JSE  中央競馬データベース
馬名 / レース名 Help
TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board


[使い方]


Profile
馬名 サンチャリオット
英字 Sun Chariot
性別  牝
馬齢  85
生年 1939
毛色 黒鹿毛
産国 愛
ハイペリオン
クラレンス
母父 ディリジェンス

【参加型馬DB 投稿キャンペーン】
 当サイトは、多くの訪問者の皆さんに投稿の形で参加していただくことにより、 充実した馬データベースが構築されることを目指しています。 多くの方に気軽に参加していただけるよう、情報投稿のカテゴリーだけでなく、 応援コメント欄もご用意しております。奮ってご参加ください。

ニュース/動向
[ ニュース/動向を投稿 ]





特徴/履歴
1.
[1] 1939年3月5日、愛国のナショナル・スタッドNational Stud で生まれたSun ChariotBig Gameと一緒にKing George VI 英国国王ジョージ6世の所有馬となり、国王お抱えの調教師Fred Darling フレッド・ダーリンに預けられました。2・3歳の間、英国で走り9戦8勝3着1回という成績を残しています。  主な勝ち鞍にミドルパークS(英G1・芝6F)・英1000ギニー(英G1・芝8F)・英ニューオークス(英G1・芝12F)・セプテンバーS[英ニューセントレジャー](英G1芝14F)など。  父は英愛リーディングサイアーを6度も獲得したHyperion、母ClarenceでSt. Simonの4×5、Galopinの5×5、Cylleneの5×5のクロスを持つ。  名騎手G.リチャーズに「最も偉大な競走馬だ」と言わせた彼女の競走生活はというと、デビュー戦を楽勝で飾った2歳時ミドルパークSでのUjijiに3馬身差をつけた完勝を含め4戦4勝で終えた。その歳の2歳のトップハンデを獲得。  翌年のシーズン初戦を生涯一度の黒星とし、また連勝街道を進む事になる。牝馬クラシック第1戦目の英1000ギニーでは、圧倒的1番人気を背負い2着に4馬身差をつける楽勝。次走の英ニューオークスでも、圧倒的1番人気に推され、大外を回りながらも直線に入り残り1ハロンで先頭に立ち、そのまま栄冠を勝ち取りました。  そしてSun Chariotの引退レースは、英ニューセントレジャーに決まり、その年の英ダービー馬Watling Streetを全く相手にせず、3馬身差の楽勝を決めたのでした。  繁殖入りしてからも、Landau(サセックスS)、Five Spots(愛オークス)、Blue Train(ニューマーケットS)、Gigantic(インペリアルプロデュースS)を送り出しましたが1963年7月に逝去しました。 
// 兎馬 04/02/14(土) 18:27  
1.
通算成績9戦8勝。主な勝鞍に英1000ギニー、英セントレジャー、ミドルパークS.など。
// kittaka 01/11/13(火) 01:38  
応援コメント
[ 応援コメントを投稿 ]





★レースに関する投稿はこちら→レースBoard
★競馬全般の話題はこちら→White Board II
★DBについてのご意見・ご要望はこちら→URA Board



特徴/履歴
 脚質などの特徴や、過去の戦歴、受賞歴のまとめなど、即時性のない馬自身の情報を投稿して下さい。血統解説、馬名由来なども大歓迎。

<< 前のページ
 
次のページ >>

1.
kittaka 01/11/13(火) 01:38 [ 追記 ]
通算成績9戦8勝。主な勝鞍に英1000ギニー、英セントレジャー、ミドルパークS.など。
[1].
兎馬 04/02/14(土) 18:28 編集 [ 追記 ]
1939年3月5日、愛国のナショナル・スタッドNational Stud で生まれたSun ChariotBig Gameと一緒にKing George VI 英国国王ジョージ6世の所有馬となり、国王お抱えの調教師Fred Darling フレッド・ダーリンに預けられました。2・3歳の間、英国で走り9戦8勝3着1回という成績を残しています。
主な勝ち鞍にミドルパークS(英G1・芝6F)・英1000ギニー(英G1・芝8F)・英ニューオークス(英G1・芝12F)・セプテンバーS[英ニューセントレジャー](英G1芝14F)など。
父は英愛リーディングサイアーを6度も獲得したHyperion、母ClarenceでSt. Simonの4×5、Galopinの5×5、Cylleneの5×5のクロスを持つ。
名騎手G.リチャーズに「最も偉大な競走馬だ」と言わせた彼女の競走生活はというと、デビュー戦を楽勝で飾った2歳時ミドルパークSでのUjijiに3馬身差をつけた完勝を含め4戦4勝で終えた。その歳の2歳のトップハンデを獲得。
翌年のシーズン初戦を生涯一度の黒星とし、また連勝街道を進む事になる。牝馬クラシック第1戦目の英1000ギニーでは、圧倒的1番人気を背負い2着に4馬身差をつける楽勝。次走の英ニューオークスでも、圧倒的1番人気に推され、大外を回りながらも直線に入り残り1ハロンで先頭に立ち、そのまま栄冠を勝ち取りました。
そしてSun Chariotの引退レースは、英ニューセントレジャーに決まり、その年の英ダービー馬Watling Streetを全く相手にせず、3馬身差の楽勝を決めたのでした。
繁殖入りしてからも、Landau(サセックスS)、Five Spots(愛オークス)、Blue Train(ニューマーケットS)、Gigantic(インペリアルプロデュースS)を送り出しましたが1963年7月に逝去しました。
<< 前のページ
 
次のページ >>




TOP 詳細検索 重賞日程 参加型馬DB レースBoard WhiteBoard URA Board

ご意見、ご要望はメールでどうぞ。
MAIL: