JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


地方レースBoard 〜 レースに関する情報を共有するための掲示板 〜
中央レース(OP以上)
中央レース(その他)
地方レース ...
南関東交流
他場交流
地方馬限定重賞
共通情報など
海外レース ...
レース検索

他場交流スレッド表示 | 展開表示 | 一覧表示


戻る

129. 2008/04/29 兵庫チャンピオンシップ (Jpn2 3歳 定量 ダ1870m 園田) [ 同名レースを検索 ]
|| 富士山 08/04/27(日)21:06 [ 返信 ]
馬番馬名斤量騎手所属
バンバンバンク55田中学兵庫
ウイントリガー55岩田康栗東
ニシキパラダイス55大畑雅愛知
パセティックシーン55下原理兵庫
プリンセスアイリ53花本正笠松
マヤノベンケイ55福永祐栗東
ヒカルヴィオーラ53赤岡修高知
ウタマロボーイ55松平幸兵庫
ピエナエイム55内田博栗東
10ナンヨーリバー55武豊美浦
11ディアースパークル53永島太兵庫

今年第9回を迎えたこのレースだが、どうにも今年はメンバーが手薄。JRA勢が伏竜Sの1・5・11着馬と初ダート馬というのはここ数年の中でもかなり実績が薄い方にあたるし、地方勢はレベル自体が・・・。
ナンヨーリバーが一本被りの人気になってしまうのも致し方ない。ここ2戦中山ダート1800mに舞台を移して2連勝。8番人気と9番人気の逃げ切りでなんとも判断が分かれるところだが、伏竜Sの勝ちタイムは前日の古馬1000万下を1.2秒上回るかなり優秀なタイム。外枠有利の園田でこの枠はプラスだし、だいたい今の園田はかなり逃げ有利。武豊ですんなりゲートを出せばそのまま押し切りか。
ピエナエイムは対照的にダートながら破壊力のある追い込みが武器。ダート初挑戦だったもちの木賞ではレインボーペガサスのレコード勝ちに食い下がる2着、ポインセチア賞では4角シンガリから36秒7の上がりでゴール前飛んできた。年明け初戦の飛梅賞も4角9番手から直線一気を決めて1分52秒6。後ろから行く一手で小回りコースの適性が何とも言えないが、終いは確実に差を詰めてくる。豪腕・内田博幸の腕一つ。
マヤノベンケイはダートで未勝利→500万を連勝したが、ともに1200m。シンザン記念3着からマイルぐらいまではそこそここなせそうだが、それ以上となるとやはり不安が残る。伏竜Sも3コーナーからついていけず失速。さらに70m伸びるとあっては苦しい戦いになるか。ウイントリガーは初ダート、この手の馬は毎回人気しては飛ぶタイプ。岩田騎乗で印は回りそうだが強気にはなれない。
しかし迎え撃つ兵庫勢も今年は手駒が寂しい。一昨年ジョイーレ・3年前グレートステージのような馬はいない。パッと見で印がつくのは下原パセティックシーン。前走は一息明けで完調とは言えなかったが、前残りのレースを直線だけで2着に詰め寄った内容はまずまず。今回は乗り込み入念で最終追いも4F49秒8の好タイムをマーク。積極策で上位を食うか。
バンバンバンクは前走が?な内容でまともなレースなら変わり身もありそうだが最内は苦しい。逆に大外引いたディアースパークルは逃げ一手でナンヨーリバーとの兼ね合いが難しそうだ。
08/04/29(火)00:57 編集
[1]. 兵庫チャンピオンシップ結果
|| 富士山 08/04/29(火)21:06 [ 返信 ]
着順馬番馬名騎手タイム着差
10ナンヨーリバー武豊2分02秒1
ウイントリガー岩田康2分02秒31馬身
ピエナエイム内田博2分02秒62馬身
マヤノベンケイ福永祐2分04秒19馬身
バンバンバンク田中学2分04秒31馬身2分の1
パセティックシーン下原理2分04秒4クビ
11ディアースパークル永島太2分05秒67馬身
ウタマロボーイ松平幸2分05秒7クビ
プリンセスアイリ花本正2分07秒18馬身
10ヒカルヴィオーラ赤岡修2分07秒22分の1馬身
11ニシキパラダイス大畑雅2分09秒3大差

当然のごとく1番人気に推されたナンヨーリバーがスタートで見事に出遅れ。しかし「覚悟していた」と冷静だった武豊は慌てず騒がずポジションをゆったりと上げる。ディアースパークルも好位に控えたため、ハナを切ったマヤノベンケイが作った流れはスロー。これも幸いし、マヤノベンケイは早い段階で2番手にうまく取り付いた。ピエナエイムはこれを見る感じの4番手、ウイントリガーはさらに後ろからの競馬。
2角から動くと宣言していたパセティックシーンが動けず、レースが動いたのは向こう正面になってから。園田を知り尽くした岩田ウイントリガーが中団から一気にスパートし先頭まで飲み込む勢い、これを見た武ナンヨーリバーは当然のごとく張って出てマヤノベンケイを交わして先頭に立つ。後ろからピエナエイムも接近で、もうここからは3頭の競馬。
懸命に追いかける2頭だが、直線に入っても前との差は詰まらない。3頭の脚色はほとんど一緒、1馬身のリードをキープしたままマヤノベンケイがきっちり押し切って1番人気に応えた。武豊はこれで園田の交流重賞7勝目。
08/04/30(水)23:04 編集
[2]. 兵庫チャンピオンシップ結果
|| nobu 08/05/01(木)22:05 [ 返信 ]
勝ったのはマヤノベンケイではなくナンヨーリバー
08/05/01(木)22:06 編集

戻る



TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: