JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


海外レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
海外レース ...
北米
欧州
その他(アジア、豪州など)
共通情報など
レース検索

北米スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示




先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

728. 2005/09/03 フォアゴーH (米G1 ダート7F 3歳上 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/09/03(土)00:23 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Silver Wagon(FL) C. Velasquez 4Colt117
2Forest Danger(KY) J.R. Velazquez 4Colt123
3Battle Won(KY) R.A. Dominquez 5Gelding121
4Yankee Mon(NY) E.S. Prado 4Colt117
5Swingforthefences(KY)E.M. Coa 4Colt117
6Keep the Faith(AUS) G.L. Stevens 5Horse117
7Mass Media(KY) J.J. Castellano4Colt117

サラトガ開催G1シリーズのとりをつとめるスプリント戦。
メトロポリタンH5着以来となるForest Danger。カーターHを勝った時は大いに期待されたが、疲れからか出走にここまでかかってしまった。7Fは3戦3勝と得意で仕切り直しには格好の舞台。今回は初めてブリンカーを付けて臨む。
Battle Wonは前走G1ビングクロスビーH2着。近3走全て重賞で好走しており、信頼度は高い。スピードが武器の馬だが、ここ5戦で4勝の逃げ馬Yankee Monとの兼ね合いで番手の競馬になりそう。
Silver Wagonも脚部不安のためメトロポリタンH以来となる。その時は2着だが、Ghostzapperに喧嘩を売ったForest Dangerとの後先は参考にならなさそう。もう少し距離がある方が競馬はし易いが、サラトガ7Fは2戦2勝と得意のコース、一発を狙う。
同レース3連覇を狙うFrankel師はMass Mediaを出してきたが、前走は一般戦でもあっさり敗れており期待薄か。
前走一般戦で芝6Fの北米レコードを出したKeep the Faithはこれが初ダート。元々北米移籍時点からダートも視野に入っていたとのことで、予定通りの出走ということ。ダートコースでの調教では素晴らしい動きを見せているが、レースに行ってはやってみないとわからない。
[1]. フォアゴーH結果
|| mazuda 05/09/04(日)23:22 [ 返信 ]
1Mass Media J.J. Castellano1171:22.59
2Battle Won R.A. Dominquez 1211/2
3Silver Wagon C. Velasquez 1173/4
4Yankee Mon E.S. Prado 1171 1/2
5Forest Danger J.R. Velazquez 1237 1/4
6Keep the FaithG.L. Stevens 11719 1/4
Times: 22.39, 44.80, 1:09.42, 1:22.59
Scratched: Swingforthefences

Yankee Monが好スタート、Battle Wonはやや立ち遅れるがすぐさま上がって行きハナへ。3番手の内に1番人気Forest Danger、その外がMass MediaSilver Wagonはゲートにぶつかったこともあり例によって後方からの競馬。
向正面中程から3コーナーにかけてはBattle Wonがリードをとるが、勝負所からYankee Monが外へ馬体を合わせに行き、直後のMass MediaForest Danger、後方のSilver Wagonもこれを追いかける。
残り2FでBattle Wagonは再度後続を離しにかかるが、外からMass Mediaが迫って来る。Forest Dangerは内を突くが手応えが良くない。大外を回ってSilver Wagonもようやく上がってくる。
直線を向くと粘るBattle Wonと追うMass Media2頭の争いとなり、残り50mでMass Mediaが前に出るとそのまま1/2馬身の差を付けてゴール。ここ2走の不甲斐なさから最低人気にまで評価を落としていたが、見事に反発し番狂わせを演じた。Silver Wagonも良く追って来たが、更に3/4馬身差の3着まで。Forest Dangerはスタート後不利を受けたがそれにしても見せ場の無い競馬、Battle Wonはまたしても2着で大魚を逸した。

Mass Mediaはこれで15戦6勝、G1は初勝利。


727. 2005/08/28 バレリーナS (米G1 ダート7F 3歳上牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/08/26(金)23:53 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Vision of Beauty(KY)E.S. Prado 4Filly115
2Happy Ticket(LA) J.R. Velazquez 4Filly117
3Molto Vita(KY) G.L. Stevens 3Filly117
4Bank Audit(VA) R.A. Dominquez 4Filly122
5Pleasant Home(KY) C. Velasquez 4Filly117
6My Trusty Cat(KY) J.J. Castellano5Mare122
7Forest Music(KY) J.D. Bailey 4Filly119
[1]. バレリーナS
|| mazuda 05/08/27(土)23:38 [ 返信 ]
昨年Lady Takの2着に敗れたMy Trusty Cat陣営は今年こそと意気込んでいる。前走リグレットSを一叩き(頭差2着)して調子が上がっており、直前の追い切りでは素晴らしい動きを披露。引き続きCastellanoが手綱をとる。
引退が決まったLady Takに代わってAsmussen師が送り込むのがForest Music。前走G2オナラブルミスHを2馬身差で逃げ切り勢いに乗っている。課題は7Fの距離。大外枠を引いたが、ここ3戦で2度大外に入り、その時はいずれも逃げ切っており、揉まれずに前へ行ける分却って良いか。
オナラブルミスでForest Musicに騎乗したVelazquezはHappy Ticketの鞍上に。前走G2プリンセスルーニーHで初黒星を喫したが、不利で後方に下がってしまった上、敗れた相手はMadcap Escapadeで悲観したものではない。2走前のシカゴBCHではMy Trusty Catを破っている。
オナラブルミスSで1番人気3着だったBank Audit、3走前のG2ジェニュインリスクHではForest Musicを破って優勝。2戦2勝の7Fに距離が伸びるのも好材料か。
バレリーナS6勝目を狙うMcGaughey師のPleasant Homeはマイル重賞勝ちがあり、スタミナがものを言う流れになれば浮上する。
05/08/28(日)00:14 編集
[2]. バレリーナS結果
|| mazuda 05/08/29(月)23:56 [ 返信 ]
1Happy Ticket J.R. Velazquez 1171:24.53
2Pleasant Home C. Velasquez 1175 1/2
3Molto Vita R. Bejarano 1173/4
4Bank Audit R.A. Dominguez 1223 1/2
5Vision of BeautyE.S. Prado 1152 3/4
6Forest Music J.D. Bailey 1195
7My Trusty Cat J.J. Castellano1222 1/4
Times: :22.06, :45.01, 1:10.76, 1:24.53

Molto Vitaが好スタートを切り、これを内からVision of Beauty、外からForest Musicが追いかける。二の脚で2頭が前に出てMolto Vitaが3番手、4番手に1番人気Happy Ticket、以下Bank Audit、Pleasant Home、My Trusty Catの順。
先頭は内Vision of Beautyと外Forest Musicの併走状態が続き、Happy Ticketがジワジワ前との差を詰める。3コーナー手前でHappy TicketがMolto Vitaの外に並ぶと、今度は2頭揃って前を追いかける形に。
3コーナーでVision of Beautyは遅れ始め、かわってForest Musicの外にMolto VitaとHappy Ticketが迫って来る。
4コーナーで3頭が横並び、直線に入ると一旦Molto Vitaが抜け出すが、すぐさま一番外Happy Ticketが脚を伸ばし、残り300m過ぎで先頭に立つと2番手以下を一気に突き放し、5 1/2馬身差で圧勝した。2着には後方からマクって来たPleasant Homeが粘るMolto Vitaを交わして入線。2番人気My Trusty Catは終始最後方のまま良い所無く終わった。

Happy Ticketはこれで11戦10勝、G1は初勝利となる。


726. 2005/08/27 デルマーデビュータントS (米G1 ダート7F 2歳牝 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/08/26(金)23:51 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Indian Breeze(KY) P.A. Valenzuela2Filly121
2Mystery Girl(FL) G.K. Gomez 2Filly117
3I Can See(KY) K. John 2Filly115
4Slick Road(CA) M.E. Smith 2Filly117
5Golden Silk(FL) J. Valdivia Jr.2Filly117
6Calamity June(KY) T.C. Baze 2Filly117
7Diplomat Lady(KY) J.K. Court 2Filly117
8Wild Fit(FL) A. Solis 2Filly117
9Miss Norman(KY) D.L. Flores 2Filly117
10Bully Bones(FL) R.R. Douglas 2Filly121
11River's Prayer(CA)V. Espinoza 2Filly121

2歳牝馬最初G1は、少頭数のホープフルSとはうってかわって11頭がエントリー。
デビュー2連勝で前走G3ソレントSを勝ったBully Bonesが中心。しかし、2戦とも人気薄での勝利であり信頼度はいま一つ、今回が試金石となる。ソレントSからは3着Slick Road、4着Diplomat Ladyも出走。
Bully Bonesと未対戦の馬では、ハリウッドでランダルースSを勝ったIndian Breeze、ランダルースS2着でシンデレラSを勝ったRiver's Prayerが有力。ランダルースSからは3着Mystery Girlも出走する。
未勝利を勝ったばかりの馬もいるが、その中では2週間前の未勝利戦で2歳馬離れした勝ちっぷりを見せたWild Fitが注目を集める。
05/08/29(月)00:17 編集
[1]. デルマーデビュータントS結果
|| mazuda 05/08/29(月)00:16 [ 返信 ]
1Wild Fit A. Solis 1171:23.20
2Mystery Girl G.K. Gomez 1172
3River's PrayerV. Espinoza 1212
4Miss Norman D.R. Flores 1175 1/2
5I Can See K. John 1151/2
6Golden Silk J. Valdivia Jr.1171/2
7Slick Road M.E. Smith 1173
8Calamity June T.C. Baze 1171 1/2
9Bully Bones R.R. Douglas 121Nose
10Diplomat Lady J.K. Court 1171
11Indian Breeze P.A. Valenzuela1213 1/2
Times: :21.75, :44.26, 1:09.87, 1:23.20

スタート後内からIndian Breezeが飛び出し、これにMystery Girlが並びかけて行く。向正面を過ぎると手応えに勝るMystery Girlがハナを奪い、そのまま勝負所へ。
後続も差を詰めようとするが、1 1/2馬身のリードは変わらず。馬群の後方に控えたRiver's PrayerとWild Fitは勢い良く外から上がって行く。
直線を向いてもMystery Girlが粘り込みを図るが、Wild Fitの末脚が上で、直線半ばで捕らえると最後は2馬身突き放した。Mystery Girlは2着を死守し、River's Prayerが3着。

Wild Fitは未勝利戦からの2連勝で一気にこの路線のトップに立った。この後はBCジュヴナイルフィリーズを目指すが、プレップにどこを使うかは未定。
05/08/29(月)00:16 編集


725. 2005/08/27 トラヴァースS (米G1 ダート10F 3歳 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/08/25(木)23:47 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Bellamy Road(FL) J.J. Castellano3Colt126
2Andromeda's Hero(KY) C.S. Nakatani 3Colt126
3Chekhov(KY)G.L. Stevens 3Colt126
4Roman Ruler(KY) J.D. Bailey 3Colt126
5Don't Get Mad(KY) E.S. Prado 3Colt126
6Reverberate(KY)J.A. Santos 3Colt126
7Flower Alley(KY) J.R. Velazquez 3Colt126
[1]. トラヴァースS
|| mazuda 05/08/27(土)00:00 [ 返信 ]
KYダービー馬も2冠馬も不在の「真夏のダービー」トラヴァースS。しかし、KYダービー1番人気馬と夏の3歳戦の主役達が顔を揃えた。
脚部不安で3冠を棒に振ったRoman Rulerだが、復帰後はG2ドワイヤーS、G1ハスケル招待Hを連勝。Afleet Alex不在の3歳路線で主役に躍り出た。リラックスすることを覚え鋭い決め手が使えるようになったのが大きいとBaffert師。
KYダービーで1番人気に推されながら7着に終わったBellamy Roadは脚の故障でそれ以来のレースとなる。昨年もぶっつけでBirdstoneにこのレースを獲らせたZito師は、Bellamy Roadもそれだけの力があると信じている。問題は力を出せる状態まで来ているかどうかだが、Zito師は好感触を得ている模様。Zito厩舎からはもう1頭ベルモントS2着、G2ジムダンディS3着のAndromeda's Heroが出走。今回はブリンカーを付けて臨む。
Flower AlleyはKYダービーの後残り2冠をパスし、ドワイヤーSでRoman Rulerの2着、続くジムダンディSを圧勝した。今開催絶好調のPletcher師は、ダービー後すぐここを目標にしてやってきた、万全の態勢で臨める、と意欲充分。
ReverberateはG2ピーターパンS、ジムダンディSで共に2着だが、今回勝負になるには更なる上積みが必要。Don't Get MadはKYダービーで今回のメンバー中最先着、しかし良績はチャーチルに集中し、前走G2スワップスBCSも人気を大きく裏切った。Chekhovは前走ハスケル招待で4着だが、前3頭とは差がある感じでこのメンバーでは力が足りないか。
レースは最内を引いたBellamy Roadが引っ張り、Flower Alleyが2番手、Roman RulerとReverberateが中団を進み、残りは後方待機と予想される。Bellamy Roadが楽に逃げられるか、その場合Roman Rulerが捕まえることが出来るかが見所。
05/08/29(月)01:25 編集
[2]. トラヴァースS結果
|| mazuda 05/08/29(月)01:18 [ 返信 ]
1Flower Alley J.R. Velazquez 1262:02.76
2Bellamy Road J.J. Castellano1262 1/2
3Roman Ruler J.D. Bailey 1262 3/4
4Don't Get Mad E.S. Prado 1262 1/2
5Andromeda's HeroC.S. Nakatani 1264 1/4
6ReverberateJ.A. Santos 12610 1/4
7ChekhovG.L. Stevens 1263/4
Times: :23.54, :47.43, 1:10.92, 1:36.38, 2:02.76

予想通りBellamy Roadがダッシュ良くハナへ行き、Flower Alleyが2番手、3番手は3頭並んだ真中にRoman Rulerという形で1コーナーへ。向正面に入るとRoman Rulerは単独3番手に上がる。
向正面中程でFlower Alleyが徐にBellamy Roadとの差を詰めるが、3コーナー手前から再びBellamy Roadがリードをとり、Roman Rulerも追い上げてくる。
Roman Rulerが来るのを待っていたかの様にFlower Alleyも再度追撃を開始。4コーナーでBellamy Roadの外に並びかけ、残り300mで先頭に踊り出る。内のBellamy Roadも必死に食い下がるが、Flower Alleyが1馬身前に出るともう抵抗する力は残っていなかった。2頭が競り合う形で引き離されたRoman RulerBellamy Roadも捕らえられず3着。4着にはDon't Get Madが入った。

Flower Alleyはこれで8戦4勝。Pletcher師は5度目の挑戦にしてトラヴァース初制覇、昨年のBCを勝ったAshadoSpeightstownに比肩し得る馬になった、と喜んだ。Bellamy Roadは、故障休養明けにしては良く走っている、とZito師。
05/08/29(月)23:56 編集


724. 2005/08/27 キングズビショップS (米G1 ダート7F 3歳 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/08/25(木)23:46 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Fusaichi Rock Star(FL)J.R. Velazquez3Colt121
2Social Probation(KY) C.H. Borel 3Colt117
3Lost in the Fog(FL) R.A. Baze 3Colt123
4The Daddy(NY) R.J. Albarado 3Colt117
5Santana Strings(FL) E.M. Coa 3Colt121
6Storm Surge(KY) R. Bejarano 3Colt119
7Better Than Bonds(FL) R. Migliore 3Colt119
05/08/25(木)23:46 編集
[1]. キングズビショップS
|| mazuda 05/08/26(金)23:57 [ 返信 ]
デビューからここまで8戦無敗のLost in the Fogがその連勝を伸ばすかどうか、トラヴァースSのアンダーカード最大の注目。6頭が打倒Lost in the Fogに挑む。
Gilchrist師はBellamy RoadトラヴァースSへ回ったことを残念がる余裕を見せたが、同馬の回避によってLost in the Fogにとっては負けられない戦いとなった。今回は脚元の保護の為蹄鉄を替えて臨むが、問題は無いとGilchrist師。
対抗の1番手はSantana Strings。チャーチルダウンズの検疫で予定外の休養から明けて、現在2連勝中、前走G2アムステルダムSを快勝した。休養は却って良い方に働き馬が変わってきたとAsmussen師。春先はLost in the Fogに歯が立たなかったが、一味違うところを見せられるか。
他では、Lost in the Fogと未対戦の組に注目。Fusaichi Rock Starは7FのG2サンヴィセンテSの勝ち馬。休養明けを一叩きされ調子が上がってくれば。Better Than Bondは前走同コースの一般戦を4馬身差快勝している。Storm SurgeはG3ルコントSを含むステークス3勝、3冠路線を歩む馬達と戦ってきた経験がある。The Daddyはキャリアわずか2戦だが、2週間前に同コースの一般戦を12馬身差圧勝、Storm Surgeの主戦でもあるAlbaradoはこちらに乗ってきた。
[2]. キングズビショップS結果
|| mazuda 05/08/29(月)00:53 [ 返信 ]
1Lost in the Fog R.A. Baze 1231:22.56
2Social Probation C.H. Borel 1174 3/4
3Better Than Bonds R. Migliore 1193/4
4The Daddy R.J. Albarado 117Head
5Storm Surge R. Bejarano 1195 3/4
6Santana Strings E.M. Coa 1211 3/4
7Fusaichi Rock StarJ.R. Velazquez12111
Times: :22.09, :44.61, 1:09.09, 1:22.56

スタートからすんなり先手をとったLost in the Fogが逃げ、2番手は内Fusaichi Rock Star、外The Daddy。その後はやや間が開き、3頭が一かたまり、スタートでFusaichi Rock Starにぶつけられ下がってしまったSocial Probationが離れた最後方という展開。
3コーナー手前からThe Daddyが積極的に絡んで行くが、Lost in the Fogは意に介さず快調に飛ばして行く。Fusaichi Rock Starは3コーナーで後退を始め、かわって後方にいた馬たちが追い上げを開始する。
直線を向くとThe Daddyを振り切り、差を広げてゆくLost in the Fog。さすがに苦しくなったThe Daddyを外から追い上げて来たSocial ProbationとBetter Than Bondsが捕らえるが、Lost in the Fogは遥か前。結局4 3/4馬身差を付けLost in the Fogが圧勝、デビューからの連勝を9に伸ばした。


723. 2005/08/27 ホープフルS (米G1 ダート7F 2歳 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/08/25(木)23:45 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Too Much Bling(OH) J.J. Castellano2Colt120
2First Samurai(KY) J.D. Bailey 2Colt120
3Tizzys No Saint(CA) C. Velasquez 2Colt120
4Henny Hughes(KY) G.L. Stevens 2Colt120
5Winning Minister(VA) R. Migliore 2Colt120
[1]. ホープフルS
|| mazuda 05/08/26(金)23:55 [ 返信 ]
2歳最初のG1は5頭立ての少頭数となった。
近年有力馬を送り込みながらこのレースで苦杯をなめたBiancone師だが、Henny Hughesは競馬っぷりに幅がある点が違う、と今度こそ人気に応えるつもり。ここまでG2サラトガスペシャルを含む3戦無敗で全て圧勝、距離延長と相手強化で決して楽ではなく、やってみなければわからない、とはぐらかすBiancone師だが自信はありげ。
Henny Hughesにとって最大の障害となりそうなのが、未勝利、一般戦を共に圧勝で2戦無敗のFirst Samurai。こちらの方が血統的に距離適性も大物感もありそうで、まだ良化の余地があるとBrothers師。
前評判ではほぼ2強状態だが、Barbara師が素質を買うWinning Ministerは未勝利勝ちから中1週、動きが良くなかったら出さない、と語り不気味さが漂う。
Too Much Blingは前走未勝利戦の勝ち時計がなかなかのもの、Tizzys No SaintはHenny Hughesと並んでこの中では最多のキャリアを活かしたい。
[2]. ホープフルS結果
|| mazuda 05/08/29(月)00:34 [ 返信 ]
1First Samurai J.D. Bailey 1201:23.25
2Henny Hughes G.L. Stevens 1204 1/4
3Too Much Bling J.J. Castellano1201
4Tizzys No Saint C. Velasquez 1202 3/4
5Winning MinisterR. Migliore 12012 1/4
Times: :22.22, :44.81, 1:09.25, 1:23.25

Too Much Blingが先手を取り、以下First SamuraiHenny Hughes、Winning Ministerがほぼ等間隔に並び、離れた最後方にTizzys No Saintという展開。
残り3FでFirst SamuraiHenny Hughesが前を捕まえに行き、4コーナーでは前3頭が横並び。しかし、真中First Samuraiの手応えが抜けている。
直線を向くとFirst Samuraiが先頭に立ち、そのまま2頭を突き放す。Henny HughesもToo Much Blingと馬体を合わせて前を追うが、差は開くばかり、Too Much Blingを抑えるのがやっとという有様。First SamuraiHenny Hughesに4 1/2馬身差を付け圧勝した。

First Samuraiはデビュー3連勝でG1制覇。次走は10/8シャンペンSの予定。


722. 2005/08/26 パーソナルエンスンH (米G1 ダート10F 3歳上牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/08/25(木)23:43 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Shadow Cast(KY) R.J. Albarado 4Filly118
2Two Trail Sioux(KY) G.L. Stevens 4Filly118
3Island Sand(KY) J.D. Bailey 4Filly118
4Personal Legend(KY) E.S. Prado 5Mare116
5Ashado(KY)J.R. Velazquez4Filly122
6Isola Piu Bella(CHI) R.A. Dominguez5Mare116
7A Song in A Minor(KY)J.A. Santos 4Filly116

G1を2連勝中、しかもいずれも圧勝と完全に調子を取り戻したAshadoが不動の中心。メンバーは変わってG2デラウェアH上位馬がライバルとなるが、相手強化とも思えずPletcher師も、ここ2走のような走りが出来れば負けない、と自信たっぷり。不安は道悪くらいだが、予報からするとそれも心配なさそう。
2番人気は前走デラウェアH圧勝で久々の勝利を上げたIsland Sandか。今回と同じ10F戦で自身のベストパフォーマンスを更新する走りを見せ、勢いに乗っている。4月のG1アップルブラッサムHではAshadoに先着したが、復調したAshadoにどこまで対抗できるか。
デラウェアHで逃げて2着、前々走はG2フルールドリスHを逃げ切ったTwo Trail Siouxが今回もペースを握る。番手での競馬と見られるAshadoのプレッシャーを上手くかわしたいところ。
Personal LegendはデラウェアHでは不利を受けて後方におかれながら3着に突っ込んできた。まともならIsland Sandともそう差はなかったはず。叩き2戦目で上積みも見込める。
Pletcher厩舎からはもう1頭Isola Piu Bellaが参戦。デラウェアHで1番人気に推されながら8着に敗れたが、パドックでもゲートでも落ち着きを欠きレースにならなかったとのこと。前走より調子は上がって来ており巻き返しを狙う。
Shadow Castは今年重賞2勝、アップルブラッサムH、G2ルイヴィルBCHではいずれもIsland Sandに先着している。ここ2走は不甲斐ない競馬が続き、復調出来るかどうかがカギ。
[1]. パーソナルエンスンH結果
|| mazuda 05/08/27(土)23:46 [ 返信 ]
1Shadow Cast R. Albarado 1182:02.07
2Personal Legend E.S. Prado 1162 3/4
3Two Trail Sioux G.L. Stevens 1189 1/2
4DH - Island Sand J.D. Bailey 1182 1/2
4DH - Ashado J.R. Velazquez122-
6A Song in A MinorJ.A. Santos 1165
Times: :23.02, :46.84, 1:11.23, 1:36.56, 2:02.07
Scratched: Isola Piu Bella

スタートからTwo Trail Siouxが好ダッシュでハナへ。外からジワジワAshadoが2番手に付け、3番手にIsland Sand、以下Personal Legend、Shadow Cast、A Song in A Manorの順で向正面へ。
Two Trail Siouxは速いペースで引っ張り後続との差を最大7馬身程度とっての逃げで、縦長の展開となる。
3コーナーを前にAshadoがTwo Trail Siouxとの差を詰めにかかり、Personal Legendが内から3番手に上がり、後方にいたShadow Castも追い上げを開始。
4コーナーでTwo Trail Siouxを捕らえたかに見えたAshadoだが、ここで止まり後退を始めてしまう。一方大外を回したShadow Castは脚色が良く先頭を奪う勢い。ラチ沿いからはPersonal Legendも上がってくる。
直線を向くと早々にShadow CastがTwo Trail Siouxを交わし、Personal Legendもこれを追う。2頭は後続をグングン引き離すが、Personal LegendはShadow Castとの差を詰めることが出来ず、結局Shadow Castが2 3/4馬身の差を付けて1着。3着は9 1/2馬身離れた後方で逃げたTwo Trail Siouxが粘り、圧倒的1番人気のAshadoは2番人気Island Sandと同着の2着に終わった。
Shadow Castは直前の追い切りの動きが素晴らしく復調の手応えはあった模様。一方Ashadoについては、好位置に付けられたがハミをとらなかった、本来の走りではなかった、との陣営の弁。

Shadow Castはこれで21戦9勝。今季重賞3勝目でG1は初勝利。
05/08/28(日)00:06 編集


721. 2005/08/21 パシフィッククラシックS (米G1 ダート10F 3歳上 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/08/20(土)00:13 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Polish Times(KY) K.J. Desormeaux8Gelding124
2Choctaw Nation(KY) V. Espinoza 5Gelding124
3Borrego(KY)G.K. Gomez 4Colt124
4Lava Man(CA) P.A. Valenzuela4Gelding124
5Surf Cat(KY) A. Solis 3Colt117
6Super Frolic(KY) J. Lumpkins 5Horse124
7Musique Toujours(CA)J.F. Chavez 5Gelding124
8Congrats(KY)T.C. Baze 5Horse124
9Island Fashion(KY) C.S. Nakatani 5Mare119
10Oceanus(BRZ)J. Valdivia Jr.6Horse124
11Ace Blue(BRZ) D.R. Flores 5Horse124
12Perfect Drift(KY) M. Guidry 6Gelding124
[1]. パシフィッククラシックS
|| mazuda 05/08/21(日)00:01 [ 返信 ]
頭数は12頭と揃った。焦点はLava Manに他の11頭がどう挑むかということになろう。
Lava Manは前走ハリウッドGCでベイヤー指数120を叩き出しており、米古馬でトップクラスの力を示した。一方で、現在3連勝中だがその全てがハリウッドで、デルマーに変わって疑問視する向きもある。しかし、前走でベストパフォーマンスを見せたばかりの馬にとっては粗探しの域を出ないだろう。Musique Toujours、Ace Blueら他の速い馬との兼ね合いでどんな競馬をするかが一つのポイント。
Lava Manに次ぐ支持を集めそうなのがSurf Catで、前走G2スワップスBCSを圧勝してきた。2ターン戦では未だ古馬トップクラスに伍せるだけのパフォーマンスを見せていないが、伸び盛りの3歳馬だけに期待が掛かる。デルマー入りしてからもすばらしい動きを見せている。
前走G2ワシントンパークHをレコード勝ち、久々に勝利を上げたPerfect Driftは、調子を取り戻した感じ。昨年のこのレースでPleasantly Perfectの2着に来ており、この条件で走れることは証明済みだ。
Choctaw Nationは前走G2サンディエゴHで連覇を達成。デルマーは得意としている。しかし、10F戦は昨年のこのレース、ドバイワールドCとも勝負に絡めておらず、克服するには展開の助けが欲しいところ。
ここまでが上位人気を形成。他では、調教の動きが非常に良かったSuper Frolic、ハリウッドGCで2着、3着に来ているBorrego、Congratsなどが上位をうかがう。
[2]. パシフィッククラシックS結果
|| mazuda 05/08/22(月)23:54 [ 返信 ]
1BorregoG.K. Gomez 1242:00.
2Perfect Drift M. Guidry 1241/2
3Lava Man P.A. Valenzuela124Neck
4Choctaw Nation V. Espinoza 124Neck
5Super Frolic J. Lumpkins 1244 1/4
6Surf Cat A. Solis 1171 1/4
7OceanusJ. Valdivia Jr.1241
8CongratsT.C. Baze 1244
9Island Fashion C.S. Nakatani 1196
10Ace Blue D.R. Flores 1242 1/2
11Musique ToujoursJ.F. Chavez 1241/2
Times: :22.68, :45.90, 1:10.35, 1:35.35, 2:00.71
Scratched: Polish Times

スタート後内からLava Manが飛ばして行く。これに外からSurf Catが並びかけ、ここからペースは速くなるが、前の方の馬群は比較的詰まった形。後方は大きくバラけて2番人気Perfect Drift、Borrego、Choctaw Nationらが続いた。
Lava ManとSurf Catの併走状態は続き、前半4Fは45.90。ここからペースを落とすが、すかさず外からSuper Frolicが迫り前をうかがう構え。ここでPerfect Driftも前との差を詰める。BorregoとChoctaw Nationは相変わらず離れた後方。
3、4コーナーでもLava Manは譲らず後続を振り切ろうとする。Surf Cat、Super Frolicはさすがに離され気味になり、Perfect Driftが外からこの一団に加わる。一方後方からはChoctaw NationとBorregoが馬体を合わせて一気に押し上げ、大外をマクって出る。
直線を向いてLava Manが2番手との差を広げるが、Perfect Driftも追いすがり、更に外のBorregoが迫ってくる。残り50mで勢いに勝るBorregoはLava Manを捕らえ先頭に立ち、そのまま1着でゴール。Lava Manは結局Perfect Driftにも交わされ3着に敗れた。差の無い4着にはChoctaw Nation
Borregoは後方からChoctaw Nationとの競り合いで追い込むという読みが見事に嵌り、勝ち切れない競馬が続いた鬱憤を晴らした。Perfect Driftも完璧に近い競馬をしたが、Borregoにその上を行かれてしまい2年連続2着。Lava ManはSurf Catに絡まれ前半ハイペースになったのがきつかった。

Borregoはこれで18戦4勝、これがステークス初勝利となる。秋はBCクラシックを目指す予定。


720. 2005/08/20 デルマーオークス (米G1 芝9F 3歳牝 デルマー) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/08/20(土)00:12 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1Singhalese(GB)M.E. Smith 3Filly122
2Rich in Spirit(FL) P.A. Valenzuela3Filly122
3Three Degrees(IRE) A. Solis 3Filly122
4Mi Luna Nueva(KY) K.J. Desormeaux3Filly122
5Louvain(IRE)V. Espinoza 3Filly122
6Shining Energy(KY) R.R. Douglas 3Filly122
7Peaceful Love(GER) T.C. Baze 3Filly122
8Lasika(GB)M. Demuro 3Filly122
9Isla Cozzene(KY) J.K. Court 3Filly122
10Berbatim(KY)G.K. Gomez 3Filly122
AEDancing Edie(CA) K.J. Desormeaux3Filly122
[1]. デルマーオークス
|| mazuda 05/08/20(土)23:59 [ 返信 ]
3歳No.1と言えるMelhor Aindaは先週のビヴァリーD.Sに出たが、その他のアメリカンオークス上位馬が人気を集める。
中でもシーザリオをマークし3着に粘ったSinghaleseが最有力か。アメリカンオークス後、ここデルマーの一般戦を完勝しており、臨戦過程に抜かりはない。
アメリカンオークスでは2番人気に推されたThree Degreesはその時以来となる。アメリカンオークスでは5着に終わったが、直線で窮屈な所があり、Singhaleseとの差は1馬身少々。スムーズなら当然逆転も視野に入る。同距離のG2ハニムーンBCHを勝っており、距離短縮はプラス。
BerbatimはハニムーンBCHで人気の一角を占めたが、落馬競争中止に終わった。前々走にはG3プロヴィデンシャルSを勝っており、Three Degreeとも互角に近く見られていた馬。但し、ハニムーンBCH後に脚の外傷があり、今回休養明けになるのが不安。
前走G2サンクレメントHを勝ったShining Energy、前々走フローレスリーSを勝ちサクンレメントHで1番人気になったLouvainもそう差は無い。
[2]. デルマーオークス結果
|| mazuda 05/08/22(月)00:13 [ 返信 ]
1SinghaleseM.E. Smith 1221:46.29
2Three Degrees A. Solis 1221/2
3Dancing Edie K.J. Desormeaux1221 1/4
4BerbatimG.K. Gomez 1221
5Rich in SpiritP.A. Valenzuela1221/2
6LouvainV. Espinoza 1221
7Peaceful Love T.C. Baze 122Neck
8LasikaM. Demuro 1221/2
9Shining EnergyR.R. Douglas 1221/2
Times: :22.90, :46.96, 1:11.01, 1:34.64, 1:46.29
Scratched: Isla Cozzene, Mi Luna Nueva

外枠2頭の出足が良く、引込み線を出るまでにDancing Edieがハナ、Berbatimが2番手を確保。3番手はLasikaだが3番手以降は一かたまりの馬群を形成。1番人気Three Degreesは馬群の中、最内で出脚が付かなかった2番人気Singhaleseは今日は馬群の後方8番手での競馬となった。
Dancing Edieは2番手以下を引き離し、向正面では4馬身弱の差を付ける。3コーナーを前に、外からShining Energy、Louvainが差を詰めるが、内外の差でDancing Edieがハナを譲らない。Three Degreesは馬群の中で徐々にポジションを上げ、Singhalese少し遅れて外から進出。
直線を向いてもDancing Edieが粘っていたが、マクって来たSinghaleseが良い伸び脚で先頭へ。内から馬群を捌いたThree Degreesも追って来るが、Singhaleseとの差は1/2馬身までしか詰まらず。3着には逃げたDancing Edieが粘った。

Singhaleseはこれで9戦3勝、2連勝で重賞初勝利を飾った。


719. 2005/08/20 アラバマS (米G1 ダート10F 3歳牝 サラトガ) [ 同名レースを検索 ]
|| mazuda 05/08/20(土)00:11 [ 返信 ]
出馬表
PostHorseJockeyAgeSexWgt.
1R Lady Joy(KY) J. Lezcano 3Filly121
2Sweet Symphony(KY) J.D. Bailey 3Filly121
3Ready and Alluring(ON)J.J. Castellano3Filly121
4Sis City(KY) E.S. Prado 3Filly121
5Dance Away Capote(KY) R.A. Dominquez 3Filly121
6For All We Know(KY) G.L. Stevens 3Filly121
7Spun Sugar(KY) J.R. Velazquez 3Filly121

Spun SugarにG1初制覇のチャンスが訪れた。マザーグースS2着、CCAオークス3着とG1で善戦するも勝ち切れない競馬が2戦続いたが、今回は先着を許した2頭が不在。また、大外枠を引いたことで余裕を持ってポジション取りが出来るとPletcher師も明るい表情だ。
Sis CityはKYオークス、デラウェアオークスと続けて4着で株を下げてしまったが、この2戦ともゲートで暴れており、自分のレースが出来なかったとのこと。この中間はゲート練習も入念に行った。力を出し切れば負けない、とDutrow師。
R Lady JoyはデラウェアオークスでRound PondSis Cityを破って優勝。G2ブラックアイドスーザンSではSpun Sugarに負けたが、その時は6ポンドの斤量差があった。課題は8.5Fまでしか勝っていない距離。
他で人気を集めそうなのはデビュー3戦無敗のSweet Symphony。前走は同条件の一般戦を快勝した。これが初ステークスとなるが、まだ力を出し切っていないとのことで、未知の魅力はたっぷり。
For All We Knowは3戦無敗で臨んだ前走CCAオークスで上位3頭に離された4着。しかし、クラス慣れで前進は見込める。
前走加牝馬3冠第2戦のバイソンシティSを逃げて圧勝したReady and Alluringが今回も逃げることになりそう。Dance Away Capoteは前走デラウェアオークスでR Lady Joyから1馬身半差の3着、そう差は無い。
[1]. アラバマS結果
|| mazuda 05/08/21(日)23:53 [ 返信 ]
1Sweet Symphony J.D. Bailey 1212:04.45
2Spun Sugar J.R. Velazquez 1216 1/4
3R Lady Joy J. Lezcano 1211 1/4
4Sis City E.S. Prado 1218 1/2
5Dance Away Capote R.A. Dominquez 1211 1/4
6For All We Know G.L. Stevens 12115
7Ready and AlluringJ.J. Castellano1216
Times: :24.31, :48.86, 1:13.43, 1:38.54, 2:04.45

内からR Lady Joyが好スタート。しかし、Sis Cityが二の脚でハナを奪い、Spun Sugarがその外2番手に。Sweet Symphonyは馬群の後方5、6番手、離れた最後方にDance Away Capoteという順。
Sis Cityは平均ペースで飛ばして行き、Spun Sugarがこれをマーク。他の馬も付かず離れずで3コーナーを迎える。
残り3FでSpun Sugarが一気にSis Cityを交わしにかかると、それを見てSweet SymphonyとR Lady Joyも進出を開始。4コーナーでSpun Sugarが先頭に立つが、外からSweet Symphonyがこれを追いかけ、残り300mでSpun Sugarを捕らえると一気に突き放す。内のR Lady JoyもSis Cityを交わして前を追いかけるが、Spun Sugarにも届かず3着まで。結局、Sweet SymphonyがSpun Sugarに6 1/4馬身差を付け圧勝した。

Sweet Symphonyはこれでデビュー4連勝、重賞は初勝利。秋はBCディスタフを目標とする。
05/08/23(火)00:13 編集


先頭ページ
<< 前ページ
次ページ >>

過去記事No.


TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: