
8Rousing Sermon J. Lezcano 1263/4
9HansenR.A. Dominguez 1262
10Daddy Nose Best G.K. Gomez 1261 1/4
11OptimizerJ.K. Court 1261/2
12AlphaR. Maragh 1267 1/4
13El Padrino R. Bejarano 1263/4
14Done Talking S. Russell 1263 1/2
15SabercatC.S. Nakatani 1261 1/4
16GemologistJ.J. Castellano1265 1/4
17TrinnibergW. Martinez 1261 1/2
18ProspectiveL. Contreras 1263
19Take Charge Indy C.H. Borel 12615 1/2
-Daddy Long Legs C. O'Donoghue 126-
Times: :22.32, :45.39, 1:09.80, 1:35.19, 2:01.83
Scratched: My Adonis

Bodemeisterが先手をとり、Trinnibergが続く。Hansenはハナへ行かず好位から、その後Gemologistも前目につけ、I'll Have Anotherが好位の後ろ、近い位置にDaddy Nose Bestも居り、Creative Cause、Dullahan、Alphaらは中団、スタートで躓いたUnion Ragsは後方からとなる。
Bodemeisterのペースはかなり速く、馬群が縦に長く伸びてゆく。Bodemeisterの大逃げではないが、前から後ろまでは17、8馬身。Trinnibergは離されずに付いてゆき、Hansenも単独3番手で4馬身以内を追走、その後からが馬群となって、前3頭がバラけ、後ろが密集する形へと移ってゆく。TrinnibergはBodemeisterにプレッシャーをかけ、それをかわしてBodemeisterは早めに動きをみせる。一旦後れて馬群に取り込まれたHansenは、3コーナーで再び単独3番手で前を追い、その後はI'll Have Anotherが上がってくる。Trinnibergがタレて下がった分、リードを大きくしてBodemsieterが先頭で直線へ。
この時点で3馬身以上の差を付け、Bodemeisterが逃げ込みを図る。2番手はHansenとなったが、こちらの方が脚色が悪い。替わってその外に上がってきたI'll Have Anotherが2番手に上がり、Bodemeisterを追ってゆく。ハイペースで飛ばしてきたBodemeisterは流石に残り1Fで脚が上がり、一気にI'll Have Anotherが差を詰める。残り100でBodemeisterをとらえると、抵抗する暇を与えずI'll Have Anotherが前に出る。最後は1 1/2馬身抜け出して、I'll Have Anotherが1着。Bodemeisterは2着に粘り、I'll Have Anotherに続いていたCreative Causeを、外から追い込んできたWent the Day WellとDullahanがかわし、Dullahanが3着に入った。

I'll Have Anotherは6戦4勝、重賞3連勝で世代の頂点に立った。サンタアニタダービーとの連勝はSunday Silence以来23年ぶり。不利な外19番枠からロス無く好位置に付けたGutierrezの手綱捌きも光った。3冠を目指して、次走はプリークネスSとなる。1番人気に支持されたBodemeisterは、レース史上4番目となる高速ラップを刻んだツケが最後に回り、130年ぶりの3歳デビュー馬による勝利はならず。Union Ragsはスタートの失敗で全てが終わった。


1507. 2012/05/05 ターフクラシックS (米G1 芝9F 4歳上 チャーチルダウンズ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/05/03(木)23:24 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Little Mike(FL) J. Bravo 5Gelding120
2Turallure(KY)J.R. Leparoux 5Horse120
3Boxeur des Rues(KY) M. Gutierrez 4Colt118
4Get Stormy(KY) R.A. Dominguez 6Horse124
5Slim Shadey(GB) D.R. Flores 4Gelding122
6Doubles Partner(FL) J.J. Castellano5Horse120
7Data Link(KY) A. Solis 4Colt124
8Turbo Compressor(FL)R. Bejarano 4Ridgling118
9Al Khali(KY) C.S. Nakatani 6Ridgling118
10Brilliant Speed(FL) J.R. Velazquez 4Colt120
11Papaw Bodie(KY) J. Rosario 5Gelding120
[1]. ターフクラシックS
|| mazuda 12/05/05(土)01:38 [ 返信 ]
G1ウッドバインマイルの勝ち馬で、BCマイルでも僅差2着だったTurallure。今季初戦のG1メイカーズ46マイルSも僅差2着で安定している。9FもG2バーナードバルークH完勝で充分守備範囲、脚質的にも競馬し易い。そのメイカーズ46マイルを勝ったのがData Link。前走が初重賞制覇で、急激に力を付けている。Doubles Partnerはメイカーズ46マイル3着、とはいえ差は1馬身も無い。昨年のこのレースも小差3着でこの舞台に向いている。Doubles Partnerの僚馬Turbo Compressorは、芝デビューとなった前走一般戦が5 1/2馬身差の圧勝で、芝適性の高さに期待がかかる。Little Mikeは4連勝で2つの重賞とサンシャインミリオンズターフを勝った。前走のG3カナディアンターフSでは4着だったが、Doubles Partner、Data Linkとの差はそう無い。G1ジャマイカH2着、BCターフ3着のBrilliant Speedも力はある。前走のG3アップルトンSは休み明けで5着、どこまで上げてこられるか。
[2]. ターフクラシックS結果
|| mazuda 12/05/10(木)01:37 [ 返信 ]
1Little Mike J. Bravo 1201:48.81
2Slim Shadey D.R. Flores 1222 1/2
3Brilliant Speed J.R. Velazquez 1201/2
4Doubles Partner J.J. Castellano120Nose
5Data Link A. Solis 1241 1/2
6Papaw Bodie J. Rosario 120Neck
7TurallureJ.R. Leparoux 120Head
8Turbo CompressorR. Bejarano 1182 1/2
9Get Stormy R.A. Dominguez 1241
10Boxeur des Rues M. Gutierrez 1183/4
11Al Khali C.S. Nakatani 1187 1/2
Times: :23.78, :48.27, 1:12.81, 1:36.50, 1:48.81

Little Mikeが好スタートから前に出る。Get StormyはTurbo Compressorと共に2番手、その後Boxeur des Ruesが続く。Double Partnerが好位の後ろを進み、中団にData Link、Brilliant Speed、Turallureは後方から。
序盤縦長だった隊列は、Little Mikeがペースを緩めた中盤には徐々に縮まり、Papaw Bodieを除いた全馬が集団となってくる。2番手争いは激しくなってきて、Boxeur des Rues、Get Stormy、Doubles Partnerが抜きつ抜かれつするが、Little Mikeのリードは変わらない。
そのままLittle Mikeが先頭で直線へ。Get Stormy、Double Partnerに加え、最内を抜けてきたSlim ShadeyがLittle Mikeを追うが、Little Mikeはリードを守るばかりか、逆に突き放し気味で、直線半ばでほぼ勝負を付けた。最後は2 1/2馬身差を付けてLittle Mikeが逃げ切り。2着はSlim Shadey、3着にはBrilliant Speedが上がった。

Little Mikeはこれで17戦10勝、G1初勝利。スタートの一瞬でハナを奪い、Get Stormyが控えたことで、逃げ馬のペースに持ち込めたことが、この完勝につながった。


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: