JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

1542. 2012/08/18 アラバマS (米G1 ダート10F 3歳牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/17(金)00:21 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Sea Island(KY) J. Rosario 3Filly121
2Zo Impressive(KY)R. Maragh 3Filly121
3Grace Hall(KY) J.J. Castellano3Filly121
4Uptown Bertie(KY)C.J. Lanerie 3Filly121
5Via Villaggio(KY)C.S. Nakatani 3Filly121
6Questing(GB)I. Ortiz Jr. 3Filly121
7In Lingerie(KY) J.R. Velazquez 3Filly121
[1]. アラバマS
|| mazuda 12/08/18(土)02:33 [ 返信 ]
大レースの勝ち馬が目まぐるしく変わる世代にあって、2歳時からトップクラスにあり続けるのがGrace Hall。今年最初の大目標であったKYオークスは3着だったが、前走はG2デラウェアオークスを完勝、夏の目標としていたこのレースに駒を進めた。デラウェアオークスの内容も良く、サラトガは昨年G1スピナウェイSを勝っている舞台、2度目のG1制覇となる可能性は高い。前走G1CCアメリカンオークスを圧勝したQuestingは、ダートで底をみせていない。前半から飛ばして後続に脚を使わせ、バテ合いに勝った内容からすると、距離延長に不安はあるが、McLaughlin師は心配していない。
Zo ImpressiveはG1マザーグースSの勝ち馬で、前走のCCアメリカンオークスはQuestingの2着。Albertrani師は前走の敗因に、後ろの馬に気をとられた位置取りを挙げ、今回はその轍を踏まない構え。CCアメリカンオークス3着のIn Lingerieは、G2ブラックアイドスーザンSの勝ち馬。その時の勝ちっぷりから、Pletcher師は距離延長に自信をみせる。Via VillaggioはG3レイルバードSの勝ち馬で、前走のデラウェアオークスはGrace Hallの2着。その時は勝ち馬が良過ぎただけで、この馬もそれなりに走っており、乱戦になればチャンスはありそう。
[2]. アラバマS結果
|| mazuda 12/08/24(金)01:32 [ 返信 ]
1QuestingI. Ortiz Jr. 1212:01.29
2In Lingerie J.R. Velazquez 1219
3Via VillaggioC.S. Nakatani 1218
4Zo ImpressiveR. Maragh 1211 1/4
5Grace Hall J.J. Castellano12112 3/4
6Sea Island J. Rosario 1217
7Uptown BertieC.J. Lanerie 1212 3/4
Times: :22.84, :46.01, 1:09.74, 1:35.06, 2:01.29

Zo Impressiveが気合を付け、スタートダッシュを決めるが、外からやはりQuestingがハナへ行く。Grace Hall、In Lingerieも前にゆき。2番手Zo Impressive、Grace Hall、In Lingerieの順で続く。その後は離れてVia Villaggio、Sea Island、最後方にUptown Bertie。
Questingは今日もハイペースで逃げる。向正面に入り、そのリードは2馬身から徐々に広がり2馬身半。Zo ImpressiveとGrace Hallが並んで続き、In Lingerieが4番手。3コーナーを前に、番手の2頭は手が動き始める。Questingを追ってゆこうというところだが、一旦少し差が詰まったもののQuestingはまだ動かないまま、リードを守る。替わってIn Lingerieが外から進出、2番手に上がるが、こちらも先に手が動き始める。
遂に追い出したQuestingが大きなリードをとって直線へ。ここへ来ると、前走同様苦しくなったか、Questingフラフラと外へヨレるが、後続もそれに付け入る程の余力が無い。そのまま後続は千切れてゆき、最後は差を9馬身にまで広げてQuestingが圧勝した。2着In Lingerie、3着Via Villaggio。

QuestingはCCAオークスに続くG1連勝で、3歳牝馬No.1をアピールした。
12/08/25(土)02:38 編集


1541. 2012/08/18 ソードダンサー招待S (米G1 芝12F 3歳上 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/17(金)00:20 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Al Khali(KY) J. Alvarado 6Ridgling116
2Point of Entry(KY) J.R. Velazquez 4Colt123
3Tahoe Lake(BRZ) E. Castro 6Gelding116
4Newsdad(KY)J. Rosario 4Colt118
5Game Ball(KY) J.L. Espinoza 5Horse116
6Center Divider(KY) R. Napravnik 5Horse116
7Hailstone(KY)J.S. Rocco Jr. 5Horse116
8Brilliant Speed(FL) J.J. Castellano4Colt116
9Turbo Compressor(FL)J. Bravo 4Ridglign123
[1]. ソードダンサー招待S
|| mazuda 12/08/18(土)02:33 [ 返信 ]
今季G1を勝っているTurbo Compressor、Point of Entryの2頭が中心。G1ユナイテッドネイションズSを逃げて快勝したTurbo Compressorは、今回も同様に先行逃げ切りを狙う。自分の競馬の形に自信を持っており、芝に転向して4戦、単騎逃げに持ち込めば全て勝っており、今回も簡単にはつかまらない。Point of Entryは前走G1マンノウォーSを完勝してきた。現在3連勝中、昨年暮れから続く成長ぶりは大したもので、陣営の期待も大きい。
マンノウォーS2着のCenter Dividerが逆転を狙う。昨夏から重賞で好走を続け、相手なりに走れる。Brilliant SpeedはユナイテッドネイションズSでは6着だったが、G1馬でBCターフでも3着と実績があり、巻き返しを狙う。ユナイテッドネイションズS3着のAl Khali、マンノウォーS3、4着のTahoe Lake、Newsdadがその後を追う。
[2]. ソードダンサー招待S結果
|| mazuda 12/08/24(金)01:32 [ 返信 ]
1Point of Entry J.R. Velazquez 1232:26.40
2Al Khali J. Alvarado 1164
3Brilliant Speed J.J. Castellano1162 1/2
4NewsdadJ. Rosario 1183/4
5Tahoe Lake E. Castro 1161/2
6HailstoneA. Garcia 1163 3/4
7Center Divider R. Napravnik 1161
8Game Ball J.L. Espinoza 1161 1/4
9Turbo CompressorJ. Bravo 12317 3/4
Times: :24.89, :49.45, 1:13.77, 1:37.90, 2:02.13, 2:26.40

Al Khaliが好スタート、Point of Entry、Center Dividerも速いが、外からTurbo Compressorがハナへ行く。Center Dividerが2番手、Point of Entryと続き、Brilliant Speed、Newsdad、Tahoe Lakeが中団。Al Khaliは控え、Hailstone、Game Ballは後方。
最初のホームストレッチに入り、Turbo Compressorのリードは1馬身。ここで、Newsdadが外から上がってゆき、2番手をうかがう。直後コーナーの内外の差で、Point of Entryの外、3番手に落ち着く。Turbo Compressorのペースは速くはないが、Center Dividerがプレッシャーをかけているせいか、中盤もあまり緩まない。Point of Entryは4番手の内をガッチリとキープしている。3コーナーにかかると、Center Divider、NewsdadがTurbo Compressorの外に接近、Turbo Compressorは逃げ込みを図りたいところだが、手応えが悪くなる。4コーナーで再び外2頭が並んでくると、Turbo Compressorは抵抗出来ない。
直線を向いて、Center Dividerが先頭。Newsdadが競ってくるが、4コーナーでその外に持ち出したPoint of Entryが一気に前2頭を抜き去り先頭に立つ。その後ろでは、馬群から抜け出してきたAl Khali、Point of Entryに付いてきたBrilliant Speedが続くが、Point of Entryはあっという間にリードを広げ、必勝態勢を固めた。そのまま、4馬身のリードを保ってPoint of Entryが1着。2着Al Khali、3着Brilliant Speed。

Point of Entryはこれで13戦6勝。2戦続けてのG1完勝劇にMcGaughey師も手応えを感じていた。


1540. 2012/08/05 アルフレド・G・ヴァンダービルトH (米G1 ダート6F 3歳上 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/08(水)01:06 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Shackleford(KY)J.R. Velazquez4Colt121
2Emcee(KY)A. Garcia 4Colt115
3Justin Phillip(KY) R.A. Dominguez4Colt115
4Rothko(KY)J.R. Leparoux 4Colt116
5Poseidon's Warrior(MD)I. Ortiz Jr. 4Colt114
6Sloane Ranger(PA) J. Lezcano 6Gelding115
7Jersey Town(KY) E.S. Prado 6Horse116
8Hamazing Destiny(KY) J. Rosario 6Horse117
[1]. アルフレド・G・ヴァンダービルトH結果
|| mazuda 12/08/08(水)01:07 [ 返信 ]
1Poseidon's WarriorI. Ortiz Jr. 1141:09.40
2Justin Phillip R.A. Dominguez115Neck
3EmceeA. Garcia 115Neck
4Hamazing Destiny J. Rosario 1171 1/4
5RothkoJ.R. Leparoux 1161 1/2
6Jersey Town E.S. Prado 1161 3/4
7Sloane Ranger J. Lezcano 1151/2
8ShacklefordJ.R. Velazquez1213 1/2
Times: :21.99, :44.61, :56.55, 1:09.40

Hamazing Destiny、Poseidon's Warriorがスタートで飛び出すが、内からRothko、そしてEmceeが前へ。ハナに立ったのはEmceeで、Rothko、Poseidon's Warriorと続き、Shacklefordは押して4番手の内へ。以下、Justin Phillip、Sloan Ranger、Hamazing Destinyは後方に下がり、ゲートの遅かったJersey Townがそれをかわしてゆく。
前は3頭が競るような格好で、ハイペースとなる。3コーナーにかかると、Shacklefordは後れ始め、Justin Phillip、Sloan Rangerが替わって上がってゆく。
直線を向いて、Emcee、Rothko、Poseidon's Warriorの3頭が並び先頭争いを繰り広げる。一旦Rothkoが前に出るが、残り1FからEmceeが差し返す。一方Poseidon's Warriorは外へ流れてゆくが、それでも伸びてゴール前でEmceeの前に出ると、追い上げてきたJustin Phillipを首差抑えて1着。2着Justin Phillip、3着Emcee。

Poseidon's Warriorは7番人気での勝利。Reid師は29年目で初のG1勝利となった。
12/08/10(金)00:55 編集


1539. 2012/08/05 ブリーダーズS (加国産限定 芝12F 3歳 ウッドバイン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/04(土)02:08 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Dragon Tail(ON) R.A. Dos Ramos 3Colt126
2Seen It All Before(ON)L. Contreras 3Gelding126
3Irish Mission(ON) A. Solis 3Filly121
4Aldous Snow(ON) E.R. Da Silva 3Colt126
5Quaesitor(ON)E. Wilson 3Gelding126
6Street Fight(ON) J.V. Bridgmohan3Gelding126
7Ultimate Destiny(ON) S.R. Bahen 3Gelding126
8Dixie Strike(ON) P. Husbands 3Filly121
9Peyton(ON)T.K. Kabel 3Gelding126
10Wilcox(ON)J. Stein 3Colt126
11Sammy Maudlin(ON) J.M. Campbell 3Gelding126
12Big Kick(ON) K.F. Fallon 3Colt126
13Colleen's Sailor(ON) G. Olguin 3Colt126
14Lateegra(ON)S. Callaghan 3Filly121
[1]. ブリーダーズS
|| mazuda 12/08/05(日)02:13 [ 返信 ]
2冠目のプリンスオヴウェールズSを勝ったDixie Strikeは、米のダートを目指すプランもあったが、地元の3冠レースを選んだ。合成馬場ではライバルIrish Missionに対し分が悪いが、芝は米で経験しフロリダオークスを勝っている。一方のIrish Missionは、ダートをこなせずプリンスオヴウェールズでは6着に終わった。しかし、芝は経験済みで、キーンランドで未勝利を勝っている。ウッドバインオークス、クイーンズプレートではDixie Strikeに先着、力を出せる条件なら簡単には負けない。
別路線組ではAldous Snow。3冠レースにはここまで出走せず、前走は芝の一般戦で古馬を相手に快勝。中5週でのレースで、3冠レースを皆勤した馬に比べ、余力はたっぷりある。Sammy Maudlinはデビューからまだ2ヶ月ちょっと。前走、芝の未勝利戦を完勝して出てきた。
プリンスオヴウェールズ2着にUltimate Destinyにとっては、芝をこなせるかどうかがポイント。力量的には安定もしている。Wilcoxはプレートで11着に沈んだ後、芝の一般戦で一昨年の勝ち馬Miami Decoの2着という競馬をしてきた。Colleen's Sailorはプレート4着、プリンゥオヴウェールズ3着と善戦しているが、やはり芝での走りが課題だ。Seen It All Beforeは前々走に2勝目をあげた時に、初挑戦で芝をこなした。
[2]. ブリーダーズS結果
|| mazuda 12/08/10(金)00:55 [ 返信 ]
1Irish Mission A. Solis 1212:30.90
2Aldous Snow E.R. Da Silva 1261/2
3QuaesitorE. Wilson 1264 3/4
4Seen It All BeforeL. Contreras 1263 3/4
5Sammy Maudlin J.M. Campbell 126Neck
6Dixie Strike P. Husbands 1212
7LateegraS. Callaghan 121Head
8Ultimate Destiny S.R. Bahen 1264 1/4
9Street Fight J.V. Bridgmohan1261 1/2
10PeytonT.K. Kabel 1263 3/4
11Dragon Tail R.A. Dos Ramos 1261
12Colleen's Sailor G.L. Olguin 12611 1/2
13Big Kick T. Pizarro 1264 1/4
14WilcoxJ. Stein 1263/4
Times: :25.11, :50.11, 1:14.77, 1:40.07, 2:05.77, 2:30.90

Ultimate Destinyがまず前に出るが、外からColleen's Sailorがハナに立つ。Lateegraが2番手、Ultimate Destinyが続き、好位にWilcox、Sammy Maudlin。Irish Missionは中団に付け、その後ろにDixie Strike、Aldous Snowは後方から。
ゆったりしたペースで進んでゆく。前は4頭、中団に7頭が密集する形で、人気馬はこの馬群の中に居る。Colleen's SailorとLateegraはほぼ横並びで先行。中盤を過ぎると後続が追い付いてきて、全馬一団の状態となる。3コーナーにかかると、後ろに居た人気馬が馬群を進出を開始。Dixie Strikeは好位に上がって前に取り付き、Irish Missionも外からその直後まで上がる。Aldous Snowは中団で、馬群の間を割ろうとしている。
直線を向いて、力尽きたColleen's Sailorに替わりLateegraが先頭。しかし、外にSammy MaudlinとDixie Strikeが並んできている。しかし、その2頭も突き抜けられずにいるうちに、外からIrish Mission、Aldous Snowが伸びる。一気にIrish Missionが先頭に出て、Aldous Snowが追ってゆく。2頭は馬体を併せてラスト100は目一杯追い比べを演じるが、先んじたIrish Missionが最後まで1/2馬身リードを守り1着。2着Aldous Snow、3着Quaesitor。

Irish Missionは3冠レースに皆勤し、最後の一つで漸く勝利。3歳女王へ向け一歩前進した。Frostad師はこのレース4勝目。


1538. 2012/08/04 クレメント・L・ハーシュS (米G1 AW8.5F 3歳上牝 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/03(金)01:49 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Include Me Out(KY)J. Talamo 4Filly121
2Quaintly(KY)Y. Fukunaga 4Filly119
3Switch(KY)M. Garcia 5Mare119
4Amani(CHI)G.K. Gomez 4Filly123
5Kayce Ace(KY) A.T. Gryder 5Mare119
6Zafeen's Pearl(GB)C. Sutherland5Mare119
7Star Billing(KY) R. Bejarano 4Filly123
8Great Hot(BRZ) V. Espinoza 4Filly119
[1]. クレメント・L・ハーシュS
|| mazuda 12/08/04(土)01:58 [ 返信 ]
注目の馬が北米初戦を迎える。チリで11戦10勝2着1回のAmaniは、智セントレジャーなどG1を4勝、その4戦で2着に付けた差が何と計47馬身半。これだけ飛び抜けていると、米でも楽しみになる。一方、西海岸のこの路線で今季トップを走るのがInclude Me Out。前走のG1ヴァニティHは2着に敗れたが、ハンデを考えると悲観的になる必要は無い。馬場も合わなかったという。昨年このレースで1番人気3着だったSwitchは短距離が主戦場で、2ターンは丸1年ぶりとなるが、得意の7Fで適当な重賞が無いので、ここを狙ってきた。2ターン戦ではもう2年勝っていないが、8.5FまでならG1でも素晴らしい走りをみせてきた。
Star Billingはデビュー以来芝で走ってきて、G1メイトリアークSを勝っている。兎にも角にも馬場をこなせるかどうか。Great Hotは昨年のBC以降はもう一つ。G2レイヴンランSを勝つなど合成馬場も得意だが、前走デザートストーマーHは6着に終わり、トンネルの出口はまだみえない。
[2]. クレメント・L・ハーシュS結果
|| mazuda 12/08/07(火)00:54 [ 返信 ]
1Include Me OutJ. Talamo 1231:41.96
2Star Billing R. Bejarano 123Neck
3AmaniG.K. Gomez 1231 1/2
4SwitchM. Garcia 1193/4
5QuaintlyY. Fukunaga 1193 1/4
6Zafeen's PearlC. Sutherland1194 1/2
7Kayce Ace A.T. Gryder 1193 1/4
8Great Hot V. Espinoza 1191 1/2
Times: :23.19, :46.65, 1:10.63, 1:35.45, 1:41.96

Great Hotが外から上がってゆきハナへ。Kayce Ace、Switchが続き、Include Me Outは5番手の内、Star Billingが後方2番手で、最後方からAmani。
向正面に入ると、たまらずといった感じでSwitchが先頭に出る。Include Me Outは4番手に上がり、前からは3馬身半程。5番手の後は離れてバラける。Switchはハイペースで行っていたが、3コーナーにかかると更にリードを広げにかかる。Switchが大きくリードをとって4コーナーを迎えるが、そこへ内から抜けてきたInclude Me Outが2番手に上がり、差を詰めてくる。その後にStar Billingも上がってきて、Amaniは最後方から大外を回る。
直線に入って早々にInclude Me OutがSwitchをとらえて先頭。Star BillingがInclude Me Outを追ってゆく。Amaniも追い上げてくるが、だいぶ離れている。Star BillingはInclude Meに詰め寄ってゆくが、Include Me Outはゴールまで先頭を譲ることなく、首差で1着。2着Star Billing、3着Amani。

Include Me Outはこれで11戦6勝、G1は2勝目となる。この後は、サンタアニタで1戦してBCレディーズクラシクを目指す。


1537. 2012/08/04 ホィットニー招待H (米G1 ダート9F 3歳上 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/03(金)01:48 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Rule(KY)J. Bravo 5Horse117
2Hunters Bay(KY) E. Wilson 5Horse115
3Caixa Eletronica(KY)J.J. Castellano 7Horse116
4Endorsement(KY)J. Rosario 5Horse115
5Trickmeister(KY)R.A. Dominguez 5Horse116
6Ron the Greek(FL) J. Lezcano 5Horse120
7Flat Out(FL) R. Napravnik 6Horse116
8Hymn Book(KY) J.R. Velazquez 6Gelding118
9Fort Larned(KY) B.J. Hernandez Jr.4Colt117
[1]. ホィットニー招待H
|| mazuda 12/08/04(土)01:57 [ 返信 ]
今季この路線で実績No.1のRon the Greekが中心。サンタアニタH、スティーヴンフォスターHと2G1を勝ち、7戦連続連対中。Mott師はもう少し休まるつもりだったようだが、使いたくなる程状態が良いとのことだ。
Fort Larnedは前走G3コーンハスカーHを完勝、スティーヴンフォスターHでは完敗したが、この半年重賞でレベルの高い走りを続けている。Ron the Greekの僚馬Flat OutはBCクラシックで1番人気にもなった馬。年明け2戦は期待を裏切ったが、休み明けの前走G2モンマスCでスローペースに泣きながら小差の2着、復活の兆しがみえた。春先にG1ドンHを勝ったHymn Bookは、前走のG2サバーバンH2着。その前も大負けはしておらず、差しが向く流れになれば上位争い。モンマスCでFlat Outを破ったのがRule。昨年は同コースのG1ウッドワードSで3着、Flat Outとそう差の無い競馬をしている。最内枠を引いてしまったので、無理なく先行出来るかどうかが一つの課題。
TrickmeisterはドンHで期待外れだったが、その後はそこそこ。サラトガは得意なので楽しみはある。Ruleの僚馬Caixa Eletronicaは短距離を主戦場とするが、2ターンでもG2チャールズタウンクラシックSを勝っている。
[2]. ホィットニー招待H結果
|| mazuda 12/08/07(火)00:54 [ 返信 ]
1Fort Larned B.J. Hernandez Jr.1171:47.76
2Ron the Greek J. Lezcano 1201 1/4
3Flat Out R. Napravnik 116Head
4Hymn Book J.R. Velazquez 1181 1/2
5TrickmeisterR.A. Dominguez 1164 1/2
6EndorsementJ. Rosario 1174 1/2
7Hunters Bay E. Wilson 1151 1/2
8Caixa EletronicaJ.J. Castellano 116Nose
9RuleJ. Bravo 11711 1/2
Times: :23.42, :46.97, 1:10.86, 1:34.80, 1:47.76

Endorsementのゲートが速く、Trickmeisterが続いて2頭が前へ。Fort Larned、Ruleが続き、その後にFlat Out、Hymn Bookが居る。Ron the Greekは1頭だけ馬群から大きく離れた最後方を進む。
EndorsementとTrickmeisterは競っていたが、中盤からEndorsementが1馬身リード。更に1馬身差でFort Larnedが続き、4番手以下は固まっている。Ruleは3コーナーで手応えが悪くなり後退。Endorsementのリードは再び縮まり、Fort Larnedも外から競ってゆく。Caixa Eletronica、Hymn Bookが追いかけ、その直後にFlat OutRon the Greekもその外まで上がってくる。
先頭は、3頭横並びから直線を向いたところでFort Larnedが先頭。ここから一気に後続を突き放し、Fort Larnedが確勝の態勢を築く。Hymn Book、Flat OutRon the Greekが叩き合って追ってゆき、ゴール前でかなり差を詰めたが、Fort Larnedが1 1/4馬身リードを守り1着。2着Ron the Greek、3着Flat Out

Fort LarnedはG1初勝利。これでBCクラシックの出走権を手に入れた。


1536. 2012/08/04 プライオリスS (米G1 ダート6F 3歳牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/03(金)01:48 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Emma's Encore(FL) J. Alvarado 3Filly120
2Livi Makenzie(KY) D. Cohen 3Filly116
3Jamaican Smoke(KY) J. Lezcano 3Filly118
4Tu Endie Wei(KY) J.R. Leparoux 3Filly122
5Judy the Beauty(ON)J. Rosario 3Filly120
6Agave Kiss(NY) R.A. Dominguez3Filly122
7Jazzy Idea(MD) J.R. Velazquez3Filly120
[1]. プライオリスS
|| mazuda 12/08/04(土)01:57 [ 返信 ]
デビューからG3シカーダSを含む6連勝を果たしたAgave Kiss。前走のG3ヴィクトリーライドSでは5着に沈み、巻き返しを狙う。前走は競りかけられて殺人的なペースに巻き込まれたのが敗因。今回は外枠で、他馬の出方をみながら行くことで、二の舞を避けたいところだ。
一方、ヴィクトリーライドSでAgave Kissと競ったJamaican Smokeは、2着に残っている。消耗戦ならこちらの方が強いかもしれない。そのヴィクトリーライドSを勝ったEmma's Encoreは、その時は大層な人気薄で超ハイペースを利した感が強いが、デビュー戦と2ターンのG2ガルフストリームパークオークスを除くとダートで大崩れが無い。前走のペースを作った3頭が今回も揃い、展開的にも前走の再現はあり得る。
ヴィクトリーライドSで先行して3着のTu Endie Weiも、Jamaican Smokeとはほぼ互角。G1スピナウェイS2着があるJudy the Beautyは、前走芝の一般戦2着で休み明けの一叩きを済ませてきた。
[2]. プライオリスS結果
|| mazuda 12/08/07(火)00:53 [ 返信 ]
1Emma's Encore J. Alvarado 1201:09.35
2Judy the BeatyJ. Rosario 120Nose
3Agave Kiss R.A. Dominguez1221 3/4
4Jazzy Idea J.R. Velazquez1201
5Livi Makenzie D. Cohen 11611 3/4
6Tu Endie Wei J.R. Leparoux 1202 1/4
Times: :22.15, :44.64, :56.63, 1:09.35
Scratched: Jamaican Smoke

Agave Kissが絶好のスタートからハナへ。Livi Makenzieが追ってゆくが、振り切ってAgave Kissが単騎先頭。Tu Endie Wei、Judy the Beauty、Jazzy Ideaと続き、Emma's Encoreは最後方から。
Agave Kissはリードを1馬身半から2馬身へと広げてゆき、3コーナーで更に差を付ける。2番手はTu Endie Weiが後退し、Judy the Beautyが前に出てJazzy Ideaが追う形。Emma's Encoreも順位を一つ上げ、前との差を詰めてゆく。
直線を向いてAgave Kissが逃げ込みを図るが、Judy the Beautyが詰め寄ってゆく。残り1Fからジワジワ差を詰め、残り100でJudy the BeautyがAgave Kissをとらえるが、大外からEmma's Encoreが飛んでくる。ゴール前ではJudy the BeautyとEmma's Encoreが並んだが、僅かにEmma's Encoreが差し切っていた。2着Judy the Beauty、3着Agave Kiss。

Emma's Encoreは重賞連勝。Jerkens師は久々のG1勝利となった。


1535. 2012/07/29 ビングクロスビーS (米G1 AW6F 3歳上 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/07/28(土)01:41 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Amazombie(CA)M.E. Smith 6Gelding123
2Comma to the Top(FL)K. Krigger 4Gelding119
3Don Tito(FL) G.K. Gomez 5Horse119
4The Factor(KY) M. Garcia 4Colt123
5Capital Account(KY) D.R. Flores5Horse119
[1]. ビングクロスビーS
|| mazuda 12/07/29(日)03:01 [ 返信 ]
G1を2勝しているThe Factorと、昨年のスプリント王者Amazombieの対決が軸。The Factorはドバイ帰りの前走G1トリプルベンドHで2着、思いの外早くスタミナが尽きた。今回は万全の態勢で、前走より良い走りを期待する。Amazombieは今年G2ポトレログランデSを勝っている。G2サンカルロスSではThe Factorとの対戦に敗れた。前走のG2チャーチルダウンズSでは5ポンド軽いShacklefordと1馬身差の2着、調子は上向きだ。後は、1年ぶりの合成馬場がどうか。昨年のこのレースは3着で、以後ダートしか走っていない。最内枠も気になる点。
The Factorの僚馬Capital Accountは、これがステークスデビュー。ここまで着外ゼロ、合成馬場は無敗で、前走ハリウッドの一般戦は3 3/4馬身差の完勝だった。
[2]. ビングクロスビーS結果
|| mazuda 12/08/01(水)02:01 [ 返信 ]
1AmazombieM.E. Smith 1231:08.65
2The Factor M. Garcia 1231 1/4
3Capital Account D.R. Flores119Head
4Comma to the TopK. Krigger 1191 1/4
5Don Tito G.K. Gomez 1193 1/2
Times: :22.39, :44.50, :56.46, 1:08.65

Comma to the Topがハナに立つ。The Factorが徐々に出て行ってハナを窺うが、Comma to the Topが譲らない。2頭が後続を引き離し、3番手にAmazombie、その後更に間が空いてDon TitoとCapital Account。
前2頭は競り合うような形で、息の入らないペースとなる。それでもAmazombieは4馬身程の差をキープ、その後も徐々に差を詰めてくる。The Factorが4コーナーでComma to the Topをとらえにかかるが、Comma to the Topも粘る。Amazombieが仕掛けてThe Factorに接近、Capital Accountも上がってくる。
直線を向いてComma to the TopとThe Factorの叩き合い。しかし、ここまで厳しいペースで来たせいか脚色は鈍い。そこへAmazombieが外からやって来る。残り1Fを切ったところで前2頭に並びかけてくると、そのまままとめてかわし先頭へ。一気に食い下がるThe Factorに1 1/4馬身差を付け、勝負を決めた。2着The Factor、3着Capital Account。

Amazombieはこれで27戦12勝。6歳ながら力強さを増している感がある。今後は1戦してBCスプリントを目指す。


1534. 2012/07/29 ハスケル招待S (米G1 ダート9F 3歳 モンマス) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/07/28(土)01:41 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Nonios(KY)C.S. Nakatani 3Colt118
2Dullahan(KY)K.J. Desormeaux3Colt120
3Paynter(KY)R. Bejarano 3Colt118
4Gemologist(KY)J.J. Castellano3Colt120
5Handsome Mike(KY)M. Gutierrez 3Colt118
6Stealcase(KY)S.X. Bridgmohan3Colt118
[1]. ハスケル招待S
|| mazuda 12/07/29(日)03:01 [ 返信 ]
前走のベルモントS、勝利まであと一歩というところまでいったPaynterが中心。Bodemeisterが熱発で戦線離脱し、代わって出ることになったが、決して見劣りはしない。中間の調教でも抜群の動きで、初G1を狙う。
5戦無敗でG1ウッドメモリアルSを勝ち、有力馬の1頭としてKYダービーを迎えたGemologist。しかし、KYダービーでは16着に沈み、脚に怪我も見付かって今回はそれ以来。ここへ向けては追い切りでも好時計を出し、グングン良くなっている。Paynterをマークするような競馬をしたい。Noniosは3冠レースには出ていない。6月のG3アファームドHで重賞初勝利、前走のG2スワップスSも内容のある2着だった。ただ、ダートについては未知数、調教では問題ないとしかわからない。こなせれば勝負に加わってこれそうだが。G1ブルーグラスSの勝ち馬Dullahanは、KYダービーで3着と好走、しかし、ベルモントSでは7着と期待外れに終わった。人気のPaynterが逃げると予想されるので、各馬それを早めに追う展開を期待したいところ。
StealcaseはG3ダービートライアルSではPaynterと首差の競馬をした馬。その後一般戦を快勝し、前走はG3マットウィンS2着でここへ。
12/08/01(水)02:00 編集
[2]. ハスケル招待S結果
|| mazuda 12/08/01(水)02:00 [ 返信 ]
1PaynterR. Bejarano 1181:48.87
2NoniosC.S. Nakatani 1183 3/4
3StealcaseS.X. Bridgmohan1184 1/2
4Handsome MikeM. Gutierrez 1183 3/4
5DullahanK.J. Desormeaux1201 1/2
6GemologistJ.J. Castellano1201 1/2
Times: :23.88, :48.01, 1:11.37, 1:36.23, 1:48.87

好スタートからハナを切ったのはGemologistPaynterは2番手に控え、Handsome Mike、Noniosと続く。Dullahanが5番手、Stealcaseは離れた最後方から。
Gemologistのリードは1馬身、コーナーで内を回り、Paynterに並んだNoniosは、向正面に入ると2番手に上がってGemologistに接近、リードが首程になる。中盤を過ぎると今度はPaynterGemologistに迫り、Noniosは下がる。3コーナー手前でGemologistは手が動き始め、Paynterが持ったままでかわしてゆく。その後Noniosは少し離れ、Dullahanは更に2馬身半後ろ。
Paynterが先頭、Noniosがそれを追って直線へ。直線を向くとGemologistは完全に後退、早くも2頭の勝負に絞られる。先頭も、直線に入って追い出されたPaynterが、先にトップスピードに乗り付いてきたNoniosを残り1Fから突き放し、勝負あり。そのまま3 3/4馬身差を付けてPaynterが1着。2着Nonios、3着には死んだ振りから4コーナーで一気に上がってきたStealcaseが入った。

Paynterはこれで6戦3勝、G1初勝利。Baffert師は同レース3年連続6度目の勝利となった。次走はトラヴァースSの予定。


1533. 2012/07/28 ダイアナS (米G1 芝9F 3歳上牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/07/27(金)01:22 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Tapitsfly(KY)J. Rosario 5Mare120
2Law of the Range(GB)R. Maragh 5Mare118
3Zagora(FR)R.A. Dominguez 5Mare120
4Draem Peace(IRE) J.R. Leparoux 4Filly118
5Winter Memories(KY) J.J. Castellano4Filly120
6Hungry Island(KY) J.R. Velazquez 4Filly120
[1]. ダイアナS
|| mazuda 12/07/28(土)01:42 [ 返信 ]
前走G1ジャストアゲームSの上位3頭に、昨年の勝ち馬を交えた上位混戦の様相。
Winter MemoriesはジャストアゲームSで2着、Tapitsflyにまんまと逃げきられ、得意のベルモントで土が付いてしまった。しかし、今回も持ち味を出すことに徹するとのこと。サラトガでも昨年のG2レイクジョージSで強い競馬をしており、中間降雨があったが道悪も苦にしない。連覇を狙うZagoraは、今年4戦し、G1ジェニーワイリーSこそ良いところが無かったが、他は全て勝っている。使われて調子を上げ、舞台も絶好。ジャストアゲームSを見事逃げ切ったTapitsflyは、そのことでマークがきつくなることと、距離延長が懸念材料。前走の手綱をとったDominguezもZagoraに移った。何とか前走同様の楽逃げに持ち込みたい。Hungry Islandはジャストアゲーム3着。完敗だったが、McGaughey師は逆転への期待を持っている。サラトガでは昨年のG2レイクプラシッドS勝ちが光る。
Dream Peaceは仏でG2ノネット賞勝ちがある。北米では昨年のG1E.P.テイラーSに出て頭差3着だった。
[2]. ダイアナS結果
|| mazuda 12/08/01(水)01:56 [ 返信 ]
1Winter Memories J.J. Castellano1201:48.50
2Dream Peace J.R. Leparoux 1181 1/2
3ZagoraR.A. Dominguez 1203 1/4
4TapitsflyJ. Rosario 120Neck
5Hungry Island J.R. Velazquez 1201/2
6Law of the RangeR. Maragh 11826 3/4
Times: :23.31, :47.56, 1:11.27, 1:35.86, 1:48.50

Tapitsflyがやはりハナへ行くが、Law of the Rangeも付いてゆく。Winter Memories、Zagoraがその後に続き、Dream PeaceとHungry Islandが後方。
Tapitsflyは1コーナーで一旦Law of the Rangeを振り切り2馬身リード、澱みないペースで入る。向正面に入るとペースも落ち着き、再びLaw of the Rangeがピタリと付く。Zagora以下も追い付いてくると、勝負所でLaw of the Rangeは一杯、Zagora、Winter MemoriesTapitsflyを追ってゆく。内ピッタリを回ったDream PeaceもWinter Memoriesの直後にやってくる。Hungry Islandは外へ。
直線を向いて、Winter MemoriesTapitsflyに迫る。そのまま一気にWinter Memoriesが先頭へ。内からDream Peaceが追ってくるが、抜け出したWinter Memoriesがリードを広げ、ほぼ勝負あり。3番手以下も離れ、勝負には絡んでこない。最後はWinter MemoriesがDream Peaceに1 1/2馬身差を付け1着。離れた3着はZagora。

Winter Memoriesは2度目のG1勝利。次走は未定とのこと。
12/08/01(水)01:59 編集


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: