JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


ポカホンタスII

特徴/履歴

 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

【投稿の際のお願い】
★投稿の際には、「投稿ガイドライン」に全て目を通し、ルールに則った投稿を心掛けてください。
投稿した記事は後から編集することができます。


1.
mazuda 02/10/02(水) 00:47 編集 [ 追記 ]
「繁殖牝馬の皇后」。父Glencoeは米で8度リーディングに輝き、19世紀の米競馬に多大な影響を与えた馬だが、その功績を語るのに本馬1頭で充分とさえ言わしめた。
競争馬としては、気性の悪さと喘鳴症が災いしてか、幾つかの大レースで好走するものの、結局5fヒートで1着1回が有るのみの9戦未勝利に終った。しかし、非常に小柄ながら均整のとれた馬体に、繁殖での期待が持たれた。
産駒は15頭おり、特筆すべきは「種牡馬の帝王」Stockwell、82戦42勝の名ステイヤー、種牡馬リーディング上位の常連で、Kettledrum等の父であるRataplan、1870-71リーディングサイアーで、3冠牝馬Hannah始め多数のクラシックホースを出し、St.Simonの母の父となったKing Tomの3頭を出したということ。
他にも、グランドナショナル連覇のThe Coronelの父Knight of Kars、2000ギニー馬Moslemの父Knight of St.Patrick、セントレジャー勝ちの牝馬Auricula、クラシックホースを3頭出した名牝Araucaria等がいる。

1. mazuda さんの記事へ 特徴/履歴を追記


 お名前(HN)
HN(お名前)登録制という形はとっておりませんが、基本的に固定HNでの投稿をお願いします。HN変更は他の投稿者とHNが重複した場合など十分な理由がある場合のみ行ってください。
 記事



 ニュースソース  名称
 URL
※ ニュースソース等、記事に関連したページへリンクを張る場合にリンク先をご記入下さい。
※ 個人HPの宣伝目的など、関連情報を伴わないページへのリンク記入はご遠慮ください。

下のテキストボックスに"ぬあ"と入力してから、[書き込み]ボタンを押してください。




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: