JSE - 中央競馬データベース -


マーグレイヴ

特徴/履歴

 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

【投稿の際のお願い】
★投稿の際には、「投稿ガイドライン」に全て目を通し、ルールに則った投稿を心掛けてください。
投稿した記事は後から編集することができます。


1.
mazuda 09/09/23(水) 03:37 [ 追記 ]
調教師: John Day
馬主: Samuel Wreford -> John Gully
生産者: Alexander Nowell
産国: 英

大柄ながら見栄えはせず、寧ろ不恰好と言われるような馬であったが、走らせてみると動きはなかなかのものだったという。
2歳から活躍し、4戦して1度出遅れて2着になった他は全勝、クライテリオンSなどを勝った。3歳時はダービーこそ着外に終わったものの、セントレジャーSなど3つのステークスを制し、2日連続出走で臨んだニューマーケットセントレジャーでも2,000ギニー馬Archibaldの2着に来るなど、世代トップの実力を見せた。翌年も現役を続けたが、これといった結果を出すことなくシーズン前半で引退した。
1834年から英で種牡馬生活に入り2年間供用。後に英2冠馬Sir Tatton Sykesの母の父となったが、英供用中の産駒に大物は出なかった。2年後に渡米、ヴァージニア、テネシー、アラバマで供用された。あまり重用はされなかったが、1849年にはリーディングで6位タイを記録している。多くのレースを制したBlue Dick、種牡馬としても実績を残したBrown Dickなど、3マイル以下に強いスピード馬を多く輩出した。また、牝駒の子孫からは19世紀−20世紀初頭にかけて、初代KYダービー馬Aristides、ベルモントS勝ち馬Inspector B.を始め多くの活躍馬を出している。

1. mazuda さんの記事へ 特徴/履歴を追記


お名前(HN)
HN(お名前)登録制という形はとっておりませんが、基本的に固定HNでの投稿をお願いします。HN変更は他の投稿者とHNが重複した場合など十分な理由がある場合のみ行ってください。
記事

ニュースソース
名称
URL
※ 記事に関連したページへリンクを張る場合にリンク先をご記入下さい。
※ 個人HPの宣伝目的など、関連情報を伴わないページへのリンク記入はご遠慮ください。


TOP 詳細検索
重賞日程 参加型馬DB
レースBoard WhiteBoard
URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: