JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

1553. 2012/09/01 フォアゴーS (米G1 ダート7F 3歳上 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/31(金)00:08 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Jersey Town(KY) E.S. Prado 6Horse124
2Shackleford(KY)J.R. Velazquez 4Colt124
3Isn't He Perfect(KY)R.A. Dominguez 4Colt124
4Jackson Bend(FL) J. Alvarado 5Horse124
5Pacific Ocean(KY) J. Rosario 5Gelding124
6Emcee(KY)A. Garcia 4Colt124
7Caixa Eletronica(KY)J.J. Castellano7Horse124
8Hamazing Destiny(KY)R. Maragh 6Horse124
12/08/31(金)00:11 編集
[1]. フォアゴーS
|| mazuda 12/09/01(土)04:28 [ 返信 ]
Shacklefordが巻き返しを期す。前走のG1アルフレド・G・ヴァンダービルトHは最下位8着に沈んだが、これは道悪の影響も大きかったとみる。6Fより7Fの方が条件として合っているだろうし、馬の状態に問題は無さそう。
昨年の勝ち馬Jackson Bendは連覇を狙っているが、この中間、調教中の事故に巻き込まれた影響で、出否を迷っている状況。ここ2戦の結果も思わしくなく、勝つためには展開を味方に付けたいところ。Pacific Oceanは前哨戦のG3ジェームズマーヴィンSを勝ってきた。ここ3戦は逃げており、展開の鍵を握る。Emceeは前走ヴァンダービルトHで3着、勝ち馬との差は半馬身で成長の跡がみえる。外めの枠を引いてShackleford、Pacific Oceanの出方をみて行けるのも好都合。
Caixa EletronicaはG2トゥルーノースHの勝ち馬。Shackleford、Pacific Ocean、Emceeが競って先行争いが激しくなれば浮上するか。
[2]. フォアゴーS結果
|| mazuda 12/09/04(火)00:36 [ 返信 ]
1EmceeA. Garcia 1241:21.00
2Hamazing DestinyR. Maragh 1244 1/2
3Jersey Town E.S. Prado 124Neck
4Caixa EletronicaJ.J. Castellano1242 1/4
5Pacific Ocean J. Rosario 124Nose
6Isn't He PerfectR.A. Dominguez 1241/2
7Jackson Bend J. Alvarado 1246 3/4
Times: :22.64, :45.38, 1:08.81, 1:21.00
Scratched: Shackleford

Emceeが好スタート。その内からPacific Oceanが出てゆきハナへ。Emceeが2番手、その後少し空いてJersey TownとHamazing Destinyが並び、Isn't He Perfect、Caixa Eletronica、Jackson Bendと続く。
中盤にかかると、馬群が詰まってくる。Jersey Townは3番手でEmceeに接近、Jackson Bendは内からポジションを上げてゆく。ここから一旦前と距離が出来たJersey Townだが、3コーナーを回って内から進出、一気に先頭に出る。Jackson Bendは後退し、前3頭が並んでそれをHamazing Destinyが追う形で直線へ。
Jersey Townが先頭で直線を向き、そのまま逃げ込みを図るが、やがてEmceeが外から伸びてくる。残り1Fを切ってEmceeがJersey Townを差し返すと、そのままEmceeはリードを広げてゆく。Hamazing Destinyが追ってくるが、Jersey Townとの2番手争いまで。Emceeが4 1/2馬身差を付けて快勝。2着Hamazing Destiny、3着Jersey Town。

Emceeはこれで7戦4勝、重賞初勝利。


1552. 2012/08/26 パシフィッククラシックS (米G1 AW10F 3歳上 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/25(土)02:39 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Rail Trip(KY) J. Valdivia Jr.7Gelding124
2Amani(CHI)G.K. Gomez 4Filly119
3Richard's Kid(MD) V. Espinoza 7Horse124
4Where's Sterling(KY)P. Lopez 5Horse124
5Dullahan(KY)J. Rosario 3Colt118
6Akkadian(KY)M. Garcia 4Gelding124
7Jaycito(KY)R. Bejarano 4Colt124
8Suggestive Boy(ARG) J. Talamo 4Colt124
9Game On Dude(KY) C. Sutherland 5Gelding124
10Riveting Reason(KY) D.R. Flores 4Colt124
[1]. パシフィッククラシックS
|| mazuda 12/08/27(月)01:53 [ 返信 ]
3頭出しのBaffert厩舎が強力。中でも、今年国内では負け無し、前走はG1ハリウッド金杯を勝ったGame On Dudeが中心か。昨年のこのレースは4着だったが、今年は昨年より良化した手応えがある。Richard's Kidは北米に戻って3戦2勝、敗れたハリウッド金杯もGame On Dudeと小差の2着だった。このレースは過去2回制しており、条件としては合っている。Jaycitoはやや落ちるが、前走の一般戦で久々の勝利をあげてきた。
Suggestive Boyは亜G1を4勝している南米の雄。但し、全て芝のレース。北米初戦の前走ウィッカーSも芝、合成馬場をこなせるかどうかが問題。調教では問題無いようだが。西海岸に戻ったRail Tripは、前走のG2サンディエゴHで2年ぶりに勝利をあげた。このレースは3年前にRichard's Kidの3着となっている。
チリの女傑Amaniは、北米初戦の前走G1クレメント・L・ハーシュHで3着、差はそれ程でもなかった。合成馬場も初めてだったし、2戦目で慣れてくれば。脚質からして距離が伸びるのも悪くなさそう。3歳のG1馬Dullahanは、KYダービー3着の後期待外れの競馬が続いたが、2度のG1勝利は共に合成馬場での競馬、今回は向いている条件だろう。
[2]. パシフィッククラシックS結果
|| mazuda 12/08/30(木)00:42 [ 返信 ]
1DullahanJ. Rosario 1181:59.54
2Game On Dude C. Sutherland 1241/2
3Richard's Kid V. Espinoza 1242 3/4
4Rail Trip J. Valdiva Jr.1241 1/4
5Suggestive Boy J. Talamo 1241/2
6AmaniG.K. Gomez 1191 3/4
7JaycitoR. Bejarano 1245 1/4
8Where's SterlingP. Lopez 124Head
9AkkadianM. Garcia 1241 1/4
10Riveting Reason D.R. Flores 1247 1/2
Times: :23.61, :46.98, 1:11.08, 1:35.25, 1:59.54

外からスッとRiveting Reasonがハナへ。Suggestive Boy、Akkadianが続き、Game On Dudeが4番手。その後にRail Trip、Amaniが並び、中団後ろにDullahan、Richard's Kidが付ける。
向正面に入ると、Game On Dudeが上がってゆく。一気に2番手に上がると、Riveting Reasonに並び、先頭に出る勢い。それに釣られるかのように、好位から中団も前に寄ってくる。勝負所でGame On Dudeは抜け出し、Suggestive Boy、Rail Tripが追いかける。後ろからはDullahanがマクって出る。
Game On Dudeを3頭が追う格好で直線へ。Game On Dudeは流石に末もしっかりしているが、ここから素晴らしい伸びをみせたのがDullahan。直ぐに単独2番手に上がると、一完歩ずつGame On Dudeに詰め寄ってゆき、ゴール前で差し切って3/4馬身差でDullahanが1着。2着Game On Dude、3着Richard's Kid

Dullahanは3勝全てがポリトラック、そしてその全てがG1というポリトラックの申し子のような馬になってきた。今後の大目標はドバイワールドカップとのこと。勝ち時計は従来のレコードを1秒以上更新する好時計。


1551. 2012/08/26 パーソナルエンスン招待H (米G1 ダート9F 3歳上牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/25(土)02:39 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1It's Tricky(KY) E. Castro 4Filly123
2Brushed by a Star(KY)C.S. Nakatani 4Filly118
3Love and Pride(KY) J.R. Velazquez 4Filly114
4Royal Delta(KY) M.E. Smith 4Filly124
5R Gypsy Gold(KY) J.J. Castellano4Filly115
6Tiz Miz Sue(KY) J. Rocco Jr. 5Mare115
[1]. パーソナルエンスン招待H
|| mazuda 12/08/27(月)01:53 [ 返信 ]
ハンデ上位の2頭、Royal DeltaIt's Trickyの対戦が軸。対戦成績は2勝1敗で、Royal Deltaがリード、3歳女王もものにした。Royal Deltaは年明け、ドバイと連敗したが、その後G2フルールドリスHを圧勝、前走のG2デラウェアHも勝ってきた。一方、It's Trickyは今年3戦3勝、前走はG1オグデンフィップスHを勝ってきた。昨年までの10FならRoyal Deltaが有利だが、この距離ならCCアメリカンオークスで勝っているIt's Trickyにも目がある。今回は3ヶ月ぶりの実戦となるが、これは狙い通りで、その分入念に調教を積んできた。
3連勝でG2モリーピッチャーHを勝ってきたBrushed by a Star、G3オベアHを勝っているLove and Prideが先行争いをしそう。Love and Prideはブリンカーを外して臨む。Tiz Miz SueはG3アゼリSを勝っており、デラウェアHではRoyal Deltaに迫ったが、相手なりに走るようなところがあり、G1ではこれまで3着止まり。
[2]. パーソナルエンスン招待H結果
|| mazuda 12/08/30(木)00:41 [ 返信 ]
1Love and Pride J.R. Velazquez 1141:49.22
2Royal Delta M.E. Smith 1241/2
3It's Tricky E. Castro 1231
4Tiz Miz Sue J.S. Rocco Jr. 1151/2
5Brushed by a StarC.S. Nakatani 11811 1/2
6R Gypsy Gold J.J. Castellano1155
Times: :24.16, :47.69, 1:11.38, 1:35.83, 1:49.22

It's Trickyは落馬一歩手前の躓きで、出遅れる。Brushed by a Starがハナを切り、Love and Prideが2番手、Royal Deltaがその後で、It's Trickyは押し上げて4番手の内に付く。その後はTiz Miz Sue、R Gypsy Gold。
Brushed by a Starが逃げるが、Love and Prideが半馬身程でピタリと張り付く。Royal Deltaは3番手、It's Trickyは4番手に上がった後は抑え気味に進める。しかし、勝負所が近付いて真っ先に動いたのはIt's TrickyRoyal Deltaの内に並びかけると、Royal Deltaも動いてゆく。前はLove and PrideがBrushed by a Starをとらえにかかる。4コーナーでLove and PrideとIt's Trickyが内外からBrushed by a Starをかわしてゆくが、ここでRoyal Deltaが外に大きく膨らんでしまう。
直線を向いて、It's TrickyとLove and Prideの追い比べとなるが、It's Trickyは間も無く脚色が鈍る。Royal Deltaは立て直したがまだ4番手。そうこうするうちにLove and Prideがリードを広げ、最後はRoyal DeltaIt's Trickyが巻き返してゆくものの、Love and Prideがそのまま押し切った。2着Royal Delta、3着It's Tricky

Love and Prideはこれで15戦6勝、G1初制覇。ブリンカーを外した効果とVelazquezの手綱捌きで、大レースに勝ちなれたPletcher師も驚く勝利を引き寄せた。


1550. 2012/08/25 トラヴァースS (米G1 ダート10F 3歳 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/24(金)01:31 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Speightscity(KY)I. Ortiz Jr. 3Ridgling126
2Five Sixteen(KY) R. Napravnik 3Gelding126
3Golden Ticket(KY)D. Cohen 3Colt126
4Stealcase(KY)S.X. Bridgmohan3Colt126
5Street Life(KY) J. Lezcano 3Colt126
6Alpha(KY)R.A. Dominguez 3Colt126
7Atigun(KY)M.E. Smith 3Colt126
8Neck 'n Neck(KY) L.R. Goncalves 3Colt126
9Liaison(KY)R. Bejarano 3Colt126
10Nonios(KY)J.R. Velazquez 3Colt126
11Fast Falcon(KY) J. Alvarado 3Colt126
[1]. トラヴァースS
|| mazuda 12/08/25(土)02:41 [ 返信 ]
3冠路線を引っ張った馬達の戦線離脱が相次ぎ、混戦模様。
先ず有力なのは、前哨戦のG2ジムダンディSを勝ってきたAlpha。年明けに良い競馬を続け、ダービー戦線でも期待されたが、KYダービーで12着に終わり、一息入れた前走で復活勝利をあげた。サラトガはデビュー戦圧勝もあり2戦2勝。NoniosはG3アファームドHの勝ち馬で、前走はG1ハスケル招待Sで2着、勝ち馬には完敗だったが、この馬も3着には差を付けた。ダート初戦としては上々の内容だったと言える。ジムダンディS2着のNeck 'n Neckは、その前は2連勝で、ハスケル招待3着のStealcaseに大差を付けG3マットウィンSを勝っている。前走は道悪も敗因で、条件次第で逆転も。Street LifeはG2ピーターパンS3着馬、前走のカーリンSでステークス2勝目を上げ、力を付けてきている。G1キャッシュコールフューチュリティの勝ち馬Liaisonは、3歳になって低迷していたが、夏なってアファームドH2着、G2スワップスS3着と好走を続け、前走のジムダンディSも3着。前と少し差があるが、スタートもコースどりも良くない中での結果で、悲観したものでもない。
AtigunはベルモントSの3着馬。ジムダンディSは6着だったが、差しが決まるような流れになれば。Stealcaseはハスケル招待3着、スタートが良くなかったこともあり、Noniosとの差は4 1/2馬身も無いだろう。
[2]. トラヴァースS結果
|| mazuda 12/08/29(水)01:04 [ 返信 ]
1(DH)Golden TicketD. Cohen 1262:02.74
1(DH)AlphaR.A. Dominguez 126-
3Fast Falcon J. Alvarado 126Neck
4AtigunM.E. Smith 1261
5NoniosJ.R. Velazquez 1262 1/2
6Neck 'n Neck L.R. Goncalves 1261 1/4
7StealcaseS.X. Bridgmohan1261 3/4
8SpeightscityI. Ortiz Jr. 126Head
9LiaisonR. Bejarano 1261
10Five Sixteen R. Napravnik 1263/4
11Street Life J. Lezcano 1261 1/2
Times: :23.51, :48.06, 1:12.62, 1:37.25, 2:02.74

内からSpeightscityが出てゆき、Stealcase、Alpha、Neck 'n Neckと続く。Noniosは中団、Street Life、Liaisonは後方に構える。
向正面でStealcase、AlphaがSpeightscityにプレッシャーをかけ、Speightscityが譲らず行ってペースは緩まない。中間を過ぎて、漸く流れが落ち着き、馬群が詰まってくる。Stealcaseが再びSpeightscityに接近、3コーナーにかかるとAlphaも進出し、AlphaがSpeightscityに並びかける。その後Golden Ticketが内に張り付き、外からAtigun、Noniosがやって来る。
直線を向いて、Alphaが内の2頭をかわすが、更にその内、ラチ沿いに飛び込んだGolden Ticketが一気に先頭に出る。リードを広げたGolden Ticketに対し、Alphaはラスト100から詰め寄ってゆき、ゴール板で馬体が並ぶ。写真判定の結果、2頭が1着同着となった。3着にFast Falcon。

同レースでの1着同着は138年ぶり2度目という珍事だった。


1549. 2012/08/25 キングスビショップS (米G1 ダート7F 3歳 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/24(金)01:30 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Willy Beamin(NY) A. Garcia 3Gelding119
2Gun Boat(FL) R. Bejarano 3Colt117
3Currency Swap(FL) R. Maragh 3Colt121
4Fort Loudon(FL) J. Alvarado 3Colt119
5Laurie's Rocket(KY) J. Rosario 3Colt119
6Spin Out(KY) R. Napravnik 3Colt117
7Ever So Lucky(KY) J.R. Velazquez3Colt117
8Unbridled's Note(KY)J.R. Leparoux 3Colt117
9Trinniberg(KY)W. Martinez 3Colt121
10Doctor Chit(KY) R.A. Dominguez3Colt119
[1]. キングスビショップS
|| mazuda 12/08/25(土)02:41 [ 返信 ]
Currency SwapとTrinnibergの3度目の対戦が軸。過去2回はいずれも重賞でワンツーを決め、対戦成績は1勝1敗と拮抗している。Currency Swapは、前哨戦のG2アムステルダムSを勝ってきており、1ターン戦では未だ連対を外していない。サラトガは3戦3勝と得意にしている。Trinnibergは前々走、G2ウッディスティーヴンスSでCurrency Swapを破って勝利。前走はG3キャリーバックSで2着に敗れたが、差は僅かに首で、3着には13 3/4馬身差を付けた。Currency Swapを内にみてレースが出来る枠も好都合。
Doctor ChitはアムステルダムSでハイペースで逃げ2着に残った。前走が重賞初挑戦で、伸びしろはまだ大きそう。Gun BoatはアムステルダムSでは後方のまま6着、今回はブリンカーを付けて、先行力を活かす競馬を試みる。
Willy Beaminは4連勝中、相手が軽いとはいえいずれも完勝で来ている。Unbridled's NoteはアムステルダムS3着馬、こちらもキャリアは5戦で、発展途上といったところ。Ever So Luckyは2ターン戦中心の競馬だが、先行馬が揃ったここは前が速くなると展開が向くかもしれない。Fort Loudonは3連勝でキャリーバックSを勝っているが、前走のアムステルダムSは5着だった。
[2]. キングスビショップS
|| mazuda 12/08/29(水)01:03 [ 返信 ]
1Willy Beamin A. Garcia 1191:22.02
2Fort Loudon J. Alvarado 1191/2
3Unbridled's NoteJ.R. Leparoux 117Nose
4Doctor Chit R.A. Dominguez1193/4
5Laurie's Rocket J. Rosario 119Neck
6Currency Swap R. Maragh 1211 3/4
7Ever So Lucky J.R. Velazquez117Head
8Spin Out R. Napravnik 1171 1/2
9TrinnibergW. Martinez 1213/4
10Gun Boat R. Bejarano 1172
Times: :22.28, :45.13, 1:09.24, 1:22.02

Doctor Chitが好スタートを切るが、Trinnibergが飛び出す。Doctor Chitが続き、Currency Swapが3番手、Gun Boatがその後ろ。Unbridled's Note、Fort Loudonは中団に居て、その後Willy Beamin、Ever So Luckyは後方から。
Trinnibergのリードは1馬身、2番手もほぼDoctor Chitだが、その後は入れ替わりの激しい競馬となる。勝負所でGun Boatは後退、Unbridled's NoteにFort Loudonが先んじて前に接近、Willy Beaminは馬群に取り付く。一方Currency Swapは先に手が動き始める。
直線を向いて、Trinnibergが先頭で、その外にDoctor Chit。Currency Swapは内ピッタリを回って食い下がる。その後ろはFort Loudon、Unbridled's Noteが追いかけ、外に出して迫ってくる。更に後ろからは、Willy Beaminが伸びて、4、5頭が入り乱れての大混戦に。これを残り50で断ち切ったのはWilly Beamin、ゴールでは1/2馬身抜け出した。2着はFort Loudon、3着Unbridled's Note。

Willy Beaminは、中3日の強行軍を制し、6連勝でG1初制覇。この後のことは未定。
12/08/29(水)01:04 編集


1548. 2012/08/25 テストS (米G1 ダート7F 3歳牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/24(金)01:29 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Well Kept(KY) I. Ortiz Jr. 3Filly116
2Aubby K(KY) E.S. Prado 3Filly116
3Book Review(KY) J.J. Castellano3Filly116
4Yara(FL)R. Napravnik 3Filly120
5Beautiful But Blue(NY)J. Alvarado 3Filly116
6Jazzy Idea(MD) J. Lezcano 3Filly116
7Gypsy Robin(KY) J.R. Velazquez 3Filly120
8Contested(KY)R. Bejarano 3Filly122
9Ullapool(FL)J. Rosario 3Filly116
10Amie's Dini(KY) D. Cohen 3Filly116
[1]. テストS
|| mazuda 12/08/25(土)02:40 [ 返信 ]
Contestedは4連勝でG1エイコーンSを勝った。ダートのマイル以下では全戦2着を千切る競馬をしており、距離短縮はプラス。5着に終わった前走G1マザーグースSも、敗因は距離というより走らなかったという面が大きく、今回は調教でも好調が伝えられ、巻き返しはありそう。
Book Reviewはここ3戦で2勝、負けた1戦もQuestingの2着で、この馬もそれなりの力をみせている。前走は同コースの一般戦を快勝した。これがステークス初出走。Aubby KはエイコーンS3着、前走はG2デラウェアオークス4着だが、短距離戦では2戦2勝、しかも2戦で合計25 1/4馬身後続を千切っている。Amie's Diniも距離短縮組。暫く2ターン戦が続き、重賞2着もあるが、マイル以下の方が良さそう。調教でも猛時計を出してきた。
Beautiful But Blueは重賞経験は無いが、同距離のステークスを連勝中、2戦とも完勝で、前走は同コースのフリートインディアンSだった。
[2]. テストS結果
|| mazuda 12/08/29(水)01:02 [ 返信 ]
1ContestedR. Bejarano 1221:22.47
2Gypsy Robin J.R. Velazquez 1202
3Beautiful But BlueJ. Alvarado 1161/2
4Well Kept I. Ortiz Jr. 1161
5Jazzy Idea J. Lezcano 1161
6Amie's Dini D. Cohen 1171 1/4
7Book Review J.J. Castellano1161
8Aubby K E.S. Prado 1161 1/4
9UllapoolJ. Rosario 1173 1/2
10YaraR. Napravnik 1209 3/4
Times: :21.49, :44.09, 1:09.06, 1:22.47

好スタートはGypsy Robin、Ullapool。そこからUllapoolがハナ、Gypsy Robinが2番手。Contestedはスタートが悪く、一旦後ろに下がるが、盛り返して3番手に付け、先頭からは6馬身程の位置を追走。その後もバラけ、Beautiful But Blueが好位の後ろ、中団にAmie's Dini、Book Reviewは最後方から。
3コーナーに入り、後方の馬が追い上げを始め、集団が詰まってくる。前も2頭のリードが縮まってくるが、Ullapool、Gypsy Robinの順は変わらず、直後にContestedが近付いて直線へ。
ここからUllapool、Gypsy Robin、Contestedの3頭が並んでの追い比べとなり、間も無くUllapoolが脱落。Gypsy Robinが前に出るが、残り1FでContestedがかわして先頭に立つ。ハイペースにやられたか、後続の差し脚も鈍く、そのままContestedがGypsy Robinに2馬身差を付け1着。2着Gypsy Robin、3着Beautiful But Blue。

Contestedはこれで7戦5勝、G1は2勝目。この後はBCフィリー&メアスプリントを目指す。
12/08/29(水)01:05 編集


1547. 2012/08/24 バレリーナS (米G1 ダート7F 3歳上牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/23(木)01:16 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Island Bound(KY) J.R. Leparoux 5Mare117
2All Due Respect(FL) J. Rosario 5Mare115
3It's Tricky(KY) E. Castro 4Filly122
4Belle of the Hall(FL)I. Ortiz Jr. 5Mare115
5Nicole H(KY) R.A. Dominguez5Mare117
6Turbulent Descent(FL)J.R. Velazquez4Filly119
7Derwin's Star(FL) D. Cohen 5Mare117
[1]. バレリーナS
|| mazuda 12/08/24(金)01:29 [ 返信 ]
出れば1番人気とみられるIt's Trickyはしかし、日曜のパーソナルエンスンSに回る公算が大。
そうなると中心は、Turbulent Descentだろう。G1を3勝しており実績上位、一年前に同コースのG1テストSを勝ったのが、ここまでのベストの走りで、条件としても適していると思われる。前走は休み明けでデザートストーマーHを勝ってきた。今回はCoolmore−Pletcher厩舎の所属になって最初のレースとなる。
Nicole HはG2ディスタフHの勝ち馬。今年も重賞で3度僅差2着があり、前走はG1プリンセスルーニーHで2着だった。Derwin's Starは、前々走のG3ベッドオロージズHを完勝。6.5Fから7Fに良績が集中し、ここも条件としては良い。Island BoundはG3ウィニングカラーズSの勝ち馬、前哨戦のG2オナラブルミスHでは首差2着に来ている。
[2]. バレリーナS結果
|| mazuda 12/08/29(水)01:02 [ 返信 ]
1Turbulent DescentJ.R. Velazquez1191:22.13
2Derwin's Star D. Cohen 1171 1/4
3All Due Respect J. Rosario 1173/4
4Belle of the HallI. Ortiz Jr. 1153/4
5Nicole H R.A. Dominguez1174 1/2
6Island Bound J.R. Leparoux 1172 1/4
Times: :23.02, :45.33, 1:09.04, 1:22.13
Scratched: It's Tricky

揃ったスタートからジワジワとAll Due Respectがハナに出てゆく。Island Boundが続き、Turbulent Descent、Nicole Hもその直ぐ外。その後はバラけてDerwin's Star、Belle of the Hallが続く。
All Due Respectはそれ程速いラップを刻んでいるわけではないが、2−3馬身リードした単騎逃げとなる。2番手は3頭横並び、その後Derwin's Starがやや集団に近付く。All Due Respectのリードは一旦更に広がるが、3コーナーに入るとNicole HとTurbulent Descentが並んでAll Due Respectを追い、その直後に迫る。
直線を向いて、3頭が並んで追い比べに入るが、ここでNicole HはAll Due RespectとTurbulent Descentに挟まれブレーキ、勝負から脱落する。Turbulent DescentはAll Due Respectの前に出ると、追いかけてきたDerwin's Starも1 1/4馬身抑えて1着。2着Derwin's Star、3着All Due Respect。

Turbulent Descentは4度目のG1勝利。これでBCフィリー&メアターフの出走権を手にした。


1546. 2012/08/18 デルマーオークス (米G1 芝9F 3歳牝 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/17(金)00:25 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Indigo River(IRE) M. Garcia 3Filly122
2Lady of Shamrock(KY) M.E. Smith 3Filly122
3Stormy Lucy(KY) M.A. Pedroza 3Filly122
4Best Present Ever(CA)G.K. Gomez 3Filly122
5Long Face(KY) V. Espinoza 3Filly122
6My Gi Gi(KY) J. Talamo 3Filly122
7Open Water(KY) A. Delgadillo3Filly122
8Eden's Moon(FL) R. Bejarano 3Filly122
9Mary Fildes(IRE) D.R. Flores 3Filly122
10Cozze Up Lady(KY) A. Quinonez 3Filly122
[1]. デルマーオークス
|| mazuda 12/08/18(土)02:35 [ 返信 ]
中心は、G1アメリカンオークスSを快勝したLady of Shamrock。メンバー最多の5勝をあげ、ここ4戦その力をアピールしている。頂点へ向けて、Sadler師が期待した通りに前進してきた。
強敵はEden's Moon。ダートでG1ラスヴァージナスSを勝つ力があり、初の芝となった前走のG2サンクレメントHを勝って、芝に適性があることをみせた。その時2着だったOpen Waterも、芝は初めてだった。Eden's MoonにはラスヴァージナスSに続き連敗となったが、距離延長に逆転の期待をかける。アメリカンオークスSの2、3着馬も有力。My Gi GiはG2ハニムーンHでLady of Shamrockに勝っており、その走りがフロックでないことを示した。Best Present Everは、未勝利から3連勝の後にアメリカンオークスS3着。その時は途中からハナに立っており、恐らく行くであろうEden's Moonに対しこの馬がどう出るかが展開のポイント。
[2]. デルマーオークス結果
|| mazuda 12/08/24(金)01:34 [ 返信 ]
1Lady of Shamrock M.E. Smith 1221:46.30
2Stormy Lucy M.A. Pedroza 1221/2
3Open Water A. Delgadillo1222 1/2
4My Gi Gi J. Talamo 1221/2
5Eden's Moon R. Bejarano 1221 1/2
6Long Face V. Espinoza 1221 1/4
7Indigo River M. Garcia 1221 1/4
8Mary Fildes D.R. Flores 1222 1/2
9Best Present EverG.K. Gomez 1224 1/4
Times: :23.67, :47.12, 1:10.89, 1:34.71, 1:46.30

Best Present Everがまず飛び出し、そこへEden's Moonが並んでゆく。My Gi Giは中団から、Lady of Shamrockは最後方に控える。
向正面に入ると、Eden's Moonが前に出る。首差で内にBest Present Everが続く。ペースはやや速めで、前から後ろまでは9-10馬身の隊列で進んでゆく。中間を過ぎると、Best Present Everが再びEden's Moonに並び、後続も前へと押し寄せてくる。Lady of Shamrockは外へ出して、1つ順位を上げる。
4コーナーでOpen Waterが前2頭に接近、直線を向いたところで3頭並びから抜け出す。直後にはStormy Lucyが追ってきて、Lady of Shamrockも大外からマクって出る。残り1F過ぎ、Stormy LucyとLady of Shamrockが並んで、先に抜け出したOpen Waterをとらえる。そのまま2頭で後続を離すと、最後はLady of Shamrockが決め手でStormy Lucyを上回り、1/2馬身前に出て1着。2着Stormy Lucy、3着Open Water。

Lady of Shamrockはこれで10戦6勝、前走のアメリカンオークスSに続くG1連勝。Lady of Shamrockの末脚を信じたSmithの騎乗と、淀みないペースが勝利を呼び込んだ。


1545. 2012/08/18 アーリントンミリオンS (米G1 芝10F 3歳上 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/17(金)00:24 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Rahystrada(KY)J.R. Leparoux 8Gelding126
2Boisterous(KY)J. Lezcano 5Horse126
3Afsare(GB)K. Fallon 5Gelding126
4Little Mike(FL) R.A. Dominguez5Gelding126
5Colombian(IRE)W.T. Buick 4Colt126
6Treasure Beach(GB) J.P. Spencer 4Colt126
7Willcox Inn(KY) J. Graham 4Colt126
8Wigmore Hall(IRE) H. Turner 5Gelding126
9Crackerjack King(IRE)C. O'Donoghue 4Colt126
10Cherokee Lord(KY) F.C. Torres 5Gelding126
11Vertiformer(KY)J. Sanchez 5Horse126
[1]. アーリントンミリオンS
|| mazuda 12/08/18(土)02:34 [ 返信 ]
確たる軸が無く、7-8頭に勝機がありそうな混戦。
その中で、支持を集めそうなのはBoisterous。昨夏から力を付け、重賞を3勝、G1でも3着に来るようになった。道悪が得意で、3重賞はいずれも良馬場ではなかった。木曜の朝に降雨があり、例年同様、重さが残る馬場になりそうなのは、この馬にはプラスか。前走G3アーリントンH2着で、コースでの試走も済ませている。
上位を占めるのはやはり欧州勢。その主力は、G1伊共和国大統領賞の1、2着馬。Crackerjack Kingは共和国大統領賞を2 1/2馬身差で快勝した。前走のG1エクリプスSは強敵相手に良いところが無かったが、この相手でフラットなコースなら。2着だったAfsareはその後、準重賞ガーラSを勝ち、G2ヨークS2着と好走が続く。Treasure Beachは昨年ここでG1セクレタリアトSを勝って以後、勝利から遠ざかっているが、1年前を思い出して底力をみせるか。Colombianは今春G3ゴードンリチャーズSを完勝し、初の重賞タイトルを手に入れた。前走はロイヤルアスコットのG1プリンスオヴウェールズSで8着、これは錚々たるメンバーの中では仕方ない。その時僅差で9着だったのがWigmore Hall。昨年のこのレースは4着だった。その後G1ノーザンダンサーSを勝っており、北米遠征が連敗脱出の糸口となるか。
Little Mikeは今春、G1ターフクラシックSを勝っている。逃げという自分の形を持っているのが強みで、単騎で行くとしぶとい。課題は距離で、9Fまではこなしているが、あと1Fもつかどうか。Rahystradaは8歳になったが、まだまだ元気。前走のアーリントンHではBoisterousを破って勝った。
[2]. アーリントンミリオンS結果
|| mazuda 12/08/24(金)01:33 [ 返信 ]
1Little Mike R.A. Dominguez1262:02.44
2AfsareK. Fallon 1261 1/2
3(DH)RahystradaJ.R. Leparoux 1261 1/2
3(DH)ColombianW. Buick 126-
5Crackerjack KingC. O'Donoghue 126Nose
6Treasure Beach J.P. Spencer 1261/2
7Wigmore Hall H. Turner 126Nose
8Willcox Inn J. Graham 1261 1/2
9BoisterousJ. Lezcano 1263/4
10Cherokee Lord F.C. Torres 126Neck
11VertiformerJ. Sanchez 1263 3/4
Times: :25.10, :49.95, 1:15.03, 1:39.54, 2:02.44

Little Mikeがポンと飛び出し、ハナを切る。Willcox Inn、Colombianが続く。Crackerjack Kingはゲートが良くなかったが、直ぐに好位の直後に押し上げる。Afsareは中団から、Boisterousはスタートは悪くなかったが下がって後ろから。Treasure Beachも後方に控える。
Little Mikeはガッチリ抑えて、スローペースを作り出す。しかし、それでも1馬身少々のリードをとって単騎で行くことが出来、自分の展開に持ち込む。前から後ろまでは8馬身くらい。ペースがゆっくりな為それも徐々に縮まってゆく。勝負所が近付くと、ほぼ殿だったBoisterousが外に出して進出を始める。その前ではVertiformerがマクりに出る。しかし、レースを支配したLittle Mikeは余裕で先頭をキープする。
4コーナー出口から、Little Mikeが2番手以下を突き放してゆく。好位の馬達はあっさり離れ、後方の差し馬達は進路どりにもたついている。そうこうするうちにLittle Mikeのリードは4馬身以上、こうなるともうつかまえるのは難しい。馬群の中からAfsareが2番手に上がり、Little Mikeを追ってゆくが、その差はジリジリとしか詰まらない。結局そのままLittle Mikeが2馬身差で逃げ切り。2着Afsare、3着はRahystradaとColombianの同着だった。

Little Mikeはこれで19戦11勝、G1は2勝目。Romans師は同レース初勝利。今後はより長い距離も視野に入れるとのこと。


1544. 2012/08/18 ビヴァリーD.S (米G1 芝9.5F 3歳上牝 アーリントン) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 12/08/17(金)00:22 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Kapitale(GER)M. Demuro 4Filly123
2I'm A Dreamer(IRE)H. Turner 5Mare123
3Romacaca(FL)F.C. Torres 6Mare123
4Upperline(KY)J. Graham 5Mare123
5Mystical Star(KY) J. Lezcano 4Filly123
6Up(IRE)C. O'Donoghue 3Filly117
7Aruna(KY)R.A. Dominguez5Mare123
8Marketing Mix(ON) J.R. Leparoux 4Filly123
9Stars to Shine(KY)A. Solis 5Mare123
10Joviality(GB)W.T. Buick 4Filly123
[1]. ビヴァリーD.S
|| mazuda 12/08/18(土)02:34 [ 返信 ]
Marketing Mixは、芝を主戦場にしてからというもの8戦6勝2着1回、4つの重賞を制し、G1でも2着に来ている。前もって現地入りして調整し、準備も万端。近走の走りも調教も良く、G1を勝てる器とProctor師は自信を持つ。ArunaはG1スピンスターSの勝ち馬だが、主戦場は芝。BCフィリー&メアターフと、今季初戦のG1ジェニーワイリーSは残念な結果だったが、それ以外は非常に安定しており、ここ2戦はベルモントの重賞で好走。良い形でここを迎えることが出来た。Mystical Starは前走のG2ニューヨークSでArunaを破って重賞初制覇を果たし、上り調子にある。
欧州からは4頭が参戦。Jovialityは今年のロイヤルアスコットでG2ウィンザーフォレストSを勝っており、パフォーマンスでは4頭中1番。中距離でも3歳時にG3ミュジドラSを勝っている。3歳馬Upは1勝しかあげていないが、G1プールデッセデプーリッシュ2着など勝ち味に遅いながら強敵相手に好走。I'm A Dreamerは昨年G1E・P・テイラーSに遠征してきて頭差2着という競馬をしている。KapitaleはG3ケルン秋季牝馬賞の勝ち馬で、G1リディアテシオ賞で3着があるが、今回はそれ以来10ヶ月ぶりの競馬となる。
[2]. ビヴァリーD.S結果
|| mazuda 12/08/24(金)01:33 [ 返信 ]
1I'm A Dreamer H. Turner 1231:55.29
2Marketing Mix J.R. Leparoux 123Head
3JovialityW. Buick 1233/4
4KapitaleM. Demuro 1231 3/4
5UpperlineJ. Graham 123Head
6UpC. O'Donoghue 1171/2
7RomacacaF.C. Torres 1231 3/4
8Mystical Star J. Lezcano 123Nose
9Stars to ShineA. Solis 123Neck
10ArunaR.A. Dominguez1233 1/2
Times: :23.67, :48.40, 1:12.54, 1:37.32, 1:55.29

Romacacaが好スタート。Joviality、Upも上がってゆくが、Romacacaがハナに立つ。Upが続き、Joviality3番手。Marketing Mixは5番手の外に付け、Arunaはスタート直後から最後方に下がる。
Romacacaのリードは向正面に入ったところで半馬身、Upが外に続く。前から後ろまでは7-8馬身の競馬。前2頭はずっと競っていたが、勝負所でUpが前に出る。いち早く追ったのはJoviality、その後にI'm A Dreamerが続く。内へ入っていたMarketing Mixは直線に入って外へ持ち出し、6番手から前を追う。
先頭に立ったUpだが、直線での追い比べに入るとリードが無くなってくる。外からJoviality、I'm A Dreamerが追い上げ、Upをとらえる。ここでI'm A DreamerがJovialityもかわして先頭に出ると、その後追ってきたMarketing Mixも頭差抑えて1着。2着Marketing Mix、3着Joviality。

I'm A Dreamerはこれで14戦5勝、G1初制覇。


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: