JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

506. 2004/04/30 ケンタッキーオークス (G1 3歳牝馬 ダート9F チャーチル) [ 同名レースを検索 ]
|| ヨッシー 04/04/28(水)19:06 [ 返信 ]
4/30 G1 ケンタッキーオークス 3歳牝馬 ダート9F チャーチル
1 Ashado (KY) John R. Velazquez 3 Filly 121 4/1
2 Hollywood Story (KY) Victor Espinoza 3 Filly 121 20/1
3 Island Sand (KY) Terry J. Thompson 3 Filly 121 30/1
4 Halfbridled (KY) Alex O. Solis 3 Filly 121 9/2
5 House of Fortune (CA) Shane J. Sellers 3 Filly 121 8/1
6 Madcap Escapade (KY) Jerry D. Bailey 3 Filly 121 3/1
7 Silent Sighs (CA) David Romero Flores 3 Filly 121 6/1
8 Victory U. S. A. (KY) Pat Day 3 Filly 121 8/1
9 A. P. Adventure (KY) Mike E. Smith 3 Filly 121 8/1
10 Last Song (KY) Edgar S. Prado 3 Filly 121 20/1
11 Class Above (KY) Corey S. Nakatani 3 Filly 121 20/1
12 Stellar Jayne (KY) Robby Albarado 3 Filly 121 30/1
[1]. ケンタッキーオークス展望
|| ヨッシー 04/04/29(木)17:35 [ 返信 ]
ダービーと同じく今年で130回目を迎えるケンタッキーオークスはG1馬が合計6頭出走、役者が揃ったことで近年では最もハイレベルな一戦となることは間違いない。
G1アシュランドSまで非凡なスピードを存分に発揮して4戦無敗のMadcap Escpadeはあと0.5Fの延長を耐え切れるかが最大の焦点だが、前走後も調教で好時計連発と状態は文句なし。おそらく今回も果敢に主導権を奪って強豪相手に果敢なレースぶりを見せてくれることだろう。
2歳時の実績が霞んできたHalfbridledは今季G1サンタアニタオークス、G2ボーモントSと2着続きもマンデラ師は大一番に向けて2歳時のデキに近づいたと仕上がりの良さに自信を示す。2歳女王が巻き返して存在感を見せ付けることができるか。なお勝てば昨年のBird Townと同じローテーションでの優勝となる。
上記2頭と人気を分け合うと見られる重賞4勝のAshado陣営の今年の目標は3歳牝馬チャンピオン獲得。オーナーサイドからはダービー出走のプランも持ち上がったが、オークス出走に落ち着いた。アシュランドSからの距離延長、同馬のレース巧者ぶりが生きる1番枠は絶好で、好位のインから直線で抜け出すシーンも十分。
素質、将来性の高さでは1,2を争うA. P. Adventureはサンタアニタオークス3着での初黒星を受けて陣営がブリンカー装着を決断、これが吉と出るか。サンタアニタオークス快勝で西の女王となったSilent Sighsは同レースからの直行も中間は入念な乗り込みで好仕上がりを誇る。
前走でHalfbridledを置き去りにして待望の重賞初制覇を果たしたVictory U. S. A.は2Fの延長を克服すれば一気に頂点まで上り詰める可能性も。G2ファンタジーS勝ち馬House of FortuneSilent Sighsに唯一黒星をつけた馬で鞍上にS・セラーズを迎えて一発を狙う。
ファンタジーS組は2,3着Island Sand、Stellar Jayneも参戦。勝つときは圧勝もG1では惨敗と差が激しいClass Above、唯一の勝利がG1勝ちのHollywood Story、アシュランドS3着Last Songといった伏兵陣も展開一つで上位に食い込む力は秘めており侮れない。
[2]. ケンタッキーオークス結果
|| ヨッシー 04/05/01(土)17:32 [ 返信 ]
1 Ashado (Velazquez, J.R.) 121 1:50.81
2 Island Sand (Thompson, T.J.) 121 1-1/4
3 Madcap Escapade (Bailey, J.D.) 121 1-3/4
4 Victory U. S. A. (Day, P.) 121 1-1/4
5 Hollywood Story (Espinoza, V.) 121 1-1/2
6 A. P. Adventure (Smith, M.E.) 121 3-3/4
7 Stellar Jayne (Albarado, R.) 121 1/2
8 House of Fortune (Sellers, S.J.) 121 1-1/2
9 Last Song (Prado, E.S.) 121 Head
10 Silent Sighs (Flores, D.R.) 121 15-3/4
11 Class Above (Nakatani, C.S.) 121 4-1/4
Fractional Times: 23.29, 46.00, 1:09.99, 1:36.73, 1:50.81
Scratched Horses: Halfbridled

レース当日は生憎の雨で馬場は悪化、更にHalfbridledがまたしても痙攣を起こしたためスクラッチと不穏な空気。レースはMadcap Escapadeがスピードにモノをいわせて4F通過46秒というオークス史上最速ペースで飛ばし向こう正面では後続に5馬身ほどのリード。しかしさすがにこのペースと強豪相手、距離の壁もあって最後まで持たず、同馬は結局3着に終わり初黒星を喫する形に。
逆に逃げ馬を前に見ながら絶好の1番枠から2番手で流れに乗る最高の展開となった1番人気Ashadoは外目へ持ち出して追い上げ開始、直線残り1FでMadcap Escapadeを一気に交わし去ると後方10番手から徐々に押し上げ馬群を割って末脚を伸ばす伏兵Island Sandを寄せ付けること無く先頭でゴールを駆け抜け完勝した。
Ashadoは9戦6勝、GI2勝目(重賞5勝)でプレッチャー師&ヴェラスケスのコンビに同レース初勝利をプレゼント。これまでは最重要レースで惜敗を繰り返していたが、得意の道悪(今回の勝利で3戦負け無し)で3歳牝馬の頂点に立った。


505. 2004/04/30 ルイヴィルBCH (G2 3歳以上牝馬 ダート8.5F チャーチル) [ 同名レースを検索 ]
|| ヨッシー 04/04/28(水)19:05 [ 返信 ]
4/30 G2 ルイヴィルBCH 3歳以上牝馬 ダート8.5F チャーチル
1 Yell (KY) Pat Day 4 Filly 114 9/2
2 Sightseek (KY) Jerry D. Bailey 5 Mare 122 3/5
3 Lead Story (KY) Calvin H. Borel 5 Mare 116 4/1
4 Cat Fighter (KY) Alex O. Solis 4 Filly 114 8/1
5 La Reason (KY) Justin Shepherd 4 Filly 111 20/1
6 My Ro (KY) Craig Perret 4 Filly 110 20/1
7 Pocus Hocus (KY) Jose A. Santos 6 Mare 114 12/1
[1]. ルイヴィルBCH展望
|| ヨッシー 04/04/29(木)17:35 [ 返信 ]
断然人気が予想されるSightseekは5戦未勝利のサンタアニタ以外のダート戦では9戦全勝。前走のG2ランパートH7-1/4馬身差圧勝後も順調で、コース・ハンデも不安無しとなれば当然ここは負けられない一戦。
前走のランパートH3着でSightseekとは勝負付けが済んだLead Storyだが、昨秋G2連勝するなど8戦4勝のチャーチル替わりは歓迎材料。昨年のKオークス3着馬YellはマディソンS3着を叩いての上積みは見込めるが、前記2頭と比較して2ターンでの実績がやや不足。
G2ラカナダS勝ち馬Cat Fighter、前走バヤコアSを制したLa Reasonは展開が向いた場合の2着候補。なおMy Roはスクラッチの方針。
[2]. ルイヴィルBCH結果
|| ヨッシー 04/05/01(土)17:33 [ 返信 ]
1 Lead Story (Borel, C.H.) 116 1:44.37
2 Yell (Day, P.) 114 3/4
3 Cat Fighter (Solis, A.O.) 116 3
4 Sightseek (Bailey, J.D.) 122 3-1/4
5 La Reason (Shepherd, J.) 111 2-1/4
6 Pocus Hocus (Santos, J.A.) 115 25-3/4
Fractional Times: 24.38, 47.89, 1:12.77, 1:37.96, 1:44.37
Scratched Horses: My Ro

道中は最後方で脚をためていた4番人気Lead Storyは直線で外へ持ち出すと鋭い末脚で逃げるCat Fighter、2番手のSightseekを捕らえて先頭に立ち、ジリジリ追いすがるYellを振り切って波乱の立役者となった。
断然人気Sightseekは好位からサクっと抜け出すと思われたが、「道中5回ほど躓いた」(ベイリー談)と不良まで悪化した馬場に対応できず4着敗戦に終わった。
Lead Storyは32戦8勝、9戦5勝のチャーチル替わりと道悪適性の高さが勝因となったようだ。


504. 2004/04/24 サンフランシスコBCマイルH (G2 3歳以上 芝8F ベイメドウズ) [ 同名レースを検索 ]
|| ヨッシー 04/04/23(金)09:33 [ 返信 ]
4/24 G2 サンフランシスコBCマイルH 3歳以上 芝8F ベイメドウズ
1 Captain Squire (FL) 5 Gelding 115 Chance J. Rollins
2 Motel Staff (CA) 7 Gelding 110 Francisco Duran
3 Gold Ruckus (FL) 6 Gelding 115 Russell A. Baze
4 Sanderman (CHI) 4 Colt 114 Dennis Carr
5 Ninebanks (CA) 6 Gelding 118 Ronald J. Warren, Jr.
6 Laidlow (KY) 4 Colt 112 Chad Phillip Schvaneveldt
7 Singletary (KY) 4 Colt 119 Jose Valdivia, Jr.
[1]. サンフランシスコBCマイルH展望
|| ヨッシー 04/04/23(金)20:08 [ 返信 ]
北カリフォルニア地区唯一のG2戦だが、当日は第3レースでの施行でピック6の対象外に。人気&トップハンデは前走G2フランクキルローマイルH2着Singletary。以前より自在性が増しており、ここは単騎逃げ確実なCaptain Squireを意識して早めの競馬となりそうだ。
そのCaptain Squireは前走の芝マイル戦を1:33.45の好タイムで逃げ切り勝ち、ここも少頭数と同型不在を生かしてマイペースに持ち込みたい所。昨年の覇者Ninebanksは10月のパシフィカH2着以来半年ぶりの出走で連覇は厳しい状況。
チリでG1勝ちのあるSandermanは前走のダート戦で惨敗に終わり芝に矛先を変更して巻き返しを狙う。Motel Staff、Sandermanは少頭数を見越してのエントリーも7頭集まったことでスクラッチの可能性あり。Laidlowはハリウッドの一般戦に出走予定も、馬が集まらずにこちらへ回ってきた。
04/04/23(金)20:09 編集
[2]. サンフランシスコBCマイルH結果
|| ヨッシー 04/04/25(日)18:06 [ 返信 ]
1 Singletary (Valdivia, Jr., J.) 119 1:35.16
2 Captain Squire (Rollins, C.J.) 116 3/4
3 Gold Ruckus (Baze, R.A.) 116 2
4 Ninebanks (Warren, Jr., R.J.) 118 1-1/4
5 Sanderman (CHI) (Carr, D.) 117 1/2
6 Laidlow (Schvaneveldt, C.P.) 112 2
7 Motel Staff (Duran, F.) 110 3
Fractional Times: 23.35, 47.16, 1:10.88, 1:22.89, 1:35.16

断然人気のSingletaryは大外枠発走ながらうまく好位のインにつけて直線で末脚を伸ばし、注文通りの単騎逃げに持ち込んで渋太く粘るCaptain Squireをキッチリ捕らえて先頭でゴールを駆け抜けた。
Singletaryは13戦5勝で重賞2勝目、逃げ馬を意識した早目の競馬が奏功し順当勝ちを収めた。


503. 2004/04/18 サンファンカピストラノ招待H (G2 4歳以上 芝14F サンタアニタ) [ 同名レースを検索 ]
|| ヨッシー 04/04/16(金)07:41 [ 返信 ]
4/18 G2 サンファンカピストラノ招待H 4歳以上 芝14F サンタアニタ
1 All the Boys (MD) 7 Gelding 114 Alex Bisono
2 Special Matter (FL) 6 Gelding 113 Tyler Baze
3 Gene de Campeao (BRZ) 5 Horse 113 Omar A. Berrio
4 Meteor Storm (GB) 5 Horse 116 Jose Valdivia, Jr.
5 Runaway Dancer (KY) 5 Gelding 114 Mike E. Smith
6 White Buck (FL) 4 Gelding 113 Jon Kenton Court
7 Rhythm Mad (FR) 4 Colt 114 Alex O. Solis
8 Gigli (BRZ) 6 Horse 114 Javier Santiago
9 Ringaskiddy (CA) 8 Gelding 114 Victor Espinoza
[1]. サンファンカピストラノ招待H展望
|| ヨッシー 04/04/17(土)18:19 [ 返信 ]
サンタアニタ冬春開催を締めくくる米国最長距離重賞レース。しかし近年のレベル低下で今年からG2降格となってしまった。
トップハンデはG2サンルイスレイHで重賞初制覇のMeteor Stormの116ポンドと低調。前走後も順調で相手関係から重賞V2の可能性もあるが、距離は未知数。
同3着Gene de CampeaoはブラジルGI3勝の実力馬。北半球移動後の順応に半年ほど掛かった模様だが、使われつつ徐々に内容が良化しており陣営も勝機ありと踏んでいる。
同4着Runaway Dancer、同6着White Buckも前走の着差は僅かで今回も展開次第。同8着Special Matterの前走は落鉄が敗因。All the Boysは単騎逃げに持ち込んでどこまで粘るか、一昨年の覇者Ringaskiddyは長期休養後は惨敗続きでピークは過ぎた。
[2]. サンファンカピストラノ招待H結果
|| ヨッシー 04/04/19(月)18:15 [ 返信 ]
1 Meteor Storm (GB) (Valdivia, Jr., J.) 116 2:45.98
2 Rhythm Mad (FR) (Solis, A.O.) 115 1-1/2
3 Runaway Dancer (Smith, M.E.) 115 1
4 Special Matter (Baze, T.) 113 2-1/2
5 Ringaskiddy (Espinoza, V.) 114 Head
6 White Buck (Court, J.K.) 113 3
7 Gigli (BRZ) (Santiago, J.) 114 1/2
8 Gene de Campeao (BRZ) (Berrio, O.A.) 113 1-1/2
9 All the Boys (Bisono, A.) 114 1
Fractional Times: 49.85, 1:13.89, 1:39.39, 2:03.92, 2:28.32, 2:45.98

道中3番手で折り合った1番人気のMeteor Stormは最終3,4角の勝負所から外を通って仕掛け、直線で先行2頭を早めに捕らえて抜け出す。そして2馬身程度のリードを保ったままゴールまで危なげなく押し切った。後方待機から馬群を割って伸びたRhythm Madが2着で人気馬同士の順当な決着。
Meteor Stormは13戦5勝で重賞連覇、Polish Summerの半弟がようやく本格化の兆しを見せ始めたか。


502. 2004/04/17 レキシントンS (G2 3歳 ダート8.5F キーンランド) [ 同名レースを検索 ]
|| ヨッシー 04/04/16(金)07:41 [ 返信 ]
4/17 G2 レキシントンS 3歳 ダート8.5F キーンランド
1 Tiger Heart (KY) Craig Perret 3 Colt 116 10/1
2 Song of the Sword (FL) Norberto Arroyo, Jr. 3 Colt 116 4/1
3 Gamblin (FL) Robby Albarado 3 Colt 116 30/1
4 Pomeroy (KY) Mike E. Smith 3 Colt 116 10/1
5 Suave (KY) Cornelio H. Velasquez 3 Colt 116 10/1
6 Fire Slam (KY) Pat Day 3 Colt 116 5/1
7 Boomzeeboom (FL) Corey S. Nakatani 3 Colt 116 9/2
8 Dashboard Drummer (OK) Ramon A. Dominguez 3 Gelding 116 30/1
9 Race for Glory (CA) John McKee 3 Colt 116 30/1
10 Quintons Gold Rush (KY) Jerry D. Bailey 3 Colt 116 5/1
11 Bride's Best Boy (FL) Edgar S. Prado 3 Colt 116 12/1
12 El Prado Rob (KY) Shane J. Sellers 3 Colt 116 15/1
13 Totally Platinum (KY) Calvin H. Borel 3 Colt 116 30/1
14 Saratoga County (KY) Javier Castellano 3 Colt 116 12/1
AE New Element (KY) Mark Guidry 3 Colt 116 15/1
[1]. レキシントンS展望
|| ヨッシー 04/04/16(金)19:09 [ 返信 ]
ケンタッキーダービーのラストプレップにフルゲート越えの15頭がエントリー(New Elementは回避待ち)、このうち半数の陣営が勝って賞金加算→本番出走の意思を示しており激しい争いが展開されそうだ。当然ながら傑出馬不在で人気はかなり割れる見込み。
出走馬の中で唯一前走で重賞(G3ゴサムS)を勝っているSaratoga Countyは今回初距離、2ターンに加えて先行馬には不利な大外枠と厳しい状況。1角で外に振られずに好位につけられるかがポイントになる。
久々の同レースで僅差2着に入り能力の高さを示したPomeroyは叩かれて順当に良化、陣営も好勝負を見込む。ただ同厩舎には同オーナーのLion Heartがダービー出走を予定しておりここを勝っても本番へ向かうかは微妙。
G1サンタアニタダービー4着Quintons Gold Rushは鞍上にベイリーを確保、先行争いからしぶとく粘った前走同様にここも積極策をとるか。HペースのG2ルイジアナダービーで先行して5着に終わったFire Slamはその後ここ一本で調整、ペースが落ち着けば勝ち負けに加わる可能性十分。
唯一賞金面で出走当確のG2イリノイダービー2着馬Song of the Swordは中1週も考慮に入れた上でキャリアを積むための参戦。同3着Suaveは馬群でモマれずに競馬を進めたいとのこと。
04/04/16(金)19:10 編集
[2]. レキシントンS結果
|| ヨッシー 04/04/18(日)18:03 [ 返信 ]
1 Quintons Gold Rush (Bailey, J.D.) 116 1:43.82
2 Fire Slam (Day, P.) 116 2-3/4
3 Song of the Sword (Arroyo, Jr., N.) 116 Neck
4 Pomeroy (Blanc, B.) 116 2
5 Dashboard Drummer (Dominguez, R.A.) 116 7-1/2
6 El Prado Rob (Sellers, S.J.) 117 1/2
7 Saratoga County (Castellano, J.) 116 1-1/4
8 Totally Platinum (Borel, C.H.) 116 1
9 Tiger Heart (Perret, C.) 116 3-1/2
10 Gamblin (Albarado, R.) 116 1/2
11 Bride's Best Boy (Prado, E.S.) 116 3-1/4
12 Suave (Velasquez, C.H.) 116 14-1/2
13 Race for Glory (McKee, J.) 116 9-1/2
14 Boomzeeboom (Bejarano, R.) 116 1-1/2
Fractional Times: 23.32, 47.29, 1:12.00, 1:37.36, 1:43.82
Scratched Horses: New Element

絶好のスタートを決めたベイリー騎乗のQuintons Gold Rushは逃げるDashboard Drummerの作り出す平均ペースの2番手を確保、3角過ぎから先頭に立ちリードを広げると直線も危なげない走りで後続にスキを与えず楽に押し切った。
2着争いは好位5番手から進んだFire Slamがゴール前の1番人気Song of the Swordの追撃を凌いで連対確保、オッズは割れていたが人気上位馬が上位を独占して平穏な決着。それでもFire Slamにはこの距離は微妙に長かった模様。
Quintons Gold Rushは5戦2勝で重賞初制覇。ここからは1着で賞金を加算できたQuintons Gold Rushだけがダービーに出走できる見通し。


501. 2004/04/17 サンタバーバラH (G2 4歳以上牝馬 芝10F サンタアニタ) [ 同名レースを検索 ]
|| ヨッシー 04/04/16(金)07:41 [ 返信 ]
4/17 G2 サンタバーバラH 4歳以上牝馬 芝10F サンタアニタ
1 Uraib (IRE) 4 Filly 111 Juan C. Leyva
2 Megahertz (GB) 5 Mare 121 Alex O. Solis
3 Star Vega (GB) 4 Filly 112 Victor Espinoza
4 Mandela (GER) 4 Filly 111 Javier Santiago
5 Bartok's Blithe (CA) 4 Filly 112 Jon Kenton Court
6 Noches De Rosa (CHI) 6 Mare 116 Tyler Baze
[1]. サンタバーバラH展望
|| ヨッシー 04/04/16(金)19:10 [ 返信 ]
MeridianaDimitrovaといった強敵の回避で相手関係に恵まれたMegahertzAstra(2001-02)に続く同レース連覇が濃厚。前走のG2サンタアナHでは直線で斜行して1着入線→最下位降着という屈辱を味わったが、主戦A・ソリスに手綱が戻った今回はキッチリ汚名を返上する。
フランケル厩舎からはサンタアナH4着Mandelaも出走。1年近く勝ち星の無いStar Vegaはブリンカー装着、前々の競馬、軽ハンデで陣営が変わり身を見込んでいるが果たして。
昨年のG2サンタアナHでMegahertzを負かしたことのあるNoches de Rosaは10ヶ月ぶりとなった3月末の一般戦(4着)を一叩きされて確実に上向き。ただマンデラ師は"Megahertz is a monster."とさすがに弱気なコメント。
[2]. サンタバーバラH結果
|| ヨッシー 04/04/18(日)18:04 [ 返信 ]
1 Megahertz (GB) (Solis, A.O.) 121 2:00.71
2 Noches De Rosa (CHI) (Baze, T.) 116 1
3 Mandela (GER) (Santiago, J.) 111 0 2-1/2
4 Uraib (IRE) (Leyva, J.C.) 115 2
5 Star Vega (GB) (Espinoza, V.) 113 1/2
Fractional Times: 24.30, 48.04, 1:13.17, 1:37.15, 2:00.71
Scratched Horses: Bartok's Blithe

指定席の最後方から進んだ断然人気のMegahertzが直線で馬群を割らずに安全策の外を回っていつも通りの切れ味を発揮、早め先頭から逃げ込みを図ったNoches De Rosaをキッチリと差し切り前走の最下位降着という汚名を返上した。
Megahertzは25戦10勝で同レース連覇を達成、サンタアニタはそのうち10戦6勝と最も得意にしているコースだ。次走は5/31G1ゲームリーBCHが有力。


500. 2004/04/10 ウッドメモリアルS (G1 3歳 ダート9F アケダクト) [ 同名レースを検索 ]
|| ヨッシー 04/04/09(金)08:49 [ 返信 ]
4/10 G1 ウッドメモリアルS 3歳 ダート9F アケダクト
1 Royal Assault (KY) 3 Colt 123 Javier Castellano
2 Tapit (KY) 3 Colt 123 Ramon A. Dominguez
3 Consecrate (KY) 3 Gelding 123 Jorge F. Chavez
4 Swingforthefences (KY) 3 Colt 123 Shaun Bridgmohan
5 Master David (KY) 3 Colt 123 Alex O. Solis
6 Value Plus (KY) 3 Colt 123 John R. Velazquez
7 Little Matth Man (NY) 3 Colt 123 Pablo Fragoso
8 Eddington (KY) 3 Colt 123 Jerry D. Bailey
9 Sinister G (FL) 3 Colt 123 Paul R. Toscano
10 Hornshope (FL) 3 Colt 123 Michael J. Luzzi
11 Cuba (NJ) 3 Colt 123 Aaron T. Gryder
[1]. ウッドメモリアルS展望
|| ヨッシー 04/04/09(金)20:14 [ 返信 ]
節目の80回目を迎える伝統のダービープレップは過去4年の出走馬から3頭のダービー馬を輩出している最重要レース。ただ今年のメンバーは先行馬が多く、展開&枠順が結果に大きく作用する可能性が高い。
フロリダダービー2着で距離にメドを立てたValue Plusの前走は勝ち時計の遅さとベイヤー指数の低さでレベルが疑問視されているが、プレッチャー師は馬場が乾きすぎた点を指摘して管理のミスを批判。同型馬より内枠を引いただけにハナを主張するか控えるか微妙ながら、前走後は5Fから併せ馬をキッチリ消化するなどデキは前走以上。あとは不安が残るゲートを互角に出られれば。
フランケル厩舎は一昨年Medaglia d'Oro(2着)、昨年Empire Maker(1着)に続く3年連続の厩舎ダービー最有力候補Master Davidを送り込んできた。シャムS1着以来2ヶ月ぶりでフロリダダービーは熱発で回避したため、ダービーへ向けてここでの賞金加算が必須。ただ同条件の昨秋G2レムゼンS2着(米国初戦)の実績があるのは心強い。
G3ゴサムSではスタート後に他馬にぶつけられて流れに乗れず3着に終わったEddingtonは血統、脚質から距離延長は大歓迎。まだ手前を替えないなど若さも残るものの、2戦ぶりに騎乗するベイリーも素質の高さを評価。こちらもダービー出走には2着以内での賞金加算が条件となる。
G2レーンズエンドSで人気薄での逃げ切りを決めたSinister Gは外枠に入ったが陣営は主導権を主張する構え。前走がフロックかどうか試される。この冬は終始順調さを欠いたTapitはフロリダダービー6着後にまた一頓挫あったが、気配は上向いており期待したいとのこと。
タンパベイダービー3着Swingforthefences、ウインスターダービー2着から中1週での挑戦となるバファート厩舎のConsecrateは相手強化でどこまで。Cuba, Hornshope, Royal Assault, Little Matth Manの各陣営はプレップレースの大波乱続きの傾向を味方に一発大駆けを目論む。
[2]. ウッドメモリアルS結果
|| ヨッシー 04/04/11(日)18:49 [ 返信 ]
1 Tapit (Dominguez, R.A.) 123 1:49.70
2 Master David (Solis, A.O.) 123 1/2
3 Eddington (Bailey, J.D.) 123 Nose
4 Swingforthefences (Bridgmohan, S.) 123 1-1/2
5 Royal Assault (Castellano, J.) 123 4-1/4
6 Value Plus (Velazquez, J.R.) 123 2
7 Little Matth Man (Fragoso, P.) 123 2-1/2
8 Cuba (Gryder, A.T.) 123 5-1/4
9 Consecrate (Chavez, J.F.) 123 8
10 Sinister G (Toscano, P.R.) 123 4
11 Hornshope (Luzzi, M.J.) 123 5-1/4
Fractional Times: 23.74, 47.12, 1:11.40, 1:37.03, 1:49.70

注文をつけて1角を最後方で回ったTapitが後方から徐々に進出、直線は外へ持ち出し4,5番手追走から末脚を伸ばすEddingtonとMaster David、Swingforthefencesとの4頭の競り合いへ。
Swingforthefencesはラスト1Fで脚が上がり、最内をついてしぶとさを発揮したMaster Davidと競り合うEddingtonを最後はTapitがまとめて差し切りスリリングなレースにピリオドを打った。Tapitは前半に脚を温存できたことで末脚が非常に切れた。
Master Davidは2ヶ月ぶりを考慮すれば上々で重賞獲得賞金も208,000ドルとしてダービー出走権を確保。一方Eddingtonにとっては大きすぎる鼻差3着で重賞獲得賞金は95,000ドルに留まりダービー出走は厳しい状況となった。1番人気Value Plusはパドックからイレ込んだようで、道中もSinister Gと折り合いがつかず競り合った影響で共倒れした。
Tapitは4戦3勝でG1初制覇、管理するM・ディキンソン師は中間から「ベストの状態ではなく、3着に入れば」と繰り返しコメントしていただけに改めて同馬の能力の高さに驚いた様子。上位2頭は本番は駒を進める。


499. 2004/04/10 カーターH (G1 3歳以上 ダート7F アケダクト) [ 同名レースを検索 ]
|| ヨッシー 04/04/09(金)08:48 [ 返信 ]
4/10 G1 カーターH 3歳以上 ダート7F アケダクト
1 Super Fuse (KY) 4 Gelding 112 Jorge F. Chavez
2 Eye of the Tiger (KY) 4 Colt 114 Michael J. Luzzi
3 Pico Central (BRZ) 5 Horse 117 Alex O. Solis
4 Gygistar (KY) 5 Gelding 115 Pablo Fragoso
5 Secret Run (FL) 4 Colt 112 Norberto Arroyo, Jr.
6 Don Six (FL) 4 Colt 112 Shaun Bridgmohan
7 Badge of Silver (KY) 4 Colt 114 Jerry D. Bailey
8 Well Fancied (NY) 6 Gelding 116 Eibar Coa
9 Strong Hope (KY) 4 Colt 119 John R. Velazquez
10 Peeping Tom (KY) 7 Gelding 113 Ariel Smith
[1]. カーターH展望
|| ヨッシー 04/04/09(金)20:14 [ 返信 ]
ウッドメモリアルSのアンダーカードだが、同レースは今年で104回目(ウッドは80回目)を数える格式の高い一戦。ただ昨年の覇者CongareeGhostzapperの回避は残念だ。
今年初戦のガルフストリーム一般戦を9-3/4馬身差圧勝と最高の滑り出しを決めたStrong Hopeは昨年のG1トラヴァーズS3着後に思い切って休養させた陣営の決断が奏功、最高の状態で初G1制覇に王手をかけた。プレッチャー師は同馬をLeft Bankクラスと非常に高く評価しており、ここも他馬とは一枚違うという素晴らしいスピードで押し切るか。
昨年のブラジル最優秀スプリンターPico Centralは前走のG2サンカルロスHで大穴を明けたが、Hペースで逃げ切り好時計をマークした内容は優秀で能力の高さをアピールStrong Hopeとの先行争いには注目が集まる。G3トボガンH3着Don Sixもこれに絡んでいく可能性が高い。
G2ジェネラルジョージH→G3トボガンH連勝と充実一途のNY産馬Well Fanciedは強豪の回避と逃げ馬揃いで展開が向くと判断して直前に参戦を決断。7〜9Fでステークス5勝を挙げているが、陣営はベストはこの距離と見ており前が止まる展開なら楽しみ。
G2ジェネラルジョージHで断然人気を裏切り5着のBadge of Silverは2ヶ月間隔を開けて立て直しを図った効果が出るか。一昨年8月以来の重賞制覇を目指すGygistarは嫌っていた最内枠を回避できたことで出走の方針。前6戦で5勝の上がり馬Secret Runは強気のG1挑戦で試金石となる。昨年のダービー5着馬Eye of the Tigerは重賞(特にG1)ではワンパンチ不足気味。
[2]. カーターH結果
|| ヨッシー 04/04/11(日)18:50 [ 返信 ]
1 Pico Central (BRZ) (Solis, A.O.) 117 1:20.22
2 Strong Hope (Velazquez, J.R.) 119 1-1/4
3 Eye of the Tiger (Luzzi, M.J.) 114 2
4 Gygistar (Fragoso, P.) 115 3/4
5 Super Fuse (Chavez, J.F.) 112 4-3/4
6 Don Six (Bridgmohan, S.) 112 1-3/4
7 Peeping Tom (Smith, A.) 114 Head
8 Well Fancied (Coa, E.) 116 1-3/4
9 Secret Run (Arroyo, Jr., N.) 112 7-1/2
Fractional Times: 21.77, 43.50, 1:07.52, 1:20.22
Scratched Horses: Badge of Silver

Hペースで飛ばす最内Pico Central、中Don Sixに外Strong Hopeが並び掛け、そこからDon Sixが脱落して直線は残り2頭の叩き合いに。一旦は断然人気の外Strong Hopeがアタマほど前に出てこのまま決まるかと思われたが、内Pico Centralがラスト1Fで素晴らしいファイトバックを見せて一騎打ちを制する強い勝ち方を見せた。
一方敗れたStrong Hope陣営も完調手前の叩き2戦目で高速決着に対応できたとして収穫の多い一戦だったことを強調。なおWell Fanciedは好位外目追走でなし崩しに脚を使い後退、Badge of Silverは右前脚に熱があるため大事を取ってスクラッチした。
Pico Centralは11戦7勝で北米G1初制覇、勝ち時計はステークス&トラックレコードの1999年Artax(1:20.04)に次ぐレース史上2番目の好タイム。今年の短距離路線の主役となることは間違いない。


498. 2004/04/10 ブルーグラスS (G1 3歳 ダート9F キーンランド) [ 同名レースを検索 ]
|| ヨッシー 04/04/09(金)08:48 [ 返信 ]
4/10 G1 ブルーグラスS 3歳 ダート9F キーンランド
1 Birdstone (KY) Edgar S. Prado 3 Colt 123 8/1
2 Action This Day (KY) David Romero Flores 3 Colt 123 9/2
3 The Cliff's Edge (KY) Shane J. Sellers 3 Colt 123 4/1
4 Limehouse (FL) Jose A. Santos 3 Colt 123 6/1
5 That's an Outrage (KY) Mark Guidry 3 Colt 123 30/1
6 Lion Heart (KY) Mike E. Smith 3 Colt 123 5/2
7 Mustanfar (KY) Richard Migliore 3 Colt 123 15/1
8 Preachinatthebar (KY) Javier Santiago 3 Colt 123 4/1
9 Breakaway (KY) Robby Albarado 3 Colt 123 12/1
[1]. ブルーグラスS展望
|| ヨッシー 04/04/09(金)20:15 [ 返信 ]
今年で80回目を迎えた伝統の一戦はBirdstoneが白血球数値上昇のためスクラッチと早くも派乱含み。それでもG1馬2頭にG2勝ち馬3頭と字面上は豪華なメンバーが揃い、ダービーの各プレップの中で最もハイレベルであることは間違いない。
2歳時3戦3勝のLion Heartは久々、厳しい展開とはいえG2サンラファエルSでImperialismにゴール手前で差し切られ初黒星。その後は前走の反動を考慮してSAダービーから1週待機して万全を期した。先行有利のキーンランドで単騎逃げ→スピードで押し切る展開を陣営は想定しているが、血統的に距離疑問の本番で主役を務めるには圧倒的な勝ちっぷりが必要。
Birdstoneスクラッチで厳しい状況に追い込まれたN・ジト厩舎はフロリダダービー3着The Cliff's Edgeのみの出走となる。2度使われて徐々に上向いており、今回は末脚を生かすためにも距離ロスを覚悟で外を回す可能性が高い。
今季2戦して4,7着と2歳王者の名が廃れつつあるAction This Dayは前走でカラ馬と接触して右後肢の外傷を負ったためLion Heart同様に1週出走を待った。マンデラ師はBCを制した時と同じ末脚勝負に徹すると宣言しており、勝ち負けよりは本番へ向けて手応えのつかめるレースをという意識か。
G2サンフェリペS勝ち馬で出走馬の中で唯一前走で勝っているPreachinatthebarSilver Charm産駒ということもありバファート師の期待も高い。ただ前走で鼻差2着のSt AverilがSAダービーで惨敗している点は気がかり。
G2ハッチソンS→G3タンパベイダービー連勝のLimehouseはキーンランド2戦2勝と得意。Lion Heart相手にどの地点で仕掛けていくかがポイントになる。同首差2着Mustanfarはここで賞金を加算しないとダービー出走が危うい。G2レーンズエンドS4着That's an Outrage、G2ルイジアナダービー4着Breakawayは人気はないがプレップ波乱の傾向が続いているだけに不気味だ。
[2]. ブルーグラスS結果
|| ヨッシー 04/04/11(日)18:50 [ 返信 ]
1 The Cliff's Edge (Sellers, S.J.) 123 1:49.42
2 Lion Heart (Smith, M.E.) 123 1/2
3 Limehouse (Santos, J.A.) 123 6
4 Mustanfar (Migliore, R.) 123 3-3/4
5 Breakaway (Albarado, R.) 123 1-3/4
6 Action This Day (Flores, D.R.) 123 1-1/2
7 Preachinatthebar (Santiago, J.) 123 17
8 That's an Outrage (Guidry, M.) 123 4-1/2
Fractional Times: 23.70, 46.60, 1:11.12, 1:36.91, 1:49.42
Scratched Horses: Birdstone

Lion HeartLimehouseが前半は激しい主導権争いを展開したが、半マイル過ぎにはLion Heartがスピードの違いでハナへ。そのままHペースで飛ばして後続を突き放し逃げ込もうとしたが、先頭から15馬身近く離れた後方2番手で脚をため込んだThe Cliff's Edgeが4角2番手から直線外へ持ち出しグイグイと猛追。最後はゴール手前でLion Heartをわずかに差し切り、鞍上がガッツポーズで勝利を喜んだ。
Limehouseは上位2頭に離されてしまい流れ込んだだけの3着、Action This Dayは後方待機策も末脚不発に終わって惨敗、Preachinatthebarはきついペースの3番手追走が応えたか残り3Fで早々に手応えが無くなりズルズル後退してブービーに終わった。
The Cliff's Edgeは8戦4勝でG1初制覇、本番は2戦2勝と得意のチャーチルで行われるだけにより陣営の期待も高まる。またN・ジト師にとってもEurosilverの脱落、Birdstoneスクラッチと不運が続いていただけに大きな1勝となった。


497. 2004/04/10 コモンウェルスBCS (G2 3歳以上 ダート7F キーンランド) [ 同名レースを検索 ]
|| ヨッシー 04/04/09(金)08:48 [ 返信 ]
4/10 G2 コモンウェルスBCS 3歳以上 ダート7F キーンランド
1 Marino Marini (KY) David Romero Flores 4 Colt 118 3/1
2 Saint Waki (KY) Craig Perret 4 Colt 118 12/1
3 Scrimshaw (KY) Edgar S. Prado 4 Colt 118 4/1
4 Lion Tamer (KY) Mike E. Smith 4 Colt 122 7/5
5 Private Horde (KY) Jason P. Lumpkins 5 Horse 120 5/2
6 Christine's Outlaw (KY) Robby Albarado 4 Colt 118 12/1
[1]. コモンウェルスBCS展望
|| ヨッシー 04/04/09(金)20:15 [ 返信 ]
Congareeが7日夜の疝痛のため急遽出走を取りやめたこともあり、やや寂しいメンバーとなった。
同馬の回避で1番人気は前走のG2リクタースケイルBCスプリント選手権Hを制したLion Tamerに集まりそうだ。プレッチャー師は絶好調の状態面と得意の7F戦であることから重賞連覇を強く意識しており、キーンランド替わりを苦にしなければ勝機は濃厚か。
BCスプリント9着以来の復帰戦となった先月のターフウェイ一般戦を楽勝して今季上々のスタートを切ったPrivate Hordeは初距離克服がポイント。昨年のG2レキシントンS勝ち馬Scrimshawは約8ヶ月ぶりのレースとしてここを選択してきた。
G2サンカルロスHはノドのトラブルで最下位に終わったMarino Mariniはその前のG1・G2で連続2着の実績があり本来の力を発揮できれば巻き返し可能。Christine's Outlawはムラ馬だが嵌まった時の一発には注意が必要。
[2]. コモンウェルスBCS結果
|| ヨッシー 04/04/11(日)18:50 [ 返信 ]
1 Lion Tamer (Smith, M.E.) 122 1:23.14
2 Private Horde (Lumpkins, J.P.) 120 3/4
3 Marino Marini (Flores, D.R.) 118 1/2
4 Scrimshaw (Prado, E.S.) 118 2-1/4
5 Christine's Outlaw (Albarado, R.) 118 2
6 Saint Waki (Perret, C.) 118 13-3/4
Fractional Times: 22.63, 45.20, 1:09.78, 1:23.14

後方2番手でうまく折り合いをつけた1番人気Lion Tamerが直線で外へ持ち出し追われると鋭伸、先手を奪ったMarino Mariniとこれに絡んでいき直線も勝ち負けに加わったPrivate Hordeの先行2頭をまとめて差し切り決着。
Lion Tamerは9戦6勝、今季3連勝で完全に軌道に乗った。オーナーM・テイバー&プレッチャー師は昨年のSmooth Jazzに続く連覇で、次走は5/1G2チャーチルダウンズHが有力。


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: