JSE - 中央競馬データベース -




Profile
馬名 [外] パコレットII
英字 Jackson's Pacolet
性別  牡
馬齢  214
生年 1808
毛色 芦毛
産国 米
Citizen
Mary Grey
母父 Page's Tippo Saib


【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ 投稿 ]





特徴/履歴
1.
競走馬としての記録は残っていません。  2代父と名前が同じですが、同馬が6歳の時にJ.ジャクソンが買い取ったので、Jackson's Pacoletと区別しています。ちなみにこのジャクソンという人はアイルランド生まれでアメリカに移住していました。アメリカに優秀な種牡馬を持ち込もうと考え、かの有名なR.タタソールに依頼してLeviathanやGlencoeといった馬たちをアメリカにもたらし、両馬とも米リーディングサイアーに複数回なっています。  また、テネシー州ナシュヴィルで2年間だけ繋養された同馬も産駒のMonsieur Tonsonが米リーディングサイアーとなりました。 
// イギリス貴族 07/07/26(木) 11:37  
応援コメント
[ 投稿 ]





★レースに関する投稿はレースBoard
★競馬全般の話題はWhite Board II
★DBについてのご意見・ご要望はURA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

1.
イギリス貴族 07/07/26(木) 11:38 編集 [ 追記 ]
競走馬としての記録は残っていません。
2代父と名前が同じですが、同馬が6歳の時にJ.ジャクソンが買い取ったので、Jackson's Pacoletと区別しています。ちなみにこのジャクソンという人はアイルランド生まれでアメリカに移住していました。アメリカに優秀な種牡馬を持ち込もうと考え、かの有名なR.タタソールに依頼してLeviathanやGlencoeといった馬たちをアメリカにもたらし、両馬とも米リーディングサイアーに複数回なっています。
また、テネシー州ナシュヴィルで2年間だけ繋養された同馬も産駒のMonsieur Tonsonが米リーディングサイアーとなりました。
<< 前のページ
 
次のページ >>



TOP 詳細検索
重賞日程 参加型馬DB
レースBoard WhiteBoard
URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: